« 3大反日変態新聞は、なぜ特定アジア3国の国策報道工作機関と同調するのか、現代の七不思議なのだが。 | トップページ | 細川、宇都宮、小泉など反原発真理教達の言う、「世界は脱原発の方向に向かっている」というのは、全くの嘘話 »

2014年2月 2日 (日)

やっと、都知事選4候補の討論となりました。細川護煕が逃げてばかりいたのです。さらにこの細川は、今年1月に放射脳なデマをネットTVでさらに流しました。こいつ都知事なんてとんでもない!

1月朝生で、都知事選の候補者が出演というので、どのような演出か楽しみにしたのだが。録画を再生してCM飛ばしで観たのだが。それぞれ1人づつ田原と討論ってな具合だった。田原の突っ込みも鋭さがなく、ただ各人のスローガンの垂れ流しの感があった。ただ発言の仕方で本人達の本性が多少分かった。まぁ、これも事前に感じていた通りなのだが。

例えば、細川の目玉、「原発即ゼロ」について、田原が「それなら、原発なしに依る、現在の化石燃料輸入増加分、年間で約4兆円の問題はどう解決するのか?」とか、「果たして自然再生エネルギーによる発電量は、原発に替わるだけのカバーが総合的にできるのか?」と、そのスローガンの信憑性を本来突くべきなのに、ぜんぜんそれは無かった。細川は「原発ゼロとすれば、その内どこかがそれに替わる発電システムを創るでしょう」とまこと無責任にはあきれ返ってしまった。

宇都宮⇒田母神⇒舛添⇒細川の順で、1人15分ぐらいの討論だった。その後4人のパネラーが田原の進行で討論したのだが。これ最後まで細川が候補者全員での討論を、ワイドショー的になってしまうのでと、拒否した結果。相手からボロを突かれるのが厭だったに過ぎない。・・・・・・・

荻原博子、ハリス鈴木絵美、古市憲寿という豪華左傾パネラーと東京新聞の記者、長谷川幸洋が今回の候補者についてと都知事について語っていたが。まぁ、聴いていて、眠くなるような討論だった。もちろん選挙期間中なので、特定の候補に言及できないのは確かなのだが。

このハリス鈴木絵美って、このごろよくあの関口宏の”サンデーモーニング”という偏向番組に時々でるようになった。”若者の女性”の候補者がいないことが残念だと。都知事ってそんなに軽い仕事らしい。米国の選挙はもっと優れていると。この女、父親が米国、母親が日本人で、高校生まで日本で育った。その後米国エール大学に進学し、マッキンゼーに勤務して、オバマの選挙にかかわり経験と積んだとなっているが、発言を聴いていると、あっちゃこっちゃ話の数は多いが、ほとんど的を得た説得力のある話は皆無だ。米国育ちで今まで米国で選挙や政治問題に係わってきた人物なら、オイラも聴く耳を持つが、たった10年ぐらいで、「米国はー・・・・・」と稚拙に言われても、なんの説得力もない。

Mknzswまぁ、顔だけが少し可愛いってだけ

で、こんなのや、男だか女だか分からないような古市憲寿とか、高周波音声の荻原博子とか、まぁ、まともだったのは長谷川幸洋ぐらいだったか。田原総一朗も、このぐらいの人物しか集められなくなったのだろう。この頃は田原総一郎が牛耳っている朝生には出たくないという専門家は多いとのことだ。

で、やっと今日の新報道2001の番組で、4人の討論に、3人の専門家を交えて、やっと討論が実現したのだが、やはり選挙期間中なので、お互いの考え方の矛盾についての意見交換には至ることは無かった。細川は精気を吸い取られた仙人が喋っているかのごとくに感じた。

この細川護煕って相当頭が放射脳に侵されているようだ。これ上杉隆のホラ話を本当に信じているらしい。

【都知事選】 細川護熙氏 「福島の影響で、北極海のシロクマなど生物が大量死してる。ロシアの極秘資料で見た」

細川護熙氏が、デモクラTVにて都知事選についてのスペシャルインタビューに答えた。  以下はその抜粋。(動画の18分あたりから)

細川氏「数日前に私は見たんですけども、ロシアの国防軍が出した極秘資料というものが出てきてね。 それを見たんですが、福島でこないだ暮れに、12月31日だったかな、爆発があったという小さな記事が出ましたね。 その数日前から実は水蒸気が上がっていて『何かおかしい』という話があったのを私も確かに覚えているんですけども。 あれは完全にメルトダウンを起こしているということを、いろいろ分析をしていて。

それでアメリカはヨウ素を15000袋だっかな、既に2月の始めに配るという手筈を始めたということとかですね、 それから、いま北極海とかいろんなところでシロクマ、アザラシ、その他の生物の大量死が続出していると、 これはまさにその福島の影響であるということとか

あの2011年・2012年・2013年の反核・反原発のエセ専門家がテレビで売れっ子になっていた時のホラ話・捏造話を未だに信じている。これ今年の1月に収録したものだ。あのころではない。

まさに都知事選に出馬する者が、こんなデマを撒き散らしていいのだろうか。ロシアが何の理由で極秘資料とやらを出すのか?北極海でシロクマ・アザラシが放射能で死んでいると?それだったらその前に東北地方・北海道でばたばた猪やクマや鹿が死ぬだろうが!そんな話は聞いたことがない。米国がヨウ素15000袋用意して2月の始めから配ると?昨年までの風評被害を出し続けていたデマを今回の都知事選でさらに大きくしようとしているのか?

この話を肯定的に聞いて、同調している相手も相手だ。元朝日新聞山田厚史・下村満子だろう。出てくる話が根拠のない嘘話で溢れている。まさに公序良俗を犯している。さあ、もう2月になったよ!選挙日は2月9日だ。この時になってもヨウ素が米国から配られなかったら、その話の責任を取ってもらおう。

もう、あんたは、ここまで重大な嘘を付いて、国民を惑わすことに何の意味があるのか?それとも、反原発派の撒いてきた嘘話を本当に信じているのか?湯河原の浮世と遮断された世界にいるとそうなってしまうのか。

原発事故の影響でアザラシが…細川護煕候補の知るメルトダウン情報(書き起こし)の真相

原則細川氏の語りで、違う話者の話には「」をつけています。 http://dmcr.tv/index.html (16:25 頃)

この間の福島の後も、東京の一部の地域では停電しましたし、水が出なくなったところもあってペットボトルを配ったりして、それはまさに東京の問題だ。外国人もアメリカの人や他の国の人が引き上げるとか関西や本国へ帰っちゃう人もいた。原発の事故というのはチェルノブイリもそうでしたが一旦起こったらと仕取り返しがつかない破滅的な結末をもたらすものですから、TPPとか集団的自衛権とかそんな話は消し飛んじゃう話なんですね。 (17:38 頃)

これこそまさに、最大のテーマじゃないか、同列に他の話があるじゃないかという話もわかります、待機児童ゼロとかそういう話をネグレクトするわけじゃないのだけど、生きるか死ぬかの話だから原発は。これはもう最優先の課題でしょと。

インタビューアー:「四号炉がおかしくなったら3000万人引き揚げなきゃならないという話がありましたよね。あれはもうもろに首都がもろに巻き込まれる話ですよね。」 (18:10 頃)

あれは、ジルコニウム火災が起こって広島の”原発”(語りのママ)の1万4千倍のプルトニウムが撒き散らされるだろうと言われているわけですね。今日出た、私は数日前に見たんですけど、ロシアの国防軍が出したという資料が、極秘資料が出てきたという それを見たんですけど、福島で、えー この間 暮れに、12月の31日にだったかな。爆発があったという小さな記事がでましたね。その数日前から実は水蒸気が上がっていてなんだかおかしいという話があったのを確か私も覚えているんですけども、 あれは要するに、完全にメルドダウンを起こしているということをいろいろ分析していてですね。

アシスタント:「ロシアが」

ええ、それでアメリカはですねヨウ素をとにかく1万5千袋だったかな2月のはじめ配るということで手はずを始めたということとかですね。 (19:20 頃)

それから、えー、今北極海とかいろんなところでシロクマ、アザラシ、そんないろんな生物が大量死が続出していると。これはまさに”福島”(語りのママ)の影響であろうということとかですね。いろんなものが出てきているわけですよ。それを見たらこれはまあすごい話だなと思いましたね。だから恐らく近いうちに漏れ出てくる話かもしれませんが、もうそんなこと見るまでもなく凄い話なんです。

以上、聴き起こしでしたが、本当にすごい情報満載です。

以下にこの話の客観的感想が述べられています。誰かが間違いやすい資料を提示して、細川を完全に放射脳にしてしまったのでしょう。きっと細川護煕陣営のサポート役に入った上杉隆らのグループでしょう。

放射能風評被害から立ち上がって、懸命に農水生産物を産出している福島の皆さん!この細川護煕の発言には、断固拒否の姿勢を示して、彼を糾弾しましょう。片方では五輪で福島と一緒にやりましょうと言いながら、片方では放射能で福島はダメだという。あのペテン師の広瀬隆と同程度。これが都知事になりたいと。

この細川が東京都知事なんてとんでもない!

|

« 3大反日変態新聞は、なぜ特定アジア3国の国策報道工作機関と同調するのか、現代の七不思議なのだが。 | トップページ | 細川、宇都宮、小泉など反原発真理教達の言う、「世界は脱原発の方向に向かっている」というのは、全くの嘘話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3大反日変態新聞は、なぜ特定アジア3国の国策報道工作機関と同調するのか、現代の七不思議なのだが。 | トップページ | 細川、宇都宮、小泉など反原発真理教達の言う、「世界は脱原発の方向に向かっている」というのは、全くの嘘話 »