« イギリス漫遊-9 最終編。ギャラリーも見学しました。また歓楽街・ウィンブルドン・ロンドン塔も。 | トップページ | 夫婦とは一体なんなのだろう。日本は民度の高い哲学で、世界でも稀な法的夫婦を維持している。今回の最高裁判決は正に法匪の判決、アホの判決だ。 »

2013年11月 1日 (金)

散々風評被害のもとを作ってきた山本太郎。もういい加減にしてくれ、放射脳教の人々よ。山本を選挙違反で逮捕せよ。

いやー効果てき面でした。10月24日のこのブログの記事で、(この記事)業者がコメント欄を使って、勝手に商売用のアドレス(URL)で大事な読者を誘導しようとするコメントが益々多くなってきて、またそれらを調べると、どうもニセブランド商品なようなので、これらを撃退すべく、試しに

Baidu_ime_20131024_104827

の機能を付けたら、その後この手は一切コメント控には来なくなった。予想どおり、ロボット投稿で、各目星のブログを見つけては登録して、あとは自動的に投稿を繰り返す。このブログにも、多い時は日に10件ぐらいやって来るので公開しないで毎回削除作業をしなければならない。ところが、これをつけると、手入力しなければならないので、ロボットでは無理だ。これ以後一切来なくなった。ブログをやっていて同じように迷惑しているご同輩にお勧めです。自分のブログの管理サイトから入って、コメント設定で簡単に設定ができます。

さて、またまた山本太郎がとんでもないことをしでかしたみたいで・・・・・・

どうやら、放射線怖いの放射脳さん達は、宗教のようになってきているようで。その先頭の1人が山本太郎。今年の参院選で議員になることが出来た訳だが。彼のバックには、中核派が付いていたようで、これは自分でも認めている。

Kanhdgatse片方は中核派全学連の織田陽介

昨年の衆院選でも明らかな選挙違反があったし、今年当選した参院選はさらに明白な選挙違反が数々あった。今回からインタネット選挙も解禁されたのだが、その違反第1号かと期待したのだが、11月になっても、選挙管理委員会並びに警察はその動きにはなっていないように見える。それとも今回の愚行は、包囲網がせまばってきての焦りなのか。

参院議運で臨時理事会 処分を含め検討

山本太郎参院議員に関して、参院議院運営委員会は1日、臨時理事会を開き、処分も含めて検討する。  自民党の脇雅史参院幹事長は「国会議員としてあるまじき行為で、相当の処分が必要だ」と強調。公明党の石井啓一政調会長は衆院議員会館で記者団に「皇室の政治利用になりかねない問題だ」と指摘した。  参院事務局によると、国会外での議員の言動を理由に懲罰動議が提出された例はないが、参院規則は「議院の体面を汚した場合」も処分の対象としている。

相変わらず、園遊会の後の記者会見でも、人を食った答弁で終始し、さすがの記者も、呆れ果てていた。原発事故について、やたら科学的でない発言を振りまいてきて、風評被害を煽りにに煽ってきた放射脳教祖の1人なのだが。まぁ、テレビタレント出身で映画にも出演したことがあるらしいが、芝居がかったパフォーマンスだから得意中の得意。放射脳の迷える羊達は信者になるほかないのか、とうとう彼を議員に当選させてしまった。後押しは運動で鳴らした中核派の活動家達。

今やコイツの顔を見るのも嫌になった。

Kamhnszre32円形脱毛で話題をとり、同情を買う。もしかしたら、わざとハゲを作ったのかもしれないね。彼ならやりそうだ。

そういえば、10月の朝生を見たら、飯田哲也がまた出ている。会津発電プロジェクトとかを立ち上げ、そこで自然エネルギーだけで発電して福島県全てを賄うと。それは1兆円あればすぐ出来るだって。基幹発電が無ければ、どうするんだ雨の日や雪の日、そして風のない日は。最早、彼は詐欺師であるというしかない。相変わらずなのだが朝生はなぜいつまでもこんなヤツを出すのかね。

合わせて、今回はさらに強化?した放射脳ママさん

Dscf2146_r

話に入ってきても、観念的な話ばかりで、ほとんどのパネリストは無視。やたらと子供が死んじゃうだの、「おカネと安全のどちらが大切か?」と、どこかで聞いたような話ばかり。さすがに池田信夫が、声を大きくして反論していたが。新興宗教に嵌った人と話をして、目を覚まさしてやろうとしても、絶対難しいのと一緒だ。終いには平然と「子供が2人甲状腺ガンを発病した」と根も葉もないことをいう始末。ガンの特性を全く知らない。ガンは早期発見でもそれまでには、最低でも10年前後は掛かる。ガンのイロハも分からない放射脳がガンを語る。

一番悪いのは、前政権の民主党政権で、パフォーマンスで基準を年1ミリシベルトに普及させてしまった細野、野豚首相が食品基準を先進国の10倍もの厳しい基準にしてしまったこと。年100ミリシーベルト以下なら顕著な影響は出ないという調査は完全無視。少なくとも20ミリシーベルトに決めておけば、現在の混乱はかなり改善していただろう。それを単純に厳しければ、厳しいほど良いという「木を見て森を見ず」の政策が原因で、未だに改善されていない。そろそろ安倍政権はなんとかすべきだ。

これ妄想ではなく、彼らの裏には、化石燃料メジャーが動いていて、とにかく長く化石燃料を輸入しなければならない状態を作っているのでは。どうもそのように感じてならない。また自然エネルギー産業も裏で言論を操っているのではないかと。太陽光パネルは中国がさらに売りたいものの一つだし、その他も海外がさらに売り込みたいものだ。国益がそうとう毀損されている。

ともかく、山本太郎の言い分は、子供を放射線から守る、現場労働者はまったく安い金でこき使われていると。とにかく”子供”、”搾取された労働者”が美しい言葉のキーワードだ。この時勢で、賃金が安ければ、労働者は集らない。たっぷり貰えるから集まってくるだろうが。山本は労働市場ってものを知らない。

月曜日に再度参議院の理事会で、彼の処分を計るらしいが、参議院の品位を汚したことに賛同すれば、議員辞職の勧告となるだろうが、他の野党は応じないかもしれない。

それより、明白な彼の選挙違反を取り締まったほうが良いだろう。ここまでやってしまったのだから、国民は賛同をしてくれると思うが。

これ後日追加:

まさに、今回の件で的を得たご意見と思います。   この記事

「その名前を、ちょっと天皇に怪文書を渡しただけのお調子者に名付けるなどありえない。それは田中正造への冒涜だ。  軽率な行動で被災地を傷つけ続ける山本太郎も許せないし、山本太郎に田中正造の名前をくっつける人間も、僕は許せない。そう思う。」

|

« イギリス漫遊-9 最終編。ギャラリーも見学しました。また歓楽街・ウィンブルドン・ロンドン塔も。 | トップページ | 夫婦とは一体なんなのだろう。日本は民度の高い哲学で、世界でも稀な法的夫婦を維持している。今回の最高裁判決は正に法匪の判決、アホの判決だ。 »

コメント

山本議員と支持者らは、脳内に自分でつくった放射能の恐怖に怯え、空想の中の福島や原発被災者の勝手な代弁者になっている。それに関係ない天皇陛下をはじめ、私たち多数派の国民を巻き込もうとしている。その姿はとても不快だ。卑劣な行為であり、甘えがある。遊びと言ってもいい行為だ。

この異常な、そしておかしな事件をきっかけに、放射能をめぐる無駄な騒擾やデマを徹底的に批判する状況を生みたい。こうした人々は周囲が騒げば「目立てた」と図に乗る。また政治的な主張と認めてはならないだろう。ただし、おかしな主張者にも言論の自由はあるので行為をつぶすのは好ましいことではない。それらの姿が荒唐無稽で馬鹿げていることを社会全体で指摘し、その上で無視し、孤立させるのが一番適切な扱いかもしれない。

投稿: | 2013年11月 1日 (金) 17時08分

彼の会見で、何とかやっているのは、決して有能なのではなく(ほとんど詭弁なのだが)中核派の詭弁者たちが、しっかりアドバイスや訓練をしていると感じる。なんたってそちらの方は猛者どもだから。
まぁ、理論的に追い詰めれば、すぐ墓穴をほるだろう。

投稿: syura | 2013年11月 2日 (土) 07時11分

原発事故後の民主党政権の運営は、まさに今まで批判が命だった政党だからこそ稚拙の連続であった。が、ただ1つ褒めるとすれば、それは関東圏・福島県近郊の県なぞ全域で、その数、多分数千万人に及ぶだろう大脱出にはならなかったことだ。これが起これば、嘘のばら撒きで天文学的数の死者・犠牲者が出たことだろう。
当時、小出助教授や広瀬隆や武田邦彦その他従来から反原発だった集団が、このままでは東京都民はやられてしまう、少なくても福島市民は将来皆放射能により死滅するなど、それに近い発言を報道機関を通して広報をしていた。

だから、それらの地域にいた外国人の脱出が起こった。担当していた枝野も家族をシンガポールに避難させたとの話もある。小沢一郎は内密なこれらのデマを信じて遠方に雲隠れ。

しかし、科学的には、当時もこれら地域の放射線量は、韓国・イタリア・イラン・ブラジルなどの一部地域と比較すれば、桁違いに低かったのだ。

これらデマを煽った偽専門家に感化され、彼らよりもっと非科学的なデマを煽って、過激に政治的活動してきたのが、山本太郎で彼の場合にはとうとう議員にまでなってしまった。嘗て上杉隆もエセジャーナリストとして、数百万人が死亡するなど、散々煽ってきたが、ネット界の常識に駆逐され、今は屁のように消えかかっている。

もう、マスゴミも科学的事実を報道して、これまでのように、「付け火して、煙り楽しむ・・・」は辞め、これまでの異常だった報道に関して検証と謝罪をするべきだ。特にNHK・朝日・毎日とそれら系統の報道機関は。

ともかく、この山本太郎に関してはもう彼を持ち上げる報道はやめるべきだし、報道をするのなら、彼のどこが正しく共感しているのか明示すべきだ。

この放射能ハルマゲドンを煽る山本太郎は、自滅の道を歩んでほしい。


投稿: 陳湖臭 | 2013年11月 2日 (土) 09時58分

せっかく絶賛したのにおもいいきり梯子を外された田中龍作は残念でしたと言うだけ。
そして山本太郎議員についてはただのバカであることが証明されたというだけ。

投稿: | 2013年11月 2日 (土) 10時17分

放射能の20ミリシーベルトぐらい平気というのは正しい。しかし福島原発事故は直後は実にやばかった。数千万人に及ぶだろう大脱出まで行かずに済んだのは、非常な幸運で、4号炉の屋上の水の堰が爆発の影響で壊れ、ほぼ新品の大量の使用済み核燃料が入ったプールに流れ込み、アメリカが最も心配していた、その反応を防止できたことに尽きる。それがあったから、管氏は浜岡を止めたのだろうし、小泉氏もああいうようになったのだろうと想像している。

投稿: | 2013年11月 2日 (土) 13時22分

↑について
それはどこまでか分からない。ただ世界は今回の福島原発事故を検証して、最悪の場合でも被害の状況と技術の水準を把握したことは間違いない。

米国は特殊としても、英国はウェルズ地方の既存の原発の傍に、新たな原発を新設することに決定の発表をした。それもフランスのアレバ社の技術で(自国の技術はもはや淘汰されてしまっているので)今年10月のことだ。トルコにしても、中国にしても、ベトナムにしても原発の建設推進を強めている。

ドイツは政局に動かされ2022年に原発を全て停止する決定をメルケルがしたが、ドイツ人の極端な環境派に押されてのことだ。ドイツはだんだん安い電力の需要に追いつかなくなってきている。メルケル退陣後は、結局原発建設再開になるであろう。

軽水炉原発では、チェルノブイリのようなことは起こらず、起こってもなんとか食い止めることが出来るという自信が付いた。また映画”チャイナ・シンドローム”のようなことは起きないという確信が、世界の科学者・技術者で共有できたのだ。

投稿: hannornn | 2013年11月 2日 (土) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イギリス漫遊-9 最終編。ギャラリーも見学しました。また歓楽街・ウィンブルドン・ロンドン塔も。 | トップページ | 夫婦とは一体なんなのだろう。日本は民度の高い哲学で、世界でも稀な法的夫婦を維持している。今回の最高裁判決は正に法匪の判決、アホの判決だ。 »