« 従来からさんざん指摘されてきた生活保護問題。これを機会に制度運営、政策の見直しは緊急課題だ。 | トップページ | 橋下徹・大阪維新の会のパフォーマンス政治は、嘗ての民主党マニフェストのパフォーマンスと変わらない。国民はもう懲りてきているのだ。 »

2012年5月30日 (水)

第四の権力マスゴミの劣化は相当進んでいる。特にテレビ界。みのもんた・古舘伊知郎・愛川欽也など老害は降板させて新陳代謝を計るべきだ。

”みのもんた”って一体なんぼのものだ!って感じますね。以前から庶民感覚と称して、所詮お笑いで番組を進めていますから、許してね、というスタンスで、自分の浅薄なセリフで無責任に煽っているが。過去ざまざまなこのスタンドプレーで、迷惑を被った企業は累々とある。本来TV放送ほ、公共の電波を使って、瞬時数百万人に見せるわけだから、当然司会進行をする立場の者は、あくまでも中立・公正な発言が義務付けられている。

それが彼の朝の番組では、完全に彼の主観で主導された番組で続けられてきている。ただただ面白くすればいいというものではない。もちろん功罪について、彼について功はあるにしても、TV番組としては罪の方が多いと日頃から感じる次第だ。なら観なければいいという意見もあるが、そのような次元の話ではない。総合的に放送法違反に該当するのでは。

なんでも、彼の女房が最近亡くなったそうだ。・・・・・・・・・・

「可哀想な”みのもんた”さん」てな報道が各局流され、日曜日だったか葬儀で、歴史に残るような弔辞にしたいのか、言葉を選んで良きセリフで見せ場を作っていた。それを観た衆愚も多いに感動をしただろう。そして、各局示し合わせたかのようにそのシーンが流されていた。もっと重要な報道は一杯あるのに。そんなにこの男は放送界で重要人物なのか?

Kaytersk32

良識ある者ならば、私事で本当に、ほんとうに、悲しければ、人知れず悲しむもので、こんな衆知の中で、大騒ぎ弔辞などしないものだ。これも”メシのタネ”なのだろうね。そういえば、自分のガン闘病をやはり”メシのタネ”にしていた鳥越なんとかという司会者もいたが。

みのもんたは、話によると、毎年女房と一緒にイタリアに行き、洋服(ブランド物)を買いあさってくるとか。そりゃ年収数億円になるらしいから当たり前な話だ。ハワイの休暇も当たり前だ。だから、そんな彼が、貧しい人々の味方で体制批判、それも飲み屋談義のレベルで。もちろんそれを観ている視聴者は溜飲が下がる。いわばガス抜きだ。だから、年収数億円もその世界から貰う立場の者が番組進行する場合、あくまでも中立、客観的姿勢で語らなければならない。それをも放送法の趣旨なのだ。

ミノは国会の原発事故調査委員会の件に触れて、菅チョクトの発言を受けて「私だったら同じように当たり散らしますよ!それがいけないんですか?」なんてやっていたが、彼は一国の運命をも決めることになる首相の行動と、一般人との行動は同じでよいと、感情優先でいいんだと言わんばかりだった。

原発問題でも、彼は絶対反対だと毎回世論誘導を掛けている。個人の考えはそれがあってもいいのだが、それは数人いるコメンテーターの一人が言うのならいいのだが、番組の進行を牛耳っているミノが主導して言うべきことではない。番組全体が偏向してしまう。

また、ミノにとっては、生活保護問題の河本準一は同じ芸能仲間で、まして吉本興業が目を光らせているので、彼への糾弾は及び腰となる。まぁ、やりたいようにやっている。

こんなのは平日毎日の報道ステーションの古舘伊知郎にも見られる。「私は、この件(原発問題)で圧力によって番組を降ろされても言い続けます!」とかなんとか。この番組はお前の私的番組か?自分の発言には責任を持たなくてもいいのか?まったく無責任なタレントがいいように、シリアスな問題を、まるでプロレス中継のごとく扱って、全国に正義の御旗を振りながら煽っている。だからマスゴミと言われる所以なのだ。

Kaytrl32

愛川欽也なんても相当酷い。かれは完全に確信犯だ。女房のうつみみどりも同じだよ。彼らはこのスタンスを”メシのタネ”にしている。

Katrse36

そんなこんなが、ここ長く続いている日本だ。だから素人集団詐欺集団政党の民主党ごときに騙されてしまって、未だにそれに気がつかない。または気がついていても、騙されたことを恥として黙殺している。

今も、東電の企業用に対して、家庭用からの利益が全体の90%だったと、これもまた東電への糾弾に勤しんでいるが。確かに偏り過ぎていて問題があることは確かだが。しかしどの番組も、家庭用と企業用の初期投下費は同じという前提で説明している。家庭用は新規の場合、メーターの取り付け費用のみだが、企業用は大量の電気を使うので高圧で送られてくる。それを各企業は自己負担で受変電設備を設けなくてはいけない。これをキューピクルと言う。小さなテナントビルでも、ほとんどこのキューピクル(コンパクトなヤツ)を屋上などに設けている。いわゆる営業用電気というヤツだ。

昔、12室のラブホテルを設計したのだが、電気設計屋が「容量がすれすれだがキューピクルなしでやってみよう」という設計だったが、やはり開業して満館になったら、ブレーカーが落ちてしまい、結局キューピクルを設けることになり、その工事が400万円ぐらいになった。大きい規模の建物ならキューピクル設備だけでも数千万円は掛かる。これもちろん企業側の負担だ。だから企業用の電気料金は一般家庭より安くなって当然だ。まして大量な電気量だ。大量に買えば安くするのは当然だろう。また企業側電気は規制緩和で、新興の電気産出会社との競争が始まってきている。

もちろん、企業側からの利益がたった10%だということを是としているわけではないが、なぜ企業側の電気代が安いかということの報道での説明に、この件を言わないのか。ただただ東電を叩きたい為の偏向報道になっている。

また東電の子会社への天下りの件について、東京都副知事の猪瀬直樹が熱心に糾弾しているが、民間会社はほとんど子会社を持っている。大会社になれば100%子会社は複数ある。本社社員は退職してそれら会社の重要ポストにつく。これは本社からのお目付け役が多い。子会社が本社の方針と逆らった運営をしたら全体がおかしくなることを防ぐ為だ。ほとんどの大会社は当たり前の構図なのだ。同調して糾弾しているテレビ会社だって同じ構図なのだ。この猪瀬って現場があまり分かっていないのではないだろうか。

もちろん本社はお目付け役といってもパーチクリンを送るわけではない。ある程度優秀な社員を送ることになる。だから東電も民間会社なのだからこれは不思議なことではない。もちろん東電がもし公社なら問題があるだろうが。問題は別のところにあり、子会社の高コストをどう是正するのか、東電に考えさせ、全体のコスト削減に頭を設けて下げさせることにあるのではないだろうか。

まぁ、とにかく第4の権力である大手メディア界の劣化はますますで、国会議員も選挙が怖いから、テレビ番組界の顔色を見い見いの発言・行動が、ますます政治の劣化を招いている。米国や欧州での報道に関するよい手本を探して、特に劣化が続くTVバラエティー報道番組を向上させてもらいたい。 まず”みのもんた”、古舘伊知郎などは長く続き過ぎて、弊害ばかりが多くなってきた。降板させて、それこそ新陳代謝を図るべきだ。

|

« 従来からさんざん指摘されてきた生活保護問題。これを機会に制度運営、政策の見直しは緊急課題だ。 | トップページ | 橋下徹・大阪維新の会のパフォーマンス政治は、嘗ての民主党マニフェストのパフォーマンスと変わらない。国民はもう懲りてきているのだ。 »

コメント

TBSでは成田闘争たけなわのころTV局の取材車に過激派用の武器(角材)を積み過激派に供給して、問題になったことがあります。警官が何人か角材で殴られ死亡もしました。オーム真理教の時もTV局がオームに協力して情報を提供してそのため襲撃されて殺された人まででて問題になりました。彼らは何でも”面白くなればいい。視聴率が取れれば勝ち”というスタンスですから、火事でも人が見ていなければ油でも掛けかねないようです。国がどうなろうが、日本の産業がどうなろうか、知っちゃ事ではございません。面白ければいいんだよう。

投稿: | 2012年5月31日 (木) 14時11分

バラエティー報道番組は、無くしたほうがいい。このような形態番組を作っているのは日本だけだ。

例えば、「朝ズバ」や劣化コメンテータばかりの「ひるおび」など、米国のTVでやったら、偏向番組として、大ブーイングとなり、番組中止となるだろう。

投稿: マッハ | 2012年5月31日 (木) 17時15分

吉本興業はテレビ業界や政界を取り込むことで影響力を拡大していますが、ヤクザの組員だか吉本の芸人だか分からないようなのがごろごろいるようだ。ヤクザの組員では格好が悪いから吉本の芸人だと言っていれば格好がつく。ヤクザが生活保護をもらえば新聞で叩かれますが、吉本の芸人なら家族が生活保護をもらっていても吉本は安月給だから言い訳が立つ。

テレビ番組がバラエティだらけになってしまったのも、テレビ番組制作まで吉本が仕切るようになってしまったからであり、吉本とテレビ業界が手を切ろうにも切れなくなってしまった。島田紳輔の以前のスキャンダルでも数ヶ月でテレビ復帰しましたが、今回も数ヶ月で復帰できると見ていたのだろう。吉本の社長の会見でも島田紳助の復帰を言っていましたが、吉本興業の体質が現れている。要するに国民を舐めているのだ。

投稿: 陳湖臭 | 2012年5月31日 (木) 17時57分

台所はゴミが山積み、生活感のない部屋。
口を開けばカネのことばっかり、飛んだ
ところに入っちゃったものです。

家から通っているのは本当なのだろうか?

投稿: 13代目 | 2012年5月31日 (木) 20時49分

13代目さん

文章の意味が分かりません。
記事を間違えているのでは?

投稿: | 2012年6月 1日 (金) 06時23分

「毎日鎌倉の家から通っている」と
みんなが思っている人の話です。

投稿: 13代目 | 2012年6月 1日 (金) 09時01分

了解しました。

みのもんたのことですね。失礼しました。

もしかして、貴殿は鎌倉にお住まいですか。

以前女子アナに迫って、それが嫌でその子
他の番組に移ったとか。

今、土曜の俺の堀井美香ちゃんを口説いているとか。

とんでもねえ野郎だぜ!

投稿: | 2012年6月 1日 (金) 13時19分

TBSのは本性が”やじうま”ですむが、TV朝日のは根が深そう。例えば中川大臣の酔っぱらい会見など、朝日は大喜びで何回画面に流したか数えてみると良い。他局の数倍ながしずめ。民主政権になってからは我が世の春で、政権首脳部が能く出てきた。これ程の一方的政治的偏向(反自民、親民主)(反米、親中国・ロシア)には背後に首脳部の確固たる方針があるはず。朝日主筆のスパイ疑惑も故なしではないのかも。外国の協力者(スパイ)には、金をもらって動く下位のスパイだけではない。洗脳されてしまい、自分の正義と信じて、他国の主張をそのまま自分の信念にしてしまった”上位のスパイ”もいる。

投稿: | 2012年6月 3日 (日) 14時33分

片山さつきの次の標的は「ミヤネ屋」らしい。一部の番組が河本問題で一方的な擁護をしたのが気に喰わないので、国会の放送倫理委員会で追求するという話で、まぁ、コレでマスコミもビビって、一方的な河本擁護が出来なくなりますねw つうか、どう考えても素人の手口ではない、ヤクザの手口紛いの、プロの生活保護受給者が吉本からいっぱい出て来ているわけで、本当に追求されるべきは吉本なんだが。それにしても、サンジャポのタイゾーは酷かった。片山さつきの身体を押さえつけて、見せようとしていたフリップを奪い取り、ギャーギャー怒鳴りまくっていた。ああいう時は、「触らないで!」と一喝した方がいいよw

投稿: ん | 2012年6月 4日 (月) 09時16分

俺に言わせれば、悪い意味でカオスになってるとしか言いようがない。塩や砂糖をぶちまけてしまい取り返しがつかん状態みたいに低俗な演出と真面目な情報がごっちゃになって収拾がつかないのが今の状況である。
表向きは大衆迎合なんだろうけど、政治的な意図が見え見えである。国民をTVにのせときゃ人気を得られると前世紀の遺物3S政策をだらだら続けとるようやけど、そんなのには騙されません、ネットがありますから!
(けどそれも将来的にどうなることやら・・)
余談だが7,80年代のTVの在り方自体は聖域と俗界という厳格な境目があったのだが90年代の新自由主義発想
(売れたら何しても構わん)のせいで(意図的なものも有るが)ガチンコの牙城NHKも完膚なきまでにぐずぐずになり今に至ってるざまだ。最早文化人風のドヤ顔たけしと
ワイドショー化したNHKニュースは見ていて痛い・・・
(基本、10年前からむかつくからTVは見ないことにしてるが仕事の関係上見さされてるクソ・・・・)
では最後に、
「君たちに敢えて言おう!!エンタメは便溜めだと!!」

投稿: 屁膿悶多 | 2012年6月22日 (金) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 従来からさんざん指摘されてきた生活保護問題。これを機会に制度運営、政策の見直しは緊急課題だ。 | トップページ | 橋下徹・大阪維新の会のパフォーマンス政治は、嘗ての民主党マニフェストのパフォーマンスと変わらない。国民はもう懲りてきているのだ。 »