« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の12件の記事

2013年9月27日 (金)

英国という国はよく考えると日本人にとって不思議な国かもしれない。英国が発祥とも言われるチップ制度、特に北米のそれはなんとかなりませんか?無理だろうけど。日本の「お・も・て・な・し」はNOチップ制度。

近々所用があって、英国に行く予定で、様々な調べものをしている。もちろんAmazonで、地球の歩き方の”イギリス”と”ロンドン”を取り寄せて。ネット検索もよいが、これらのガイドブックは、合理的によく纏められているので、使いやすい。

10月というと、イギリスの気温は、オイラのエリアでいうと、もう初冬の気温だ。今日でさえ、ロンドンは最高気温17℃、最低気温12℃で、北部スコットランドのエディンバラでは最高気温17℃、最低気温7℃だよ。寒そう!

カミさんと三女は最近では2008年にロンドンを中心として行って来た。オイラは留守番だったが。そのころ通貨ポンドのレートが高かったので、日本換算での物価が高く、ブイブイ言っていた。食事から国内交通費何から何までだ。オイラにとってはロンドンは初めてだが、若い頃、日本のキャバレーロンドンは詳しかったが(笑)。

イギリスとか英国というのはもちろん通称で、正式には”グレートブリテン及び北アイルランド連合王国”( United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)と舌を噛みそうな名称の国だ。日本・フランスのような中央集権国家ではなく、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの「カントリー」からなる立憲君主制国家である。大きくは4つの地方分権国家の連合で、これは歴史的成り立ちから分権国家となっている。別に望んでそのような形態の国家になったわけではない。謂わば歴史的成り行きでそうなった。

また、旧植民地からの継続で、英連邦王国の一つの国であり(英国が最大の権力があるが)カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、他小国を含めて16カ国で構成されている。この辺の感覚が日本人には分からない。・・・・・・・・

続きを読む "英国という国はよく考えると日本人にとって不思議な国かもしれない。英国が発祥とも言われるチップ制度、特に北米のそれはなんとかなりませんか?無理だろうけど。日本の「お・も・て・な・し」はNOチップ制度。"

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。

暑さ寒さも彼岸までとは良く云ったもので、本格的に涼しくなりました。昨日は農作放棄地約1,000㎡を1人で草刈機を振り回し草刈りをしました。今日は草刈機でトィストをやりすぎて腰がおかしくなっている。ここは何ていう種類なのか、つる状に地面を這う葉が大きめの雑草で、その分他の雑草は抑えられていいのだが、そのつるが入乱れて幾重にも重なっている。また隣地にまで触手を伸ばしていく。まぁ、寒くなると皆枯れてしまい具合がいいのだが、ふと思うことがあり、草刈りをした。今年の10月末ごろミカンの苗木を植えることにした。

というのは、この土地の周りは住宅が建ち、宅地化されてきたので、農作放棄地は、謂わば罰則として雑種地並の固定資産税+都市計画税が掛かってくる。地価が下がってきたとはいえ、毎年十数万円だ。ここには北米式のタウンハウスを建てようと、設計図は完成しているのだが、いまさら借金して・・・・と思うようになり、ゆくゆくは処分しようと考えている。あと20年若ければ行け行けドンドンなのだが。とりあえず農作放棄地でないように、ミカンの苗木を植え、耕作すれば、固定資産税から開放される。

さて、このブログでは、数え切れないほど、”人為的CO2温暖化”怖いの世界的キャンペーンに対して、懐疑的であり、その矛盾をついてきたが、これの出元はIPCCの報告書からだ。特に2007年の第4次報告書が、人為的CO2の排出の量の爆発的増大により、世界的に平均温度は上昇して、とんでもない世界になってしまうと、アル・ゴアさんの映画でやっていましたね。それを受けて、日本のテレビも大騒ぎで煽っていた。シロクマちゃんが溺れて死んじゃよ!ヒマラヤの氷河が融けちゃうよ!ミカンは東北でも栽培できるようになる!オランダは水没してしまう!まぁ、上げ切れないほど・・・・・・

続きを読む "IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。"

| | コメント (2)

2013年9月20日 (金)

いつまで、日本は放射能という、今や架空のお化けに揺さ振られているのか。いったい放射線被害で何人死んだ?何人影響を発症したというんだ?放射脳の人達よ!

今回の汚染水流出の大騒ぎがまたまた盛り上がっています。科学的事実を伝えるべき使命をもった大手報道機関、新聞もテレビもいつまで、放射脳を煽っているのでしょうか。嘗て、各地のゴミ焼却施設からダイオキシンが撒き散らされていると、はやり大騒ぎとなった。当時報道ステーションの番組で、久米宏が、近くの畑のほうれん草からダイオキシンが検出という誤報ネタを、まるで正義の御旗を振って解説し、あとからそのようなことはなかったことが判明して、番組で謝罪した。これは焼却の際の不完全燃焼が原因だった。以後全国の焼却場の施設が、これを防ぐ施設に取り替えられたが、実際はあれほど大騒ぎする程の基準値超えでは無かったと。一説には、この設備関連企業群が商魂逞しく、仕掛けたのではという説もある。

オイラが、海外の化石燃料のメジャーなら、なんとか日本には原発を再稼動させないよう、国際的にも、日本国内的にも、原発の恐怖を煽り続け、その情報工作員を使い、大手新聞社、テレビ報道局に分からないように誘導するだろう。つまり国際的な陰謀とも云える。その工作資金に100億・200億円掛かろうとも。原発の発電量に見合う化石燃料費は、数兆円という世界だからね。

この原発事故の処理問題の根本は、昨年末までの民主党政権の置き土産が未だに続いている。そして、大手マスゴミは、一向に科学的知見から、この様々な問題について、冷静に、科学的・理論的に解説しないで、東電・現政権を叩くことのみを続けている。・・・・・・

続きを読む "いつまで、日本は放射能という、今や架空のお化けに揺さ振られているのか。いったい放射線被害で何人死んだ?何人影響を発症したというんだ?放射脳の人達よ!"

| | コメント (5)

2013年9月18日 (水)

「つけ火して 煙り喜ぶ 朝日と毎日」これらの回りには、中国・韓国の工作機関が巣くっている。朝日は朱建栄を守らないのか!

先月末送られて来た(年間購読契約済み)の月刊WILL10月号なのだが。今月号は総力大特集として、朝日新聞叩きの特集を組んでいる。各論文を読むと、オイラが日頃感じていた朝日新聞の報道姿勢や、世論作りの社説・天声人語などのコラムの如何わしさについて、しっかりマトを得ている。「朝日新聞は絶滅危惧種だ!」の一文がふるっている。

そして、7月に起こった山口県周南市金峰で、住民5人が殺害された連続殺人・放火事件。まぁ、横溝正史の作品”八墓村”を思い出すかのような、猟奇事件だったが。この犯人の家の窓ガラスには「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者 」と毛筆で書かれた紙が張られていて、大変話題になった。限界集落の閉鎖社会で、彼は村八分になっていて、それへの怒りからではないかと推論されているが。

で、この号では、櫻井よしこが「つけ火して、煙り喜ぶ 朝日新聞」という題名で語っている。まぁ、オイラが弄くれば、「つけ火して、煙り喜ぶ 朝日と毎日」ってなことに。毎日を入れると、朝日が弱まるので、朝日一本で行くが。この一文で朝日新聞の論説の大半を理解できる。・・・・・・

続きを読む "「つけ火して 煙り喜ぶ 朝日と毎日」これらの回りには、中国・韓国の工作機関が巣くっている。朝日は朱建栄を守らないのか!"

| | コメント (3)

2013年9月16日 (月)

従軍慰安婦(性奴隷)問題の拡散には中国も絡んでいた。この問題に際して河野洋平を民事で提訴する国民運動が始まった。これ関口宏脱糞もの。

ウチら地域では、台風18号はもうすでに通りすぎました。昨日はまだ日本上陸をしたばかりなので、台風の影響もなく、次女の家に脚立を積んだ軽トラに行き、懸案だった雨水関連の修繕と、屋根瓦などで危ないところはないか観察してきました。昨夜の大雨だけで今回は済みました。京都では桂川の氾濫で、一部床下浸水もあったようです。日本の真ん中を縦断したようで、安曇野のハマ坊は大丈夫だったのか、彼の家は回りをいく重にも雑木で囲まれているようなので、その木が風で折れて・・・まぁ、そんなことは無いだろう。

韓国で常に嘘八百でなすりつけられてきた、”従軍慰安婦問題””性奴隷問題”。今度は国連に直訴するとかの動きもあるとか。米国の韓国移民の多くいる町にロビー活動で、日本軍は朝鮮女性を性奴隷したという糾弾の意味での碑を建てさせている。パククネ大統領が率先して、各国に働き掛けているのだから始末におえない。ところが、産経新聞のワシントン駐在客員特派員の古森義久によれば、米国で慰安婦問題を騒ぎ立てる本当の黒幕は韓国系団体の背後にいるのは中国系の反日組織だったということらしいです。

・・・・そんなことをいぶかっていたら真の主役が顔を出してきた。中国系の在米反日組織、「世界抗日戦争史実維護連合会」(以下、「抗日連合会」)である。・・・・・

続きを読む "従軍慰安婦(性奴隷)問題の拡散には中国も絡んでいた。この問題に際して河野洋平を民事で提訴する国民運動が始まった。これ関口宏脱糞もの。"

| | コメント (1)

2013年9月13日 (金)

TBSよ、テレ朝よ、報道局はコンプライアンスが遵守されているのか検証すべきだろう。”みのもんたの朝ズバ”降板!いまごろやっとそうなった。裸の王様は去って逝く。

記事として取り上げるのは次元が低いと思われるかもしれないが、今日は今話題として”旬”の”みのもんたの朝ズバ”の番組について。このブログでは何回かこの番組について、糾弾の意味で取り上げたことがある。そしてその番組を扱っているTBSについても。

この番組は”みのもんた”という芸人を使って、時評を語らせ、番組制作者・テレビ局側のポリシーを国民に伝えるという2段戦略で視聴率を稼いできた番組だ。これ2002年から始まった”みのもんたのサタデーずばっと!”が人気を博し、それに乗じて2005年3月末から平日の毎日も、番組名を少し変え”みのもんたの朝ズバッ!”として朝5時半~8時半まで放映されている。じっくり番組全部を観る層は、朝の早い、特にジジババの視聴者が多い。仕事のある若い層は、観ても後半が多いと推測する。放映回数は2000回を超えているそうだ。

もともと”みの”は、ジャーナリスト上がりではなく、謂わば司会者あがりで、時評について独自で勉強した形跡もなく、彼の独特のスタイル、例えば”フーテンの寅”のような口上、毒蝮三太夫のようなズケズケ物言い、また自己感情論丸出し発言で、当時からハッキリ決められない政治や、オブラードに包んだような発言に対して、分かり易いと受け、人気が上がって、こんにちまでTBSの目玉番組となって来た。例えば、知識人たるものが、井戸端会議熟練おばさんに口論で負けてしまうことがあるが、感情論(エモウショナル)のエキスパートには、理論派(ロジカル)は、口論で負けてしまうことが多い、というのも反論が馬鹿馬鹿しくなってしまうからだ。この”みの”も、不勉強が幸いしてズバズバ発言することが出来たわけで。しかし・・・・・・・

続きを読む "TBSよ、テレ朝よ、報道局はコンプライアンスが遵守されているのか検証すべきだろう。”みのもんたの朝ズバ”降板!いまごろやっとそうなった。裸の王様は去って逝く。"

| | コメント (9)

2013年9月10日 (火)

サンデーモーニング番組の本性が最近とみに国民に気づかれつつありますね。この番組へのfacebookは大荒れ大炎上です。

このブログの過去記事で、何度も例のTBSサンデーモーニングの番組はあまりにも偏向した番組だと指摘してきたが、その想いはオイラだけではなく、ネット社会ではかなり常識になっているようだ。そしてこの頃とみに、この関連の記事のアクセスが、特に土曜・日曜日に極端に増える。例えば今年3月3日のこの記事には、特にアクセスが集中している。

このブログのアクセス解析を見ると、8月11日~9月9日の約一ヶ月の全アクセスは35,650アクセスだが、その中でこの記事は5,283アクセス(14.8%)となっている。まぁ、このブログは人気ブログでもないので、この程度なのだが。特に8日に2020年東京五輪が決まって、このサンデーモーニングの番組ではどのように扱うのか、楽しみ?に観ていた、または関心があった人が多かったらしく、この記事を含めて関連記事のアクセスが異常に増えた。

また他ブログでも、同じようにこのサンデーモーニングの番組を糾弾するブログは多い。今現在BLOGOSという総合ブログサイトでは、このブログのランキングが1位となっている。

東京オリンピック決定を喜ばないTBS「サンデーモーニング」2013年09月09日 12:51

東京オリンピック、みんなが喜んでいると思っていたら?  そうでないテレビもあるのですね。  高橋とみよ下田市議会議員のブログを見てびっくりしました。・・・・・・・

続きを読む "サンデーモーニング番組の本性が最近とみに国民に気づかれつつありますね。この番組へのfacebookは大荒れ大炎上です。"

| | コメント (2)

2013年9月 8日 (日)

祝!2020年オリンピック東京に決定。オイラの高校の後輩♪クリちゃん♪も良かった。それにつけても中国と韓国は・・・・

昨夜は多くの日本人と同じく、滅多にないことだが、深夜東京のプレゼンテイションが終るまで、NHKの中継を見ていました。決定が決まるのが朝6時ごろだというので、さすがに眠くなり、結論を見るのは朝の中継にしようと眠りました。

そして、起抜け朝一番、テレビをつけたら、東京に決定。最初の投票結果で、マドリードとイスタンブールがイーブンで決着投票をすることになり、あれれ東京落選か?と東京側はどよめいた。落ち着け、モチ着け!その後これは2番手決め決戦だった。この時点では、東京42票、マドリード26票、イスタンブール26票だったのだ。そしてその後2都市の決戦で、優勢が伝えられていたマドリード45票で逆に負け、なんとイスタンブールが49票で2番手だと。以外や以外。

そして最後の決戦投票が行なわれ、IOC会長がボソっと、「tokyo」と発表。この一瞬から東京側サポーターは狂乱のごとく歓声を上げ続けた。東京60票、イスタンブール36票と大差で2020年オリンピックは東京が獲得した。テレビを観ていて、オイラも久しぶりに感動を味わった。素直に喜びたい。

特に、プレゼンテーションで素晴らしいスピーチをし、誘致に大活躍をした滝川クリステルの功績を讃えたい。彼女はオイラの高校時代の同窓生、まぁ、29歳年下だが、後輩ということになる。そもそもこの都立青山高校というのは、・・・・・・・

続きを読む "祝!2020年オリンピック東京に決定。オイラの高校の後輩♪クリちゃん♪も良かった。それにつけても中国と韓国は・・・・"

| | コメント (6)

2013年9月 7日 (土)

またまた韓国が、東京オリンピック開催選考の邪魔をしに来ました。どこまで民度の低い国家と国民なのか。

いよいよ、明日ブエノスアイレスでのIOC総会で、2020年のオリンピック開催地が決定する。東京orマドリードorイスタンブール?。投票は日本の公職選挙法のようなものはないので、投票人には、政治的思惑や、禁止されているとは云え、秘密資金や便宜が飛び交っているのだろう。

数週間前に例の福島原発の汚水タンクから、放射線を帯びた汚染水が大量に漏れていたことが発覚して大騒ぎとなった。地中深くには大量な地下水が流れていて、そこに汚染水が合流して海に流れて出ていた問題だ。東電は至急対策をこうじているが、ラチがいかない。そこで、安倍政権では、もう東電には任せ切れないと、国が470億円投下して対策をすることになった。これも前民主党政権の置き土産なのだが。

なぜか、9月8日のIOC総会の開催地決定投票日の数週間前にこれが発覚で大騒ぎ。それ以後世界中にこのニュースが出回り、日本側のプレゼンテイションの記者会見では、この放射能問題の質問が相次いだ。いわゆるネガティブキャンペーンを貼られたわけだが。

さらに、韓国のパク・クネクネ政権もここまでやるかと驚き桃の木山椒の木なのだが。まこと分かりやすくて、バカというかアホというか。・・・・・・・

続きを読む "またまた韓国が、東京オリンピック開催選考の邪魔をしに来ました。どこまで民度の低い国家と国民なのか。"

| | コメント (6)

2013年9月 6日 (金)

2015年より相続税は結論として増税となります。嫡出子と非嫡出子の相続分に差をつけるのは差別だとの判決

昨日からの大雨で、いままで雨雲がそれて雨水不足だった四国や東京の水源地地域にもしっかり雨の恵みがやって来ました。ダムの水量もタップリ溜まったことでしょう。ウチのミカンの苗木も喜んでいるだろう。

父親が死んでから、はや12年目になるが、今回の最高裁の判決が当時を思い起こさせる。そうそう、相続の問題だ。ウチにはまったく関係ない世界だが、非嫡出子の法定相続分についての判決が出た。これによって明治時代からの民法の改正がなされる方向に行くらしい。

この法定相続については、まぁ、人生イロイロで様々なパターンがありすぎで、当時一生懸命に勉強したものだ。被相続人(父親)の死亡届・除籍届を出すと、それが金融機関に回って、引き出しが出来なくなる。法定相続人全員で遺産分割協議書を作り、父親の誕生からの推移が載っている全ての戸籍謄本を添付して、遺産分割協議書の相続人リスト以外、例えば非嫡出子はいないことを証明しなければならない。それでやっと名義変更手続きとなる。不動産登記変更も同じだ。結構大変な仕事となる。

オイラは妹と2人兄妹だが、父親が生前のころ、冗談半分に「外にいないだろうね」なんて聞いたことがあった。まぁ、知らぬ間に”認知”なんてことが実際あるからね。父は「バカ言え、戸籍謄本を見れば分かることだ」と怒られた思い出がある。その頃、オイラは相続について無知だったというか、無関心だったというか。多分多くの相続人予備軍はそうであろう・・・・・・・

続きを読む "2015年より相続税は結論として増税となります。嫡出子と非嫡出子の相続分に差をつけるのは差別だとの判決"

| | コメント (3)

2013年9月 3日 (火)

2010年も暑い夏だったが、今年も暑い夏だった。明日から1人留守番です。世界は温暖化Vs寒冷化?

明日から、次女とカミさん海外旅行だと。数日前から、次女が頻繁に家に来て、なにか二人で作戦会議。パソコンでネットサーフィンをしているようだ。「どこへ行くんだ?」と聞くと、なんとソウルだと。ちょうど次女の長男が林間学校なのと、夫が休みを取れるから次男の保育園の送り迎えは、夫と最悪はオイラだと。

過去家族でソウルに行っているので、「どこを見るんだ」と聞いたら、ショッピング中心だと。「くだらないものを買ってくるなよ!」と言っておいた。次女に「むこうに行くのなら、”トンスル”を呑んで来い」次女「なに、そのトンスルって」オイラ「まぁ、マッコリのようなものだ」次女家族は焼肉が大好き。次女は忘れないようトンスルと紙に書いた。まぁ、本当に向こうに行って注文したら、とんでもないことになりそうだから「ネットでどんな飲み物なのか調べて行くが良い」と言っておいた。(笑)

今、突然大量な夕立が降ってきました。気象庁の雨雲の動きを見ると、どんぴしゃり雨雲が、オイラの地区上空を走っていた。まぁ、すぐ通り抜けて行くようだが。この雨雲の動きは、いつもと違って、南東方面から、北西方面に流れいるようだ、アニメーションを見ると。まったく世の中便利になったものだ。明日は九州に近づいている台風17号の影響か、日本全土雨降りのようだ。

さて日本・中国東部・韓国は共に猛暑続きだが・・・・・・

続きを読む "2010年も暑い夏だったが、今年も暑い夏だった。明日から1人留守番です。世界は温暖化Vs寒冷化?"

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

いよいよ迫ってきた一般消費税増税の施行の決断。先進国世界と歩調を合わせて間接税の水準を合わせるべきだろう。

只今、ウチの町内の津波避難の訓練に行って来ました。凄い猛暑の中でした。9月1日の関東大震災の日も、大変暑い日だったと、母方祖母から聞いたことがある。山側に歩いて10分ぐらい上の集合所は、標高35mでここまでたどり着けば過去の事例から津波の影響はない。ちなみにオイラの自宅は海の傍なので、標高5m。歴史的には小津波に何度かやられたことがある。各担当者の説明があって解散した。防災担当者達は、これから各地域が集って、小学校で担当者としての訓練だそうだ。暑い中ご苦労様です。

まぁ、オイラの地域は、各分析から、地震津波の大きいのからは予想としてまったく外れている地域なようだ。少なくとも、東京・神奈川から比べると、大事が起こる可能性は非常に低い。どうぞこちらの方への移住を勧めます。

さて、今や、来年施行するのかどうなのか消費税増税問題の話題がますます現実味を帯びて、賛否の討論・論争がされてている。一般会計の内、税収の2倍を超える歳出となってしまっている現在、ここ十数年に渡っての課題だった。社会保障費関連の費用の増大だ。日本では、1989年4月から一般消費税3%が創設され、1997年の4月から5%に、2%増税された。しかしこのうち、1%は地方税となり、後の1%が国税としての増税で、一般会計で歳入としての消費税は4%ということになる。今年でこれが16年間続いている。

同時にこの間日本はデフレスパイラルに入って、消費物価は上がらず、そのため給与も上がらずの停滞状態に陥った。これを打開すべく、いわゆるアベノミクスで景気浮上政策が始まったわけだが。・・・・・・・

続きを読む "いよいよ迫ってきた一般消費税増税の施行の決断。先進国世界と歩調を合わせて間接税の水準を合わせるべきだろう。"

| | コメント (1)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »