« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の12件の記事

2012年2月29日 (水)

オセロ中島報道も、もういい加減にしてくれ。超能力だの、霊能者だの、カルト番組だのって、視聴者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい。

全く腹が立つのは、ここのところ一週間以上テレビの番組で、例の”オセロ中島”に関しての報道番組作りだ。政局が極まるとなぜか出てくる、どうでもいい事件。各放送局が競いあってのキャンペーンを張っている。ほとんどテレビはライブでは見なくなったが、昼メシ時はつい見てしまうオイラが悪いのだが・・・・。今日もこんな大雪の日にも係わらず、テレビカメラマンらが、現場のマンションのエントランスで張り込みをしている。お前ら情けなくならないのか?

こんなお馬鹿な3流タレントの話で、なんでこんなに大きな話題にするのか。いかにテレビ界がテレビ村を作ってその中で浮かれているかという証明をしているように映る。豚のように太った浴衣姿の当人の写真を掲げて何を報道したいのか。タレント業界では数秒テレビに映ってナンボの世界。出てくるは出てくるはお仲間と称する他のタレントたち。

こんな3流タレントでも、2ヶ所の家賃が月50万円以上とか。家財が数百万円とか。テレビでどうってこともないぐらいのタレントがこんなに貰えるんだ。そんなあぶく銭を貰っているから、”女性占い師”なる詐欺師に骨の髄までしゃぶられる。・・・・・・・・

続きを読む "オセロ中島報道も、もういい加減にしてくれ。超能力だの、霊能者だの、カルト番組だのって、視聴者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい。"

| | コメント (2)

2012年2月26日 (日)

幸福とは何なのだろう。不幸とは何なのだろう。そして2月朝生の若者とは何なのだろう。

数日前のBSフジのプライムニュースで、今話題になっている”反・幸福論”の著作者、佐伯啓思をゲストに呼んで対談があった。この本は読んではいないが、オイラが日頃ぼんやり思っていることを上手く指摘しているようだ。つまり毎日テレビ・マスゴミが正義の御旗を振りながら、針小棒大に”可哀想!・この人達は幸福でない”を言い切って、煽りまくっていることが、的確なのかという疑問を投げかけているのだと思う。

『反・幸福論』佐伯啓思著:現代社会の欺瞞性暴き出す の抜粋

現代の日本人は幸せ探しが好きなようだ。その証拠に、インターネットで検索すれば、幸せになる方法を紹介した本があふれている。「幸せでなければならない」と半ば強迫観念のような価値観が広がる現代社会の欺瞞(ぎまん)性を暴き出しているのが本書だ。

例えば、「無縁社会」を取り上げた「『無縁社会』で何が悪い」という章では、戦後社会が「縁」というものを積極的に放棄してきた歴史をたどり、日本の現状をこう結論づける。《今頃になって「無縁社会」になってしまった、さあ大変だ、などとあわてふためいている方がどうかしているのではないでしょうか》

「無縁社会=悪」という固定観念を論破するさまは痛快そのもの。新書として決してやさしい内容ではないのに、7刷4万5千部と人気を集めているのは、そんな爽快感が支持されているからだろう。新潮新書編集部の丸山秀樹さんは「誰もが潜在的に思っていること、心にくすぶっていることを歴史や哲学を踏まえ、論理的に主張しているからではないか」と理由を分析する。

これに続いて、2月朝生の録画を昨晩観たのだが、あまりにも次元の低い討論番組に仕上がっていたので、気分が悪くなって寝付かれなかった。・・・・・・

続きを読む "幸福とは何なのだろう。不幸とは何なのだろう。そして2月朝生の若者とは何なのだろう。"

| | コメント (1)

2012年2月23日 (木)

今の年金とは”生きるリスク”に対する保険なのか?それとも老人手当てなのか?3号被保険者って大盤振る舞いか?

年金問題というのは、はっきり言って現実に注目するのは、50代半ば以降の歳になってからだろう。2月22日の衆院予算委員会でこの年金問題の集中審議があった。ところで、わが身を振り返ると、大学時代は国民年金には入っていなかった。卒業後はアトリエ的建築設計事務所に就職したが、なんといっても従業員が平均3人程度で、所長が5人以下では厚生年金に入れないので各自国民年金に入ってくれということだった。株式会社の法人だったが、そのころ、法人でも5人以下の場合、厚生年金に入れなかったのか、それが解らない。

まぁ、その頃は若いので遠い将来のことなどあまり考えなかった。確か25歳ぐらいから国民年金に入って毎月支払っていた。これも結婚してカミさんから厳しく言われたことから、1号被保険者として支払い始めたような次第。その後、30歳ごろ独立して個人事務所を持ったが、そのまま国民年金のままだった。48歳の時、有限会社の法人化をしたのだが、スタッフも2人ぐらいだったので、面倒くさいので厚生年金には加入しなかった。余計な仕事が増えるし、会社としてカネも掛かるからね。そのような法人は今でも数十万社もあるらしい。・・・・・・・

続きを読む "今の年金とは”生きるリスク”に対する保険なのか?それとも老人手当てなのか?3号被保険者って大盤振る舞いか?"

| | コメント (1)

2012年2月21日 (火)

光市母子殺人事件の最高裁での死刑決定に思う。人権派弁護士もいい加減にしてもらいたい。

昨日は、小1の孫の学校が、平日休校となり、母親の娘から、なんとか相手をしてくれと頼まれ、ちょうど仕事も片付いたことから、東京に遊びにジジ孫2人で行くか、ということになり行ってきました。ネットで事前に調べると、錦糸町にある消防本部の防災教育サンターがあり、地震や、暴風の体験や様々な防災について楽しく学べるということで、そこを選んだ。1日4回ぐらい行なわれていて、各回1時間半ぐらい。ネットの提示電話番号から、娘に電話させ10時20分からを予約させた。一切無料が魅力的なのだが。震度6弱、震度7なんてのを実体験できた。孫も楽しかったと。

さて、午後からどこへ行こうと、両国にある江戸東京博物館もいいなと思ったが、娘に携帯でチェックさせたら、月曜日は休館だと。それじゃ、当初副案で考えていた、アイススートでもやるかということになり、千駄ヶ谷に行き、明治記念館アイススケート場に行った。孫は初めてなのだがヤル気になっている。実はここは、オイラの高校が神宮野球場の近くにある都立青山だったので、学校帰りに時々滑ったところだ。同級生に村岡という上手いのがいて、それに刺激され、その甲斐あって結構上手に滑れるようになった。イナバウアーに近いのも出来たし。まぁ、その後はスキーに興味が変わったのだが。

そのころから数えると47年前後ぶりだ。オイラ自体果たして満足に滑れるのかと思ったが、まぁ、そのころから比べれば、出来は50%ぐらいな感じで滑れた。孫はもちろん初めてなので、常に手すりに掴まりながら滑るというより移動するだけ。自分ではテレビで見るフィギュアー競技のようにすぐ滑れると思っていたらしい。思うようにいかないので、靴で氷床を蹴って、「このツルツル滑る氷がいけないんだ!」と怒っていたようだった。それでも、そんなかたちで3周して終了とした。

高校時代、将来50年後近くに、自分の孫とここでスケートをするなんて微塵も考えたことはなかった。人生の将来はまったく解らないし、また楽しいものですな。

さて本題

光市母子殺人事件で、20日最高裁で、上告棄却により被告大月孝行(旧姓福田)の死刑が確定した。・・・・・・・・・

続きを読む "光市母子殺人事件の最高裁での死刑決定に思う。人権派弁護士もいい加減にしてもらいたい。"

| | コメント (2)

2012年2月19日 (日)

十数年来の”天井裏のお化け”から開放されました。”幽霊の正体見たり枯れ尾花”

十数年間の”天井裏のお化け”から開放された。父親が逝去して、街なかにあった従来からの事務所を処分して、自宅の父親棟の旧応接間などに移してから6年経つ。

ところが、この”新事務所”で仕事をしていると、時々天井裏から、ゴソゴソ、ドタンと物音がする。2階に上がってみても、誰もいない。こんなことがずっと続いていた。カミさんも、当時いた三女もそれを知っていて、不気味がっていた。今は時々遊びに来る孫も、「ジージ、なにか上で変な音がするね、オバケ?」なんていっている。皆、もしかしたら、”トトロ”に出てくる”お化け”の一種かと思い始めていた。

続きを読む "十数年来の”天井裏のお化け”から開放されました。”幽霊の正体見たり枯れ尾花”"

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

高福祉・高負担の国の問題。マスゴミもこの”光”だけを追わないで、”陰”の部分も追ったらどうなんだい!

ユーロ問題も、ギリシャの件でますます深刻になってきているようだ。15日のギリシャ救済のための、ユーロ圏財務相会議はギリシャに求めていた条件が整っていないため中止となったようだ。ギリシャ政治指導者から政策支持の確約を書面で得られていないこと が表向きな理由のようだ。また二次支援の額は当初1,300億ユーロ(約13.3兆円)だったのに、ギリシャ側から、もう一声!と150億ユーロの上乗せを求めてきた。もういい加減にしろ!と言いたいところかもしれない。

だんだん雰囲気としては、ユーロからギリシャを追い出すことは条約上出来ないので、ギリシャみずからデフォルトして、ユーロ離脱を促していくのかもしれない。どちらにしても双方大きな痛みを喰らうが、これから先もギリシャの面倒を見続けなくてはならないとしたら、ECBもカネが尽きてしまいそう。ギリシャ自らが離脱するようなプログラムを構想し始めているのかもしれない。

ところで、ギリシャの公的年金なのだが、伝え聞いたところでは、直前所得額の96%の額が毎月死ぬまで受給できるとか。そして年金受給開始が、61歳からだが、繰上げ受給を選べば55歳からの制度だって。今回の財政緊縮で63歳からにするそうだが、他も含めて反対デモが満開となっている。・・・・・・

続きを読む "高福祉・高負担の国の問題。マスゴミもこの”光”だけを追わないで、”陰”の部分も追ったらどうなんだい!"

| | コメント (3)

2012年2月14日 (火)

玉川温泉でのラドン治療をマスゴミは無視。今の放射線規制値は、間違っている。いつまで政府は自分で自分の首を絞めているのだ。

民主党の2009年のマニフェストで様々なバラマキ政策を約束したが、この根幹は行政の無駄を省いて16.8兆円の恒久財源で実現させるから、増税には頼らない(キリ!)というものだった。2009年当時でも国の財政は30兆円以上規模の赤字国債で賄っていたのだから、この無駄削減を主張しなければ、その時点で辻褄が合わなくなる。その辻褄あわせのために、この16.8兆円を出したのだろう。まぁ、結果はよく云って誤謬、悪く言えば詐欺または嘘だった。

これが頼みの綱で、これが実現できないから、皆ドミノ倒しのように公約違反になってしまった。

少しピントはずれになるかもしれないが、似た様な話が、原発事故による放射能問題にも言える。年間1㍉シーベルト以下にしなければ、健康に被害をもたらすという神話が、国の政策として取り入れざるを得なくなり、瓦礫処分の停滞、農産物の風評被害、果てしなく続くであろう除染、帰宅の実施が実現できない、”放射線怖い”からくる精神ストレス、副次的な失業、復興の停滞等々様々に影響している。このままでは、土地を捨てざるを得ない地域住民も多くでるだろう。

それでは、この規制値1㍉シーベルト/年とはいったい何なんだ?

問題はないと云われている100㍉シーベルト/年以下の規制値で、全てがドミノ起き上がりのように復興が改善される・・・・・・・・・・

続きを読む "玉川温泉でのラドン治療をマスゴミは無視。今の放射線規制値は、間違っている。いつまで政府は自分で自分の首を絞めているのだ。"

| | コメント (14)

2012年2月12日 (日)

Whitney Houston が突然逝去した。20年前ごろからよく聴いたが、やっぱり偉大な歌手だったね。

オイラの好きなジャンルの歌手、ホイットニー・ヒューストンが2月11日に、ロスのビバリーヒルズにある”ビバリーヒルトン・ホテル”の客室で死んでいるのが発見されたとの報道があった。

1980・1990年代に数々のヒットを飛ばし、オイラもそのころ彼女のCDを買って、設計図面を作りながらよく聴いたものだった。享年48歳で、あの頃の20代・30代の美貌は今やないが、残念なことだ。

オイラ、とあるブログで最近(1月頃)彼女の近況を知ったばかりで、その後すぐこんなことになるとは思わなかった。まだ死因は発表されていないが、多分自殺かもしれない。以前未遂があったとか。・・・・・・・・・

続きを読む "Whitney Houston が突然逝去した。20年前ごろからよく聴いたが、やっぱり偉大な歌手だったね。"

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

最低保障年金7万円。居直り岡田克也、かく語りき。

9日の衆院予算委員会の録画の一部を観たのだが。ところで、ネット配信での国会中継を観ることが多いのだが、衆院の場合には画面も大きく鮮明なのだが、参院の場合には衆院と比べてなぜか画面は小さく不鮮明で画質がかなり落ちる。これなぜなのだろう。早く衆院と同程度の画質にしてもらいたいものだ。

いままで、予算委員会でメインとなる答弁は、総理と官房長官が一般的だったのが、今は副総理の岡田がメインなような。野豚総理が答弁しなくてはならないような場面に、ほとんど岡田が出てくる。藤村官房長官はほとんど出てこない。一昨年の秋ごろは、仙谷 官房長官が菅チョクト総理を押しのけて、委員長から”仙谷 総理大臣”なんて間違って指名されたりしたことがあったが。

そもそも副総理というのは、そんなに目立った存在にはならないのだが、何たって野豚総理・藤村官房長官が、的確な答弁が出来る知識や能力がない証拠なのかもしれない。だから副総理の兼任ということで、様々な担当者にさせて答弁をさせているのだろうが。しかしこの岡田克也って、以前民主党の代表時代に、まったく頭が悪い男を披露して、衆院選で小泉に負けたのだが、またあの時の再来をしている。いまだに彼の発言を聞くと、程度の低さに不愉快になってしまう。民主党の幹部クラスってのはこんなのばかりで、呆れてしまう次第です。・・・・

続きを読む "最低保障年金7万円。居直り岡田克也、かく語りき。"

| | コメント (6)

2012年2月 5日 (日)

沖縄防衛局長の糾弾はちょとオカシイと思うが。それより公務員組合や反体制側の方が糾弾されるべき。

怖いもの観たさで、お花畑報道番組TBS”サンデーモーニング”の録画を見てしまった。陰気な関口宏の司会で今や化石化したコメンテータ達が、偽善的に相集う番組だ。散々民主党を持ち上げ、この2年半の政権の劣化ぶりに対して勇ましい言葉なぞ出てこない。

初っ端は、今回の寒冷化について各地を紹介。この番組は以前から温暖化で世界はどうにかなってしまう。それは人間が排出するCO2が原因でと自虐感一杯が全開だったが。

そして、対抗策としたのか、なんでも海洋研究機構の猪上淳:主任研究員らの説を持ち出して、北極海の方にあるバレンツ海の氷が温暖化で融け、その結果シベリア低気圧が北上し、それにつられてシベリア高気圧が張り出して、それが欧州ーシベリアー日本にと寒波をもたらすと。簡単には、北極海が温暖化するから、寒波になるんだと。あくまでもこの番組の今まで主張してきたことは間違っていなかったと。そしてその原因は産業が排出するCO2が原因だと云わんばかりだ。

それに反して、その後の番組、テレ朝の”報道ステーション・サンデー”では、これから世界はミニ氷河期に突入するとやっていた。太陽の黒点の増減推移から世界の科学者はこの方向に研究を集中し始めていると。

まぁ、マスゴミの煽りの実態はこんなところです。

さて本題。

3日の予算委員会集中審議では、2月12日の宜野湾市長選挙にまつわる、沖縄防衛局長:真部の講話問題で、田中直紀防衛大臣もこっぴどく糾弾されていたが。

続きを読む "沖縄防衛局長の糾弾はちょとオカシイと思うが。それより公務員組合や反体制側の方が糾弾されるべき。"

| | コメント (4)

2012年2月 3日 (金)

地震・津波・温暖化など無責任に感じられる気象庁よ!国会で責任ある見解を国民に述べよ!

昨日2日の予算委員会で、自民党小野寺五典が質問した。あの3・11の14時46分大地震発生後、気象庁が発表した津波警報では、”宮城6m、岩手・福島3m”だった。その後15時14分には、津波が襲来して最大浸水深16m、最大遡上高40mになっているにもかかわらず、同時刻頃、津波警報修正として宮城10m、岩手・福島6mと発表。その後15時30分にまた津波警報修正で、3県ともに10m以上と発表した。

まず、第一報に時点では、これら地域の人々は、また”オオカミ少年”かとも思いながら、防潮堤の水門を閉めにに行ったり、6mなら3階以上にいれば安全だとか、一旦避難したが、また戻って貴重品を取りにいったりと、これらの人々のうち、かなりが潮に流されたわけで。そして不幸にも、最初の第一報については、皆報道を知る機会があったが、それ以後は、停電となり災害地のほとんどの人は、より大きな津波が来ることを知る由もなかったと。

また、津波を予測する準備としてのコンピュータソフトも、国土交通省ではかなり正確に出せたが、気象庁のオンラインでは、そうではなかった。従来から津波・地震については縦割りの弊害で一本化出来ていなかったことが、今回の顛末となったと指摘して、気象庁長官:羽鳥光彦(2011年1月18日より)を批判した。長官はそれを認め、力不足であったと謝罪し、次からは津波警報の出し方を大きく変更すると述べた。

この気象庁については、毎度このブログでは批判しているのだが。・・・・・

続きを読む "地震・津波・温暖化など無責任に感じられる気象庁よ!国会で責任ある見解を国民に述べよ!"

| | コメント (5)

2012年2月 1日 (水)

マニフェストの社会保障と税の一体改革、最低保障年金7万円のバラマキ制度設計は完全に破綻した。民主党を支持したオジイが可哀想だ。

今日の予算委員会の自民党の質疑を録画で観たのだが、”社会保障と税の一体改革”について質疑応答が華々しく展開されていた。中心は2009年の総選挙での重点マニフェストの柱となっていた”最低保障年金7万円”ってヤツだ。

はっきり云って、当然詐欺マニフェストなのだが。しかしこれは民主党の罪は大きい。有権者を舐めて、舐め切っていると思いませんか、ミナサン!

思い出すのは、2009年の総選挙前、テレビの報道番組で、長妻らが、年金の一体改革とやらで、厚生年金、共済年金、国民年金を一体化すると。これをマニフェストに盛り込み、任期中にはかならず実現させると公約していた。マニフェストは国民との契約だと。

そして、その中の柱として、今まで25年以下の払い込みしかなく、受給資格のない未納者をも含めて、これを税金であてがい、皆最低でも月7万円給付するようにすると。そのころ夏祭りの飲み会で、この件が話題になった。・・・・・・・・・・・・

続きを読む "マニフェストの社会保障と税の一体改革、最低保障年金7万円のバラマキ制度設計は完全に破綻した。民主党を支持したオジイが可哀想だ。"

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »