« 岡本倶楽部の預託金商法の主犯格、大東正博に懲役18年の判決でした。まだまだ刑事・民事裁判は続きます。 | トップページ | 再度”従軍慰安婦問題”、これは”戦時下公娼問題”なのだが。萱野稔人ってほとんどこの問題が分かっていないようで。もうテレビに出ない方が良い。恥ずかしくなるよ。 »

2013年6月 4日 (火)

テレビの番組のキャスターやコメンテーターが、胡散臭いヤツラばかりで、信用はもうとうに失っているのに当人達は気がつかないようです。大谷とか与良とか

今晩は小田原で同窓生と一杯やる予定。何回か小田原で飲んだことがあるが、果たして良い店と遭遇できるか。彼はまだ退職していなく、勤務を早めに切り上げて来るそうだ。普段でも、午後4時半には退社出来るそうだ。まぁ、同じ世代。いろいろな話をざっくばらんに出来る。

自宅でテレビを観るのは、ほとんど録画済みをCM飛ばしで観るのが恒例となっている。または、PCでのネット動画を観る。しかし時間帯によってはライブでみることもあるのだが、過去それほど苦痛でもなかったCMがまこと胡散臭く苦痛に感じるようになった。CMになると、リモコンで他の局にするのだが、時間帯によってはそこもCM中なんてこともある。まぁ、最悪!

で、数分経って元の局に戻したり、指先の運動にはなるのかもしれないが。あの「ジャパネットたかた」ってCM、なんとかならないのか。彼の声は高周波過ぎて(近年ますます高周波化)耳が障害化を起こしそうだ。リーブ21と同じく社長がCM出演なのだが。全く不愉快になる。あとやたらに増えている健康食品のCM。なんとかサプリなのだが、効能をうたうと薬事法に引っかかるので、ただ”元気になります”って。本当に効くのなら薬事法にパスするだろうが。結局インチキに近いイメージ広告がほとんどだ。

そして、バラエティー報道番組ってやつ。あまりにも劣化した、偏向したコメンテーターやキャストが多すぎる・・・・・・

一時小沢裁判など口角泡を飛ばして正論ぶる大谷昭宏って未だによくテレビに出てくる。小沢を擁護する発言が多かったが、なんのことはない、彼の事務所として小沢からカネが出ていたことが暴露されたじゃないか。

そもそも、これらの番組に出演するは、どうやって決められていくのだろうか?テレビスタジオで、堂々と喋り捲るのはこれも一種の芸で、喋り慣れていないと使い物にはならない。しかし何度も場数を踏めば、堂々たる論客になれる。オイラもある団体を通して、講演やパネラーになったことがあるが、最初はきちっと原稿を作ってそれに沿って発言した。しかし同じ内容を何度も経験してくると、完全に頭に入り、アドリブも出来るようになる。そこから花が開いていくのだが。オイラの場合は途中でオサラバした。

テレビではそれに付け加えてやはり知名度だ。何度か出てそれなりの評価がなされると、別の番組からお呼びが掛かる。どんどんの出世魚となるのだが。それなりに出世してしまうと、多少の失言は甘く見てくれるようだ。やがて自分の事務所を持ち、講演会やテレビ出演、原稿依頼などの金銭交渉はその事務所が行うようになる。やがて、政治団体や各種団体から、発言依頼が来る。「次の出演ではこのような方向で言ってくださいよ」とかまぁ、吹き込みが来るわけで。また番組側からの指示も受けるようになる。もちろん自分の芸として、いかに不自然でなく潜り込ませるかだが。そして段々自分がいかに偏向した方向を走っているのかが分からなくなっていく。筑紫哲也、鳥越俊太郎などもその部類だったと思う。

ネットで拾った情報なのだが。

”たかじんNOマネー”という大阪限定の番組があって、もちろん関東地方では放映されていない。しかしネットでは観ることが出来る。

たかじんNOマネーの動画がYoutube等で視聴できます。 たかじんNOマネーの最新情報なども紹介。

で、6月1日の番組が、視聴者から笑われているようで。

たかじんNOマネー「生放送スペシャル!朝鮮半島まるごと徹底討論!」

日本維新の会、橋下共同代表の慰安婦問題発言や韓国メディアの「原爆は神の罰」報道。そして飯島参与の電撃訪朝など朝鮮半島を巡る話題で持ちきりの今、その筋のスペシャリストたちを緊急招集! 日米韓中北、各国の思惑や報道されない裏側を大暴露&大激論!

大谷昭宏 池田信夫 須田慎一郎 富坂聰 水道橋博士 高英起 朴一 眞鍋かをり

開口一番、大谷は「この問題は吐き気を催す」だって。これって辻元清美と同じ見解だね。番組内容は観てもらうとして、この橋下徹の「従軍慰安婦問題発言」に全員が「問題アリ」の見解。

そもそも、この件については、池田信夫や須田慎一郎は、発言の半分は問題はないが、半分はやはり問題ありという見解だ。もちろんこの番組を取り仕切る大谷は「吐き気を催す」程問題があったという全否定の「問題アリ」で、これを二者択一での質問設定は無理がある。

また、この問題を単に橋下徹のぶら下がり発言からを出発点にするのか、それともそもそも韓国と日本との問題を米国の韓国人社会が、各地の州議会でこの問題を取り上げ「日本軍は朝鮮女性20万人を性奴隷にした」とロビー活動をして議会決議までさせ、その勢いを膨らまさせ、李明博大統領やパク・クネ大統領が、「日本は正しい歴史認識を持て」などの糾弾を強めている中で、それらを黙示の根拠とした出発点とでは、答えは全然違う。またこれも最近のことで、それ以前から韓国側からの捏造歴史糾弾は、20年以上続いてきているのだ。

やはり、視聴者は最近のネット情報のお陰でかなり賢くなってきているようで、視聴者からの電話アンケートでは、

20130601163419

この結果に出演一同呆然としていたようで。言い訳として大阪に住む人だけのアンケートだからとか、なんだかんだとか。

もちろん、大阪のことだ。熱狂的橋下徹ファンがいるにしても、それ以外の視聴者としては過去からの時系列的判断をすれば、多少の問題はあるにしても二者択一とすれば「問題ナシ」という方を選んだと思う。大谷よりはるかに賢明だったという証拠だ。またこの大谷昭宏などがもはや信用されていないこともあろう。オイラはこの大谷昭宏は、過去からの発言の積み重ねとしてヘイトしている。お前はもうスケベ顔でテレビにしがみ付くなと言いたいスタンス。

Cast_otani

この番組での大谷の発言の中で、

根本的に彼(橋下市長)は性とか女性に対する考えが間違えてるところに、そこの上に乗っけて いつもの発信力でやっちゃったから、なお更おかしな事になったわけで、それはやっぱりね多くの 女性たちがたとえば政治的な問題だとか河野談話だとか村山談話だとかってことでですね一斉に 怒ってるわけじゃないんです。基本的な人間的な部分でね。

それからもう一つ言えばアメリカ国民と アメリカ軍にお詫びすると、じゃあ日本軍と日本国民に謝れよと。今、靖国に寝てる連中は。。。 休んでる方たちはこういうことをずっとしてたのかと。うちのおじいちゃんはこうやって散ったんだと。 おばあちゃんは戦後ずっと支えてきたんだと。何言ってんだと橋下の話聞いたら、そんなことをしてた のかいと。こんな失礼なことないでしょ。

ほらほら、コイツの本音、 「今、靖国に寝てる連中は。。。 」言い直したのだが、一般の人なら「今、靖国に祀られている方々は・・・」だろうが。「寝ている」でも本音、「連中」でも本音が出てしまいました。これも単なる失言として屁の様に消えていくのでしょう。

なんでもこの番組、大谷と意見対立のある青山繁晴 もたまに出演していたが、

▼独研(独立総合研究所)の総務部によると、「たかじんnoマネー」というテレビ番組のスタッフから 「番組がバラエティ色を強めるので、青山さんには今後、オファーしない」と連絡があったそうです。  ぼくはもちろん、そのまま諒解しました。

ということで、青山は干されたそうです。

あともう一つ。

この時の朝ズバはオイラも観ていて非常な違和感を感じた。とにかく各番組において、やたらにコメンテーターは、朝日新聞・毎日新聞の論説員や編集長が出てくる。なぜなのだろう。そしてそれがほとんど昔から自虐史観的、反日的発言が多すぎる。

毎日新聞・与良正男「橋下氏は反省せず、すり替えすり替えで結局謝らない」 【朝ズバッ!】 2013年5月31日

鼻の下にスケベ髭を生やしたトッチャン坊やのような、毎日新聞論説副委員長さまなのだが、この男、媚民主党マンセーコメンテーターで有名だった。今や論理破壊しているのだが。

私は!・・ごめんなさい、ちょっと長くなっちゃって、どーしても言いたいんで言わせてください・・あのー、毎日新聞はなんか誤報だとまで言われてますんでね、どうしてもあの言わせてもらいたいんだけどもぉ、 私は当時あの慰安婦施設は、当時は必要だったと考えられたけれども (誤報ですか?へっへっへ:みの) いや!誤報じゃないですよー、とんでもないですよー! "

当時は、当時はそうやってあの思ってたけれども、今は必要ないと言ってる"と、まぁ言うわけだけれどもぉ、 ボク政治家はね、橋下さんねぇ、"当時は必要だった"とも言っちゃいけないと思いますよ!"当時も必要じゃなかったんだ!

そんなもの慰安施設なんか作っちゃいけなかったんだ"と言わなくちゃダメですよ! ドイツの人たちは当時はホロコーストが必要だったと言いますか?!言いませんよ!

この毎日新聞を背負って、今回の従軍慰安婦問題と、あろうことかナチス軍のやったあのホロコーストとを同じ土俵に乗せて発言している。蚤のクラスをクジラのクラスと比べている。もはや脳が狂っているのでは。

O0390021512352074859

とにかく、最近になって我々は様々な事例をネットから仕入れている。またネット上のコンテンツも天文学的に増えて来た。これが無かった十数年前までこいつらが世論を作ってきた。朝日新聞であろうが毎日新聞であろうが、実はバカが多かったことに気づき、報道の自由なら、思想・表現の自由だ。堂々とこいつらに反撃をしようではないか。

|

« 岡本倶楽部の預託金商法の主犯格、大東正博に懲役18年の判決でした。まだまだ刑事・民事裁判は続きます。 | トップページ | 再度”従軍慰安婦問題”、これは”戦時下公娼問題”なのだが。萱野稔人ってほとんどこの問題が分かっていないようで。もうテレビに出ない方が良い。恥ずかしくなるよ。 »

コメント

先週金曜日の朝ナマ”自衛隊を国防軍に?あなたは”においても
同様の現象がありました。私もテレビはほとんどチェック用に録画していて飛ばし検閲しています。NHKのニュースも録画して検閲しています。
先日の朝ナマの論客の大勢は左巻きばかり。社民党の応援団長の香山リカまで。保守系は山際氏のみ。山際氏の言っていることは正しいが大声で印象は良くない。
オブザーバーの立場?で森本前防衛相、元陸幕僚長、海幕僚長も出席。左巻きの連中(こう言うときに使う言葉)は自衛隊の元幹部たちに失礼な事も平気で言っていた。
自衛隊の幹部たちは忍の一字で堪えておられた。番組の編成元のテレ朝は
自衛隊を国防軍に変更するのはまかりならんと言う方向に持って行こうとしていたのはミエミエ。
しかしながら、最後に発表されたアンケートでは自衛隊を国防軍に変更に賛成が70%であった。田原を始め、香山リカ、山口二郎(売国奴教授)らは唖然。ネトウヨが頑張ってアンケートに...なんて言い出した。
地上波のテレビは死んでいる。ネットのお蔭で嘘も含め真実を知っている多くの国民のウネリが分かったいない。
偏向メディアに明日はない。その雇われジャーナリスト、エセ文化人らにも。頑張ろう、日本!

投稿: NHK アカヒ マイニチ解体 | 2013年6月 5日 (水) 10時10分

俺は宮崎哲が大嫌いです。過去の新聞記事をながなが読むだけでつまらない。あんな変態チビを使うテレビ局は最低だな。創価と変わらんな。

投稿: 岡田 | 2013年11月 5日 (火) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡本倶楽部の預託金商法の主犯格、大東正博に懲役18年の判決でした。まだまだ刑事・民事裁判は続きます。 | トップページ | 再度”従軍慰安婦問題”、これは”戦時下公娼問題”なのだが。萱野稔人ってほとんどこの問題が分かっていないようで。もうテレビに出ない方が良い。恥ずかしくなるよ。 »