« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の8件の記事

2014年6月28日 (土)

今まさに塩村文夏ヘイト野次にかんする捏造拡散が、大手テレビ報道のもとに行なわれている。その真偽をこそ検証すべきだ。

昨日は年1回の健康診断に行ってきました。事前に毎回の病院と日にちを決め、送られて来た容器で便の採取と当日朝の尿の採取をして、指定時刻の朝8時半に遅刻なく行きました。毎回なのですが、バリウム検査が嫌いというかなんというか。検査台の上でのた打ち回ることになります。検査は午前中に終りますが、その後飲み込んだバリウムを排便しなくてはなりません。昨日と今朝出し切ったようですが、バリウムが洋便器の底の穴にへばり付いて、なかなか全部が排出しません。トイレブラシで数回も擦ってやっと排出した次第。病院から下剤をもらいすぐ飲みますが、これ短時間で排出しないと、腸の中で固まり、とんでもない事態になることもあるそうです。2回分下剤をもらいましたので、念の為もう一度飲みました。外仕事の人にとっては、もっと大変でしょうね。尾篭な話で申し訳ございません。

さて、もうこの話はうんざりしてしまうので、やめようと思いましたが、ここまで来ると、現在のテレビ業界の胡散臭さがミエミエになってきましたので、再度この塩村文夏へのヘイト野次についてまた記事にします。

問題は、都議会でのヘイト野次の段階を超えて、テレビ番組についての批判問題に移行して行きつつあります。いままで何度もありました、マスゴミが捏造してまで正義の旗をふりつつ、何かを守ろうとする姿勢です。特にテレビ朝日・TBSの報道バラエティー番組は、過去数々の失点があったにもかかわらず、今回の件でもまたもやオロチが鎌首を持ち上げたかのように、世論誘導をしているのが、今回の問題なのです。・・・・・

続きを読む "今まさに塩村文夏ヘイト野次にかんする捏造拡散が、大手テレビ報道のもとに行なわれている。その真偽をこそ検証すべきだ。"

| | コメント (3)

2014年6月24日 (火)

塩村文夏のセクハラやじ問題に見られるマスゴミのいつもの正義を気取った煽り。こんなマスゴミの空気で従軍慰安婦問題も生まれた。

2ちゃんねるという掲示板があるが、そこには様々な人々からのコメント(レス)がある。もちろん中にはあきらかに捏造や錯誤も多いが、一つのテーマについて1000コメントの区切りのなかで、それらを通読すれば、常識人であればだが、その玉石混淆はだいたい見極めることが出来る。ここで訓練すると何がおかしいかを理解できるようになる。

その延長で、報道バラエティー番組の現状を見れば、いかに偏向した、熟度の低い番組が厚顔無恥に多く流されていることに反吐が出る。散々長期に渡って賛美し続けた”盲目の作曲家:佐村河内 守問題の顛末、小保方晴子のSTAP細胞の顛末などなど。そして今旬なのは、塩村文夏都議の質問中に出たいわゆる”セクハラやじ”と言われている問題。ここに来て、23日にすでに噂の出ていた自民党都議の鈴木章浩議員が自主的に出て彼女に謝罪した。

セクハラやじ発言の鈴木都議、塩村都議に直接謝罪2014.6.23 15:43

各テレビ番組では、連日メインに扱い、これでもかというぐらいに、このヤジ主を人権侵害問題まで持ち出して糾弾している。善良なるか弱き女性議員に対してなんたることかと。特にテレビでの女性コメンテーターが手厳しい。この大騒ぎは海外のメディアまで飛び火している。

ところがだ、前記事でも触れたが、この女相当の問題女だったらしい。ほとんどの都議は素性をしっていたのでは?彼女が出演した番組(29歳の頃)に言い逃れの出来ないような証拠がしっかり残っている。・・・・・・

続きを読む "塩村文夏のセクハラやじ問題に見られるマスゴミのいつもの正義を気取った煽り。こんなマスゴミの空気で従軍慰安婦問題も生まれた。"

| | コメント (13)

2014年6月21日 (土)

河野談話の検証結果が提出された。都議会議員塩村文夏ってもともとヤジられる理由があったようだ。

昨夜は久しぶりで午前になるまで起きていた。河野談話の検証結果をテーマに、BSフジのプライムニュースの番組を2回も再生して熟視聴してしまいました。ゲストは維新の会の山田宏、歴史家の秦邦彦、そして全てが韓国民の典型を放つ金 慶珠(キム・キョンジュ)の3人。

金 慶珠は相変わらず、息継ぎなしで喋り続ける。秦邦彦が紳士的に、朝鮮戦争当時韓国政府は、米軍・連合軍に対して、嘗ての日本軍のような慰安所を設営したが、内容的にそんなに遜色はなかった。なぜ韓国はこちらの方はダンマリなのかと彼女に聞いたのだが、ベラベラその件には一切触れず、関係ない話で例によって煙に巻いていた。もうこの女はテレビに出演させるべきではない。折角の話の流れが彼女1人の論戦となってしまう。これが東海大学の准教授だって。随分軽いものだ。まぁ、批判されることが多いこの女、それだけの理由があるわけだ。

この番組でもそうだが、現在の物差しから見れば、確かに慰安婦は過酷な生活の時もあったが、それは慰安婦に限らず巻き込まれた人々は全て過酷な状態に置かれていた。今でも中東の動乱、ウクライナの動乱、シリアの動乱に巻き込まれている人々はもっと過酷な状態に置かれている。それでも、この慰安婦達の実態は当時の兵隊の数倍の報酬を得て、お客の兵隊と娯楽もし、厭な客を拒否できる場合もあったらしい。もちろん一部だったが。そして極端な過酷状態に置かれたことも一部であったり、一時的であったりと、想像すればこれが実態だったと思うが。しかしこれは言ってはいけないことらしい。

慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯 ~河野談話作成からアジア女性基金まで~ 平成26年6月20日  全文です。

ネットメディアの世界は面白いですね。今回都議会で女性蔑視のヤジで現在大騒ぎになっていますが。・・・・・・・

続きを読む "河野談話の検証結果が提出された。都議会議員塩村文夏ってもともとヤジられる理由があったようだ。"

| | コメント (3)

2014年6月20日 (金)

さて、今日”河野談話”についての検証結果が、国会の理事会に正式に提出されます。これから日韓のワールド戦の開始です。安倍晋三は怯むことなく40年間の嘘話から脱却させてください。

前記事に続いてなのだが、今日20日に衆院予算委員会理事会に、河野談話に関する検証結果が提出される。韓国側はそうとう焦っているようだ。当時の韓国政府と宮沢政権との間にあった作成過程で、韓国側から一文一文の刷り合わせ交渉があったことが、これまでの噂どおりが、発表されるとか。

結局、当時オイラもよく記憶しているが、吉田清治の「私の戦争犯罪」や千田夏光の「従軍慰安婦」の著作本が発行され、それを各メディアが追い続け、特に朝日新聞などは延々とキャンペーンを張り続けた。また朝日の植村隆記者は、女子挺身隊として朝鮮人女性が連行され慰安婦にされたと、これまたキャンペーン。

その結果、宮沢首相はちょうど韓国訪問で、徹底的に韓国側から糾弾され、ペコペコ謝り続けたと。まぁ、そんな状況のなかで、この韓国側が謝罪の声明を出してくれれば、もうこれ以上この件については国家間問題にはしないと。そんななかで、慰安婦婆さんの一方的証言や、専門家のヒヤリングを重ねて、河野談話として声明を出したと。

ところが、この婆さんの証言も、韓国内の糾弾側センター内で行なわれ、証言の裏づけ調査はない。さらに問題なのは、専門家のヒヤリングを受けたと云われているが、どのような人達から見解を聞いたのか、まったく秘密にされてきた。・・・・・・・

続きを読む "さて、今日”河野談話”についての検証結果が、国会の理事会に正式に提出されます。これから日韓のワールド戦の開始です。安倍晋三は怯むことなく40年間の嘘話から脱却させてください。"

| | コメント (0)

2014年6月18日 (水)

いよいよ安倍政権の従軍慰安婦問題の検証結果が提出される予定です。もう嘘話でディスカウント・ジャパンをやられるのは、いい加減にして欲しい

ウチのアパートの空室の改修も一段落して、今度は山のみかん段畑の6月の防除作業や除草作業がこれもとりあえず一段落です。今年は特にツユ草が大繁殖で、これらは一旦根まで絶やさないと居ついてしまいます。ツユ草の場合は強いのでサンフーロンを50倍に希釈して噴霧します。昨年から耕作放棄地だったところも始めましたので、耕作地が2ヶ所計約3,000㎡となり、特に除草は大仕事となりました。但しみかん栽培の収支は、年間経費だけで飛んでしまい、黒字になることはありません。じゃあなぜ続けるの?

祖父・父親から受け継いだ遺産を守る事とそれに伴う老後の人生に生き甲斐を与えてくれること。おかげで栽培に関しての知識や関連機械・機器に精通出来るようになりました。作業に伴う運動量のお陰で体力・筋力を温存できること。また雑草の知識や苗木の成長を楽しめる。⇒心が豊かになれる。

みみっちい話としては、確定申告で農業収支で赤字分を控除できること⇒所得をその分減らすことが出来る。また放棄地とすると雑種地扱いを市の裁量でされ、固定資産税・都市計画税を高額とられるが、耕作地ならそれら資産税はゼロ評価となること。JAへの出荷以外に収穫成果物をお歳暮やその他贈答用に利用出来る。年間8ヶ月は自家消化で柑橘類には事欠かない。また焼却も堂々と出来るし、BBQも気兼ねなく出来る等などです。先祖伝来の農耕地で非専業農業をやっている人の利点はこのようなことがあるから続けているのでしょう。リタイアした後の人生をこれで楽しんでいるのが多いです。

さて本題です。

例の従軍慰安婦問題ですが、「河野談話は見直さない」と明言した安倍晋三ですが、「但し従軍慰安婦問題については、その検証はする」ということになっています。・・・・

続きを読む "いよいよ安倍政権の従軍慰安婦問題の検証結果が提出される予定です。もう嘘話でディスカウント・ジャパンをやられるのは、いい加減にして欲しい"

| | コメント (2)

2014年6月13日 (金)

まだ、韓国の首相が決まらない。1番指名がダメで2番指名はどうなるか?カルト宗教まで入り混じった韓国を日本人は理解できません。

STAP細胞の大騒ぎは、当初一部で言われていたように、ES細胞をSTAP細胞と取り違えていたようで、誰かが間違った設営をして、それを小保方がそうとは知らず、「STAP細胞はあります!」「200回は成功しています!」になってしまったようだ。つまり小保方は素人に毛が生えたくらいの科学者だったってこと。ここに来て、論文取り下げに同意したらしい。ハーバード大学のバカンティー教授とやらも今や逃げ腰のようだ。そもそも、この教授が原因を作ったんじゃないのか?テレビに出てくる彼は、いつもニコニコした顔ばかりだが。

小保方は問題が発覚した頃、既に自分の錯覚に気がついたが、もう後戻り出来なくなり、弁護団を雇って強情を張っていたのでは。彼女の父親は、韓国三菱商事の常務理事とか。カネは唸るほどあるらしいが、いつまでも揉めていると、弁護団にしっかりカネをたかられますよ。まぁ、よくある大金持ちのお嬢さんの甘さが災いしたのかもしれないね。

歴史ファンタジー&嘘つき国家の韓国については、もううんざりしますね。そんな国の大統領が、「日本は正しい歴史認識をしろ」と、いまだに上から目線で、誠意を見せて謝罪しなければ、韓日首脳会談はやりませんと。

なら、やらなくて良いというのが、日本国民の過半数以上の回答です。・・・・・

続きを読む "まだ、韓国の首相が決まらない。1番指名がダメで2番指名はどうなるか?カルト宗教まで入り混じった韓国を日本人は理解できません。"

| | コメント (1)

2014年6月10日 (火)

ウチのアパートの修繕が続いています。今日は素人のあなたにも出来るリホーム作業について

前記事にした、熱海の自然葬霊園については、事業撤退となりそうです。

墓埋法抵触と市判断 許可必要と事業者に要請文―熱海・散骨場問題:熱海版 2014年06月07日 

■「市の判断に従う」 

建設計画する社長  市の要請文を受け、散骨場建設を計画している事業者の社長は6日、報道関係者の取材に対し「市が墓埋法に抵触したと判断したのなら従うしかない。散骨場という基本は変えず、法に抵触しないように形態を変更する」と話し、来週中に市に回答する考えを示した。  事業者の社長は、市でビジネスをする以上、「法令順守で今後の事業は進めていく。具体的なことは言えないが、違法性のないビジネスモデルに変える」と話した。  現在は募集やホームページを停止。形態を変更後、必要があれば住民への説明会も検討するとした。焼骨について厚労省に問い合わせをしたが、回答はなかったという。

さて、この一週間は、築50年以上のウチのアパート、その空室になった部屋の修繕に追われていました。つい欲が出てしまい、問題のあった壁を塗装して綺麗にしたら、別の壁が見劣りしてきて、ここもついでだからやってしまおうと。今バルコニーの床も退化してきたので、床用塗料を塗ろうと準備したら、劣化した場合には、下地に油性シーラーを塗っておくべきとあるので、昔余分となったシーラーを塗った。これは古くなった表面と新しい塗料を強固に接着するためだ。今日その上に床用塗料を塗る予定。

時間が掛かったのが、トイレのタンク内機器。タンクには手洗い付きと無しがある。これは手洗い付きで、この手洗い付きのタンク内機器には、2ヶ所の水の出る穴がある。その接続ホース(ビニル製)がない。なんとその接続にストローが付いていた。これ、前の借主がタンク内をいじって、ホースを外してしまいそれが元通り接続出来ないので、面倒くさくなってストーローを代替としたのか?それで専用ホースを買ってきて差し込もうと試したら、全然嵌らない。なにか重要な部品をホース共々捨ててしまったのか?・・・・・・・

続きを読む "ウチのアパートの修繕が続いています。今日は素人のあなたにも出来るリホーム作業について"

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

これってやはり墓地になるだろう。法の隙間を狙ったのだろうが。熱海で今大騒ぎになっている自然葬の霊園問題

新築から50年以上経過しているRC造のウチのアパートなのだが。1室退去したのだが、奥さんがフィリピン人で、冬寒いのか、湯を張った浴室のドアを開けっ放しが多かったらしく、南側壁2面が、その都度の湯気で湿気が生じ、黒カビだらけになってしまった。もちろんそれを指摘して退室時、その補修料金を補償してもらった。

壁はモルタル下地の繊維塗り壁。今は良い塗料があるので、この上に塗装をすることにした。本来左官屋さんを呼んでこの上に新たな繊維壁を塗るのだが、高い施行費になるので、自分で補修する。左官塗りは難しいので、楽な塗装施行とした。以前エアースプレーで塗料吹き付けたとき、その一部をローラーで補修したら、繊維がほぐれてしまいローラーに巻き付き、その部分が凹となってしまった。今回はその失敗がないよう、下地として、木工用ボンド:水=1:1を作り、家庭用品の手動スプレーの容器に入れ、先ほど3時間掛けて吹いてきた。昨日は塗装用の養生をするために、マスキングテープや、粘着テープにビニルシートの付いた養生シート(マスカー)で、周りの保護をする作業を3時間掛けてやった。今日一晩乾かして、明日ローラー塗装作業の予定。

さて本題

金曜日に地元のローカル紙、熱海新聞の電子板を読んだのだが・・・・・・・・

続きを読む "これってやはり墓地になるだろう。法の隙間を狙ったのだろうが。熱海で今大騒ぎになっている自然葬の霊園問題"

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »