« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の10件の記事

2013年1月29日 (火)

老人は吝嗇をするなという、自称専門家の無責任で浅薄な批判には、頭に来ますね。老人の資産はダムのようなもの。

昨日、通常国会が開かれ、安倍晋三総理による所信表明演説が行なわれた。お前が言うなの民主党や、他の野党から、TPP、憲法改正、原発問題、尖閣問題、普天間問題などなど具体的事案に対して言及がなかった、争点を隠しているなどと、相変わらず劣化発言全開だったが。バカだね、所信表明演説なんて、マクロに関しての所信を表明するのだから、様々ある政策を、こまごま語っても仕方がないだろ。オバマ大統領だって、マクロについて語り、一番大事な、国民に勇気と希望と覇気を鼓舞することに力を入れていただろうが。「元気な日本を取り戻そう!」は、今の世に、まこと適したスローガンだと思う。

フルコースの建築設計においての作業というのは、まずマクロ的なもの、つまり全体像を探すことがスタートとなる。夢で終わらせないために、概略の予算規模や法規の制約、配置の制約などなどの基本計画と、そこからそれを実現させるために、様々ミクロの世界に入っていく。しかし、ある段階でマクロに戻って検討して、またミクロの世界へ。これを何度も繰り返す。最終的には、例えば、ドアのデザイン、ドア・ノブの選択、蝶番の種類まで決めて行く。まぁ、全て同じような世界であろう。国の政策についても、そうでなくてはならない。

続きを読む "老人は吝嗇をするなという、自称専門家の無責任で浅薄な批判には、頭に来ますね。老人の資産はダムのようなもの。"

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

本音の中での延命治療、尊厳死について国民的合意がそろそろ必要になってきたのではなかろうか?

先日の日曜日の夜、町内会のウチの組の新年会があった。他の組では新年会をやらないのも多いそうだが、ウチの組はこれでも纏まっている方なのか、そうとう古くから行なっている。しかし、長期の不景気の影響なのか、今年は、男性15名のみで、奥さん方の参加は皆無だった。景気の良かった時代には、夫婦で20組ぐらいの盛況な時もあった。

よく”猫の寄り合い”というのがあるが、放し飼いの猫たちは、夕方一定の時間、場所に集って、よーく双方見合って、そのエリアの猫をお互い確認し合うそうだ。言葉は喋れないだろうから、ただうずくまって見合うだけ。で、ある時間が過ぎると解散するとか。町内会から小別れした”組”の単位は、この”猫の寄り合い”のエリアと規模が似ている。これ猫の社会には必要なことらしいと同じく、人間の近所社会にも必要なことだと思って、オイラも毎年参加している次第。

で、料理や酒を楽しみながら、様々な情報が飛び交うわけだが。葬祭のついて組の人は協力し合うので少し関心は、長老となっているそれぞれの親の健康状態。オイラのところは10年以上前に他界したから問題がない。医学や社会制度の発達で、どんどん寿命が伸びている。昨年に喪中葉書を10通貰ったが、全部が親の他界でそれも享年90歳以上だった。これ、全て、昨日まで元気で、今日ポックリなんては皆無であろうから、十数年、数年続いた闘病の結果で、が多いと思う。その大変さは当事者しか分からない。

今回もその苦労話を聞いたのだが・・・・・・・・

続きを読む "本音の中での延命治療、尊厳死について国民的合意がそろそろ必要になってきたのではなかろうか?"

| | コメント (5)

2013年1月19日 (土)

元総理大臣:ルーピー鳩山由紀夫は、パラノイアの疑いがありそうだ。それも夫婦揃ってなのかもしれない。

やっと、国民はルーピー鳩山から開放されたと思っていたら、今回の中国訪問でまた、またルーピーをやったとか。中国政府から訪問を要請されたらしい。この鳩山が一般人なら何を中国政府との間で喋ろうと、日本は民主国家だから止めることは出来ない。あるとしたら自己責任だ。しかし元総理大臣となると、その言葉は非常に重いものとなるし、影響も大きい。

最近として、前回ではイランに出かけ、イランの政府との間で、とんでもない発言をして、二重外交が問題になった。この時は民主党の外交最高顧問の役職と、元総理大臣の肩書きが付いていた。もちろん民主党政権下でだ。そして昨年末の総選挙で、出馬しないことを決め、政界引退を宣言した。しかし未だに民主党員ではあるようだ。

普通の議員なら、ここから報道の世界から、屁のように消えていくのだが、しかしこの鳩山は違った。何しろ有り余る資産、過度な名誉欲、そしてパラノイア(ルーピー)が重なり合って、過去「元総理大臣は政界に影響を及ぼしてはいけない!」なんて強弁をしていたのに、自分はいつまでたっても政界に影響させる行動が止まない。

この男、”平成の脱税王”母親からの贈与税を掠め取り、その膨大なカネで総理大臣のイスに座ったという、まったくハレンチな野郎なのだ。もうこの鳩山の件で記事を起すことはあるまいと思っていたが再度記事にすることにした。・・・・・・・・

続きを読む "元総理大臣:ルーピー鳩山由紀夫は、パラノイアの疑いがありそうだ。それも夫婦揃ってなのかもしれない。"

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

中国の大気汚染。ますます酷くなってきていますね。東隣の国の迷惑を顧みず

与太話になるのかも知れないが、週間文春が、みんなの党の代表:渡辺善美が、昨年選挙告示の次の日に、奥さんと離婚したとの噂を載せたとのこと。善美の浮気(女番記者)が原因とか。善美はそんな事はないとキッパリ否定している。事実ではなければ、誣告罪・名誉毀損罪で文春を検察に訴えるだろう。まぁ、煙のあるところには、大抵火種があるからね。そう言えば、昨年ごろから妙に善美は元気がなかったように記憶しているが。離婚が事実だとしたら、自分の女房・家庭も仕切れないヤツが、国家を仕切れるか!だよね。

(追伸;別居、離婚は認めているとか。小沢に近づいてきたのか?オレの家庭はオジャンダか?)

さて、中国の大気汚染も限界に近づいて来たようだが。このまま限界を超えていくのだろうか?

中国の北京に続いて上海も大気汚染が続いていて、外出に注意報が出ているとか。こりゃ当たり前だよ。何回も上海や蘇州、北京の周辺地に行っているが、一年中、空がスモッグで覆われているんだよ。まず、青空が見える日なんてのは、1年の内10日ぐらいだ。

昨年の6月に西安にも出かけたが、通訳ガイドに「西安では、青空が見えるのはいつ頃ですか?」と聞いたら、「5月の10日間ぐらいでしょうか」とのことだった。これは地形的にこの辺一帯、日本国土の数倍の面積がほとんど平地で、山脈ははるか西側にしかない。山が遠く離れて平地ばかりが続けば、気流の動きは鈍くなる。だからほとんどの都市に住む中国人はスッキリした青空なんて、ここ数十年僅かな日を除けば見たことがないのではと思う。・・・・・・

続きを読む "中国の大気汚染。ますます酷くなってきていますね。東隣の国の迷惑を顧みず"

| | コメント (2)

2013年1月16日 (水)

大島渚が鬼籍に入った。朝生を通してしかオイラは知らないが、日本のヌーベルバーグだったとか。

なかば、植物人間状態だった大島渚が逝去した。彼については特別な思い入れはないが。故人には失礼かもしれないが、「まだ生きていたんだ」と思った。

特に彼の人物像を知ったのは、例の”朝まで生テレビ”(朝生)での討論を通じてだった。この番組は1987年にスタートしたのだが、始めの頃から、大島はパネリストとして参加していた記憶がある。時々大声で恫喝するかの強弁を吐いていた。番組としては、それが一つの名物になっていたのだろう。時々コイツが居なかったら、もっとまともな討論になっただろうにと思ったことがしばしば。まぁ、この頃は、野坂昭如らとともに絶頂期でテレビを賑わしていた。

彼の監督・演出した映画で、オイラが観たのは、1976年の”愛のコリーダ”、1983年の”戦場のメリークリスマス”、1999年の”御法度”で3本しかないが。”愛のコリーダ”は、当時日本では、その性描写が規制されていて、ボカシが入っていた。当時すでに欧米ではオープンになっていたので、わざわざ欧米まで出かけて観たという人の話題まであった。

この絡みで、猥褻裁判まで起こり、最後には大島が勝利した。当時は伊藤整の翻訳の小説”チャタレー夫人の恋人”や野坂昭如の関係した”四畳半襖の下張り”など、国の猥褻規制に対して裁判の話題が盛り上がっ時代だった。・・・・・・・・

続きを読む "大島渚が鬼籍に入った。朝生を通してしかオイラは知らないが、日本のヌーベルバーグだったとか。"

| | コメント (2)

2013年1月14日 (月)

緊急必見!Javaは、脆弱性が発見された。皆さん全部に関係のあることです。対抗手段を設定してください。

昨日の日曜日は、8歳の孫の子守りで、公園で自転車乗りと凧揚げをやりましたが、この凧が何回やっても空高く揚がらない。広場が片側は海、片側が山が迫っていて、また3階建ての市の施設があったりで、凧を高く揚げるのに必要な揚力となる風が発生しなかったのか。この場所で過去十数回挑んだのだが、まだ一度も高く揚がって安定した凧揚げの経験がありません。グランパ・孫ともに凧揚げは、まだ将来への課題です。天気は温かく快晴でしたが。で、今日は一転変わって、低気圧が通り、大雨と強風。雨は2週間ぶりとなりました。東京では吹雪となっているそうで、今日の成人式に出席の男女とも大変な式になっているとか。晴着がずぶ濡れになってしまう。

今日の記事は、たまたま他のブログを見て知ったことを、このブログでも記事とします。常にPCを動かしていて、セミプロの人はご存知だと思いますが、たまにしかPC(パソコン)でインターネットを利用しない人には要注意で、対策をした方が良いと思います。
各ブラウザのJavaの最新バージョン未満には、強烈な脆弱(ぜいじゃく)性があることが発見された。これ、アメリカ国土安全保障省と日本のセキュリティ機関が同時に出した深刻な PC のセキュリティ警告なので穏やかではない。
皆さんがPCを購入した時には、殆ど事前にこのJavaソフトがインストールされていて、時々アップロード(無料)されているわけなのだが・・・・・・・・

続きを読む "緊急必見!Javaは、脆弱性が発見された。皆さん全部に関係のあることです。対抗手段を設定してください。"

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

学校内の体罰で生徒の自殺が発生した。地域コミュニティーの曖昧さ。

またまた、生徒の自殺が発生した。

大阪の高校で、生徒の自殺があったとか。

バスケ部主将体罰自殺、大阪府警が捜査へ 顧問への悲痛な“遺書”…2013.01.09

例によって、ワイドショーは連日長時間掛けて取り上げている。この教師(この場合クラブ活動の顧問ということなのだが)なんとか試合で勝たせるようにスパルタ指導を行なっていたようだ。たまたま見た番組で、例によって吉永みち子などはピイピイ「とんでもないことだ、教師からの体罰は禁止されている、刑事事件として扱わなくて、いつまでもこのようなことはなくならない」などと。それに対してスポーツ側から、長島茂雄の息子の一茂は、ある程度の体罰は必要なのではないかと。

まぁ、数十回ぶん殴っていたなんて報道もあり、また当生徒の対応がどうだったのかも分からない現在の報道の材料では判断できない。当生徒だけではなく、他のクラブ員にも体罰が連ちゃんだったともある。米国なら、家から銃を持ってきて、その教師に反撃かも。問題は”殴る”という行為で、”ひっぱたく”ならどうだったのだろう。それも、シリッペタを引っ叩くなら。とっくにその次元を超えていたのだろう。

”叱る”と”怒る”の使い分けが、この教師はだんだん出来なくなっていったのかもしれない。オイラ、娘への指導として「子供は叱ることは必要だが、子供に怒ってはいけない」と。怒りたくなっても、常に叱るの状態を保つように対応しろと。この教師は”叱る”から、だんだん”怒る”に感情が上昇していったのだろう。体罰は叱る範囲では許されていいと思うが、その垣根が難しいのも確かだ。

地域コミュニティーの崩壊?

よく、テレビの解説や討論会に、孤独死、自殺、子育て困難に依る少子化、鬱病の増加、・・・・・などなど、・・・・・・・

続きを読む "学校内の体罰で生徒の自殺が発生した。地域コミュニティーの曖昧さ。"

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

年賀状について考える。PCのモニターがとうとうオシャカになりました。

”年賀状”考

昨日やっと年賀状の最終便かと。やはり年賀状交換も元旦から4日が限度だとオイラは思っている。毎年こちらからは元旦に届くように出しているのだが、人によっては毎年受取ってから、返信のように出す習慣のある人がいる。数多く抱えている恩師なら、または高名な人ならしかたがないが。毎年来るので仕方がないかから年賀状の返信を出すというような印象になってしまう(これ本音かもしれないが)。だからそのような人にはこちらも遠慮して、出さないよう務めている。まぁ、「私は元気に、この住所で生きていますよ」の証のようなものだから、その証が必要な人には、めげづにオイラも出しているのだが。でも年々数を減らすようにしている。

少し似ているのが、欧米のクリスマスカード。これは12月25日までに必着が原則だそうだ。合わせて新年の挨拶も付け加えられている。この頃はクリスチャンでない人も多くなってきているので、”a Merry Christmas”ではなく”Happy holiday”が多くなって来ているとか。

で、15年ぐらい前には、eメールの発達で、この年賀状の交換は、ほぼなくなるだろうと考えていたのだがそうでもなかった。・・・・・・・・・

続きを読む "年賀状について考える。PCのモニターがとうとうオシャカになりました。"

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

正月BBQと「TBS、みのもんたよ、無責任に国会議員をヘラヘラ笑いながら玩具にするような番組はいい加減辞めたらどうなんだい。」

正月3日の午後は、このごろ恒例になりそうな、正月BBQをウチのみかん畑で行いました。と言っても、蘇州のイサ坊と三島のトシ坊と3人だが。オイラがこの2人をピックアップして、スパーに立ち寄り、それぞれ食べたい食材を購入して、畑のBBQプレイスに到着。焚き木集めをして、焚き火の火興し。オイラはBBQの火興し。ワイン白赤の2本と、焼酎1パック。まぁ、寒くなる4時ごろまでには、お開きにした。ウチに寄ってベリーズ入りコーヒーでまた雑談。カミさんの運転で近くの駅に2人を落としました。

蘇州のイサ坊の話では、中国との取引は円建て支払いなのだが、円安になって行くと、その分、相手会社が輸入代の値上げを迫ってくるので、安心はしていられないとのこと。彼の今の中国での拠点は、連雲港から内陸に入ったスーヤンというところなのだが、ここ数年でホテルや高級レストラン・コンドミニアムやらが、乱立してきているとか。オイラも昨年6月にここを訪れたのだが、その数年前に訪れた時より、開発が相当進んでいる。中国は今や、各地方政府が競争で産業の誘致状態で、さらに突き進み過ぎて、財政もシッチャカメッチャカ大判ぶるまい競争。

日本も昔第3セクター方式で、やがてバブルが崩壊したが、その道を進んでいる。中国も云わば、地方政府と国営企業or民間企業との第3セクター方式の開発が多い。不良債権が積もり積もって、やがて大崩壊になると予想されているが、それがいつなのか、神のみぞ知っているということになりそうだ。地方政府の借金は、嘗ての日本の比にはならないくらいの大規模なものになると云われている。

また、面白い話として中国の政治関係者は全て髪の毛が黒い。白髪が殆どいない。もちろんこれは白髪は黒く染めている。これ少しでも若さをアピールしなければならないからだが。一般の男性も、白髪はよりジジイと見られ、重視されない。中国に行って女性にもてたいと思うなら、黒髪に染めるしかない。因みにオイラは髪の毛が薄く、白髪が多い、つまりもてないということだ。

で、本題だが。

今日のみのもんたのサタデーズバの番組を録画に観たのだが。

続きを読む "正月BBQと「TBS、みのもんたよ、無責任に国会議員をヘラヘラ笑いながら玩具にするような番組はいい加減辞めたらどうなんだい。」"

| | コメント (1)

2013年1月 2日 (水)

新年明けましておめでとうございます。96条の改正を実現しておくれ。今年は大手メディアを叩きましょう。

2013年、平成25年の新年、おめでとうございます。なにが”おめでとう”なのか分かりませんがこれ、慣用句なので使わせて頂きます。まぁ、あちらの” A Happy New Year to you”と同じようなものですね。

暮れから新年まで、最後の独身を迎えることになる三女と、二女の家族(孫息子2人)と、インコと犬が我が家に滞在で、大変賑やかです。正月のおせち料理を楽しみました。孫は7歳と3歳の男なので、すぐ取り合いのケンカが始まり、調教師役のジージが間に分け入ります。三女が今年2月にハワイで結婚式と相成り(家族だけ参加)、カミさんは、最後の雛飾りになるかと、今年は正月に飾りました。いずれのお雛様もカミさんの手作りでしたので、思い入れも深かったのでしょう。

Dscf08521_2_r

このごろは、従来の親類・関係筋を呼んでの盛大な結婚式より、家族だけの極少数参加の結婚式が多くなってきたらしいですね。ちょい違和感を感じるところですが、本人同士の希望なので、従うしかありません。まぁ、ハネムーンと結婚式が一緒となるので、一挙両得なのですが、付き合う家族も出費が大変ということになります。

さて、本題です。

これからの日本の行方についてですが。・・・・・・・

続きを読む "新年明けましておめでとうございます。96条の改正を実現しておくれ。今年は大手メディアを叩きましょう。"

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »