« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の11件の記事

2014年7月31日 (木)

7月は国際的に忙しく終った。29日には周永康がとうとう立件されたし、30日にはアルゼンチンが2回目の実質デフォルトだ!

この糞暑いなか、二つの先々大きな問題に発展するだろう区切りが起こった。

一つは7月29日に、昨年より噂が絶えなかった中国の元政治局常務委員:周永康の取調べに踏み切ったと。もう今年になってからは、身柄は押さえられていたらしいが、完璧に立件に踏み切った。不正蓄財が1兆5千億円とまさに天文学的金額だ。とうとう習キンピラは長老の江沢民や胡錦濤の了解を取り付けたのだろう。もちろん脅迫で屈服させたのだろうが。

もう一つは、2001年に920億ドル(約9.2兆円)という史上最高額のデフォルトを起したアルゼンチンが、6月30日期限の和解済み返済金8億3千万ドル支払えず、その後30日の支払い猶予期間が切れる7月30日にデフォルトとなりました。2001年のデフォルトの時は、1900億円のアルゼンチン政府発行の円建て外債(サムライ債)も含まれていて、日本の投資家が巻き込まれましたね。特に中小企業団体の企業年金がパーとなってしまいました。もっとも世界の投資家は、以後アルゼンチンは危ないとほとんど積極的は投資はして来なかったらしいが。

まぁ、中国は特に政治体制が違うので、日本の感覚ではなかなか理解が出来ないが、まさに中国の三国志の時代の権力争いと大して変わらないようだ。・・・・・・

続きを読む "7月は国際的に忙しく終った。29日には周永康がとうとう立件されたし、30日にはアルゼンチンが2回目の実質デフォルトだ!"

| | コメント (2)

2014年7月29日 (火)

毎年恒例、海の彼方からオジイ満載で帆船がやってきた。「天気晴朗なれど、風・波高し!」

またまた、恒例となっている「海の彼方から、オジイ満載の帆船がやってきた」なのだが。26日に伊東マリンタウンにある”サンライズマリーナ”に。横浜のマリーナから出発して、三浦半島三崎港で一泊して、そこからここのマリーナに午後3時頃到着した。オイラ自宅から車でここに来て出迎えた。自宅からここまで、車で約20分。伊東は熱海のお隣だ。

着いたら、既に着岸停泊していた。ボヘミアン号

(以下画像上クリックで拡大)

Dscf2932_rここは、午後3時より一泊で停泊料金は約1万円。水道も桟橋に設けられていて、海水を真水で洗える。まぁ、どこでもそうだが。

船に人影がなく、乗り込んでみると・・・・・・・

続きを読む "毎年恒例、海の彼方からオジイ満載で帆船がやってきた。「天気晴朗なれど、風・波高し!」"

| | コメント (0)

2014年7月24日 (木)

「米国が世界の警察官」だって?そりゃ虚構だろうが。これからは、幾つかの集団安保で国を守るしかないだろう。民族自決なのだから、内乱で滅びる国はご勝手にだろう

「米国は世界の警察官であることを放棄したのか?」なんて先日のTV番組でしたり顔で解説していたが。中東のイラク、イラン、シリア、北アフリカ各国の内乱、今はウクライナ問題。また予測される中国の覇権の強まりで、東・南シナ海での混乱。頼みの綱だった米国が動いてくれなくなったと。馬鹿だねー、米国は昔から自国の利益の為に動いて来たというごく当然の行動をしたにすぎない。

例えば、アフガニスタン侵攻、イラク侵攻も、たとえテロ組織が主犯だとしても、あの9・11の同時多発テロの復讐と再度の防止に動いたのであって、間接的にはまともな国のために尽くしたとも云えるが、自国の利益の為に国連を動かして行動をしたにすぎない。それを米国は世界の警察官と解釈するほうがお目出度いのだ。

いろいろ陰謀説があるにしても、日本軍の奇襲による真珠湾攻撃の被害と、9・11同時多発テロの被害をくらべてみれば、後者の方が被害額・心理的被害は勝るだろう。・・・・・

続きを読む "「米国が世界の警察官」だって?そりゃ虚構だろうが。これからは、幾つかの集団安保で国を守るしかないだろう。民族自決なのだから、内乱で滅びる国はご勝手にだろう"

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

あーとうとうやっちゃったよ。マレーシア航空機撃墜。ロシア絡みが明白になりつつある。ウクライナ東部内乱、撃ち方ヤメー!

昨日の朝、BS放送のワールドニュースをつけたら、なにかマレーシア航空が墜落とかなんとか。まだ起きたばかりなので、頭が半分ボケている。アー、3月に行方不明になったあのマレーシア機の墜落現場が発見されたのかな?なんて呑気に思ったが、そうではなく17日に別のマレーシア機がウクライナのドネツク州内の東部シャフチョルスクに墜落したと。オランダ・アムステルダム発クアラルンプール行きのボーイング777旅客機だ。約300人の乗客乗員の全員が即死だと。

今回のウクライナ動乱で、本来ドネツク州だったのを、親ロシア派住民が勝手に住民投票を行い、ドネツク人民共和国としたところで、もちろんウクライナ政府はこれを認めていない。例のクリミアをロシアが陰謀的に奪還してから、ウクライナ本土に飛び火した内乱なのだが。ここ数ヶ月この内乱がますます激しくなってきたなかで、この惨事が起こった。

当初様々説が飛んだが、どうやらドネツクの親ロシア派武装組織が、ウクライナ軍輸送機と間違えて、ミサイルをぶっ放したようだ。これ以前にはウクライナ軍の高度6000mにあった輸送機をミサイルで撃墜して、ネットでその成果を誇っていたらしい。通信傍受に拠れば、武装組織とロシア軍とのやり取りで、「ウクライナ軍輸送機を撃墜した」「そりゃ、民間旅客機だ!」「えー!・・・・・」のような会話が収録されている。・・・・・・・・・

続きを読む "あーとうとうやっちゃったよ。マレーシア航空機撃墜。ロシア絡みが明白になりつつある。ウクライナ東部内乱、撃ち方ヤメー!"

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

何度も禁煙に挑戦して挫折した方々へ。オイラは禁煙のプロフェッショナルです。

今年の総合健康診断の結果、全ての数値が正常参考値の中にきれいに納まっていて、安心しました。ここ数十年中性脂肪の数値が、正常だと50~149ということらしいのですが、常に高く、若いときには300以上なんて時期もありました。一昨年が244、昨年が169、で今年は149に下がっていました。2年前ごろから喉に異常を感じていたのですが、耳鼻咽喉科で内視鏡検査をしてもらったら、特に問題はないとのこと。咽頭ガンの心配もなくなりました。

過去の数度の禁煙をしたのですが、一番長かったのが3年間ぐらいでした。禁煙数ヶ月後、喉の調子が悪くなり、なんというか声がうわずるような、とにかく違和感があり、やはり耳鼻咽喉科で見てもらいましたが異常なし。

禁煙をすると人によってその影響は個人差があるのでしょうが、とにかく睡魔に襲われます(オイラの場合)。北海道旅行でレンタカーで長時間運転したのですが、やはり睡魔に襲われ危なく居眠り事故を起しそうになりました。その後酒席で隣の人のタバコをもらったのが、また再喫煙ということに。こんなこと数度繰り返しました。

昨年10月にイギリス旅行にいったとき、成田空港で禁煙ガムを買って、今回は免税タバコを購入しないでこれで過ごすつもりでした。パッチ禁煙も何度も試したのですが、これ貼っている時間中、常にニコチンを体に取り入れていることになり、やはり禁煙ガムに戻ってしまいました。まぁ、過去禁煙に成功したのは、このニコチンパッチの助けでしたが・・・・・・

続きを読む "何度も禁煙に挑戦して挫折した方々へ。オイラは禁煙のプロフェッショナルです。"

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

米軍と韓国慰安婦の歴史 パククネさん、もっと自分の国の歴史を勉強しなさい!

前記事に続いて、この米軍兵用慰安婦についての検証告白動画を見つけましたので、参考としてください。これ、そんな大昔のことではなく、朝鮮戦争(1950年~1958年)を含めて、1996年までという最近の慰安婦(性奴隷)問題なのです。まさに米国政府と韓国政府への大ブーメランですね、因果応酬というか・・・・・・・・・・・

続きを読む "米軍と韓国慰安婦の歴史 パククネさん、もっと自分の国の歴史を勉強しなさい!"

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

従軍慰安婦問題でパククネはますますピンチだね。韓国従軍慰安婦の訴訟で流れが変わった。韓国は歴史を正しく直視しなければならない。

台風8号は、真夜中、伊豆半島付近上空を通ったらしいが、すでにそうとう衰えていたらしく、海は平静、雨も降ったらしいがそれほど強くはなかったようだ。なんたって一晩中熟睡できたくらいだから。オイラの寝室は大きな天窓があるので、強雨になれは窓を叩く音で目が覚めるのに、気がつかなかった。今日は台風一過というかフェーン現象で大変暑くなっている。

さて本題

日本でのメディアで、過去からあれだけ話題になってきた”従軍慰安婦問題”。6月20日には安倍政権はこの河野談話の検証結果を公表した。事実としては、河野談話は当時の韓国政府と上手く落としどころを談合して、朝日新聞発の捏造話で怒り狂った韓国メディアとそれに煽られた韓国国民を大人しくさせるための”河野談合談話”だったこと。まぁ、これで十数年納まったかの日韓関係だったのに、民主党政権だった2011年、韓国憲法裁判所で、「従軍慰安婦の賠償請求権に関する判決が出た。・・・・・・・

続きを読む "従軍慰安婦問題でパククネはますますピンチだね。韓国従軍慰安婦の訴訟で流れが変わった。韓国は歴史を正しく直視しなければならない。"

| | コメント (5)

2014年7月 9日 (水)

昨日は、前立腺ガンの検査、PSA検査を受けてきました。どっちつかずの数値でした。

昨日は、熱海市主催の健康診断で、前から受けようと思っていた前立腺ガンのPSA検査を受けてきました。事前に電話予約をしたら昨日の1時半からということになっていたので。なんでも前立腺がんに関しては、血液検査である程度分かるとのこと。それがPSA検査なのだ。血液を採ってから2時間ぐらいで結果が分かるそうで、その間病院ロビーで待っていた。まぁ、全て終って病院の駐車場から出るまで3.5時間掛かりました。

やっと呼び出しが掛かり、担当医師との面談。医師いわく「グレーゾーンの結果です」と。PSA値が4.032ng/mLだった。なんでも4ng/mL以下なら陰性でOKだと。で、その区分けを教えてくれと言ったら、4ng/mL~10ng/mLがグレーゾーン、10.1ng/mL以上が陽性となり、がんが疑われる。100ng/mL以上となるとガンと転移が強く疑われるとのこと。ともかくその医師は、何とか次の精密検査であるMRI検査に誘導したいような雰囲気だ。

オイラ都市伝説と云われようと、病院側の営業戦略を少し知っているので、1年後に再度検査して数値が上がっていたら、次のMRI検査なり、針生検査を考えますとした。医師は1年後ではなく半年後の方が良いと。市の年1回の健康診断ルートは1回500円、しかし半年後となると、一般受診となり病院の売上げが増えるわけだ。ましてMRI検査となればさらに増える。病院とて信用が出来ないことは昔から多かった。

病院側としては、厚生年金の健康診断も市の健康診断も、より検査費用の高額な診断に持って行きたい戦略も持っていて、なんとか大腸の内視鏡、胃の内視鏡検査は一回は受けさせようとする。・・・・・・・

続きを読む "昨日は、前立腺ガンの検査、PSA検査を受けてきました。どっちつかずの数値でした。"

| | コメント (2)

2014年7月 6日 (日)

夏が近づいたので,船をドックに入れて整備です。長く船に乗らないとなんか億劫になってしまって。

今日は仲間と共有の船を整備のため、熱海港からアタミ・マリーナまで操船しました。海係留の船の場合には、最低限年一回は船底塗料塗装、ドライブ周りの貝の撤去、電蝕予防の鉛板の交換をしなくてななりません。この船のエンジンの場合冷却水(海水)をドライブから吸い込んでエンジンを冷却しているので、その吸い込み口に細かい貝が付いて、吸い込みが悪くなると、オバーヒート気味になり、最悪エンジンが動かなくなることもあります。車でのラジエターのオバーヒートと同じです。

昨年は、手違いがあって結局それをやらず、ほぼ2年ぶりということに。午前10時に港で仲間1人と合流して、新メンバーの彼に操船を教えながら出航。まぁ、ボロ船(約30年経過)なので贅沢は言わないが、さすが多分船底にもドライブにも貝がびっしりついているようで、最高2,500回転はするのに、1,700回転ぐらいしか出ません。ちょうどのんびりトロールをしている時のスピードです。

オイラは昨年は、7月に1回乗ったのだがスルメイカ狙いが、まったく坊主で、獲物を変え伊豆山沖でトロールしたら、ゴマサバ20本前後いったのだが、それ以来船は出していなかった。仲間もほとんど乗らず、そのまま係留しっぱなしだった。新しいメンバー募集中なのだが、景気が悪いのかなかなか難しい。今会費を払っているメンバーは8人ぐらいしかいない。いかがですか?・・・・・

続きを読む "夏が近づいたので,船をドックに入れて整備です。長く船に乗らないとなんか億劫になってしまって。"

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

塩村都議はもはや雪隠詰め状態。さらにパククネ大統領も雪隠詰め状態。果たして本人達は自覚をしているのだろうか?

6月29日の日曜日を最後に、民放各報道バラエティー番組での、都議会のセクハラ野次への糾弾は一切なくなったようだ。このブログでも3回記事にしたが、過去この女とんでもない女だったということが、先週様々知れ渡り盛り上がった。さらに週間新潮・週間文春でもこの女の正体を暴いた記事を載せている。もし嘘記事なら、塩村文夏は誣告罪や名誉毀損で訴えれば良い。もし告訴しなければ全て事実ということになり、都議として謝罪会見をするのが勤めだろう。すぐさま外国人特派員協会で記者会見をし、世界中に自分は被害者だと触れ回った。いつものオッチョコチョイのケネディー大使は同情文を彼女に渡したとか。それにしても、マスゴミだ。先週・先々週昼も夜も、報道バラエティー番組で、「産めないのか!」という卑劣な野次があったと言う彼女の嘘を基本に、彼女をとにかく庇う番組構成全開をやらかした。よく出てくるジャーナリスト・元政治家・評論家がコメンテーターとして、今回のそれほどでもない野次を、彼女のバック背景を知ってか知らずか、天地がひっくり返るかのように糾弾していた。彼女の資質か素質が広まると、そんなこと言ったけ?と厚顔無恥に知らん顔だ。改めて総括をすべきだろう。毎回垂れ流しで次も垂れ流し。日本のテレビ界はもうとっくに信用はない。  保守速報 が塩村関係記事が一番多かった。

さて、

左系マスゴミの罪と云えば、横綱はパククネ大統領の頼みの綱、日本軍従軍慰安婦問題なのだが。昔から「人を呪わば穴二つ」って言葉があるが、今回は「日本呪わば大ブーメラン」が相応しいだろう。

続きを読む "塩村都議はもはや雪隠詰め状態。さらにパククネ大統領も雪隠詰め状態。果たして本人達は自覚をしているのだろうか?"

| | コメント (2)

2014年7月 2日 (水)

やっと、集団的自衛権が条件付きで閣議決定がなされました。これから関連法案の改正に進みます。9条真理教からの脱教で早く普通の国家となりたいものだ。

昨日”限定集団的自衛権の行使”の解釈容認が閣議決定をされた。毎度の愚かなマスゴミの詳論家どもが、”なぜ、こんなに拙速に・・・・””閣議決定をする前に、国会で議論をすべき!”などとほざいているが、この件はここ20年来の懸案事項だったことを隠している。昨日は、原発反対運動集団などと同じ顔ぶれの連中が、大勢でデモをしたらしい。バックは中国・韓国の工作員などが煽っているようにどうしても見える。

今年で自衛隊発足60年だそうだが、もうとっくの昔に憲法9条は解釈され、第2項に反する陸・海・空軍を有している。個別的自衛権と集団的自衛権を区別している国など日本以外にはない。憲法9条を盾にして海外での紛争に巻き込まれない口実にしてきたが、ここまで世界がグローバル化してくると、もはや日本は”一国平和主義”では世界が認めなくなってきた。自衛隊員とすれば、命を張るのは災害救援時だけにしてもらいたいだろう。だからどちらかというと、今回の解釈変更は防衛省OBは反対が多かったと。これを主導したのは外務省らしい。

いままで、とりあえず軍備に関しては抑止力をもっていたが、その軍備を有効に動かす法的抑止力が、朝鮮半島有事・東シナ海有事に未整備だったわけで。中国も北朝鮮も韓国も台湾もロシアも様々な軍事衝突シミュレーションを考えると、日本が法的に普通の国家にならない方がまことに良いわけで。・・・・・・・

続きを読む "やっと、集団的自衛権が条件付きで閣議決定がなされました。これから関連法案の改正に進みます。9条真理教からの脱教で早く普通の国家となりたいものだ。"

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »