« 「はだしのゲン」の後編は少なくとも小中学校の図書館から撤去すべきだ。サンデーモーニングでは、撤去すべきではないと全員一致発言。 | トップページ | いよいよ、米国・多国籍軍の空爆数日前に迫ったか?それつけても、だらしのない国連事務総長潘 基文って野郎だが。 »

2013年8月27日 (火)

人生65年間、先は分からないが、過去はあっと言う間の出来事に感じます。

今日はあれこれ雑考です。

カミさんの会社時代からの親友が17日に亡くなった。数年前には、その彼女の1人娘が結婚して住んでいる香港に、もう1人の友人と3人で遊びに行ったりしていた。娘の旦那は香港で弁護士をしているそうだ。昔はお互い家族同士で会ったりして、オイラにも馴染みがあった。

女性として大変優秀で、退社後は仲間と社員教育の会社を作って、多くの企業の社員教育をしてきたらしい。昔オイラがロータリークラブの幹事(セクレタリー)をやっていたとき、彼女をその時の例会での講師をお願いしたこともあった。もちろん社員教育についてだが、大変有意義で面白かったと評判だった。そんな環境だったから、最近まで共稼ぎで、子供も1人しかつくらなかった。

数年前にも彼女がウチに遊びに来、宿泊してみかん狩りや世間話を楽しんだり。7月の終わり頃、彼女から連絡があり、伊豆高原にある友人の別荘に遊びに来るので、会おうということになった。会う前に、実はすい臓がん4ステージになっていることを告げられたとか。かなり痩せたようだったと。昨年健康診断時には、何事もない診断だったのにということだった。

もしかしたら来年まで生きているか分からないというので、元気ずけで、秋に女3人で旅行をしよう、車椅子でもいい、押してやると言ってやったとか。「そんなみっともないのは厭だわ、まぁ、元気だったら楽しみにするわー」とのことだった。・・・・・・・・

ウチの家族の夏のイベントが終って21日自宅に戻ったら、彼女の旦那から電話があり、実は17日に逝去し、19日に葬儀を済ませましたとのことだった。伊豆高原で別れて3週間もしない内に亡くなってしまった。今、歌舞伎俳優の坂東三津五郎も同じ病気らしいが。

享年64か65歳。これから夫婦共々年金生活で、これまで支払った莫大な年金保険料の分を取り戻しつつ、ゆったり人生を送ろうと、それを始めたばかりなのだが。香港に嫁いだ娘も未だ子供は出来ていないので、とうとう孫の顔を見ることができなかった。

ウチのカミさん、長らく停滞していたその職場同期会をこの際にと、仲間と連絡を取り合っている。彼女は最期にひと目会いたいと多分こちらへ来たのだから、しっかり”お別れ”をやってやれと言っておいた。あちらの旦那と連絡を取り合って、9月始めに皆で行くようだ。

人それぞれ、いろいろな人生を送るわけで、この面だけを見れば、不条理なのかもしれないが。それがまた人生というものだろう。そしてやがて誰でも、人生の終着点を迎える。いろいろな形での終着点を迎える。     彼女のご冥福を祈ります。

ところで、日本人の平均寿命は相変わらず世界ではトップクラスだそうだ。

日本人の平均寿命、女性2年ぶり世界一 男性は5位 2013/7/25 14:22

2012年の日本人の平均寿命は女性が86.41歳、男性が79.94歳で、いずれも11年を上回ったことが25日、厚生労働省の調査で分かった。女性は香港に次いで2位に後退した11年から0.51歳延び、2年ぶりに世界一となった。男性も0.50歳延びて世界8位から5位に上昇した。11年の平均寿命は多数が死亡した東日本大震災の影響で10年を下回っていた。  

平均寿命は死亡率などをもとに、その年に生まれた0歳の子供が何年生きられるかを示す数値。男女とも前年を上回るのは3年ぶり。女性は86.44歳だった09年が過去最高で、男性は09年(79.59歳)を上回り過去最高を更新した。

まぁ、、だいたい女性86歳で、男性が80歳が平均寿命だと。さらに女性の平均寿命は世界一だそうだ。香港などの少人口の国ではなく、人口1億2千万人超えの国の平均寿命だから、こりゃ大したものなのだが。まぁ、平均寿命というのは、ただ生きているということで、痴呆症・寝たきり・車椅子も含まれる。男性80歳でピンピンしているのがどのくらいなのか割合統計を見たことがない。人間は長く生きれば良いというものではなく、どのように生きたかが重要だ。

男性の性(サガ)とすれば、いつまで自分の子孫を守り続けることができるか。これが最大のミッションだとオイラは考えている。これが生き甲斐でもあるかもしれない。オイラの父親がそうであったように。しかし果たしてそのように、いつまで続けることが出来るのかと時々思うことがある。

65歳超えとなると、そろそろ自分のやがて来る死について自覚をするようになるものだ。80歳まであと15年あるが、あっと言う間にやってくるものだ。このブログもあと15年続けられることなんてあるだろうか?それはまったく分からない。

今や、情報文化の発達で様々な思想が展開されているが、やはり人間としての原理原則が大事で、結婚し、子供が出来、その成長の為に悪戦苦闘し、やがてその子供が結婚し、孫が出来、その孫に遊んでもらいながら、その成果物である子供家族を見守りながら、ジジババになった夫婦が寄り添って、やがてどちらかが先に終着点を迎える。やがて後を追うように・・・・。ここまで人生設計図面は出来ているのだが。

この図面は、過去のどんな建築設計図面より貴いものです。

|

« 「はだしのゲン」の後編は少なくとも小中学校の図書館から撤去すべきだ。サンデーモーニングでは、撤去すべきではないと全員一致発言。 | トップページ | いよいよ、米国・多国籍軍の空爆数日前に迫ったか?それつけても、だらしのない国連事務総長潘 基文って野郎だが。 »

コメント

5年前(2008.11.2)に、「マスコミが馬鹿なのは、日本に地政学・軍事学がないからか。」というタイトルのブログを興味深く拝聴して以来、このブログに共通の価値観を覚えて、時々お邪魔しています。人生に真面目に向き合っている先輩の呟きが綴られた貴重なブログです。これからも楽しみにしております。このブログを見始めて5年の結節に当たり、恥ずかしながらコメントさせて頂きました。
御友人の安らかなる冥福をお祈り申し上げます。

投稿: JJ | 2013年8月27日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「はだしのゲン」の後編は少なくとも小中学校の図書館から撤去すべきだ。サンデーモーニングでは、撤去すべきではないと全員一致発言。 | トップページ | いよいよ、米国・多国籍軍の空爆数日前に迫ったか?それつけても、だらしのない国連事務総長潘 基文って野郎だが。 »