« 塩村文夏のセクハラやじ問題に見られるマスゴミのいつもの正義を気取った煽り。こんなマスゴミの空気で従軍慰安婦問題も生まれた。 | トップページ | やっと、集団的自衛権が条件付きで閣議決定がなされました。これから関連法案の改正に進みます。9条真理教からの脱教で早く普通の国家となりたいものだ。 »

2014年6月28日 (土)

今まさに塩村文夏ヘイト野次にかんする捏造拡散が、大手テレビ報道のもとに行なわれている。その真偽をこそ検証すべきだ。

昨日は年1回の健康診断に行ってきました。事前に毎回の病院と日にちを決め、送られて来た容器で便の採取と当日朝の尿の採取をして、指定時刻の朝8時半に遅刻なく行きました。毎回なのですが、バリウム検査が嫌いというかなんというか。検査台の上でのた打ち回ることになります。検査は午前中に終りますが、その後飲み込んだバリウムを排便しなくてはなりません。昨日と今朝出し切ったようですが、バリウムが洋便器の底の穴にへばり付いて、なかなか全部が排出しません。トイレブラシで数回も擦ってやっと排出した次第。病院から下剤をもらいすぐ飲みますが、これ短時間で排出しないと、腸の中で固まり、とんでもない事態になることもあるそうです。2回分下剤をもらいましたので、念の為もう一度飲みました。外仕事の人にとっては、もっと大変でしょうね。尾篭な話で申し訳ございません。

さて、もうこの話はうんざりしてしまうので、やめようと思いましたが、ここまで来ると、現在のテレビ業界の胡散臭さがミエミエになってきましたので、再度この塩村文夏へのヘイト野次についてまた記事にします。

問題は、都議会でのヘイト野次の段階を超えて、テレビ番組についての批判問題に移行して行きつつあります。いままで何度もありました、マスゴミが捏造してまで正義の旗をふりつつ、何かを守ろうとする姿勢です。特にテレビ朝日・TBSの報道バラエティー番組は、過去数々の失点があったにもかかわらず、今回の件でもまたもやオロチが鎌首を持ち上げたかのように、世論誘導をしているのが、今回の問題なのです。・・・・・

議会で野次は禁止規制はされていません。イギリス・ドイツ・米国議会で野次が一切ないというのはとんでもない嘘です。特にイギリスの議会の野次の多さには驚いてしまう程です。ただ、暗黙のルールとして発言者の個人的なネガティブ野次については、特にそれが人権に反するものなら、野次発言者は逆に糾弾されることで、皆注意しているとか。ということは人権侵害の野次はあまり無いということでしょう。

”野次”の定義はともかく、発言者に聞こえるように野次る野次とは別に、小さな声でつぶやくことは、どうなのでしょう。またどこまでが、糾弾されるべき野次で、そうでない野次なのでしょうか。再度言いますが、野次自体は禁止項目にはありません。また時によっては野次は有効な場合も過去からありました。だから野次ったら即除名などという規制がないのです。

さて今回、結局自ら野次を認め、責任を取って自民党会派から離会した鈴木章浩都議なのだが、彼は当初否定していたことが大きな問題とされていた。だが、塩村都議を貶める程の酷い野次はしていない。謝罪としてマスゴミの捏造拡散した「早く結婚したほうがいいんじゃない?」を認めたようだった。しかしこの後、有志が問題のカ所を検証してYoutubeにUPしていて、それを聞くとやはり「みんなが結婚したほうがいいんじゃない?」としか聞こえない。

Dscf2849_r_2

これに対して、テレビ各局の報道番組ではテロップで「早く結婚したほうがいい」と共通している。これは彼女のTwitterにあった文をそのまま載せている。たしかに今年36歳になる彼女にこのような野次は傷つけられるとも理解は出来るかもしれない。

しかし音声で分かるように「みんなが結婚したほうがいいんじゃないかー?」だったら、べつに彼女を誹謗したことにはならない。野次というのは瞬時なので、発声した本人もはっきり記憶がない場合も多い。オイラも団体の総会で野次を飛ばした経験があるので、よくあることだ。鈴木本人もはっきり覚えていないのかもしれない。さらに、マスゴミの追求が激しくなり、自民党のベテランからきっと、彼女の言うとおり認めて謝罪して、これで一旦ケリをつけたほうが、鈴木君の将来の為に良いなどとの助言を受けて、ツベコベ言わず今回の謝罪になったと考える。やはり最後は男らしい行動だ。

しかし、その他の「産めないのか?」などの野次は、彼女がそのような野次があったという証言だけで、未だ録画からその野次は拾えていない。なにかのつぶやきに近い野次はあったのかもしれないが、検証できないのでは、そのような誹謗した野次は存在しなかったとも云える。現に彼女のフェイスブックには、当初「産めないのか」の野次もあったとあったが、それが削除されているそうだ。「産めないのか」は彼女の妄想から出た野次ではなかったか。

例として適切かどうか分からないが、散々従軍慰安婦問題の捏造キッカケを作った福島瑞穂が、国会の質問で今回の河野談話の検証を批判質問をしたとして、怒りの野次は発生しないと言えるか?それこそ彼女に対して様々なつもり積もった憤慨の野次が飛ぶだろう。

野次られた彼女が過去どのような資質の人間なのかほとんど知らなかったが、都議会ではほとんどの議員が知っていた。これは当然だろう。その彼女が過去の言質を顧みず、それに繋がる事項について、「女性の出産の困難さへの解消」というご立派な発言に憤ったのだろう。要は発言者がどのような資質を持った人間なのかで、評価は大変変わるのが常識だろう。泥棒が泥棒を批判したら、バカタレ!と野次が飛ぶのが世界的常識だ。

女性の皆様、議員になる前とはいえ、つい数年前にこのようにテレビで発言していた彼女に、その通りだ!と共感しますか?同時に複数の男性と肉体的にも交際して、ばれなければ良いと。対談した男もビックリだ。彼女の考えはこの方が良いと。これ国際的にも共感する人は少ないだろう。まともじゃない。目的は1番の人にバレなければ良いと。

また、彼女は放送作家もしていたらしく、Twitterで自分のかかわった番組を自慢していた。それが、それこそ若い女性を道具に、セクハラ紛いの演出で、これを自慢していた女だった。もちろんこのエロ馬鹿番組を制作したテレビ局(日本テレビ)と下請け制作会社が一番糾弾されるべきだが、彼女はこの番組の演出をTwitterで自慢していたという確信犯だ。つまり言っていることと、やってきたことが180度違う人物なのだ。

【セクハラやじ】塩村文夏(塩村あやか)都議が構成作家時代に担当した番組がエロい【アイドルの穴】

外国の記者どもよ!この女、仕事とは言え、こんなセクシャルハラスメントの番組を演出してそれを自慢していた女なんだが。それでも彼女を庇うのか?全国の女性の方々よ!これでも彼女がヘイト野次を受けたと共感するのかい?

週間文春の4月号では、みんなの党の三谷 英弘(みたに ひでひろ)との不倫問題が暴露され、今は朝日新聞記者:太田匡彦 とも怪しい関係を疑られている。彼は動物愛護に関して、どうやら塩村に質問のシナリオを書いたとも噂がある。当日は都議会の記者席にいて、彼の録音から・・・・・塩村文夏議員へのセクハラやじ 議場の音声分析「自分が産んでから」も2014年06月28日 09時22分

鈴木章浩都議(51)が「早く結婚した方がいいんじゃないか」とヤジを飛ばした直後、たたみかけるように男性の声で「自分が産んでから」「がんばれよ」とのヤジが続いた。塩村都議が女性の不妊に関して質問した際には「やる気があればできる」との暴言も聞かれた。

また朝日新聞記者「付け火して煙楽しむ朝日かな」だね。今回は不倫の彼女の為か?

これだけではなく、彼女は選挙時の事務所賃貸料(160万円)未納問題もあるようだ。賃貸料は寄付と考えていて、支払わなくても良いと判断したとか⇒これ公職選挙法や脱税にも触れる。家主側からの裁判になりそうだ。因みにこの事務所、その前は噂の三谷英弘が借りていたとか。

ここ連日TBS・テレビ朝日はこの問題をむりやり大きく拡大して連日癒着しているかのようなコメンテーターから批判させている。まさにメディアの本性が見えてくる。今朝の”あさチャン サタデー”でも約30分の時間をとって、これについての全面批判全開だった。野次の中身の検証なしに、ともかくなんの疑いもなく、「日本は国際的に恥ずかしい」をまた拡散している。はっきり言って、鈴木鈴木章浩都議は冤罪のようなものなのに。

Dscf2845_r この外国特派員協会の記者会見は、多分朝日新聞記者:大田匡彦が段取りした会見だろう。

Dscf2846_r なんと、みんなの党の都議は後の2つの決議案では2分したらしい。塩村に怒っている都議もいるのだろう。あんな女のせいで鈴木に辞職を押し付けるのは忍びないと。もういい加減にしてほしいと。

Dscf2847_r オイラまともな意見が多いと感じる、この田崎史郎までもが、都議には年間2,400万円を税金から支払っていると、鈴木都議の辞職要求に賛同していたが、この塩村こそ、これだけの金を彼女に支払う意義があるかと言いたいところだ。テレビに出演して稼ぐことは、正論ではなくてもメディア界に融合することが大事なのであろう。多分ネットや週刊誌で彼女の素性がばれてきつつあるなかで、彼らは前言質を変えるこてはできないのかもしれない。

Dscf2848_r そして、この吉永みち子だ。べらべらと的はずれなことを毎回平然と喋る。民主党が落ち目になって来たとき「私達が折角応援してきたのに」と番組で漏らしてしまった。放送法なんてオツムにない女。辻元清美については言及するだけで、バカ馬鹿しい。

よくあるテレビ番組での街頭インタビューについても、よくやらせ(サクラ)が多い。街頭で偶然居合わせた一般人にある問題について意見を聞き、それを世論の参考にするという、建前は立派な報道なのだが。今回でもやらせが発覚している。

TBSで取材した一般人?とNHKの7時のニュースでの一般人が同一人物。こんな偶然なんてあるわけない。ということはTBS・テレビ朝日そして公共放送NHKが共同してつるんでいるということが判明している。この大元はその上の広告代理店の電通ということなのか。

この問題は、マスメディアの信用失墜に値する問題だ。もちろんいまや信用はされていないが。しかし、国民の電波を優先的に利用して、独占利権を持っているテレビ局に課せられた放送法に対して、大変な違反をしていることになる。偏向報道はしてはならないし、まして捏造報道は禁忌なはずだ。

東京都議会は鈴木章浩の名誉回復と、捏造し拡散した該当テレビ局、TBS・テレビ朝日・NHKなどに対しての抗議を議決し、塩村文夏に対して都議としての彼女の素質・資質・人間性に関する聴聞会を開くべきだろう。また彼女の選挙収支報告書や政治資金規正法に違反はないか調査すべきだ。

|

« 塩村文夏のセクハラやじ問題に見られるマスゴミのいつもの正義を気取った煽り。こんなマスゴミの空気で従軍慰安婦問題も生まれた。 | トップページ | やっと、集団的自衛権が条件付きで閣議決定がなされました。これから関連法案の改正に進みます。9条真理教からの脱教で早く普通の国家となりたいものだ。 »

コメント

1969年 この頃から塩村一氏と福山市との癒着(強要?)が始まる
1972年 備掃社設立
1978年 福山で(?)文夏氏が生まれる。※FBではパース出身と書かれている
1980年 最古の「念書」の確認

1986年 文夏氏が塩村性を名乗り始める(8歳の頃) 光小に通う
1988年 いわゆる「福山市汚土事件」発覚
1989年 塩村一氏逮捕。暴力団との繋がりも明らかに
この頃 ツイッターによると、鷹取中時代に壮絶な暴力に遭う。
鷹取中ってそんなDQN校だったのかなw

1997年 親と絶縁(?) 高校在学中に芸能活動を開始
塩村一氏は高裁で有罪(執行猶予)が確定

2001年 (元彼から1500万ゲットして?)イギリス留学
2006年 当時の牧本市長や助役、塩村一氏らに対してて
総額1億円の損害賠償の支払い命令が確定(遅延金などを含めると約2億に)
2007年 牧本元市長が自己破産。助役は3000万の支払い
2007年 文夏氏、恋のから騒ぎ出演。関根勉から嫌われる
2008年 塩村一氏が連帯債務の納付書の受け取りを拒否する際に役人に
怪我をさせて公務執行妨害で逮捕される

2012年 父親が死去
2012年 親と絶縁して15年
2012年 塩村性を名乗って26年
2013年 都議初当選

投稿: | 2014年6月28日 (土) 17時50分

都議会で「早く結婚したほうがいいんじゃないか」「産めないのか」と野次が飛んだとみんなの党塩村議員がツイート

ほんとならお子さんのいない安倍夫妻への暴言でもある

「結婚~」の野次は音声あるも、「産めないのか」の音声は確認されないまま、朝日などマスコミは断定して報道

海外メディアが飛びつき他国でも報道される
閣僚からも批判相次ぐ

自分ではないと言っていた自民党鈴木議員が「早く結婚したほうがいいんじゃないか」の野次について謝罪

塩村議員がFB上で、
「マイクで拾えていないと思われた『産む』に関するヤジ、あるニュースで拾えており、ホッとしました。
私の耳に入ってきたものとは少し違い『自分が産んでから』でしたが、
同じ意味合いのもので、『産む』に関するものがあると確認できました」
と投稿。

当初言われてた中で「早く結婚したほうがいいんじゃないか」だけが残る。
男性はしょっちゅう言われることだが、
男性が言われても問題にならなくて、女性だと問題になるのはなぜか。
田中真紀子が安倍さんに「種なしかぼちゃ」と言った時はマスコミは問題にしなかった。
などの意見が流れる。

安倍さんが浅尾代表に謝罪

塩村議員が外国人記者クラブで会見

塩村議員の過去の言動が注目され始める

塩村議員自身が過去にセクハラ・パワハラしていたことが判明

塩村議員がFBを非公開に

マスコミは、過去のことと今回のことは話は別。
自民がマスコミ(週刊誌?)を使って塩村議員叩きしていると根拠の分からない批評。
また、報ステが野次音声を検証し「産めないのか or 産まないのか」のような発言があったと報道。
しかし報ステを製作しているオフィス21が塩村議員が所属している会社と分かり、また憶測が    ←(今ここ)

投稿: アレレ | 2014年6月28日 (土) 18時49分

選挙費用も男頼み、
経費問題が浮上しそうになったもみ消しも男頼み

女性の地位を主張してるけど、
男がいなかったらこの人は議員にもなってないし、
性を売りものにする女性蔑視文化がなかったら放送作家にもなれてなかったんだろうな。

投稿: | 2014年6月30日 (月) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塩村文夏のセクハラやじ問題に見られるマスゴミのいつもの正義を気取った煽り。こんなマスゴミの空気で従軍慰安婦問題も生まれた。 | トップページ | やっと、集団的自衛権が条件付きで閣議決定がなされました。これから関連法案の改正に進みます。9条真理教からの脱教で早く普通の国家となりたいものだ。 »