« いよいよ、米国・多国籍軍の空爆数日前に迫ったか?それつけても、だらしのない国連事務総長潘 基文って野郎だが。 | トップページ | 2010年も暑い夏だったが、今年も暑い夏だった。明日から1人留守番です。世界は温暖化Vs寒冷化? »

2013年9月 1日 (日)

いよいよ迫ってきた一般消費税増税の施行の決断。先進国世界と歩調を合わせて間接税の水準を合わせるべきだろう。

只今、ウチの町内の津波避難の訓練に行って来ました。凄い猛暑の中でした。9月1日の関東大震災の日も、大変暑い日だったと、母方祖母から聞いたことがある。山側に歩いて10分ぐらい上の集合所は、標高35mでここまでたどり着けば過去の事例から津波の影響はない。ちなみにオイラの自宅は海の傍なので、標高5m。歴史的には小津波に何度かやられたことがある。各担当者の説明があって解散した。防災担当者達は、これから各地域が集って、小学校で担当者としての訓練だそうだ。暑い中ご苦労様です。

まぁ、オイラの地域は、各分析から、地震津波の大きいのからは予想としてまったく外れている地域なようだ。少なくとも、東京・神奈川から比べると、大事が起こる可能性は非常に低い。どうぞこちらの方への移住を勧めます。

さて、今や、来年施行するのかどうなのか消費税増税問題の話題がますます現実味を帯びて、賛否の討論・論争がされてている。一般会計の内、税収の2倍を超える歳出となってしまっている現在、ここ十数年に渡っての課題だった。社会保障費関連の費用の増大だ。日本では、1989年4月から一般消費税3%が創設され、1997年の4月から5%に、2%増税された。しかしこのうち、1%は地方税となり、後の1%が国税としての増税で、一般会計で歳入としての消費税は4%ということになる。今年でこれが16年間続いている。

同時にこの間日本はデフレスパイラルに入って、消費物価は上がらず、そのため給与も上がらずの停滞状態に陥った。これを打開すべく、いわゆるアベノミクスで景気浮上政策が始まったわけだが。・・・・・・・

ここ数年間、スペイン・フランス・ドイツ・米国にも行ってきたが、1ドル80円前後の円高で、さぞやびっくりするくらい当地で安く遊べると期待して行ったのだが、円換算をしてみるとほとんど国内より物価高に感じた(まぁ、物にも依るが)。それはなぜかと言えば、各国は日本と比べてはるかにインフレ経済だったからだ。もちろん、付加価値税(VAT)・物品税(GST)の増税分も入っているのだが。日本で云う一般消費税のようなものだ。それが5%なんていう可愛いものではなく、10%~20%超えという高率だ(もちろん生活物価には低率なものもあるが)。

前回の1997年の5%増税で、逆に税収は減ったという意見が、今回の増税反対の意見の一部となっているが、当時の風潮は所得税などの直接税から、消費税の間接税へだった。そのために、事前に所得税の税率を所得区分によっては下げたりした。全体として所得税は減少していた。一般消費税2%の増税といっても、その1%地方消費税となり、国税としての消費税増税分は1%しかなかったのだ。

当時を思い出すと、あの村山政権で1995年に5%に消費税増税の法案を成立させ、橋下政権で1997年4月から施行されたのだが、この間3物件ほど建築の設計をした。とにかく消費税2%の増税になるので、1997年4月までに建築契約に持ち込もうと先取り需要に狂った時期だった。たしか、この日付けまでの契約書なら以前の3%消費税で済んだ。

例えば、総合価格1億円なら、200万円も違うことになるから、皆必死だった。一部は契約書の日付インチキも横行した。そんなこんなで平成8年(1996年)には、前年平成7年の住宅着工件数148万件に対して、163万件と増加した。そして平成9年(1997年)には4ヶ月の猶予があったにもかかわらず、増税後ということで、134万件と落ち込み、以後110万件台~120万件台を推移している。完全に先々の数年分が集中した。このころ大工の日当が1日2万円を軽く越えてた時期だった。

画像クリックで拡大

Mkxzsewhas32

ちなみに近年平成23年(2011年)では84万件まで落ち込んでいる。まぁ、これは需要が一巡して、住宅余りになってきている現状を反映しているのだろうと思うが。これもGDPの大幅な落ち込みの影響の一つにもなってきている。

また1997年当時、消費税値上げで問題になったのは、便乗値上げというヤツで、これは社会問題にもなった。

さて、10月には結論が出るであろうが、昨年3党合意で法案が成立した消費税2014年4月から8%、そして2015年4月から10%。世論は賛否両論でしのぎ合っている。2008年のリーマンショックを和らげようと、補正予算を組んで、世界中一挙に落ち込んだ景気のなかで日本経済を浮上させようとした。そして翌年2009年予算では、いままでになかった大型予算を麻生政権は組んだのだが、後半は政権交代により、民主党政権となった。

そして2010年度予算では、民主党はバラマキも含めてさらに大型予算を組んだ。2011年度・2012年度とこれが当たり前といった大型予算の組み方となり、2012年度の一般会計では90.3兆円。この3年間は、税収より新規国債発行額が上回った。昨年政権交代で安倍政権となっても、2013年度予算は92.6兆円当初予算額としては過去最大となった。だが、とりあえずは新規国債発行額は42兆8510億円で4年ぶりに税収を下回った。

Kanhdzasute25

一般会計の中で税収の占める割合は、約半分しかなく、不足分は新規国債に頼るしかない。この状態を打開するためには、直接税を上げるか、間接税を上げるかどちらかになる。

増税すると、景気が落ち込み、逆に消費税収は減るという意見が、増税反対派の意見だが、そうは思わない。最終的に2015年に10%になる予定だが、消費税収分は必ず増えるに決まっているだろうが。前回は実質国税としては1%の増税分しかなかったのだから。

ただ、今の状況を見ていると、バブル的重要は起きていないので、10月決定となっても施行までに半年しかない。この間に先食いとして、大規模な事業をするには、間に合わないことが多く、せいぜい小物の先買いに留まるだろう。

また、この消費税収については、その数年後が問題ではなく、次なる増税が必要となるまで、少なくても十数年の経済・財政運営の問題なのだ。

そこで、今新たな案として、2013年4月から年1%づつ消費税を上げて行く方法だ。欧州などの増税では、この少しづつ上げて行く方法が取られた事例が多いそうだ。もちろん、値札の取替えだの、会計処理が企業側に負担が来るという話があるが、電子化された現在、言われているほどの究極の負担になるとは思えない。先食い需要を防ぐには、この方法は、より良いかもしれないと思う。やんわりと消費税の増税というヤツだ。但し国会で新たな法案決議が必要という手間が掛かるが。購買者側の国民としてはこの方が心臓に良い。

ここ十数年、物価はほとんど上がらず、モノによっては、性能が良くなった上に価格は下がったなんてものは多くあった。またその中でも、必要なモノはほとんど揃い、いつ替え買えようかと、いうものばかりになって来ている。またネットや物流の発達などのお陰で、従来無駄な経費を掛けて手に入れていたものが、無駄なく手に入れられるようになった。この無駄の無くなりもGDPを押し下げて来たとも云える。

アベノミクス効果で給料は上がっていないと批判する馬鹿が多いが、コイツラは経営側が理解出来ていない。まだ実態として1年も経っていない。年度利益が出て初めて、次の年度の給与はどうするかと検討するのが常識だろうが。ボーナスは別として、給与は上げたら、簡単に下げられない。また、好景気になり従業員の引っ張り合いになって、本格的に給与は上がり始めるのが常識でもある。それが経済専門家と云われるのから聞かされると、コイツは馬鹿か?とつい思ってしまう。

昨日の8月朝生でもこの問題をテーマとしていた。

Kamnsde21

Hansd3201

田原総一朗も入れ歯が邪魔するのか、フガフガが多くて良く聞きとれなかったが。オイラの目から鱗が取れるほどの見上げた意見はなかった。皆なんとなくあとあと言質を晒される懸念を考えているのか、慎重な発言が目立った。高周波:萩原博子は、相変わらず民主党気味だったのが抜けきれない。こいつの高音攻めには老耳のオイラとしては参ってしまう。もちろん合わせて、”インボイスの導入問題””総合的な歳入庁創設問題”など検討をすべきだと思うが、”軽減税率又は低所得者への還付問題”は実行となると大変難しい問題を孕んでいる。

それより、今朝の”新報道2001”での番組に出演した、内閣官房参与(静岡県立大学教授)の本田悦郎の「年1%づつの増税」のほうが説得力を感じた。

とにかく、ここまで来て、決められない政治をいつまでもやることはない。今年中に決着を付けるべきだろう。昨年の可決した法案通りで行くか、新たな法案で1年づつの増税で行くか、どちらにしても、来年には施行すべきだ。ここで留意したら、もっと別な懸念が発生するだろう。

|

« いよいよ、米国・多国籍軍の空爆数日前に迫ったか?それつけても、だらしのない国連事務総長潘 基文って野郎だが。 | トップページ | 2010年も暑い夏だったが、今年も暑い夏だった。明日から1人留守番です。世界は温暖化Vs寒冷化? »

コメント

【メディアの嘘を見抜け】火達磨炎上の増税派、ア・バオア・クーに散る[桜H25/8/30]
http://www.nicovideo.jp/watch/1377851045

投稿: ko | 2013年9月 2日 (月) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ、米国・多国籍軍の空爆数日前に迫ったか?それつけても、だらしのない国連事務総長潘 基文って野郎だが。 | トップページ | 2010年も暑い夏だったが、今年も暑い夏だった。明日から1人留守番です。世界は温暖化Vs寒冷化? »