« 「つけ火して 煙り喜ぶ 朝日と毎日」これらの回りには、中国・韓国の工作機関が巣くっている。朝日は朱建栄を守らないのか! | トップページ | IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。 »

2013年9月20日 (金)

いつまで、日本は放射能という、今や架空のお化けに揺さ振られているのか。いったい放射線被害で何人死んだ?何人影響を発症したというんだ?放射脳の人達よ!

今回の汚染水流出の大騒ぎがまたまた盛り上がっています。科学的事実を伝えるべき使命をもった大手報道機関、新聞もテレビもいつまで、放射脳を煽っているのでしょうか。嘗て、各地のゴミ焼却施設からダイオキシンが撒き散らされていると、はやり大騒ぎとなった。当時報道ステーションの番組で、久米宏が、近くの畑のほうれん草からダイオキシンが検出という誤報ネタを、まるで正義の御旗を振って解説し、あとからそのようなことはなかったことが判明して、番組で謝罪した。これは焼却の際の不完全燃焼が原因だった。以後全国の焼却場の施設が、これを防ぐ施設に取り替えられたが、実際はあれほど大騒ぎする程の基準値超えでは無かったと。一説には、この設備関連企業群が商魂逞しく、仕掛けたのではという説もある。

オイラが、海外の化石燃料のメジャーなら、なんとか日本には原発を再稼動させないよう、国際的にも、日本国内的にも、原発の恐怖を煽り続け、その情報工作員を使い、大手新聞社、テレビ報道局に分からないように誘導するだろう。つまり国際的な陰謀とも云える。その工作資金に100億・200億円掛かろうとも。原発の発電量に見合う化石燃料費は、数兆円という世界だからね。

この原発事故の処理問題の根本は、昨年末までの民主党政権の置き土産が未だに続いている。そして、大手マスゴミは、一向に科学的知見から、この様々な問題について、冷静に、科学的・理論的に解説しないで、東電・現政権を叩くことのみを続けている。・・・・・・

このブログでは何度も記事にしたが、まず根本は、人体に影響を及ぼす放射線量は、果たして1ミリシーベルト以上なのか、20ミリシーベルト以上なのか、50ミリシーベルト以上なのか、100ミリシーベルト以上なのか。過去の事故では1,000ミリシーベルト以上で明らかに人体に影響を及ぼしているようだ。しかし、100ミリシーベルト以下では、その人体に対する影響は、確率的にゼロに近いことはICRPも認めている。国連科学委員会もWHOも今回の影響で将来に渡って何らかを発症することはゼロに近いと結論をしている。しかしこのことは、マスゴミはほとんど報道をしない。これ国際的メジャーの情報工作が効いているのでは?このメジャーの世界は、戦争を起こすことも出来るという、想像を絶する世界だからね。日本は国際的メジャーの陰謀下に置かれているのではないだろうか。

16f93b77
今回の日本でなされた基準値というのは、ICRP(国際科学防護委員会)の勧告を参考にして決められたのだが、この勧告も今回の福島原発事故のようなケースをモデルにはしていなく、 これ を参考にして結局各国の裁量に任せることになっている。

1)放射線の被曝量は収束・復興期で年間1~20mSvが妥当

ICRPは勧告111で収束・復興期における被曝量を年間1~20mSvで設定するべきとしている。(暫定日本語訳11ページなど)

ICRPは被曝基準について、平時年1mSv、緊急時・事故直後年1~100mSv、収束段階年1~20mSvの数値を推奨している。勧告111はこれまでの数値を確認する一方で、緊急事態では一時的に基準を緩和するという考えを示した。

民主党政権は、当初20mSvを基準値とする方向だったが、集中審議での参考人小佐古敏荘が涙を浮かべて、校庭の除染基準を20mSvに反対、でその後基準を1mSvという、とても現実的でない基準に民主党政権、特に担当大臣だった細野豪志 が纏めた。厳しければ厳しいほど国民は安心するとほとんど科学的知見なし、思考停止で決めてしまったのだ。

それが基準となって、食料品の基準値の根拠となり、世界標準より大変厳しいベクレル規制値となって、今回の現場での汚染水問題まで尾を引いている。

ご丁寧に、当初の暫定基準値をさらに引き下げてしまった。民主党野豚政権の時だ!

馬鹿か!!!

Lmkzs2

もう馬鹿としか言いようのない、ポピュリズム政治の連続だった。Lmknjsatear

EU・米国の12倍厳しいベクレル基準値で、結果的に多くの風評問題を起したベラルーシの基準に合わせたものにした。米国やEUは過去からの核施設での事故や、また過去の広島・長崎の放射能被害の追跡、過去の原発事故の検証からそのような基準を作っていて、これをスタンダードとしている。これに倣えば、福島原発問題はこれほどの問題には至らなかっただろう。

IOC総会で、安倍首相は福島原発の汚染水問題は、しっかり安全にコントロールされていると述べたことに対して、東電の記者会見では、記者が引っ掛け質問をしたことに、東電側は、コントロールされていないと答えてしまった。ある面から見ればコントロールされていないこともあるが、将来に向かって総合的にはコントロールされていますが現実だろうが。

これをまた、マスゴミは煽るように叩いているのである。

今回の汚染水漏れについて、アンカーの番組で青山繁晴は、まことに分かり易い解説をしていた。ぼやきくっくりさんのブログなのだが、毎回青山繁晴のこの番組での文字起しをしている。かなりの量なので、詳細は現物へリンクして読んでください。

この問題は単純なのに複雑に伝えられている。解決法もすでに決まっていて、「処理して(放射性物質を除去して)海に出す」。問題は世論の反発を恐れて安倍政権も東電もそれを言わないし、やらないこと。  

トリチウムも問題なし。世界の原発は今日もトリチウムを大量に海に出している。汚染水を理由に日本の8県の水産物輸入禁止措置を取った韓国もです。  

後半のキーワードは『総理の本心』。  福島から「水」を出すだけでもいけないと、朝日新聞などが言っているのはミスリード。  そして肝心の安倍総理は汚染水問題でこれからどうすべきと考えているのか。青山さんが直接聞きました。

現在東電が悪戦苦闘はしているが、要するに施設から出た汚染水を、今稼動を停止している(故障などの問題で)ALPS(多核除去施設)が稼動すれば、1日最大750トンの汚染水を処理することが出来る。他の施設も含めれば1000トン以上となるだろう。

しかし、

Img11442_13091816toru

これは、今の科学技術ではトリチウム(三重水素)だけは除去できない。それは世界中の原発で、トリチウムに関しては海に流している。トリチウムは自然界にある物質で、水には馴染みやすく、魚介類にも蓄積しない。海洋汚染の問題とはならないことが常識なのだ。中国・韓国が人体に危険な物質を海に排水しているが、それから比べれば、その影響はゼロだ。

だから、世界中の原発は汚染水を浄化して(処理水を)海に流している。

Img11446_13091820fuku
フランスのラ・アーグ再処理施設では年間1京1600兆ベクレル
カナダのブルース原発では年間1280兆ベクレル、海に排出されている。

東電の発表では、事故後2年3ヶ月の間に海に流出した量は20~40兆ベクレルとのこと。

もう放射脳のおかげで完全に風評被害続出なのだが、漁業組合としても、たとえ理解したとしても、風評がもとで売れないさかなを漁獲するわけにはいかないわけで、これに反対する気持ちは理解できる。

ここは、安倍政権がまず基準値の見直しを、科学的知見から、国民に十分に説明し(集中審議など)をして、大手報道機関にも、今までの誤解を説く説明をし、国際的基準と処理の仕方に修正するべきだ。そして、いままで散々風評被害の元となった人物の参考人招致をして、いままでの論説の間違いを正すべきだろう。民主党政権の稚拙な施政と、これらが作った風評被害で、少なくとも数兆円の損害、またこのままでいくと数十兆円の損害を国民は被ることになる。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の動画 

”みのもんた”って酷かったね。 

まさに放射脳が放射脳を煽っていた。 

専門の知識もなく、オノレの勝手な正義感で

これ、毎回やらかしていた。

さすが、コイツの顔と語りは観たくない。 

常に番組で汚染水を流していたのはお前だ!

みのもんた 東京オリンピック開催、汚染水問題を語る。9月7日放送

「英国のBBCで毎日トップで報道しているんだよ!」⇒これも嘘

みのもんた激怒!福島原発汚染水垂れ流し、東京五輪に浮かれるな

|

« 「つけ火して 煙り喜ぶ 朝日と毎日」これらの回りには、中国・韓国の工作機関が巣くっている。朝日は朱建栄を守らないのか! | トップページ | IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。 »

コメント

最近の原発再稼動を巡る動きを見ていると・・・

1)海外の報道機関が汚染水問題をクローズアップ
2)呼応する様に日本の報道機関が追随

どうも、今回の汚染水問題の出所は日本国内というよりも海外の様な印象を受けます。
表面的には、世界に繋がる海洋に汚染水を垂れ流す事による汚染の拡大を危惧していますが、その結果として、日本の原発の再稼動はどんどん難しくなって行きます。

3)一方で、経済界や官僚、自民党政府は原発を再稼動して貿易赤字を軽減したい。


こういう図式を描いてみます。

A) 原発を止めたいのはシェールガスの輸出で儲けたいアメリカ。
B) 原発を再稼動したいのは、日本国内の経団連を筆頭とする勢力。


小沢問題などを鋭く追及した「みのもんた」氏はAのグループの広告塔。そう考えると、国家が彼を排除しようとした理由も何となく理解出来ます。ただ、安倍総理は何ら預かり知らない事でしょう。

投稿: | 2013年9月21日 (土) 08時11分

韓国メディアは、放射能の不安から日本産水産物の輸入禁止措置を取ったが、
一方で中国産水産物の多くが衛生基準に違反していることが分かったと伝えた。

中国の水産物の現地点検の結果によると、最近の5年間で韓国に水産物を
輸出した中国企業の衛生基準違反の割合は77.1%に達したという。
中国産水産物は、韓国国内の輸入水産物の5分の1を超える27.2%を占める。

衛生基準違反の種類は、天井や壁がさびた冷凍庫に保管したり、汚染された水が
水産物に混ざっていたり、殺虫剤と洗剤の混合保管などがあった。

投稿: アイヤー | 2013年9月21日 (土) 09時48分

原発事故以来2年半、さんざん放射脳を煽ってきた1例だ

http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/410.html

ベラルーシなどから、インチキカネ稼ぎ学者?が来て無責任に嘘を垂れ流す。それを本気にして、瓦礫の受け入れ拒否運動や原発ゼロ運動が盛り上がるというマッチポンプがいつまでも続いて、日本を毀損させている。

投稿: | 2013年9月21日 (土) 10時47分

そういえば、この専門家と称するのも、散々煽っていたね。

http://www.anlyznews.com/2012/08/blog-post_7.html

2012年8月7日火曜日
科学リテラシーの専門家を名乗る林衛と低線量放射線による鼻血発生説

投稿: 如何わしい人々 | 2013年9月21日 (土) 11時02分

問題なのは、反原発のお母さん、お父さん、報道関係者、反原発政党らが、落ち着いて以下のような報告を読めない、読んでも理解できない、陰謀だと読まないことだ。つまり馬鹿と言っていい。

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50651160W3A110C1000000/

 昨年12月、極めて重要な報告書が粛々と発表された。そこに結論として書かれているのは、原子力科学の専門家が長年にわたり主張してきたことだ。――つまり、約0.1シーベルト(Sv)または10 rem以下の放射線の被曝(ひばく)は大した問題ではない。

 「しきい値無し直線仮説(Linear Non-Threshold : LNT仮説)」は0.1Sv(10 rem)以下の被曝には当てはまらないが、世界中の自然放射線量はこの範囲にある。そればかりか、この低線量域は、原子力、医学的治療、そして福島のように原発事故で被害を受けた地域にとって最も重要な意味を持つ。

福島第1原発事故は日本の社会や経済に多大な混乱をもたらした(爆発で原子炉建屋が破損した<右から>4号機、3号機、2号機、1号機)
画像の拡大
福島第1原発事故は日本の社会や経済に多大な混乱をもたらした(爆発で原子炉建屋が破損した<右から>4号機、3号機、2号機、1号機)
 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が提出した。低線量の被曝の影響は非常に不確かなものであるため、UNSCEARとしては「低線量の被曝と大人数を掛け合わせて、自然放射線量と同等以下のレベルで漸増的な被曝によって健康被害を受ける人数を推定することは勧めない」と述べている。・・・・・・・・・・

投稿: | 2013年9月21日 (土) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「つけ火して 煙り喜ぶ 朝日と毎日」これらの回りには、中国・韓国の工作機関が巣くっている。朝日は朱建栄を守らないのか! | トップページ | IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。 »