« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の11件の記事

2013年5月29日 (水)

やっぱりお隣の国はおかしい。世界的にマインドが変わっている国だね。パク・クネさん、まず韓国は正しい歴史認識を持つべきですね。

今年は梅雨入りが早くなりそうですね。先ほどちょこっと小雨になりました。31日までにやらなくてはならないことを、昨日完了して、なにか束縛から逃れられたような気分です。若い頃、設計の期限が迫って、徹夜してギリギリ間に合わせたあの頃と同じ気分。

昨日長野の安曇野にいるハマ坊から電話があって、今年7月もヨットクルーズで伊東に寄航して1泊の予定だから遊びに来てねと。シンガポールからフジ坊も乗り込むとか。あと彼と大学が一緒だった”オフコース”の初期メンバーの1人も一緒だと。オイラはオフコースって小田和正しか知らなかったが。彼の声は澄み切っていて好きな方だ。

で、このハマ坊とは何度か一緒に風呂に入ったことがあるが、ヨットマンは日焼けをする機会がありすぎるのか、体中がシミだらけ。それも半端じゃない。ゴマアザラシが風呂に浸かっているような。

韓国発の捏造のイロイロについて説得力のある動画を見つけましたので、・・・・・・・

続きを読む "やっぱりお隣の国はおかしい。世界的にマインドが変わっている国だね。パク・クネさん、まず韓国は正しい歴史認識を持つべきですね。"

| | コメント (4)

2013年5月28日 (火)

2013年05月27日 橋下徹大阪市長記者会見主催:日本外国特派員協会に見る戦時下公娼問題

法人所得税確定申告の期限が、今月の31日までなので、昨日と今日の午前とで、その書類作成をしていました(先ほど提出しました)。このような作業の時は、昔は好きな音楽CDを聴きながらするのですが、このごろは、Youtubeの長時間モノを聴きながらすることが多いです。

ちょうど27日に行なわれた、日本外国特派員協会での橋下徹の記者会見の全編2時間弱というのを聴きながらでした。小分けした編のあったのですが、いちいち切り替えをしなくてなならないので、これを選びました。まぁ、作業をしながら聴いていたのですが。

橋下徹はともかくとして、特派員記者の質問がまことに程度が低く、まったくバカが多いなあというのが感想だった。本来この件について重要なところを、スルーしてまるで腫れ物に触るような質問内容でガッカリした。どこの年増女記者だったか、「今度生まれてくるとしたら女がいいか?男がいいか?」なんて、まぁ、多少何かを含んでいるのかもしれないが、なんの意味があるのかいとこちらが聞きたくなる。日本のネット人の方が、過去の資料を通して、こいつらよりはるかに詳しいと思うのだが。

そもそも・・・・・・

続きを読む "2013年05月27日 橋下徹大阪市長記者会見主催:日本外国特派員協会に見る戦時下公娼問題"

| | コメント (4)

2013年5月26日 (日)

またまた、朝日・毎日・NHKらが、従軍慰安婦問題の武器のひとつとして姜尚中をスタンバイさせているようで。

NHKは午後7時のニュースの次に金曜日は、30分の枠で”特報首都圏”をやっている。先週何気なくニュースが終わってそのまま観ていたのだが。あの姜尚中が最近小説を発表したと。”心”という題名で、4年前の自殺で亡くなった息子を題材にして小説にしたらしい。ほぼ私小説に近いものだろう。別にこの小説がどうのこうというつもりはない。その本は買ってもいないし、読んでもいない。しかし今までの姜尚中を見て来た者として、彼らしいと想像できる。
我が息子へ ~姜尚中“死”と向き合った4年~

オイラの旧友でも、3人息子の長男が、10年程前に音楽関係の絡みからか30歳前に東京のアパートで自殺をした。多分父親である彼にもその原因はあったと推測するのだが、あえてそれは一種の”運”のようなもので、彼にある部分同情するところもあれば、ある部分非難することろもある。しかしもし当事者の1人である彼が、客観的体裁を取って、これを題材にしてメシの種として、汚名挽回の手段として、私小説化したのなら糾弾するだろう。彼は芸者遊びが当たり前の様に好きだったからね。

で、姜尚中なのだが、20年ほど前ごろから、田原総一朗の”朝生テレビ”に出演して、日本人に自虐史観を強制する、媚朝鮮理論、東アジア共栄圏をユーロ圏並に、従軍慰安婦に謝罪すべき、などの強弁と巧みな話術、独特なハスキーボイスで、論客に敵なし、まぁ、橋下徹の別バージョンみたいな男だった。これが妙に女性層に受けたらしいが。・・・・・・・

続きを読む "またまた、朝日・毎日・NHKらが、従軍慰安婦問題の武器のひとつとして姜尚中をスタンバイさせているようで。"

| | コメント (4)

2013年5月19日 (日)

一期一会の出会い。草食系になってしまった日本の若者よ!見よ、肉食系の若者達を!まぁ、オイラにも出来ないことだが。

一期一会なのだが。何気ない時に、面白い人達と出会うものだ。昨日土曜日に、小3になった孫が運動会が近いとウチの近くの臨海公園で、短距離走の練習をすることになり、母親(ウチの娘)が強化練習をするので立ち会えと。まぁ、孫とすれば自転車と芝山でのソリ滑りの期待もあり、素直に応じたらしい。4歳の孫は最近熱を帯びてきた補助輪付き自転車の練習が楽しみ。

オイラ中学時代50mを6秒台だったので、多少自信をもってアドバイス役。まぁ、そんなこんなを4人でやっていた。そしたら芝生の広場を白人男が2人ブラブラしている。何気なく近寄ってみたら、大荷物を括り付けた自転車が傍にある。遠耳で聴いていると、どうやらフランス語。なんでこんなところにいるのだろう?と思い、「フランス人か?」と聞いたらそうだと言った。そしたら、影にもう1人いた。これは日本人だ。そこでお喋りが始まった。

Dscf1310_r

なんでも彼はスイスのジュネーブ育ちで両親はジュネーブで国連関係の仕事をしていると。大学卒業後、以前1年間日本の企業に実習生として滞在したことがあるが、普段はジュネーブで生活していると。そして高校時代からのスイスでの友人と今回自転車で世界一周をしようと、南米を回って成田に到着し、東京で1週間ぐらい滞在し、東京から自転車で、各所を回って大阪まで行くそうだ。昨日は江ノ島でテントを張り1泊して、6時間掛けて今ここに到着したとのこと。

ヨットで世界一周は有名だが、自転車で世界一周している冒険家とオイラ遭遇したらしい。・・・

続きを読む "一期一会の出会い。草食系になってしまった日本の若者よ!見よ、肉食系の若者達を!まぁ、オイラにも出来ないことだが。"

| | コメント (1)

2013年5月18日 (土)

従軍慰安婦問題。prostitute問題からcomfort women問題になり、trafficked women問題と強調され、sex slave 問題となって行く

特に韓国のノムヒョン・李明博・パククネ3代の大統領は、朝日新聞・毎日新聞のご注進報道を真に受け、日本への恫喝外交を繰り広げ、韓国に有利な善処を引き出してきた。まるで、”パブロフの犬”状態できた。事あるごとに「日本軍は強制的に朝鮮人女性を慰安婦とさせていた。その謝罪と賠償を求める」「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と。

そもそもこれを、元毎日新聞記者の千田夏光が「従軍慰安婦」と命名、様々な陰謀家のなかで特に、元陸軍軍人以後元共産党員だった吉田清治の著書「朝鮮人慰安婦と日本人」で、済州島で軍として若い女性の女狩りをして慰安婦として徴用した捏造自伝を書き、その下地のもとで、朝日新聞の植村記者が、自分の韓国人妻の母親が元慰安婦で”女子挺身隊”として強制的に慰安婦にさせられた裁判をサポートするべく、日本軍従軍慰安婦問題キャンペーンを張った。1991年ごろの話でよく覚えている。そこから「河野談話」に至り、官房長官の談話で重いものであり、韓国は日本政府はこれを認めたと。・・・・・・

続きを読む "従軍慰安婦問題。prostitute問題からcomfort women問題になり、trafficked women問題と強調され、sex slave 問題となって行く"

| | コメント (6)

2013年5月15日 (水)

橋下徹発言でまたまた大騒ぎになっている”従軍慰安婦問題”。いつまでも表面だけでの議論で逃げてきたツケが回ってきている。マスゴミはもうカマトトぶるのは、やめたらどうなんだい!

今朝の報道ワイドショーは、どこもかしこも、橋下徹の記者会見の内容について、コメンテーターの男も女も彼の発言を叩き続けていたようだ。ご存知”従軍慰安婦問題”なのだが。13日ぶらさがり記者会見で・・・・・

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日、慰安婦問題について「当時は軍の規律を維持するため必要だった」と容認する考えを表明し、「世界各国が持っていた。なぜ日本だけが取り上げられるのか」と反発した。在日米軍幹部に、海兵隊員による風俗業者の活用を求めたことも明らかにした。市役所で記者団に答えた。

彼は、昨年の日本維新の会の躍進の中で、常に過激な発言や、膨大なTwitter更新で、世論を無理やり引っ張ってきて、12月の選挙も終わり、結果として当初の成果は上げれらなっかたことと、党に元民主党議員が大勢逃げて来て、これらがリードするようになって来た。案の定混乱の極みになってきて、7月の参院選は危なくなってきている。橋下パフォーマンスの効力が落ちてきたのだろう。同じ事を昨年の今頃言っていたとしたら、こんなに大騒ぎにはならなかっただろう。マスゴミも彼を散々持ち上げて急場を救って来たが、もう橋下には飽きてきたらしい。また、居並ぶ保守系のブロガーもかなりが批判をしているようだ。

オイラ、天邪鬼なのか、この件についてはそれほど批判はしたくないし、ここまで問題を大きくマスゴミがするのなら、これを機会にこの問題を国内で客観的に議論する機会とすべきだと思う。・・・・・・・・

続きを読む "橋下徹発言でまたまた大騒ぎになっている”従軍慰安婦問題”。いつまでも表面だけでの議論で逃げてきたツケが回ってきている。マスゴミはもうカマトトぶるのは、やめたらどうなんだい!"

| | コメント (10)

2013年5月14日 (火)

米国の”シェールガス・オイル革命”は、やはりバブルで詐欺の様相も。これを大煽ったNHK・大手新聞社よ!その後の検証はどうなった?

ブログで記事を作るとき、当然報道を参考にするわけだが、果たしてその報道は正しいのか、間違っているのか、偏向しているのか、故意に捏造しているのかなど見極めなければならない。NHKスペシャルの番組、NHKのクローズアップ現代なども、もっともらしく世相を切り込んではいるが、実は正しくは無かったなんてことは大変多い。

ますますグローバル化してくると、ある目的のために世界中をごまかしてやるなんてことも多くなる。対象が世界中となれば、その目的が達成されれば、天文学的ボリュームのカネを稼ぐことも出来る。つい最近のことでも、米国英国の金融資本主義はすばらしいと。金融工学を使って確実な金融商品を作り、莫大な利潤を双方で上げることが出来るなんて2000年代初めのころは囃していた。ほとんどがまやかしだったのは、2008年のリーマンショックの検証でばれてしまった。いわゆるカジノ的ねずみ講的詐欺金融が正体だったと云える。

ITバブルの一端は、それまで、コンピュータで使われていた年数が、例えば1995年を95としていて、2000年になると00になってしまい、その結果すべてのコンピューターが狂いだす。銀行オンラインも、飛行フライトもとんでもないことになる。各自のパソコンも同じだと。それで、パソコンを調整したり、ソフトもハードも買い換えなくてならないなんて大騒ぎ(2000年問題)。結局大した問題は起きなかった。・・・・・・・・・

続きを読む "米国の”シェールガス・オイル革命”は、やはりバブルで詐欺の様相も。これを大煽ったNHK・大手新聞社よ!その後の検証はどうなった?"

| | コメント (2)

2013年5月10日 (金)

またまたパク・クネクネがネチネチ、クネクネと「日本は正しい歴史認識を持て」だと。千年言い続けたければいい続けるがよい。

韓国のパク・クネクネ大統領が、オバマ大統領と首脳会議。その後、米国上下院議会の合同会議で演説したそうだ。これ韓国では6回目だとか。これまでに、48か国の外相及び政府首脳が100回以上この合同会議で演説したが、なぜか同盟国である日本の首相の演説は皆無だそうだ。なぜなのだろう。どうも日本はこの辺が下手だね。

まさに世界は情報戦。中国、韓国も莫大な費用を掛けて、自国の利益になるような情報を、米国の議員や、アチラのマスゴミに発信している。また米国のロビイスト達をカネで操作している。米国の議員達にも移住したそれらが窓口になって莫大な献金をしていると聞く。日本がこのための対策費と数百億円規模としても、中国なぞは数千億円規模だとか。

北米・欧州各国のホテルでテレビをつけると、中国CCTV局の中国発の報道が巾を利かしている。中国系は数チャンネルもっている。韓国も負けてはいない、積極的に韓国発の韓国寄りの報道をしている。中国は、尖閣問題や戦時中の中国の被害、韓国は独島(竹島)や従軍慰安婦問題などなど、自分の国に有利になるような報道を一日中放映。それに対して、海外でのNHKや民放は報道の内容も少なく、控えめ報道で、その他はそらっとぼけた内容ばかりだ。・・・・・

続きを読む "またまたパク・クネクネがネチネチ、クネクネと「日本は正しい歴史認識を持て」だと。千年言い続けたければいい続けるがよい。"

| | コメント (7)

2013年5月 8日 (水)

急激な円安で韓国はピーピー言っているが。アベノミクスの応援団、上念司が面白い。彼、成長株になるかも。

昨日の参院予算委員会、録画をちらり観たのだが、民主党の櫻井充(みつる)が、ねちねち質問をしていた。まぁ、民主党の数少ない論客とされているようだが、アベノミクスについてまるで蒟蒻問答の気配だった。自分達の失政を棚にあげ、またネチネチ批判の民主党議員に戻ったようで。偉そうに、さらに偉そうに。

たしかに、ここのところの円安により、これから予想されることは、円高でメリットを受けていた人達にとって円安は短期的にはデメリットとなり、円高でデメリットを受けてていた人達にとっては、やはり短期的にはメリットを受ける番となる。これ変動為替制度になってからの常識で、燃料費高になっている漁民や運送業が可哀相だと。これについて補償しろなんて言っていた。良い時もあれば悪い時もある。劣化イチャモン付け大得意の民主党にまた舞い戻った。

消費者物価指数であるCPIは、この円安の効果だけも多少押上効果に働く。アベノミクスでの「2年で、消費者物価指数2%の上昇」というときの消費者物価指数というのは、総合物価指数なのか、生鮮食品を除いたコア指数なのか、酒類を除いた食品とエネルギー費を除いたコアコア指数なのかとの質問もあった。答弁としては、コア指数ということだったが。

しかし、この急激な円安で、臨時利益を受けた人は、静かにしている。・・・・・・・

続きを読む "急激な円安で韓国はピーピー言っているが。アベノミクスの応援団、上念司が面白い。彼、成長株になるかも。"

| | コメント (1)

2013年5月 4日 (土)

憲法改正への道は、まず第96条の改正からだ。なぜ日本に限って66年間憲法を改正できなかったか。法匪瑞穂が絶叫で泡を吹くの巻

毎年、この5月の連休時期は、春から夏へとかなり暖かくなったり、初夏を思わせるような気候になるのだが、北からの寒気団の影響で、肌寒い日が続いている。北海道北部では、雪が降ったそうで、これ21年ぶりだったとか。ウチの方も朝晩は冷える。これをもってどうたらとは言わないが、英国の気候研究所の発表では、より広範囲に再度調査したら、温暖化傾向は予測を裏切って、寒冷化方向に漸進的に向かっているとのこと。人為的排出のCO2の量は倍々ゲームのように増えているにもかかわらずだ。あの排出権取引や、この件に伴った対策経費とはいったいなんだったのだろう。兆円近くの金額だった。

昨日は5月3日。1947年5月3日米国の占領下で作られた日本国憲法の施行日だ。なぜ5月3日と決められたのか。前年の1946年5月16日の第90回帝国議会の審議を経て、同年11月3日に日本国憲法として公布され、その六ヶ月後に施行された。米国人には理解できない、日本人のゴロ合わせでは、5(ゴ)月3(ミ)日はゴミの日とも言える。当時関係者の誰かが、占領下で作られた憲法なんて”ゴミ”のようなものだから、主権回復したらゴミのように捨てて、新たに国民参加で憲法を作れと暗示したのかも。これ勝手な妄想なのだが。

で、この憲法は国民の総意と謳っているが、国民投票で諮られたものではなく、占領軍とその当時の旧(帝国)憲法下で選出された政治家で作られたものであることは認識しておこう。安倍晋三政権は、66年間憲法を一切変えることが出来なかった原因は96条のしばりがきつ過ぎると、この改正に挑むことを政治課題とした。またまた蜂の巣を突っつくように、マスゴミが大騒ぎをしている。・・・・・・

続きを読む "憲法改正への道は、まず第96条の改正からだ。なぜ日本に限って66年間憲法を改正できなかったか。法匪瑞穂が絶叫で泡を吹くの巻"

| | コメント (4)

2013年5月 1日 (水)

連休に樋の修繕。オイラの嫌いなものを幾つか。朝ズバの番組の”みのもんた”とか・・・朝日新聞とか。

ちょうど連休と連休の間の平日なのだが。前から気になっていた裏玄関上の庇屋根の雨樋。もう10年ぐらい前から、大雨の時、その塩ビ製集水マスの付近でじゃんじゃん雨水が溢れる。この軒樋には、2階の屋根半分を受け持つ軒樋から縦樋を通して流れ込むようになっている。その他として、別の下屋からのルートも、この軒樋に付いている集水マスに流れ込む。そうとう長い間この状態なので、その下にある窓の回りの木部が腐ってきた。それはなんとか修繕したのだが。根本を解決すべくやっと重い腰を上げた。

多分雨量がオーバーしているのだろうと、数週間前に2階屋根からの縦樋を途中切断して、別ルートで専用の縦樋に変えた。これで、問題の集水マスの溢れは止まっただろうと安心していたら、昨日午前の大雨で見たら、未だ集水マス付近で溢れている。以前この集水マスも検査したのだが、老眼気味となっているオイラはそれほど熱心にチェックしなかった。今日、脚立で登って手でまさぐったら、なんとヘドロが一杯。この集水マスとその呼び樋が、いわばヘドロで充填されていたのだった。最初から素直にその原因を追究すべきだった。早速、ヘラと掴み金物と水栓ホースで、このヘドロを一掃した。気がついてからここ10年、自称建築家のオイラとして情けなくなった次第。

で、本日は機嫌が悪いのでまたマスゴミ叩きを。・・・・・・・

続きを読む "連休に樋の修繕。オイラの嫌いなものを幾つか。朝ズバの番組の”みのもんた”とか・・・朝日新聞とか。"

| | コメント (3)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »