« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の11件の記事

2014年11月29日 (土)

11月朝生を観ました。今回は議員だけの討論会でということに。野党議員の劣化した発言に、もう諦めの境地となってしまいました。

自宅で食べる早生みかんがなくなったから、取りに行ってとカミさんに言付けられていたのだが、例によって「今年の天気の特徴、土・日・月は雨が降る」通り、今日土曜日も時々雨降りで、自宅にこもることにした。

先ほど自動録画で収録されていた”11月朝生テレビ”を観たのだが、あまりにも野党議員の浅薄・稚拙・無知見な意見に、苛立ってきて途中で観るのを中止をした。まぁ、再度残りを一服してから観ようと思うのだが。

あの田原総一朗が開口一番に、自民党より、選挙選突入に当たり、テレビ局は、放送法を守り、討論番組、報道番組は公平・中立を守った構成でやってほしいと、各テレビ局に報道の公正を求める文書を送ったということを取り上げ、「何いってやがるんだ!」と怒った調子で取り上げていたが。

選挙報道の公平求める文書 自民がテレビ各局に渡す2014.11.27

自民党が衆院解散の前日、選挙期間中の報道の公平性を確保し、出演者やテーマなど内容にも配慮するよう求める文書を、在京テレビ各局に渡していたことが27日、分かった。党広報本部は取材に「報道の自由は尊重するという点は何ら変わりない。報道各社は、当然ながら公正な報道を行ってもらえると理解している」と回答した。・・・・・  

続きを読む "11月朝生を観ました。今回は議員だけの討論会でということに。野党議員の劣化した発言に、もう諦めの境地となってしまいました。"

| | コメント (4)

2014年11月28日 (金)

後妻業が明るみになった。それにしても総選挙はどうなるんでしょうか。一向にその雰囲気になりませんね。

どうもこうも、総選挙が近いのに盛り上がりに欠けますね。テレビのワイドショー番組は、延々とあの遺産金狙いの毒婦婆の後追い報道で盛り上がっている。まさに彼女は”後妻業”に、邁進していたようだった。犠牲者は伴侶探しの後期高齢者だと。男の1人暮らしは寂しいだろう。自分の遺産は彼女のものに法的になっていた。7名ぐらいがその餌食になったとか。

昔知り合いの歯医者が、オイラに「奥さんが旦那を早死にさせるのには、歯医者で使うこの砒素を少しずつ毎日食べ物に混ぜて飲ませると、原因不明の完全犯罪成立です(笑)」とか言っていたが。この毒婦は青酸カリも利用したことで発覚だった。何でも男に相続の遺言を公正証書で作らせ、その後死なせて男の財産を相続していたと。総計5億とか10億だとか。

まさにテレビ番組が喜ぶ事件だ。しかしこんなことは、大昔から秘密裏に行われていたのではないかと思う。まぁ、男の1人暮らしは、健康を気遣ってくれる伴侶がいないと、どうしても偏り勝ちになって大病をし易くなる。そこに結婚相談所に登場の今回の主人公だ。需要と供給なのだが、殺されてしまっては、元もこうもない。メスに喰われてしまうカマキリのオスのような最後だったようだ。

その他、パククネの名誉毀損で起訴された産経記者の公判の報道、高倉健の大往生の件、昨日はジョニー大倉の逝去のニュース。総選挙以外のニュースで盛り上がっている。・・・・・

続きを読む "後妻業が明るみになった。それにしても総選挙はどうなるんでしょうか。一向にその雰囲気になりませんね。"

| | コメント (2)

2014年11月25日 (火)

小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。

またまたオジイ達が、帆船でオイラのテリトリー(縄張り)にやって来ました。11月22日に横浜の母港から出発して、三浦半島の三崎港で一泊、そこから出発して23日に伊東のマリーナに到着。オイラ熱海から出迎えに行った。何でもポン友のハマ坊の横浜市立大学からのヨット仲間のハセ坊が、定年退職をして暇も出来たしで、フランス製のクルージング・ヨット(中古)を購入して、今回はそれでやって来た。サイズは33フィートだとか言っていた。まぁ、そのお披露目クルージングということで。

船の名前は以前の船名と同じで”ボヘミアン(Bohemian)”「流浪の人々」だそうだ。まさにスランス製ということで”太陽がいっぱいアランドロン”なのだが、ちょと年齢容姿とも天と地ほどの差があるのだが。比べるのが酷というもの。24日は、伊東に全にち滞在で、翌25日に千葉の保田港に行き、26日に横浜の母港に帰る計画だったが、天気予報では25日から雨と風が強くなるとのことで、保田港には行かず、直接横浜に帰ることにしたとか。

22・23・24日の連休は、まさに11月の小春日和というかインディアン・サマーというか、暖かく穏やかな日和だった。24日丸一日伊東滞在ということなので、オイラが運転手役になって、ウチのみかん段畑にあるBBQ施設で、みかん取りとBBQを楽しもうということになった。・・・・・・

続きを読む "小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。"

| | コメント (0)

2014年11月20日 (木)

高倉健の逝去でメディアは大騒ぎだった。突然の総選挙で、大口を叩いていた野党は腰を抜かすほどの状態に。安倍晋三は静かなる恐ろしき男かもしれないね。

今日は3日連続で、ウチのみかん段畑にある橙の収穫だった。今日は午後から雨降りということなので、大急ぎで残の橙を収穫した。橙の木は2本あり、それぞれ300㎏ぐらい取れる。2連梯子を木の外側に掛け、手当たり次第に鋏で枝ごと切り落とす。次に木の内側をよじ登り、今度は中側にあるのを切り落とす。まさに子供のころの木登りだ。最悪落ちても、頭を打たないよう、バイク用のヘルメットを着用で。これ22日からの連休にJAに持っていって、引き取ってもらう。まぁ、せいぜい手取り3万円前後といったところか。ただこれ体力強化には打ってつけ。気分はロッククライミングのようなものだ。

今月18日だったか、朝の民放番組の全局で、高倉健の逝去の報道を長々としていた。総選挙決定の報道は霞んでしまうかのようだった。10日の午前に、悪性リンパ種で死亡したと。享年83歳だった。遥か昔大学浪人時代だったか、そのころヤクザ映画が大流行で、オイラ当時新宿十二荘のウチのアパートに管理人兼で住んでいて、歩いて成小坂下の映画館でこのヤクザ映画を何回か観た記憶がある。上映が終わると観客は高倉健に成りきった格好で出て行く。オイラももしかして同じようだったかもしれない。

彼の演技の特徴は、寡黙であったり、不器用であったり、一途であったりのイメージで一貫していた。一般にタレントや俳優は自分を売り込みたいのか、パフォーマンスを繰り返すのが大半なのだが、彼の場合にはそれが一切ない。それが逆にファンにとって新鮮だったのかもしれない。・・・・・

続きを読む "高倉健の逝去でメディアは大騒ぎだった。突然の総選挙で、大口を叩いていた野党は腰を抜かすほどの状態に。安倍晋三は静かなる恐ろしき男かもしれないね。"

| | コメント (4)

2014年11月16日 (日)

今年の北京APEC。習キンピラは現代の皇帝になりつつあるみたいだね。それに事大する韓国パククネ。ともに凋落が始まりそうだ。

今回北京で開かれたAPEC首脳会議だが、あの夕食会のど派手な演出には、あきれてしまった。まるであの北京オリンピックのような演出だった。APECとは”アジア太平洋協力会議”なのだが、習キンピラが中国の威信を掛けたような熱の入れようだった。首脳会議は10日・11日に行われた。現在の参加国は21カ国で、人口は世界の41%、GDPでは57.8%、貿易額では世界の47%だそうだ。

10日に行われた習キンピラの歓迎セレモニー、他の首脳との挨拶は、その国の国旗と中国旗を背景に握手を交わしたが、安倍総理の時だけ、背景には国旗の準備もなく、苦虫を潰したような表情に、日本人も他国人もびっくりしてしまった。

まぁ、安倍総理を好まないとしても、これだけ赤裸々な態度を執る行為とは、まったく単細胞の国家のトップだったとは。尖閣問題や靖国問題(これは内政干渉なのだが)や、影の経済便宜交渉が思う通りいかなかったとしても、こりゃ子供のような態度だった。

さらに同夜行われた、まるで北京オリンピックのような、ど派手な歓迎イベントの勘違いの有様は、逆に中国の現状をあらわにしているようで、これらを含めて中国の現状を良く現しているような気がする。嘗ての日本でのバブルが崩壊に向かっているころ、バブルで成金になった新興企業が・・・・・・・

続きを読む "今年の北京APEC。習キンピラは現代の皇帝になりつつあるみたいだね。それに事大する韓国パククネ。ともに凋落が始まりそうだ。"

| | コメント (1)

2014年11月14日 (金)

今日は孫の5歳の七五三。ジージバーバも午後から大忙しだ。さて七五三って宗教行事なのか?

今日は5歳の孫の七五三を午後からやるとのことで、ジージ、バーバはかり出される。祝儀も奮発しなければならない。3歳は男女、5歳が男子、7歳が女子となっている。これ江戸時代からの伝統行事だそうだ。いろいろ説があるが、最大の一点は、大昔の幼児の死亡率は今と違って半端ではなかった。まず3歳まで生きていられるかどうか。栄養も悪く、不衛生なども原因だった。

余談になるが、オイラの故父親の兄弟姉妹は、10人いてそのうち三女は4歳で死亡、四男は1歳で死亡だった。今となってはどんな病気で死んだのか不明なのだが、さらにそれ以前の大昔にはもっと幼児死亡の確率は高かったのだろう。今の水準から見れば、貧乏人の子沢山ではないが、沢山子供をつくらないと、何人残るか分からない世界だったし、まぁ、もちろん避妊の術もなかった世界だったこともあるが。

そこで考え方として、まず3歳までは”人”の仲間入りはしていない、”無”であったり、”人とは違うもの”であったりと。3歳を過ぎて初めて”人”となる。だからそれをお祝いした。・・・・・

続きを読む "今日は孫の5歳の七五三。ジージバーバも午後から大忙しだ。さて七五三って宗教行事なのか?"

| | コメント (0)

2014年11月12日 (水)

さあさあ晴天の霹靂か、急遽総選挙モードに入った。野党陣営は大あわて状態モードに入った。衆院議員のガラガラポンということで。

先週あたりからか、総選挙の話が噂として出てきた。まぁ、よくあるガセネタで、野党をビビらせる為に与党筋から流されたものだろうと意に返さなかった。現在自民党の衆院議員は、295議席と最大勢力だ。連立の公明党議員が31議席。合わせて326議席で、対する野党と他はすべて合わせて154議席しかない。あと任期2年もあるのに、なんでそんな危険なことをするのか?

だからガセネタだと思っていたのだが、今週日曜日の”そこまで言って委員会”の録画を見たら、飯島勲内閣参謀参与が出演していて、「おそらく12月14日または12月21日に投開票となるだろう」と断定的に言った。他の出演者は大半が唖然としていた。視聴していたオイラも唖然としたのだが。

どうやら今週に入って(今日は水曜日)解散総選挙モードを開始してきた。民主党の海江田代表は「受けて立つ」とカラ宣言をした。野党としても今月に入ってからだから寝耳に水といったところだろう。17日に安倍晋三は、中国で開催されたAPECの終了後、2カ国を訪問して、17日に帰国する予定。その日に7月から9月のGDPの速報値が発表される。多分そうとう悪い結果となることが予想されている。・・・・・・・・

続きを読む "さあさあ晴天の霹靂か、急遽総選挙モードに入った。野党陣営は大あわて状態モードに入った。衆院議員のガラガラポンということで。"

| | コメント (1)

2014年11月 9日 (日)

10月朝生テレビは、「女性が輝く社会とは?!」だって。”ダーウィンが来た”の番組の動物社会に例えると、どの動物に似ているのだろうか?

まったく天気予報が当たらない。本来ウチの地域、熱海市は、昨日午後から雨が降り始め、今日の日曜日は午前から午後に掛けて雨が降る予定だった。だからか、伊豆に向かう観光客の車も土日にしてはガラガラだった。とにかく今年は、土曜と日曜は天候が悪く、また雨の予報外れが連発の気象庁なのだが。観光地はヒイヒイ言っているようだ。

今朝は8時から近くの川の町内河川清掃。これは年間2回ある。町内の各組が総動員で川上から順番に行う。ウチの組は今回初っ端で川上から始まった。同じ町内・組内にいても、このようなイベントがないと、なかなか顔を合わせることはない。みんな普段は己の巣に潜り込んでいる。今回は誰が不参加だったのか、久しぶりに参加があったとか、痩せたとか太ったとか、景気が良さそうだとか、悪そうだとか。まぁ、皆勝手に判断や想像をすることになる。旦那の代わりに奥さんが参加が、目見当で2割程。約1時間で終了した。参加者は町内200人前後かもしれない。

さて本題。

昨夜は、録画しておいた10月朝生テレビの再生を寝ながら9時頃から観て、(今回のテーマはあまり興味はなかったが)、とうとう最後まで観てしまった。・・・・・・

続きを読む "10月朝生テレビは、「女性が輝く社会とは?!」だって。”ダーウィンが来た”の番組の動物社会に例えると、どの動物に似ているのだろうか?"

| | コメント (1)

2014年11月 6日 (木)

昨日のプライムニュースは大変面白かった。中国工作員凌 星光に理論で反駁する、中国・韓国の天敵、我らの櫻井よしこ

今、台風20号は、あの中国の赤サンゴ密漁船200数隻をまるで蹴散らすかの様に15時ごろは、小笠原諸島を通っている。中心気圧975hpaに落ちたとは言え、最大瞬間風速45m/sという猛烈な風の中で、大シケ状態だ。中心から約650km離れているウチの前の海も相当シケている。

なんでも多くの密漁船は南東方面に逃げているようだ。ただ逃げ遅れた船が諸島の入り江に逃げ込む可能性はあるらしい。まだそれに付いての報道はされていないようだ。これだけの数の船(200隻以上)、テレビ報道で見ると、汚いボロボロの船のように見える。ほとんど再塗装・メンテナンスなどしていないだろう。エンジン機関も、どの程度のものなのか?故障で動けなくなって難破なんて船もありそうだ。

多分海上は9mの高波なんてのが頻繁に襲ってくる。あのボロ船が耐えられたとしたなら奇跡のようなものだろう。願わくば、海の藻屑となって、深海の赤サンゴと同居なんてことになるといいね。救助なんてしたら駄目だよ。

昨夜のBSフジのプライムニュースは面白かった。・・・・・・

続きを読む "昨日のプライムニュースは大変面白かった。中国工作員凌 星光に理論で反駁する、中国・韓国の天敵、我らの櫻井よしこ"

| | コメント (1)

2014年11月 4日 (火)

今度は赤サンゴで日本攻略か?ありがたやの憲法9条のお経を唱える人々に聞いてみたい。エ!もっと外交で議論すれば良いですか?

昔若かりし頃、伊豆一周なんてドライブ旅行をしたものだ。伊豆の海岸線の道路を使って、各所の名所見物と、夏はダイビングでサザエやトコブシ獲り。厳密には密漁ということになるが、45年以上前のことで、そろそろダイバーと漁業組合との対決が話題になって来たころだ。タンクを背負って潜れば、大物サザエやアワビがざくざく獲れる。大スカリが満杯になってしまって、その重さで浮上出来なくなってしまう程だった。もちろん今それをやって見つかれば、即警官に逮捕されてしまう。

南伊豆の観光地のみやげ物店には、貝類や海にちなんだ土産がいろいろ多く陳列されていて、真珠だのサンゴの装飾品だのがあったのを覚えている。もちろん今話題の赤サンゴの指輪やネクタイピンなどもあった。そのころは知識がなく、桃太郎の鬼退治の絵本に出てくる山と積まれた財宝に赤い色のサンゴがあって、タンクを背負って潜るとき、この赤サンゴはないかと探したものだった。タンクを背負ったスキューバーダイビングの場合、水深10mから20mが活動範囲で20m以上は様々な条件が重なりキツクなる。また海景が素晴しく、獲物が多いのも水深20mぐらいまでで、それを超えるとただ暗くなり、魚介類もほとんど見当たらなくなる。あの赤サンゴはどこにあるんだ!・・・・・・

続きを読む "今度は赤サンゴで日本攻略か?ありがたやの憲法9条のお経を唱える人々に聞いてみたい。エ!もっと外交で議論すれば良いですか?"

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

FRBがとうとう量的緩和策の終了を決定。次の日に日銀は量的緩和の増額を決定それも最大10年やり続けると。日本は米国の次の金融大国となりそうだ。

一昨日の30日に米国からのニュース。FRBのイエレン議長が、2008年リーマンショック以後米国金融を守る為に出され続けてきた金融緩和の量的緩和策を10月末を最終として終了すると。しかしゼロ金利政策は来年まで続けると。そして昨日31日の日銀黒田総裁は、今後積極的に金融緩和を拡大させると。まるで米国と日本は連携しているかのように思われる。偶然にとは考えられない。

日本の場合あの80年代から90年代に続いた不動産バブルで、これを早々に潰すために、金利の引き上げをして、不良債権満載の銀行がばたばた潰れた。粉飾決算などノンバンクなど等。まぁ、当時銀行はバブルに踊ってやりたいようにやっていたわけだが。銀行や保険会社がばたばた潰れ始めたので、慌てて金融支援をした経緯がある。無責任な劣化した銀行が潰れて、吸収合併されたことは良いことだが、あまりにも多く行き過ぎると、日本全体の金融体制が揺らいでくるわけで、日銀も参加して救援をしたわけだ。

長銀が潰れて新生銀行になったり、都市銀行、地方銀行、信用金庫などほとんどが現在は入れ替わっている。米国は2008年まで盛り上がった、サブプライム金融、CDS、CDOなど不動産バブルに基づいた金融バブルの処理について、FRBが不良債権まで含めて買い取ることで、処理をしてきた。約7年間に渡っての量的緩和の実行だった。これは要するに、不良債権をFRBがその分の貨幣を刷って買い取るということ。大幅なマネーの供給(マネーサプライ)で、そのマネーは米国内だけでなく、世界中に投資という形で供給されていた。・・・・・・・・

続きを読む "FRBがとうとう量的緩和策の終了を決定。次の日に日銀は量的緩和の増額を決定それも最大10年やり続けると。日本は米国の次の金融大国となりそうだ。"

| | コメント (1)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »