« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の10件の記事

2013年3月28日 (木)

もういい加減にしたらどうなんだい放射能怖いを煽る放射脳の有名人

たしかに思想・表現の自由、さらに報道の自由はあるにしても、報道を商売としている報道機関が、公序良俗に反する、また科学的でない政治的な知見で、国民をこんなに洗脳してしまったことは、歴史的にもそんなにあることではない。これ以前としては、人為的CO2温暖化により、世界は破滅する、シロクマが死んでしまう、ツバルが水没する、ヒマラヤの氷河が無くなるなどなどの大騒ぎがあったが。

一部の非科学的な専門家と称する学者、先生が、福島原発事故後、低線量の放射能について、煽ること煽ること。それに大手マスゴミまでがマッチポンプのようにこの2年間以上、新聞・テレビ・週刊誌で煽りまくった。もし、ネットが無ければ、昔のように結果として皆騙され続けただろう。

今回の原発事故による、人体障害を受けたものはなく、もちろん死者は皆無だ。しかし、これらの異常とも思える放射線怖いの結果、心的ストレスや避難に際しての犠牲者は数百人という結果だった。云わば、幽霊が怖いと大騒ぎをしていたようなバカらしいことだった。

国連科学部会もICRPもWHOも責任と権威のある機関が昨年に、今回の原発事故汚染で、人体に影響を及ぼす結果とはならないと公表しているのに、これら報道機関はほとんど国内に発信をしない。・・・・・・・・・

続きを読む "もういい加減にしたらどうなんだい放射能怖いを煽る放射脳の有名人"

| | コメント (3)

2013年3月26日 (火)

孫とジイジの東京見物2日間。孫の若さを吸い取ってやりました。

小2の孫が春休みで暇をもてあますので、どこかへ連れて行けと娘から依頼があり、以前から考えていた旅を週末してきました。それはバスで東京見物。東京には若い頃、過去15年住んでいて、その後は、東京へは目的地しか行かない。東京に住んでいる人も、いつでも行けると、意外に現在の東京の各地がどのような変化をしているのか知らない人は多い。つまり点としての東京は知っていても、線としての東京を見る機会はほとんどないわけで。

事前にネットで東京駅発の東京周遊バスを予約して、孫と2人で乗り込んだ。午前9時半発、午後6時東京駅着だった。熱海の孫の家に迎えにいったら、母親の娘が「ジイジとケンカしないで行ってきなさいよ!」だって。普通は「ジイジの言うことをしっかり聞きなさいよ!」だと思うのだが。

当初ネットで予約したのを”はとバス”と勘違いしていて、黄色いバスが並んでいるところへ行って、予約プリントを見せたのだが、それは別の会社のバスを予約したことが分かり、迷いながら、丸ビル横にバスが停車していたところに行った。まぁ、最初から躓いたのだが、・・・

続きを読む "孫とジイジの東京見物2日間。孫の若さを吸い取ってやりました。"

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

南海トラフ連動大地震の予測発表は、羹に懲りて膾を吹きまくっているようにオイラは感じてしまうのだが。

釣り仲間のケン坊が、今、定置網に大量にイカが入っているとの電話があり、じゃあ久しぶりに船釣りをするかと、日曜日に船を出して釣りに挑みました。丁度中潮で午後1時半ぐらいに干潮ということでした。午前中いつものポイントで挑んだのですが、まったく釣れません。

初島右沖に漁船が十数隻いるのを発見、そこまで足を伸ばしたのですが、どうやらイカ狙いではなかったようで。やはり坊主でした。午後になって、アマダイ、オニカサゴのポイントへ。オニカサゴ一匹と雑魚だけ。しかし、天気が穏やかで風もなく、波も静かでまこと良い釣り日だったのですが・・・・・。海中のさかなはどこえ行ってしまったのでしょうか?トホホでした。

昨日からか、テレビ報道で予想されている南海トラフで起こる東南海連動巨大地震による被害予想というのを発表していました。大地震の揺れに伴う被害と大津波に依る被害は、金額にして約220兆円、死者32万人以上、静岡県・愛知県・大阪府・高知県・宮崎県にまたがり、被災者は数百万人とか。それもCGを使った映像で、大阪通天閣・大阪城・高知のはりまや橋が水没する場面を映し出していた。これを観させられたら、もうこの辺に住む価値がなくなるような。このような発表に庶民としたら、どのように対処し、どのように考えたら良いのか分からなくなりますね・・・・・・

続きを読む "南海トラフ連動大地震の予測発表は、羹に懲りて膾を吹きまくっているようにオイラは感じてしまうのだが。"

| | コメント (3)

2013年3月16日 (土)

今日のIT教室。ネットの便利機能を紹介します。それは従弟のメールから始まった。便利便利なのです。

今日は、知っている人は知っている、知らない人は全然知らないという、今のネットを使った便利、便利について。

今やキッカケさえあれば、ネットの検索を通じて、仕事に、趣味にと、もっと便利なことが出来るようになっている。ただ様々多少悪戦苦闘をしなければならないことも多い。多くを使いこなすと、多少”直感”が働いてきて、様々克服して自分のものにすることが出来る。オイラもブログをここ5年間やっているが、ブログの内容を向上させるため、多くの便利ツールを自分のものにしてきた。

今日のIT教室は、昨日取得した事を事例に記事として作ることにします。概要としては、容量の小さな画像ファイル(サイズの小さい)を、あまりボヤケなしで、大きいサイズに変える方法と、ますます進歩している大容量のファイルをいっぺんにファルダごと、ネットを通して相手に送り届ける方法です。・・・・・・

続きを読む "今日のIT教室。ネットの便利機能を紹介します。それは従弟のメールから始まった。便利便利なのです。"

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

放射線怖い、怖いのこの2年間。これによって国民はどれほど毀損されたか、まだまだ続く毀損の連鎖。年間1㍉シーベルトは虚構の数値だ。

数日掛けて、15日期限の確定申告の作成が終了し、昨日提出と納税を済ませました。昔から宿題はギリギリ近くでないと腰が動かないオイラの習性は直りません。まぁ、いかに控除分を大きくしようと節税に務めることで時間を喰ってしまうのだが。

親の代を引き継いで、農業をやっている地元の知人も多い。これ実は節税の意味もある。農業をやっている人は、もし農業所得を赤字にもっていけば、総合所得として控除されるという恩恵がある。ほとんどが年金受給者の年代なので年間70万円以上受給は、これが所得として発生する。またアパ^ートなど持っている人は、その所得が加算される。また常勤でなくても給与を貰っているとそれも加算。県民税と市民税の地方税は、この課税に連動する。課税所得が195万円以下なら、地方税は、6月になってその倍の請求がくることになる。195万円超~330万円未満なら同額の税となる。だから少しでも節税が重要になるのだ。

まぁ、その点は、確定申告ソフトを使っているので、調整が非常に楽だ。国税庁のeタックスならソフトとして無料で、提出も送信で一発らしいが、資料は郵送しなくてはならないらしいので、未だ使う気にならない。今度試してみようと、ここ数年間思っているのだが。

さて本題。

東日本大震災で原発事故が起こって早2年が経った。この放射線規制は未だに誤解・捏造・風評が1人歩きをしていて、この国を蝕んでいるようで。・・・・・・・・

続きを読む "放射線怖い、怖いのこの2年間。これによって国民はどれほど毀損されたか、まだまだ続く毀損の連鎖。年間1㍉シーベルトは虚構の数値だ。"

| | コメント (1)

2013年3月10日 (日)

またまた関口宏のサンデーモーニング、ご巡幸みたいですね。そして中山成彬議員の国会での発言は無かったことにする談合メディア界

朝のお目覚めはだいたい6時前後。東方面から太陽が昇るのだが、ここ数日、回りの空は青いのだが、太陽の回りだけが、いくぶんどんよりしている。気象庁では、伊豆東海岸には、中国からの黄砂の影響なないという解説だったが、とんでもない、薄い流れかもしれないが、確実にこちらの方にも流れてきている証拠だ。

福岡の方には相当濃い黄砂+PM2.5+放射能が流れてきているのだろう。まぁ、こんなことは10年以上前から続いてきたわけで、媚中国の連中が、国民に大騒ぎをさせない為に抑えて来たのだろう。朝日系とか毎日系とか、媚中国系議員とか。

東北、関東から放射能怖いの放射脳の方々、福岡の方面に避難した人もいたね。さー、どううする!

明日で東日本大震災から3年目となる。今日10日の日曜日、各報道番組はこの件で番組を構成していたが。前々記事にしたが、このサンデーモーニングの録画見て、こいつら何考えているんだ!と大変腹がたったことがあった。・・・・・・

続きを読む "またまた関口宏のサンデーモーニング、ご巡幸みたいですね。そして中山成彬議員の国会での発言は無かったことにする談合メディア界"

| | コメント (7)

2013年3月 6日 (水)

密室で進む米国と環太平洋諸国の貿易協定(TPP)草案がリークされました。 嘘か本当か?

なんでも、米国ではTPPの一部詳細がリークされて、米国市民団体の間で話題になっているそうだ。とにかく秘密、秘密で進んでいるTPP。オイラも何が何だか分かりませんが。これがYoutubeに投稿されていた。

もしかしたら、TPPの協定は締結されるまでに、崩壊になる可能性もありかと。それも米国の国民の反対で。EUやユーロの失敗も結論が見えてきたことだし。これに対抗したスキームとも云えるしね。

まぁ、様々な誤謬情報や捏造情報が飛び交うのが世の常だからね。・・・・・・・

続きを読む "密室で進む米国と環太平洋諸国の貿易協定(TPP)草案がリークされました。 嘘か本当か?"

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

26年国民を洗脳し続けてきた、TBSのサンデーモーニング。この番組は工作的、作為的プロパガンダ番組だと思う。

日曜日の朝、TBS系列(JNN)で生放送されているサンデーモーニングという番組がある。この番組の歴史は古い。初期は1987年10月~1997年9月。次に名称を”新サンデーモーニング”と変え、1997年10月~1999年3月まで。そして現行は1999年4月から今に至っている。朝8時~10時までのワイドショー番組だ。26年続いている。

例の関口宏が司会で、最初の約30分が時事問題・政局問題を、関口が各コメンテーターに割り振り、討論はなく、ただただそれらのコメンテーターの言い分を聞かされる。次に約1時間、各スポーツニュースについて専門筋が語る。そして残りの約30分を、また時事問題や政局問題に話題を移す。初期の頃は、ライブでオイラも毎週観ていた。

ところが、その6人前後いるコメンテーターのほとんどが、まず自虐史観を基礎にして、常に反体制を是とし、媚中国、媚韓国、媚北朝鮮を貫き、反米主義を基本とした語りがあまりにも多すぎる。今で言えばもちろん放射能怖いの原発ゼロに大賛成。この鬱陶しさに観るのをやめてしまった。で、その時間は10時から12時枠の田原のサンデープロジェクトを観るようになった。まぁ、こちらも怪しい煽り番組だったが。もちろんライブで観る場合もあり、またビデオ録画で観る場合もありで。・・・・・・・・

続きを読む "26年国民を洗脳し続けてきた、TBSのサンデーモーニング。この番組は工作的、作為的プロパガンダ番組だと思う。"

| | コメント (25)

2013年3月 4日 (月)

偏向・捏造全開で来た、沖縄の報道機関。そして労働組合と沖縄役人・大学教授。

かねてから、散々指摘されてきたことだが、沖縄の報道機関はあまりにも一方的に偏向してきた。朝日新聞系の沖縄タイムスや琉球新聞など。また沖縄県も、在日米軍反対をエサに、多くのインフラ整備を国に造らせてきた。サトウキビ・タバコ葉栽培補助も。ここ数年4回ほど沖縄やその諸島を訪れたのだが、その手厚いインフラ整備は内地以上の厚遇だ。まぁ、それは特に文句をつける筋合いではないが。

問題は、内地より多くの昔活動家筋が沖縄メディアに、行政に入り込み、世論誘導をしてきたことだろう。尖閣を巡る中国の揺さぶりに、やっと本来温和だった沖縄人の一部が目覚めはじめた。これ以上、成り行きに任せていると、数十年後には、沖縄は中国の支配下になってしまうかもしれないと。しかし、なぜか朝日系のメディアの鉄砲玉にされているのか、相変わらずの、沖縄のメディア機関。沖縄県民は全てが在日米軍の存在を憎んでいるかの偏向工作に、沖縄県民も内地もそろそろ危惧を持ち始めた。・・・・・・

続きを読む "偏向・捏造全開で来た、沖縄の報道機関。そして労働組合と沖縄役人・大学教授。"

| | コメント (1)

2013年3月 3日 (日)

今日テレビ番組で熱海の特集をやっていた。たかが熱海、されど熱海、腐っても鯛なのだ。またまた蘇ります。

今日の新報道2001の番組後半に、特集で熱海の再生を取り上げていた。熱海の名物(みやげ)を作り発信するというものだった。熱海銀座通りにある土産物店佐藤油店では大昔から伊豆大島からの椿の実から油を精製して販売していたが、これ黒髪用の油であったが、もはや昔のような需要がない。そこでこれを食用油として、発信しようとか。椿油20%の混合油が天ぷらには一番良いとの結果だったとか。

また通りを挟んで、向かいのひものや釜鶴の商品紹介もしていた。釜鶴は、熱海というとよく紹介される干物やだ。両店主とも大昔、熱海青年会議所の仲間で、夜な夜な熱海の街で熱海活性化を話題に呑み歩いた仲間で懐かしい。特に釜鶴の店主コウ坊とは、彼が理事長時代、その副理事長として、熱海再開発構想の作成をしたものだった。もう25年前後も前の話だが。

Dscf1177_r

コウ坊とは、このごろほとんど会っていなく、昔は”熱海の玉三郎”と言われた時代もあったが、まだまだ歳より若く見えるね。オイラの2歳下とは思えない。当時本店裏手にある釜鶴ビルを設計させてもらった恩義はあるにしても、ここの干物は当たり外れがなく、イカの塩辛も独特の風味があって美味しい。最近は独自のアンチョビを開発したとか。

で、このマイ・タウン熱海だが・・・・・

続きを読む "今日テレビ番組で熱海の特集をやっていた。たかが熱海、されど熱海、腐っても鯛なのだ。またまた蘇ります。"

| | コメント (1)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »