« 橋下旋風で、またまた劇場国政・劇場選挙かい。マスゴミよ、愚衆を煽るのもいい加減にしてほしい。1月朝生を観て。 | トップページ | 地震・津波・温暖化など無責任に感じられる気象庁よ!国会で責任ある見解を国民に述べよ! »

2012年2月 1日 (水)

マニフェストの社会保障と税の一体改革、最低保障年金7万円のバラマキ制度設計は完全に破綻した。民主党を支持したオジイが可哀想だ。

今日の予算委員会の自民党の質疑を録画で観たのだが、”社会保障と税の一体改革”について質疑応答が華々しく展開されていた。中心は2009年の総選挙での重点マニフェストの柱となっていた”最低保障年金7万円”ってヤツだ。

はっきり云って、当然詐欺マニフェストなのだが。しかしこれは民主党の罪は大きい。有権者を舐めて、舐め切っていると思いませんか、ミナサン!

思い出すのは、2009年の総選挙前、テレビの報道番組で、長妻らが、年金の一体改革とやらで、厚生年金、共済年金、国民年金を一体化すると。これをマニフェストに盛り込み、任期中にはかならず実現させると公約していた。マニフェストは国民との契約だと。

そして、その中の柱として、今まで25年以下の払い込みしかなく、受給資格のない未納者をも含めて、これを税金であてがい、皆最低でも月7万円給付するようにすると。そのころ夏祭りの飲み会で、この件が話題になった。・・・・・・・・・・・・

この中の数人のオジイが「オラ、絶対民主党を支持だ。皆も民主党に入れてくれ」と鼻息が荒かった。このオジイ達、国民年金については完全に未納者か、または受給したとしても年数が少なく月2~3万円しか貰えない。だから興奮する。「まるで地獄で仏に会ったような政策だ」と。

その頃、オイラこの政策については、疑問があった。じゃあ今まで真面目にこつこつ年金を払って来た人達はどうなるんだいと。

別のオジイは、40年間国民年金を払って来たので満額は月約66,000円。「公平に考えれば、これに月7万円が加わって、月に136,000円もらえることになるんだよ。こりゃ民主党が福を呼んでくる」と真っ赤になって興奮して言っていた。

そうかなー、只でさえ現状の年金制度が破綻するとか言われているなかで、そんな上手いことが実現するのかと、ほとんど疑っていた。もしかして、現在の満額給付金が比例的に減額され、その分が最低保障年金に回されるのではとか思ったりもした。

ともかく、2009年の総選挙ではそれもこれもの詐欺マニフェストで民主党政権となってしまった。それ以後この政策案は一向に進まないで、どうなっているのか全くわからない状態になってしまった。菅チョクト政権では、”立ち上がれ日本”から与謝野馨を引っこ抜いて、”社会保障と税の一体改革”担当大臣にさせ、何をやったのか分からない内に菅チョクト政権の崩壊。まぁ、与謝野馨の節操の無さが国民にさらけ出された一件だが。野豚政権になってから、この与謝野は消えてしまった。まさに屁のように。もう次の選挙には出れないだろう。政治生命の終了だ。

昨年当たりにも、嘗て民主党の星、元厚労大臣長妻昭がテレビ出演で、今、3年金の一体化と、最低保障年金7万円の支給について、案つくりは進んでいて、来年国会で審議できるようにしていますと、民主党お得意の”蕎麦屋の出前”発言。まったくコイツは野党時代の発言とやったことは裏返しじゃないか。まさにペテン師だよ。

このマニフェストの最低保障年金の疑問は、何歳から7万円もらえるのか(多分65歳だろうが)、それは平成何年から受給開始か。そのための財政はいかほどになるのか。そのために年金の掛け金は、増額になることはないのか。そのための財源は、どこから持ってくるのか。無駄を省いての金額で恒久的に賄うのか。出来ない場合には、増税なのか。どこを増税するのか。消費税は上げないという公約だがそうもいかないだろう、消費税としたら何%増税となるんじゃい。

今国会で、やっと内部資料が出回り、大きな問題となってきた。

年金財源試算 都合が悪いから隠すのか:2012.1.31

問題は、民主党が掲げた年金改革案が現実性を欠くことだ。その柱は国民、厚生、共済の各年金を一元化し、月7万円を保障する「最低保障年金」の創設にある。政権交代を果たした平成21年の衆院選で政権公約に掲げたが、財源は示してこなかった。  

昨年3月、最低保障年金創設を前提に民主党が厚生労働省に試算をさせた。必要な財源は2075(平成87)年度で年61兆3千億円に達し、消費税率10%への引き上げに加え、さらに7・1%幅の引き上げが必要になる内容だ。  

この費用の膨大さに加え、実際の支給額が現行制度よりも減る世帯が多数に上ることがわかり、事実上封印されてきた。昨年6月、当時の与謝野馨経済財政担当相が一体改革の大枠を決めた際にも、「実現困難」として最低保障年金は棚上げされた。

Tky201105140488

まるで、この政策は”タコが自分の足を食べる”ようなものであったことがやっと白日のもとに晒された。未だ民主党はこれは単なる一例だと頑張っているが、足し算引き算が出来るひとなら、受給不資格者をも含めて(65歳以上?)数千万人に毎月7万円配るわけだから、数字が少し違ってもこの程度であることは、わからないわけがない。財源は天文学的数字になるが。こりゃ無理だろう。完全に嘘マニフェストだ。オジイ・オバアに擬似人参をぶる下げて、投票させた。こりゃ罪が深い。こういうのを詐欺商法というのではないだろうか>

そして、この制度設計について、今日の国会の自民党田村議員の質疑でわかったことは、未納だった人も含めて全員月7万円受給出来るようになるのは、少なくても40年後。それも最悪の計算では、物価スライドで7万円が5万8千円になることもありえると、岡田・小宮山らが回答して一同、目が点になってしまったような。

町内会の情報弱者のオジイ・オバアにこの話をしたら、卒倒するかもしれないね。自分の子供に、「国民年金なんて納めるな!すぐ民主党のお陰で、未納者も月に7万円もらえるようになるから」と云っていたオジイはどう考えるだろうか。子供ではなく孫の時代になってからだと。それまでに延々と消費税で、掛け金分取られることになるという喜劇になってしまう。

もう、詐欺マニフェストで政権泥棒をした民主党は、こんなことが来年の任期切れまで続く。もう日本は後戻りできない事態に達する。素直にリセットの意味で解散総選挙で、新たなマニフェストやらで出直しをするのが、最短の近道だ。

|

« 橋下旋風で、またまた劇場国政・劇場選挙かい。マスゴミよ、愚衆を煽るのもいい加減にしてほしい。1月朝生を観て。 | トップページ | 地震・津波・温暖化など無責任に感じられる気象庁よ!国会で責任ある見解を国民に述べよ! »

コメント

知り合いのオジイも、すでにがっかりして、痴呆が始まりました。この責任は民主党マニフェストです。擬似人参です。

投稿: 正男 | 2012年2月 2日 (木) 18時02分

[閉じる]
社会保障と税金の一体改革と言うけど

医療費の大改革と言う方が良いと思います
平成24年4月12日21時31分NHKテレビを見て
びっくりしました 。びっくりしました 。 医療費37兆円もかかると。

びっくりしました 。びっくりしました 。 医療費37兆円もかかると。
1日の入院代一人28000円だと。医師はぼろもうけだ。20人入院させると、1日56万円だぞ。医療費が37兆円もかかると成ると医療費の削減が急務だ。

①の方法
医療費の削減する為には(医療)に携わる人を増やすことだ。医師の数を増やすことだ。
医師や(医療関係者)の数を増やし医師や(医療関係者)自身を競争させ医療費の削減する事だ。市場原理法則で医療費の削減するしかない。
国庫負担で行ける、医学部や(医療関係学部)を作り。医師や(医療関係者)の賃金を普通の国家公務員並みの賃金で働いて貰う事だ。
将来に投資する事だ。医師や(医療関係者)の数を増すことで医師や(医療関係者)自身の負担も減る良いことだけだ。

医師や(医療関係者)の賃金を普通の国家公務員並みの賃金で働いて貰う事だ。

医療費が37兆円もかかるのは医師や(医療関係者)の中にぼろもうけする人がイルからだ。

②の方法

医師や(医療関係者)全てを日本国家事業(国家公務員)にする、法律を作ることだ。

私事業での医療行為を禁止する事だ。

私事業での医療行為を廃止する事だ。

医師や(医療関係者)全てを日本国家事業(国家公務員)にする事だ。私事業での医療行為廃止だ

平成24年4月22日

投稿: 山田太郎芸名 | 2012年4月22日 (日) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橋下旋風で、またまた劇場国政・劇場選挙かい。マスゴミよ、愚衆を煽るのもいい加減にしてほしい。1月朝生を観て。 | トップページ | 地震・津波・温暖化など無責任に感じられる気象庁よ!国会で責任ある見解を国民に述べよ! »