« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の8件の記事

2013年2月28日 (木)

やっと中国からの公害に腰を上げた日本政府。PM2.5+放射能+黄砂の危険性。それに比べて福島放射脳の人達の反応はどうしたの?

案の定、中国が製造元のPM2.5に拠る日本への影響が真剣に報道されるようになって来た。オイラから言わせれば、やっと今頃か?と言いたくなる。2000年前後、上海に海外進出した日本の中小企業の設計顧問で、上海に延べ数ヶ月居たことがある。季節は初夏から秋までだったが、驚いたのは青空が見えない。毎日空はどんよりしている。風景を写真に撮ると、なぜか空は青色に見えないこともないが、実際には空は毎日スモッグ状態なのだ。

中国人スタッフに、毎日こんななのか?と聞くと、彼ら慣れ過ぎていて、おかしいとも思わない。しかしそれでも「それは近くに石炭火力発電所があるので、それらの影響かもしれないですね」とは答えてくれたが。

中国人は外で痰を撒き散らすとマナーの悪さを指摘されてきたが、それは、この空気の悪さから、慢性気管支炎を起していて、常に咳や痰が出る体質になっているのだ。タバコ吸いのかなりもこの状態になりやすい。

過去記事でも指摘したが、大昔の日本でも似たような公害状態だったわけで、オイラの高校時代でも、駅のプラットホームの柱の根元に痰壷が置いてあって、痰が出る人はここに吐けだった。それが様々な国内規制だ出来、東京でさえ、空気は清浄化したわけだが。ところが、法治ではなく人治国家の中国ではづっと野放しにされてきたわけで。

さすが、米国なのだが、・・・・・・

続きを読む "やっと中国からの公害に腰を上げた日本政府。PM2.5+放射能+黄砂の危険性。それに比べて福島放射脳の人達の反応はどうしたの?"

| | コメント (5)

2013年2月26日 (火)

安倍政権はTPPの交渉参加に動き出した。オイラとして、このTPPの問題に触れてみる。

テレビ報道では、北海道、北陸を中心に大寒波が襲い、青森市の酸ケ湯(すけゆ)では、26日正午には積雪が5.6mを突破の記録したと大騒ぎ。まぁ、この現場からの報道を各テレビ局は延々と行なっている。数年に1回はこのような寒波到来で、大積雪になるんじゃい。例の偏西風の蛇行、北極振動の為せるワザ。

ところで、気象庁や国立環境研究所の皆さん、各テレビの皆さん、マスゴミの皆さん、2007年前後大騒ぎをしていたあの人為的CO2世界温暖化の話はどうなったのかい?英国の研究所発なのだが、1997年以来グローバル規模では実は、平均温暖化はしていなかったとの発表が最近あったのだが。

日曜日には、ウチのミカン段畑にある、八朔(はっさく)を収穫しました。こちらは打って変わって快晴で暖かかった。これ大木になっていて、1日掛けて約120キロの成果。本来1月始めに収穫して、貯蔵庫で寝かすのが正解なのですが、ここまで遅れてしまった結果、鳥が突っつき、実が腐ってしまったのが約30%あるのでは、という感じでした。八朔の撤果をサボった結果、今季は小中成りの実が鈴なりで、来年はその影響で成果が少ないのではと予想しています。この八朔は不作・豊作と毎年繰り返しているようで。

さて、米国オバマ大統領と安倍総理との首脳会談が22日に行なわれ、例のTPPの交渉参加について、一歩前に進みだしたようだ。オイラ、一昨年頃からこのTPPについて関心はあるのだが、今もって分からないことだらけなのだが。・・・・・・

続きを読む "安倍政権はTPPの交渉参加に動き出した。オイラとして、このTPPの問題に触れてみる。"

| | コメント (2)

2013年2月22日 (金)

民主党政権での、愉快な仲間達が皆沈んでしまって、寂しいというか、ざまー見ろというか。

自民党に政権交代してから、2ヶ月たった。今や衆議院では維新の会とどっこいどっこいの野党第3党というところか。オイラのブログでも以前のような民主党の愉快な仲間達が繰り広げる稚拙な政局場面がなくなり、少し手持ち無沙汰といったところ。「水に落ちた犬に石を投げる」という言葉があるが、政治に関しては、たとえ石を投げるようになっても、どしどしすべきだろう。国民の血税で成り立っている政権が、たとえ過ぎ去ったことでも、政権内でおかしなことがあったら、厳しく追求すべきであって、目を瞑るなんてことがあってはいけない。

それでないと国政は一向に改まらない。「一罰百戒」(罪を犯した一人を罰することによって、他の大勢の戒めにすること)。民主党政権の時代、数々のスキャンダルが国会で指摘されたが、ほとんど曖昧にされてきた。それも外患誘致未遂罪に至るような事案や、政治資金規正法違反に至りそうな事案、そして大疑獄事件になりそうな事案、まぁ、百花繚乱なのだが。

そういえば18日の参議院予算委員会で、あの西田昌司が、民主党政権時代前原主導で行なわれたJALの再生について、疑獄の疑いについて、その取っ掛かりになりそうなことを指摘してた。当時も西田は疑問提起をしていた。これが刑事事件に発展するのか、かなり難しいが結果論としてはおかしな話で、結局得をしたのは米系のハゲタカ・ファンドと当時会長となった稲盛の系列の京セラとお仲間証券会社だったりして。・・・・・

続きを読む "民主党政権での、愉快な仲間達が皆沈んでしまって、寂しいというか、ざまー見ろというか。"

| | コメント (2)

2013年2月19日 (火)

続・続ハワイ・レポート。散々大金をハワイで消費してきました。プレスリーのライブショーを観たり、ダイヤモンドヘッドに登頂したりで楽しみました。

ハワイから帰ってきて、次の日から風邪を引いたのか、少し微熱で腹の調子も良くなくなり、時差ボケも手伝って、日中昏睡をしました。ハワイの気候に慣れたところで、寒い日本の生活に戻ったわけですが、あまり寒さを感じず、薄着で家の中をフラフラし過ぎたせいかもしれません。だんだん体の老化が進行しているのかと考えています。

さて、ハワイ滞在の続きですが、ホテル内のイスに腰掛けていたら、同年ぐらいの女性が隣に座り、なにか御喋りをしたそうなので、お相手しました。なんでも豪州のシドニーから来たそうで。とにかく今年は特にシドニーも酷暑とのこと。ハワイには、云わば避暑として来たそうだ。まぁ、豪州は今が真夏なので、今の季節は南半球から避暑でハワイを訪れる人が多いとか。真冬の国からも真夏の国からも人々が集るという、往復ビンタで栄えるハワイなのだ。

物価について、「ハワイは物価が高いので驚いてしまう」と言ったら、彼女「シドニーはもっと高い」と誇らしげに言った。つまり、デフレで消費者物価指数(CPI)が上がらないどころか、いくぶん下がり気味だったこの十数年の日本。ところが北米・豪州・欧州と軒並み年2%以上のインフレで、今回超円高時代といっても、物価高の方が勝ってしまい、ハワイの場合の物価は、目見当としても日本の1.5倍ぐらに感じた・・・・・・・。

続きを読む "続・続ハワイ・レポート。散々大金をハワイで消費してきました。プレスリーのライブショーを観たり、ダイヤモンドヘッドに登頂したりで楽しみました。"

| | コメント (2)

2013年2月17日 (日)

続ハワイ・レポート。ハワイでの娘の結婚式を済ませました。そして、それとは別に花嫁候補の募集の件

ちょうど12日夜オイラが帰国の機中にいる時間にグァム島のタモン地区の繁華街で、地元の青年が、無差別殺傷事件を起こし、14日に行われる予定の結婚式に参列するため滞在していた親族3人がその犠牲になった事件が起こった。それも、自分の子供を守るため抱きかかえた状態でナイフに刺されて死亡した母親は痛ましい。

ハワイにしてもグァムにしても、冬季には日本人の結婚式が大変多いらしい。ワイキキ地区の各ホテルでも、やたら多くの新郎・新婦が現れて、あの白い長細いリムジン・カー(ストレッチ・リムジン)に乗り込んで教会に行くようで。とにかくやたら多かった。丁度涼しくて気候的には大変適しているのだろう。また超円高だった影響もあるかもしれない。

まぁ、今回は関係者になってしまったが。事前に打ち合わせを済ませているだろうが、集合はロイヤル・ハワイアン。新郎新婦はそこに宿泊していた。そこから新郎新婦用リムジンと親族用リムジンで、ダウンタウンにある教会に向かった。・・・・・・・・・

続きを読む "続ハワイ・レポート。ハワイでの娘の結婚式を済ませました。そして、それとは別に花嫁候補の募集の件"

| | コメント (2)

2013年2月16日 (土)

ハワイ・レポート。やはり、ハワイは世界有数のリゾート地だね。特に米国の不動産建設バブルはこのハワイまで押し寄せていたようで。

ハワイ、特にオワフ島には、1973年の5月に新婚旅行で行き、1988年12月には3人の娘と一緒に家族で、2007年4月にトシ坊とオジイ2人で、そして今回の三女の挙式を兼て行って来ました。改めてこのオワフ島の位置をグーグルアースで見ると、北緯21度30分前後で丁度台湾の南端よりチョイ南と云ったところ。2月時点では夜明けが7時頃、日の入りがPM7時ごろと云ったところ。

夜明け前でも、バルコニーでTシャツとパンツでなんとか居られる気候だ。昼間は半袖一枚で居られるが、朝晩は長袖一枚が丁度良い。風が強いとその上に一枚はおる程度で空気が乾燥しているのか涼しくて心地よい。しかし、真昼でも2月は、海やプールで長時間いると寒くなり、温水のジャグジーに入りたくなる。

しかし、この楽園のような島々を自分のものにした米国はさすがだね。まぁ、米国領になったから、この世界でも有数なリゾート地として発展してきたのだろう。自然+都会どちらも世界で引けを取らない。オイラたまに来るので、その発展振りの比較が出来るのだが。・・・・

続きを読む "ハワイ・レポート。やはり、ハワイは世界有数のリゾート地だね。特に米国の不動産建設バブルはこのハワイまで押し寄せていたようで。"

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

ハワイでバージンロードを歩くことになりました。ハワイってやっぱりカネが掛かりそうだが。

いよいよ最後のバージンロードを歩くことになりました。3回目です。しかしこの”バージンロード”って言葉、日本の結婚式場業界が名付けた和製英語ってこと知っていましたか?今回ちょっくら調べて知ったのだが。

バージンロードとは、教会式の結婚式において花嫁が入場し祭壇に向かって歩くまでの、教会の入り口から祭壇に向かう中央の通路に敷かれた布、もしくはその通路のことをいいます。花嫁の汚れない純潔さ象徴しており、神の前で二人が導かれて結ばれることを意味します。フラワーガールやリングボーイなどの子供たちの他には、列席者はバージンロードを踏んではならないとされます。キリスト教挙式の場合には、花嫁がその父親と左腕を組んで入場し、花嫁が祭壇の近くまで来たら、新郎が歩み寄り、父親は腕を解き、新婦を新郎に託します。挙式後は新郎新婦が腕を組んで共にバージンロードを歩いて退場します。本来は新婦と共に入場するのは父親の役割ですが、母親や兄弟など新婦に親しい人と入場しても構いません。主にプロテスタントでは白い布が用いられ、カトリックでは赤い絨毯のバージンロードが用いられます。また、布を敷いておらず、大理石の床になっているところもあります。本来は、赤い絨毯のものや大理石のものはバージンロードとは呼ばず、白い布のものをバージンロードと呼びます。ちなみにバージンロードは和製英語で、英語ではウェディングロード、またはアイルといいます。

だから、英語圏の人に”バージンロード”といっても多分通じないでしょう。英語ではwedding aisle(ウェディング アイル)というそうです。海外のホテルで、”モーニングコール”を願いしますと云っても正確ではありません。これも和製英語で”Wake-up Call”なら通じます。

で、挙式は、当人達の希望で、家族だけでハワイで行なうことになり、昨年から、それぞれホテルを予約して、挙式日以外の過ごし方の研究をしている。・・・・・・

続きを読む "ハワイでバージンロードを歩くことになりました。ハワイってやっぱりカネが掛かりそうだが。"

| | コメント (1)

2013年2月 2日 (土)

日本における指導者の指導の仕方について。欧米では直接の体罰はないらしいが,しかし指導・訓練はしなくてはならない。

ここ毎日,体罰の件で、どのワイドショーでもこれでもかと番組で取り上げているのだが。そもそも、大阪市立桜宮高校のバスケット部で顧問の教師が、この部のキャプテンに対して、体罰と称して、殴る蹴るの暴行が連続して、その生徒はどこにも持って行く場がなく、自宅マンションの高層階から飛び降りて自殺をしたことが、発端となっている。そこに橋下大阪市長が絡むことになるので、さらに拍車が掛かってきている。迫っている入試試験も絡んでいる。

さらに、この特に運動部の体罰についての情報が他の学校にも飛び火して、やれどこそこのバレー部では・・・・とあっちこっちの学校での報告が上がってきた。この運動部の体罰について是か非かの議論が沸きあがってきたここ数ヶ月だ。

そしたら今度は、オリンピックのJOCで、柔道女子の世界でも、監督に拠る体罰が日常化していたことが被害者選手の訴えで公になり、監督の園田隆二監督が、記者会見で説明・謝罪と監督辞任を表明した。参議員となっている”生活の党”の谷亮子は、私もよく監督を知っているが、そのような人ではなかったと。そりゃそうだ、過去金メダリストの谷に体罰なぞするはずがない。逆に反撃されてしまうだろう。彼女怒ったら凄そうだからね。関節技を仕掛けられたら悶絶しそう。・・・・・

続きを読む "日本における指導者の指導の仕方について。欧米では直接の体罰はないらしいが,しかし指導・訓練はしなくてはならない。"

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »