« 毎週観ているNHKの番組。「ダーウィンが来た」と「ためしてガッテン」は貴重な番組だ。 | トップページ | スコットランド独立投票。反対が多数で否決となった。ロジカルとエモーショナル、ロジカルが勝利した。 »

2014年9月13日 (土)

9月11日朝日新聞の幹部記者会見。さらにやっと報道したテレビ朝日の報道ステーション。偽善・弁解・詭弁のショーの開演だ。

9月11日の午後7時半から朝日新聞の社長:木村伊量が杉浦信之編集担当取締役と他幹部の2人を同席させて、記者会見をした。原発事故の「吉田証言(調書)」と強制連行の「吉田証言」両方吉田なので、話が混乱してくる。メインはこの木村社長の下で起こった原発事故の「吉田証言」の誤報(捏造)の取り消し謝罪だった。

これは5月20日に朝日新聞が、「吉田所長の命令違反で大半がF2に逃げた!」と報道した記事の撤回と謝罪と言い訳だった。これまで産経新聞らが、その記事は誤報だと指摘してきたことだが。この調書は公開しないことを前提だったが、なぜか「吉田証言調書」を手に入れた朝日は、勝手に解釈して「所員は逃げた」と捻じ曲げた。

それまで、福島原発の被害を最小限に食い止めた現場所員達との評価を世界中のメディアから賞賛されていたのに、この朝日のスクープが引用され、「なーんだ、韓国のセウォル号のの乗組員と同じじゃないか」と特に朝鮮日報がこれ幸いと卑下した。海外の大手メディアも同じ方向で批判した。原発現場職員の命を掛けた努力が無になってしまった。

朝日はどうせこれら調書は公開しないのだから、ほっかぶりしておいても大丈夫だろうと高を踏んでいたのだろう。ところが政府は・・・・

この調書、19人分を公開する方針を発表して、この11日同日に全面公開をした。さーこうなったら、それ以前にこの記事が誤報(捏造)だったことが証拠として全国民の知るところになる。そこで記事取り消しと謝罪と言い訳記者会見となった。3人頭を下げて謝罪した。杉浦信之については担当幹部として責任を取らせ解任、自分についてはこれからの成り行きで決める、自社の第三者機関に検証させると。だいだいが、朝日は原発事故が起こってから常に原発反対・東電叩きで、放射能風評を煽ってきたスタンスだ。完全な東電潰しと放射脳で国民を煽りまくってきた新聞社の筆頭だった。数え切れない風説を世界にも発信し続けてきて、今回の件もその一環と言える。何か宗教団体のような印象を受ける。

そして、32年前から、長年に渡り煽ってきた「従軍慰安婦問題」については、付けたしのような扱いで、8月5日6日の記事(杉浦信之担当)の通りだと。吉田清治の済州島での「女子狩り嘘証言」にまつわる報道記事についてだけは謝罪をした。そして、この件は、これまでの朝日のこれら報道が、日本政府・韓国にどのような影響を及ぼしたのか、これから第三者機関を作って検証を始めると。

強制連行の証拠とされたのは、大きな柱としては、この「吉田清治証言」と植村隆と上司とのダブルマッチででっち上げた「挺身隊のもとに集められた婦女子」の二つがある。この詳細はもうほとんどの国民が認知することなので省くが。韓国の「従軍慰安婦」を取りまとめ反日糾弾している団体名挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)は、この植村らが誤報(捏造)使用した挺身隊、これを団体名にしたのだった。主に日本での軍事産業などに法的に徴用された女子挺身隊で、例えば当時の日劇の屋根を取り払って、風船爆弾製作などにも借り出された。オイラ母親から聞いたことがある。慰安婦などとはまったく結びつかない。これだけ重要なもう一つの柱に関しては、今回自らは説明すらなく、一切触れなかったのだ。

なんたって、原発と従軍慰安婦とのコラボレーションなので、記者会見の内容も混乱するのだが。とりあえず備忘録として産経のこの記者会見の内容記事で、従軍慰安婦関連を抜き出すと、

【朝日新聞会見詳報(6)】慰安婦報道、それでも「広い意味での強制性あった」再度主張2014.9.11

杉浦取締役「強制連行は、そういった事実はないと認めた。しかし、いわゆる慰安婦、自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる。広い意味での強制性はあったと考えている」

【朝日新聞会見詳報(10)】30年超す慰安婦報道「さかのぼっての処罰、難しい」 本紙記者質問には「書いてある通り」2014.9.11

阿比留記者「8月5日の慰安婦検証について伺う。内容に自信があると先ほど社長がおっしゃいましたが、あの記事の中で、植村隆元記者の記事の中に事実のねじ曲げはないと書かれている。しかし、(元慰安婦の)金学順さんが親に、妓生(キーセン)へ売られたことは周知の事実ですし、その後の植村さんの記事は訂正されていない。明らかな事実のねじ曲げであると思いますが、いかがですか」

杉浦取締役「朝日新聞としては、妓生イコール慰安婦だから仕方ないという考え方は取っていません。妓生学校にいたということをあえてそこで触れる必要はないと考えていた。それは当時の植村記者も同じであり、その後も同じだと考えている。そういう意味で、ねじ曲げではないと考えている」  

阿比留記者「そうすると、金さんがまさか自分で『戦場に連行された』と言ったということですか。ほかの裁判やインタビューでは、そういうことを一切言っていないですよ」  

杉浦取締役「あの記事の中に書いてある通りで、当時の慰安婦と挺身隊の混同について、あの記事については混同があったということは訂正している」

阿比留記者「『訂正』という言葉を(検証記事の中で)使っていないと思うのと、あと女子挺身隊と慰安婦の混同、8万人から20万人の女性を強制連行という大嘘、その他諸々については、今回、謝罪される考えはありませんか」  

杉浦取締役「8月5日の記事に書いてある通りです」  《杉浦取締役が大きめの声で答えたところで、阿比留記者の質問が終わった。別の記者が指名され、木村社長の進退について聞いた》  

記者「今回、検証をして、ご自身の進退についての決断をしなければいけない理由については、吉田調書と慰安婦問題のどちらの方が重いと考えているか」  

木村社長「最大のテーマである吉田調書をめぐる、おわびが中心であることは間違いありません」

朝日新聞は、「しかし、いわゆる慰安婦、自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる。広い意味での強制性はあったと考えている」でなんとか辻褄を合わせようとしていることがミエミエなのだ。これは、朝日系の御用学者や、御用メディア、ケビンメアーに至るも現在は同じ論法なのだ。

11日にネット情報で今晩の報道ステーションでやっと身内の朝日新聞問題を扱うと。録画しながら観たのだが。例によってあの古館伊知郎が、イカサマ商売の口上のような語りで仕切っていたが。全体的にはなんとか朝日を守ろうという姿勢がミエミエだった。番組では、元外務省欧亜局長の東郷和彦を登場させ、

この点は、世界の大勢は、狭義の強制性があるかないかについて、ほとんど関心がないという点につきる。アメリカの世論は、今、自分の娘がそういう立場に立たされたらどう考えるか、そして「甘言をもって」つまり「騙されて」連れてこられた人がいたなら、それとトラックにぶち込まれた人と、どこが違うのかという立場に収斂している。

Kmzasa Lmzasa

おいおい、強制連行がなかったとしたら、この問題は、朝鮮戦争以来最近まであった韓国での韓兵・米兵慰安婦、戦後GHQが日本に対して作らせた米兵用慰安所、いや過去世界中で設営されていた兵士用慰安所と同じことになる。日本だけがなんで糾弾されなくてはいけないのか?特に韓国の場合には、ベトナム戦争でのベトナム人婦女子に対して行なわれた、残虐行為とくらべれば、天と地程の差があり、証拠も数多く残っている。

米軍の性病だけを心配していた政府…人間に対する礼儀を守れ: 2014.07.05

従軍慰安婦問題でパククネはますますピンチだね。韓国従軍慰安婦の訴訟で流れが変わった。韓国は歴史を正しく直視しなければならない。2014年7月11日 (金)

戦時中までは公娼が認められていた中での出来事だ。これは当時世界中で認められていた。公娼とは法律で認められた管理売春なのだ。性病検査・不法管理者の監視と懲罰・開業の認可は政府が携わっている。オーストラリア・ニュージーランド・台湾なども売春が地下に潜るより、オープンにした方が良いと、一旦禁止だったが、再度認めるようになって来ている。米国ネバダ州、ドイツ、オランダなどももちろん地域を決めてだが昔から管理売春は認められている。

あの徴兵制のあるシンガポールのゲイラン地域には、公娼所が数十軒立ち並んでいる。一軒ごと、娼婦の国別があり、中国本土から専門、タイから専門、・・・といった具合だ。一軒に常時10人ぐらい娼婦がいて、その中から選べるようにしているとか。もちろんパスポートは管理され、英語を話せない女性が採用される。(または話してはいけない決まり)。外出も自由には出来ない。性病検査も義務付けられている。性病に掛かると強制的に隔離される。

以下がゲイラン地域の公娼所。店の名前の他に政府から与えられた番号が看板にある。通りの両側に立ち並んでいる。数えたら50番台以上もあった。

Dscf9104_r Dscf9105_r

朝日新聞も、この東郷和彦も、反日学者も、反日弁護士も、クワラスワミも、「強制連行はなかったとしても強制性があったからいけない」といっているが、その日本独自の強制性とはいったいなんなのか説明してもらいたい。

まして、このような究極の接客業の女性達は大事な商品だ。大切に扱わなくては客から拒否される。体や顔に赤たん、蒼たんで、今にも死にそうな暗い表情の娼婦が商品となりえるか?なるべく心地良く営業が出来るように管理者は気を使っていたのは大人の常識だ。戦時中の慰安所とてまったく同じだろう。

現在、日本にも韓国から約2万人の売春婦が来て、いわゆる私娼風に売春を行なっているが、彼女らは、ほとんどがパスポートを取り上げられて、行動の自由は奪われている。もちろん皆カネのために売春をしているのだが。最近は整形手術の費用の借金を返す為が多いとか聞いている。

さて、なぜ最近日本に対する「従軍慰安婦問題」糾弾が激しくなったのかを、もっと大きな視点で考えると、1990年金丸信が社会党田辺誠と供に、北朝鮮を訪問した(金丸訪朝団)。そこで金丸は北朝鮮に約1兆円の償い金を提案(約束?)したことがあった。さらに小泉首相は、2002年9月と2004年5月に平壌にて金正日と首脳会談を行い、拉致問題が解決したら、国交正常化を行い償い金1兆円~?を出すと約束した。

そもそも韓国の挺対協は、北朝鮮の工作機関が入っている。この問題で日本政府をギュギュウ追い詰めて、北朝鮮への償い金の額をもっと上げたい。さらに拉致問題とこの従軍慰安婦問題を叩くことによって相殺にもって行きたい。(嘗て辻元清美らが、日本の拉致問題糾弾は、従軍慰安婦を解決していないのに、これはフェアーじゃない、なんて北朝鮮におどらされてよく言っていたね)

韓国は韓国で、北朝鮮にそんなに償い金をだすなら、韓国としては、さらに追加の償い金(協力金)を確保したい。だから韓国政府はこの手の運動団体に協力して、さらにパククネが世界に日本糾弾の告げ口外交で応援している。これが実は外交の世界の実態なのだ。そして、この朝日新聞社員の一部にも、韓国や北朝鮮から何らかの便宜(カネも含めて)が計られていても不思議はないのだ。いや、その疑いも出てきている。だがこの工作の世界を暴くことは大変に難しいのが過去からの歴史なのだ。

この従軍慰安婦問題の先には、単なる朝日新聞の誤報などという間抜けな問題などではなく、北朝鮮の欲望、韓国の欲望が絡んで、それに朝日新聞が利用され、それに乗せられたという、戦後最大の報道大スキャンダルだという構図が見えてくる。そして発端は金丸信の訪朝から始まって来たという壮大なスキャンダル発覚に発展していくかもしれない。もう公安の出番だ。しっかりしろよ、公安よ!。

今、一部には朝日新聞批判が異常なほど炎上していて危険だと指摘する向きもあるが、現在、この日本に向けられた冤罪を晴らす第1歩の手段は、従来から贖罪史観、自虐史観を拠り所としてきたこの朝日新聞の顛末を糾弾するしか取っ掛かりがないのだ。とにかく日本発の朝日新聞糾弾の嵐を巻き上げ、当然世界中にそれを知らしめ、「実は日本は韓国並びに世界中から冤罪を突きつけられていた」ということを発信しなくてはならない。良いことに朝日新聞社は今だに確信的に空っとぼけているようだ。

この新聞社は国民の手で廃刊に追い詰める必要がある。それは簡単だ、全国的不買運動で実現する。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の動画 

植村隆による女子挺身隊によって慰安婦にされたという捏造記事。 

さらに検証を進めると、この件について、植村の同僚(後に大出世)も 

おおいに関係していて、共犯だった可能性も出てきた。 

つまり、植村が義母の運動を助ける為と北朝鮮・韓国の反日工作の為に 

朝日の一部記者達は組織ぐるみでこの嘘話を報道し続けたということになる。

|

« 毎週観ているNHKの番組。「ダーウィンが来た」と「ためしてガッテン」は貴重な番組だ。 | トップページ | スコットランド独立投票。反対が多数で否決となった。ロジカルとエモーショナル、ロジカルが勝利した。 »

コメント

朝日に固有の要因として、出世主義があると思う。今回のデマ報道の中心になった北畠清泰(大阪本社企画報道室長→論説副主幹)、清田治史(外報部長→東京本社編集局次長→西部本社代表)、市川速水(ソウル支局長→外報部長→中国総局長→報道局長)などのキャリアはよく似ていて、社会部とアジアの海外支局を往復している。

もう一つの共通点は(植村隆を除いて)みんな出世していることだ。前にも書いたように、朝日は伝統的に社論を統一する「民主集中制」だ。慰安婦や原発の記事は、その専門デスクが検閲する。そして社論にそった記事を書く記者しか出世できない。だから軍を悪玉にして「女性の人権」をうたい上げる記事を量産することが、出世の早道になるのだ。

アジアに対して日本軍の犯罪を永遠に謝罪しなければならないという贖罪史観は、加害者だった朝日新聞を免罪する上でも重要だった。それは朝日の社論として受け継がれ、政治部では集団的自衛権などのヒステリックな記事を生み出し、社会部では慰安婦デマを生み出した。これに疑問をもつ記者は傍流になり、放射能デマなど勧善懲悪のおもしろい記事を書く記者が出世する。

投稿: | 2014年9月13日 (土) 17時23分

門田隆将オフィシャルサイト という面白いブログ発見。朝日の吉田調書捻じ曲げキャンペーンにいち早く気付き、義憤から、それをブログで指摘したサイト。朝日のどうしようもない体質が良く書かれている。JR労組が革マルかといえば、NO.しかし指導部中枢が革マルかといえば、YES.
朝日は外国情報機関紙かといえば、NO.しかし長年の情報操作とも見える記事群は、十分の疑いを起こすに足りる。

投稿: | 2014年9月13日 (土) 22時14分

朝日は廃刊 靖国神社は拝観

投稿: | 2014年9月14日 (日) 11時31分

「従軍慰安婦報道の口火を切り、その後の報道のレールを敷いた一番の責任者」

清田と吉田が当初目指していたのは、
男性徴用者への国家賠償と
1兆円にも上る北朝鮮賠償利権だった。
清田の他にも、清田の後任で
慰安婦キャンペーン責任者だった
大阪本社論説委員・北畠清泰(故人)、
植村隆と共同で慰安婦報道を広めた
現東京本社報道局長の市川速水も
捏造報道の共犯だった。
(市川速水は2006年の朝日新書「朝日vs産経ソウル発」の中で、強制連行がデマであることを認識している。)

慰安婦キャンペーンの総責任者の清田治史

捏造実行犯の植村隆

捏造共犯の市川速水

加担した福島瑞穂と高木健一

この5人は必ず引っ張り出されるべきね。
特に市川は今でも朝日に在籍してるんだから
杉浦だけじゃなくて、こいつも記者会見に出すべきだったわ。

投稿: | 2014年9月14日 (日) 16時58分

【植村隆はただのパシリ・慰安婦報道の真犯人は別にいた】

1982年9月:清田治史記者が吉田清治の嘘を記事にする
1983年11月:清田記者が「ひと」欄で吉田を取り上げる(慰安婦の話はない)
1990年9月:金丸信が金日成に80億ドル(1兆円)の賠償を約束
1991年8月:植村記者が「思い出すと今も涙」という記事で「女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦」の記事を出す
1992年1月:宮沢訪韓の直前に「慰安所への軍関与示す資料」という1面トップ記事を出し、「朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」と解説する
1992年:東京社会部の記者(53)が「デスクの指示で吉田氏に会い、裏付けのための関係者の紹介やデータ提供を要請したが拒まれた」
1993年8月:河野談話を各社は「強制連行認める」と報じたが、朝日だけは「強制認める」と報じた
1997年3月:「従軍慰安婦 消せない事実」という特集記事で、吉田証言を「真偽は確認できない」と認めたが、訂正はしなかった

投稿: | 2014年9月14日 (日) 17時01分

記事が新聞に大きく乗り、何度も後続記事が出続けるには、編集、割付など多くの部門の承認がないといけない。社としての意志がないと無理だろう。人事を握る会社の最高実力者の意向に沿った記事でないと無理。朝日の反日本・捏造は企業犯罪のレベル。誰にも負けない暴力団が総会屋をやると儲かる。内閣や実力政治家にもあることないことでケチを付けられ平気であれば、企業など恐れる。針小棒大に自社のちょっとしたミスを大きく掻き立てられれば致命傷。広告費を保険として払う。暴力団にミカジメ料を払うのと同じ。反日・記事捏造常習はもうかるビジネスだろう。福島の東電社員の涙が見える。

投稿: | 2014年9月15日 (月) 08時11分

今、進行中の裁判に、あの従軍慰安婦捏造の主犯の1人、吉見義明が、桜内衆院議員を名誉毀損で訴えた裁判があります。今回の朝日新聞の検証によってこの裁判の成り行きに影響が出てきました。またこの裁判で、吉見を取り巻く反日弁護士、反日教授も明らかになってきました。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/cb01db03ef0971cb42aa24cce3af17d5

吉見はますます追い詰められてきている。

投稿: | 2014年9月15日 (月) 11時37分

痛いところにはつい反応してしまう。朝日が広告を黒塗りにしたのは「売国」「捏造」。抗議書を送ったのは、「事実をねじまげてまで、日本を貶めている」と主張した記事に対してである。これは撤回に追い込まれた。秘密保護法には猛反対。
結局、意味するところは、朝日は事実を曲げて日本を貶めていました。売国のため捏造しました。秘密保護法は勘弁してくれ。だろう。

投稿: | 2014年9月16日 (火) 08時48分

来る9月21日朝日新聞抗議デモを行います。
フジデモ一期が久々に集まり話し合った結果開催の運びと成りました。

朝日新聞を許せない人なら誰でも歓迎致します。
各々の朝日新聞社に対する着地点は違えども怒りの声は共有出来るはずです。

細かい事には拘らず抗議の声を共に挙げましょう!
※それに伴いコール案、口上案共に広く募集致します。
メールアドレスはprettymaids8@gmail.com 宛まで宜しくお願い致します。
注意事項

1 旗は日章旗のみでお願いします。
2 ヘイトコールは原則禁止です。
3 酒気帯び及び飲酒はご遠慮願います。

4 管轄、公安警察の方達の指示には原則従って頂きます。
5 デモ行進中の途中参加はおやめ下さい。
6 開催地周辺での外食はお控え願います。

7 プラカード等は趣旨に沿ったものをご用意下さい。
8 妨害等無いとは思いますが断言は出来かねるのでなるべくなら
連れ立ってのお越しをお願い致します。

集合場所
銀座水谷橋公園

集合時間
12時30分集合 13時出発

決定事行等随時更新していきますので何卒宜しくお願い致します。
奮ってのご参加お待ちしておりますm(_ _)m

朝日新聞を許さないデモ!運営一同より

投稿: | 2014年9月17日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毎週観ているNHKの番組。「ダーウィンが来た」と「ためしてガッテン」は貴重な番組だ。 | トップページ | スコットランド独立投票。反対が多数で否決となった。ロジカルとエモーショナル、ロジカルが勝利した。 »