« 国のリセットを今年しなければ、その後遺症はますます大きくなる。 | トップページ | 政党決めの”青い鳥症候群”からは、もう脱皮をしましょう。今の第3極政党なんて”青い鳥”にすぎない。 »

2012年11月15日 (木)

やっと、14日の党首討論で16日解散でケリが着いた。ここに至るまでまったく複雑怪奇な道程だった。

今日からこのブログでは、野豚という長く続けた”愛称”を、野田と変更します。

昨日14日は、党首討論を録画を、2時間遅れで見ました。非常に面白かったのは、2点。1点目は、野田が条件を示して「・・・今週末の16日に衆議院を解散してもいいと思っている」と言ったのに対して、安倍は当初その言葉は、またいつものご冗談かと思ったのか、それに気がつかないかのように、示された条件(定数是正とそれに伴う連用制)を今2者で決めてしまうのは難しいと回答しをしていた。

野田は、本心が伝わっていないと見るや、その後念押しのように「・・・・・後ろに区切りを付けて結論を出そう。16日に解散をします(キリ!)。やりましょう!・・・」とついに実物を出して来た。やっと野田の本音が分かった安倍は「16日に選挙をする。それ約束ですね!よろしいですね!」と解散と選挙を取り違えて発言してしまうほどの突然だった。まぁ、投票日が16日を希望していたので、また結果その16日投票日になったので間違ってはいなかったが。

まぁ、低次元で卑猥な話をすれば、女が今日こそ腹を決めてやらせてあげると決断したのに、その本心が分からない野暮な男のようで。巷では、女から”やりましょう”と言質を取る前に”アウン”の呼吸でやるものだが、国民の前では、はっきり言わせなくてはならない。”やらせてあげる”との言質に迫った安倍晋三は、とうとう勝ち取った。

ともかく、自民党は11月または12月初旬の解散要求で攻めて来たので、なんとか先延ばしにしないよう万全の体制を組んだ。だから最初の「解散してもいいと思う」というのを、言質とはしなかった。ところが2回目の「16日に解散をします」発言は完全な言質となる。8日の日だったか野田から党首討論をしたいという要望があってのこの討論だが、野田としては腹を決めていたのだろう。そしてその事を知っていたのは、・・・・・・

岡田と極側近。興石は16日というのは、多分聞いていなかっただろう。野田は完全に興石を信用していない。ただ近々解散することだけは伝えてあったかもしれない。まったくヒッチコックのドラマのような場面だった。そしてなんとも情けないのは、討論2番手の小沢一郎。これが面白かったのが2点目。

多分、16日に解散なんて前提で、討論の原稿は作っていなかっただろう。16日解散が決まったことの後の登壇で、腰もなにもフラフラだったかも知れない。地方分権やら、官僚支配からの脱却やら、あれこれノタマッテいたが、最後のセリフが、今後の野田政権に要請するという、この時点ではもう明後日解散が決まった時点では、ほとんど意味のない発言で終わった。流れの変化に即興で対応した発言に変えることは、もう能力的に無理なのだろ。折角の原稿と読上げ練習が台無しになってしまった。

もっと大きいのは、来年1月1日を今の小沢新党は跨ぐことが出来ないことになったのが確実となり、衆参51名分の政党助成金十数億円がパアーとなってしまった。こりゃ腰が抜けても致し方がない。また、討論のなかで、盛んに2009年ニフェストのお陰で、今総理大臣でいられるのに、そのニフェストをないがしろにするとは、もってのほかだのような、神学論争または原理主義議論を展開したが、野田がはっきり、そのマニフェストを作ったのは小沢とその側近ではなかったか、またマニフェストの一部である暫定税率を撤回した、初のマニフェスト破りはあんたじゃないかと暗に反論した。小沢も未だに”ニフェスト=産業廃棄物監理票”と”マ”にアクセント。それを言うなら、”マニフェスト=英国的政権公約”と”フェ”にアクセントだよ。英語圏の人に笑われしまう。民主党のマニフェストは産業廃棄物と同じ2010年4月12日 (月)

小沢新党「国民の生活が第一」も、政党助成金は貰えない中、女チルドレン、男チルドレンの未熟者達を引率しての総選挙は、第3極の新党の竹の子状態では埋没してしまって、当選は数人規模だろう。野田・岡田らは、第一期の小沢幹事長が、民主党のプールしたカネを自分の陣営を大きくするために流用していたことには、そうとう怒っていて、これが断絶の大きな要因であることも確かだろう。小沢は来年は引退して、好きなニワトリと遊びながら余生を送ったほうが良い。カミさんにも逃げられたし。自業自得、自己責任というものだ。

さて、この後は民主党内は、蜂の巣を突っついたように大騒ぎ。当選に自信のない議員は、新興小党(第3極とやら)に移籍の打診だの、飛び出して新たな新党を作る模索中。

幸い民主党は小沢を追い出してから、毎年の政党助成金はたっぷり貯まってきている。莫大な費用の掛かる選挙資金には事欠かない。1人当たり2千万円ぐらいは配る余裕がある。問題は今まで党内で野田に反旗を振ってきた反野田議員達への処遇だ。公認権、軍資金の配分。で、問題はこの専権者は、興石幹事長。興石が幹事長を辞任して、野田陣営の人物に変われば、問題はないが、あっさりこんな旨い役職をミスミス逃すはずがない。なんたって日教組で鍛えた海千山千だ。野田が興石を罷免できればアッパレなのだが。ここまで来てしまったら出来ないだろう。

そもそも、野田が今回に至ったのは、民主党内で野田降ろしが本格化してきたことからの、内部問題だ。鳩山・樽床・鹿野・山田・原口・川内ら”民主党愉快な仲間達”が幹事会で猛然と反旗を翻して、アッチに着き、コッチに着きのモナ男細野を擁立するかのような動きを始めた。これを未然に防ぐことと、これら議員と袂を分けてもいいという覚悟が出来たからだろう。(つまり細野豪志を神輿に乗せてのクーデター潰し)

しかし野田の最後の捨て台詞、「あのお、技術論ばっかりで覚悟のない自民党に政権は戻さない、その方向で我々もがんばります。」は、本来「あのお、政権政党としての民主党議員は、足の引っ張り合いばかりで、無責任で覚悟がなく、傷物ばかりでヴァカばかり。能力がないのに、自己主張ばかり。こんな議員の集りにいい加減怒り沸騰です。もうこのような議員は見限って復権させません。その方向で我々もがんばります」と直したほうがよいのでは。まぁ、”ちゃぶ台返し解散”ってことになりそうだ。

もう11月になってから、民主党の野田陣営は総選挙に備える体制を作り始めている。オイラの選挙区の民主党候補者は渡辺周だが、11月1日に自身の顔を大きく載せた沼津駅南口での演説案内ポスターを、民主党市議の事務所に貼ってきている。準備をもう初めているのだ。多分自民党で有力な候補者を出さない限り、彼はあまり色がついていないだけ、当選する確率は大きいかもしれない。ネットゲリラの三島の細野だが、政局であまり出しゃばらなかった分、これも当選の運びとなるかもしれない。三島の婆ぁ達がファンだからね。

もう、今や野田とその愉快な仲間達は、民主党をゲットしてしまったようだ。そして以前の民主党の有力者達は、ほとんど追い出された構図となった。選挙互助会だった民主党。当然のように政策の違い、マニフェストの扱いで分裂。「馬糞の川流れ」を今国民はつぶさに見ているのだ。野田陣営は、社会党からの馬糞議員や、媚中国・媚韓国・媚金王朝の議員達を一掃したいかのようだ。もちろん野田自身過去在日韓国の民団筋から、隠れ援助と選挙応援は受けていた事実があるが、もうこの際、国会で追及される恐怖を考えれば切るしかないだろう。

このままでなんとか事態を切り抜けても、2日続いた衆院予算委員会。閣僚攻撃は、田中真紀子と前原を手加減攻めだった。竹本直一など穏やか議員をぶつけてきた。猛者の棚橋などはまだ控えていた。これが、参院の予算委員会となると、西田昌司などの包丁を研いで待っている猛者が追求となる。またまた国民の前に民主党議員の資質が追及されることの繰り返しが始まる。前原だってそうとう危ない。またまた野田自身にも矛先が向かってくるかもしれない。

16日の解散で、今までの問題懸案が全て吹っ飛びリセットされることになる。もう来年になっても、民主党の支持率は回復する見込みはない。それより、竹の子小政党に民主党の票が喰われて行く。次の選挙で多分自民党が政権を奪還することになるだろう。そして民主党は数十人の政党に縮小して、来年次ぎの参院選をめがけて行くことになるだろうが、今度はブーラメンにならないよう、王道としての与党批判野党として貢献してもらいたい。

来年どうなっているか分からないが、自民党と民主党が合併したら面白いことになる。そしたら、自民民主党か?慣れればそんなに悪いネーミングでもない。まぁ、そんなことは実現しないだろうが・・・・・・・。

一粒で二度おいしいオイラのブログ: 今日の画像

 

再度です。これら画像の掲載はやっと最後になるかも知れませんが・・・・

あのころは、いったい何だったのでしょうかね。

 

459896

おっと、この人が追加になりました。まぁ、頑張り賞はあげたくなりますね。

20110214163350137

それにつけても、こいつは特に酷かった。このパフォーマンス男が国を危うくした。

369587

|

« 国のリセットを今年しなければ、その後遺症はますます大きくなる。 | トップページ | 政党決めの”青い鳥症候群”からは、もう脱皮をしましょう。今の第3極政党なんて”青い鳥”にすぎない。 »

コメント

このブログに野田VS安倍の討論の文字おこしがあります。面白いですよ。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1701.html#more

投稿: aiyaa | 2012年11月15日 (木) 21時07分

野田の一蓮托生の前原はこのままでは、参院で問責を喰らう恐れもあり、自分のこれからの政治生命を考えると、解散してリセットをしてもらいたい願望があったことも、その一因だね。だから14日以前から、今年中に解散をした方がいいとの発言が続いた。案の定野田の解散宣言のとき、ニヤニヤした。これ彼一人だけ。

投稿: aiya | 2012年11月17日 (土) 14時50分

■■民主党の嘘一覧■■
埋蔵金を発掘します=嘘
公務員人件費2割削減=嘘
消費税4年間議論なし=嘘
比例定数80議席削減=嘘
公共事業9.1兆円削減=嘘
議員定数削減します=嘘
天下りは許さない=嘘
増税はしません=嘘
暫定税率廃止します=嘘
赤字国債抑制します=嘘
沖縄基地は最低県外=嘘
内需拡大で景気回復=嘘
コンクリートから人へ=嘘
ガソリン税を廃止します=嘘
消えた年金徹底調査=嘘
年金を一元化します=嘘
医療機関充実します=嘘
農家個別保障します=嘘
最低時給1000円実現=嘘
4年間でマニフェストを実行=嘘

■■民主党が守り続けている公約■■
政権を取ったら4年間解散しない
………だったが、これもめでたく嘘になりました。

投稿: アイヤー | 2012年11月20日 (火) 20時20分

現実 (現在時制) の内容は、日本人により「世の中は、、、、」の形式で言い表されている。
現実は一つであり、個人的な多様性が見られない。日本人の真理ともいうべきものである。
だから、もしも個人的な発言に違いがあれば、事実関係調べが行われる。

多様を尊重する社会には、真の個人主義がある。
非現実 (遠未来・遠過去) の内容には、個人的な多様性が見られる。
非現実に対応する文章構文があれば、その内容は成案・考えとなり個人差が出てくる。
対応する文章構文がなければ、想いから矛盾を排除できず、空想・出鱈目にとどまり鬼も笑う。

遠未来の社会の内容が明らかに描かれれば、建設計画に着手できる。人々の協力も得られる。
建設的な意見の持ち寄りにより進歩ははかどる。
遠未来の社会が明らかにされなければ、建設計画もできない。人々の協力も得られない。
不毛の議論の連続で、人々は未来に対する不安と閉塞感にさいなまれている。

筋があれば理想 (ideal)になる。なければ空想 (fantasy) になる。
日本語には、未来時制がないから理想の世界は展開できず、現在時制の世界における戯けごとになる。

一寸先は闇と見ている政治家たちに導かれて、国民の生活は動いている。
自分が死んでもこの国がまっすぐに理想の世界に進むようなルール作りを政治家たちにはしておいてもらいたい。

それには、時制のある言語 (英語) の教育が必要である。
英米で高等教育を受けてきた者を活用できる知的な社会の枠組みを作って、彼らを優遇しなくてはならない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年11月26日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国のリセットを今年しなければ、その後遺症はますます大きくなる。 | トップページ | 政党決めの”青い鳥症候群”からは、もう脱皮をしましょう。今の第3極政党なんて”青い鳥”にすぎない。 »