« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の9件の記事

2011年11月30日 (水)

23年ぶりのシンガポール。建設バブルを思わせる発展ぶりに驚きました。

しばらく記事の更新が休止していました。以前の記事で触れましたように、所要でシンガポールに行っていました。

何かとアセアン(東南アジア諸国連合)の中で常に話題になる国です。現在もTPP協定問題で、その発端となった4P、モトイ!P4協定の4カ国の一つでもあります。アセアン各国の云わば”ヘソ”のような位置にあり、貿易の基点となっている国。そして歴史的、宿命的な多民族国家の代表とも云える国がこのシンガポールです。近年目覚しい経済発展を遂げています。

オイラ、23年前に家族旅行で、マレーシアのペナン島に旅行した際、帰りにこのシンガポールに2泊したことがありました。もちろん格安のツアー旅行でしたが。今回はそれ以来です。その頃はまだこれから発展開始といったところで、超高層ビルも一つだけ。宿泊は偶然というか、その超高層のホテル(スイソテル・ザ・スタンフォード)に宿泊した。夜、その最上階70階にあるバーラウンジから眺めると、どの方向なのか分からないが、低層の市街地が闇に続き、ところどころ”KONICA”の電光看板だけが、いくつか寂しく見えたのを覚えている。

また海を挟んだセントーサ島にも、ロープウェイで渡ったが、着いたところ周囲が公園になっていて、それほどビックリするような施設は無かった。それが今や、全島的に開発され、ユニバーサル・スタジオやリゾート・ワールドなどテーマリゾート施設など全開となっていた。「たった二十数年でここまで変貌するかよ!」と驚いてしまった。・・・・・・・

続きを読む "23年ぶりのシンガポール。建設バブルを思わせる発展ぶりに驚きました。"

| | コメント (0)

熱海みかん自家販売 : ウチのみかんを喰ってくれ!毎年恒例の、みかん格安で宅配します。   「ポンカン+ネーブル」は、1月よりの配送

お歳暮の贈答用・クリスマス用・正月用・ビタミンと繊維分で健康増進用にいかがですか。

          みかん販売宅配送は、12月~1月末の限定です。

現在受け付け中です。ダイダイもあります。超特大みかんも用意が出来ました。

Dscn6989_r ウチのみかんは大変旨いです。 Dscn6989_r_2

続きを読む ""

|

2011年11月18日 (金)

ユーロ圏の劣等生を救う最後の貸し手はどこなんだい?イタリア・スペインこけたら、ユーロ通貨は店仕舞いか?

EU(欧州連合)も酷いことになっているが、米国も約2ヶ月前から、ウォールストリートから始まったデモの流行が、米国各地に拡大して大変なことになった。

(CNN) 米ニューヨークのウォール街占拠を呼びかけて9月に始まったデモは、米国や世界各地で反格差を訴える運動へと発展した。開始から2か月目に当たる17日は主催者側の「行動の日」の呼びかけに応じて全米で一斉にデモ行進や座り込みが行われ、逮捕者や負傷者が相次いだ。

ニューヨークでは「ウォール街封鎖」をスローガンに早朝から多数の参加者が集結。市内には警官隊が配備されて警戒態勢を敷き、一部でデモ隊との衝突も起きた。

だんだん気候が寒くなって、来年春までしばらく休止になるかと思っていたら、オレゴン州ポートランド・ロサンゼルス・首都ワシントン・ラスベガス・セントルイス・シカゴ・デンバー・アトランタ・マイアミ・ダラス・ボストンと主要都市ほとんどで、テントで座り込み、そして過激なデモが展開されている。

米国の連邦政府の上に多国籍企業化した金融機関が、金融工学とやらを使って、やりたいようにやって、そこだけ大儲けで山分けの結果、米国民99%が格差貧民だ!という訴え。米国、英国発祥の”カジノ的ねずみ講的詐欺金融”が、米国だけでなくEU諸国にもその災いを撒き散らして、現在のEU財政危機(ソブリンリスク)をもたらしている。・・・・・・・・・・

続きを読む "ユーロ圏の劣等生を救う最後の貸し手はどこなんだい?イタリア・スペインこけたら、ユーロ通貨は店仕舞いか?"

| | コメント (3)

2011年11月16日 (水)

2011.11.15 西田が吼えた、森が吼えた、山本が吼えた。「詐欺・ペテン、映してあげてくださいこの顔を!」

これだけ短期間に首相を始め閣僚がクルクル変わると、民主党議員の大臣大量生産となるわけだが、まったくまともな閣僚がほとんどいないことが国民に明らかになったわけだが。どいつもこいつも。これ、もしかして確信犯じゃないか?と訝るわけで。とにかく冷や飯を食ってきた民主党議員にご褒美の閣僚経験をさせてあげようと。

これまで政権争奪で動いてきたなかで、相当無理をしてカネ集め、人脈集め、協力集めを多方面に渡ってしてきたわけで、単に反自民党だけではなく、民団など外国籍グループ、同和系グループ、過激な労働組合をバックにしたグループ、北朝鮮系グループなどなど、政権を取ったあかつきにはと闇の約束をして、選挙で勝利するための協力を要請したわけだ。それもそうとう無理な方法で。だからこれが政権交代後には、多くの問題を引き起こすだろうと、一昨年のこのブログでは警笛を鳴らしていたが。

鳩ポッポ政権には首相本人の問題や小沢の問題の”政治とカネ”、菅チョクト政権でも首相本人の問題や小沢を中心とした同士の閣僚の問題。まぁ、様々ありすぎて、オイラのブログもこの関連記事で忙しかった。小沢関連は公判が始まっているが、公金も含まれる党の政治資金の運用の不可解さについては、未だ民主党はごまかし続けている。そして今度は、野豚政権にまつわる不可解を追及されているわけで。昨日15日の参院予算委員会では、自民党の西田昌司、森まさこ、山本一太が民主党閣僚に集中砲火を放った。・・・・・

続きを読む "2011.11.15 西田が吼えた、森が吼えた、山本が吼えた。「詐欺・ペテン、映してあげてくださいこの顔を!」"

| | コメント (3)

2011年11月14日 (月)

TPP、またまた、「野豚首相は、詐欺師!ペテン師!」の演技を見せられるのか?もうカネは要らないから、この芝居小屋から出してくれ!

笑っちゃうのは、野豚首相がオバマに伝えた言葉が独り歩きをしているようで。原稿を用意した外務省の官僚も何トチ狂っているのかね。まったく劣化した官僚の集まりなのか。いや、国内世論に対して複雑化した手法で、”何が何だか分かりません”にしてしまうアリバイ工作なのか。

野田佳彦首相は12日昼(日本時間13日朝)、オバマ米大統領とホノルル市内のホテルで会談し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「交渉参加に向けて関係国と協議に入る」と伝えた。大統領は「決断を歓迎する。今後の協議の中で日本側と協力していきたい」と応じ、協議入りを確約した。  

首相はTPPについて「慎重論も強かったが、日本を再生し豊かで安定したアジア太平洋の未来を切り開くため自分自身が判断した」と述べ、与野党双方にTPP交渉参加に慎重論が根強かったことも率直に伝えた。  大統領は「今後の協議で日本側に協力していきたい。各国が高いレベルの合意に向け準備する必要がある」とも語ったという。

国内的には、最後に「TPP交渉参加へ関係国との事前協議に入る」と最後っ屁を放って、APECに向かった。反対派は”サルにドングリ”のように、我々の要求が叶ったなんて云って喜んでいたが、これ見ると、100%交渉参加表明になってしまうね。・・・・・

続きを読む "TPP、またまた、「野豚首相は、詐欺師!ペテン師!」の演技を見せられるのか?もうカネは要らないから、この芝居小屋から出してくれ!"

| | コメント (1)

2011年11月11日 (金)

TPPって、ますます分からなくなってしまった。果たして野豚政権は売国奴の集まりなのか?

今日11日、国会でTPPに関する集中審議をしていたが、まさしく野豚首相がAPECハワイで交渉参加を表明するためのアリバイ工作にしか理解できない。反対で大騒ぎしている民主党議員の顔ぶれを見ると、近々、来るかもしれない総選挙対策で、JAを中心とする農業票ほしさに動いているって構図が読みとれる。「みなさんのために頑張りましたよ。だから次の選挙で票を入れてよね」と。

イボイノシシのような顔の山田も悲壮な顔で頑張っているようだが。横にあの首藤信彦のようなインチキ野郎もいた。自民党の加藤紘一が鉢巻して一緒になっていた。次の選挙では危ないのか?落ち目の国民新党も亀井静香は大反対してみせるが、閣内に送っている亀井のロボット自見 庄三郎金融相は、逃げの言い訳の両又かけ。やり方が汚い。まぁ、オイラもこのTPPの交渉参加は見送るべきだと思うので、トホホだが、彼らと意見が合ってしまう。

今夜どう動くのかわからないが、野豚側では明日APECハワイで演説するため、交渉参加表明の原稿(日本語・英語)は、もうすでに作られているらしい。アリバイ工作全開だね。・・・・・・

続きを読む "TPPって、ますます分からなくなってしまった。果たして野豚政権は売国奴の集まりなのか?"

| | コメント (4)

2011年11月 9日 (水)

日本のTPP交渉参加とシンガポール。TPPによって国内法より上の上級法がこの日本を支配することになりかねない。

この頃、平日毎日の番組、BSフジ放送のプライム・ニュースを自動録画で、CM飛ばしで寝る前に観ている。男キャスターが反町理(そりまち おさむ)という珍しい名前でズングリムックリなのだが、結構押しの強いキャスターで、粘り強く相手のその向こうにある意見を引き出している。

BSフジテレビ:プライムニュース

女キャスターは入れ替わりで、八木亜希子が月~木まで、島田彩夏が金曜日といった具合。どっちらか選べと問われれば(そんな設定はまずないが)、オイラ島田彩夏だなー・・・・・。八木亜紀子もわるくないんだが、彼女必要以上に話すとき、身振り手振りが多すぎる。気になって仕方がない。よく一昔前は、話すときには身振り手振りを交えたほうが説得力があるなんて指導があったが、彼女はそれが多すぎる。海外の女キャスターを勉強したほうがいい。自分の言葉に自信がないように見えて仕方がない。オイラの嫌いな福島瑞穂の手振りとダブってくる。そしてこの番組で、あまり面白くない場合には、観ていてだんだん眠くなり、CM飛ばしの操作が億劫になったころ、スイッチを切って睡眠に入る。

それでも昨日(8日)は、TPP慎重派として榊原英資 TPP推進派として 伊藤元重 が両説で討論をしていた。一昨日(9日)はTPP慎重派として高村正彦 TPP推進派として 田中均 だった。大変興味深く、最後まで観てしまい、部分的に2度観をしてしまった。どうもTPP推進論者の話を聞いていると、結局推進する理由が、抽象論や観念論、精神論に偏り勝ちで、明確なビジョンに欠ける発言しか出てこない。・・・・・・

続きを読む "日本のTPP交渉参加とシンガポール。TPPによって国内法より上の上級法がこの日本を支配することになりかねない。"

| | コメント (4)

2011年11月 6日 (日)

TPPの農業関係について考えてみる。カスばかりの民主党政権が、この日本の将来に影響する問題を解決するんだって。

先週は、3日程かけてミカン段畑の雑木(主にお茶の木)の枝の伐採をしました。3日間といっても、午後1時半ごろから4時半ごろまで3時間ぐらいだ。エンジン付き草刈機でなぎ払う。柑橘類全体としては、毎年平均合計で800キロぐらいの収穫だ。これ全部をJAで引き取ってもらってもせいぜい10万円以下。枝の剪定⇒3回の防除⇒2回~3回の雑草刈りと雑木刈り⇒撤果⇒1人5日ぐらい掛かる柑橘の収穫。直接経費としては、肥料代、防除剤代、ガソリン代、その他雑費。だから、毎年このブログに広告を出して超安でも、希望の方に購入してもらっている。これでも、宅配料と箱代が掛かるが、JAに出荷するより価値が高いので続けている。今年も12月より始めますので、皆様宜しくお願い致します。

まぁ、このように自分の人件費にもならないが、お陰で我が家では11月より6月(夏みかん)まで、食卓に柑橘類がふんだんにある。お歳暮や贈り物に柑橘類は事欠かない。自家生産、自家消費の類になるだろう。先祖からのミカン畑なので大事に守っている。隣の畑は跡継ぎがいなく(長男が拒否)、耕作をやめてしまった。

まぁ、オイラの場合は、柑橘類の耕作に関して、博識になるし、いい運動となるので、苦に思ったことはない。チェーンソー、草刈機、防除のエンジンポンプ、モノラックなどの”近代兵器”の操作はベテランだ。非常に楽しい。ゴルフでプレイすれば1万円前後取られるが、こちらは無料で同じぐらいの運動と快適さを味わえる。規模や耕作種類は違えど、兼業農家というのは、似た様なものではないかと感じる。マスメディアが煽り立てるピント外れなのは、・・・・・

続きを読む "TPPの農業関係について考えてみる。カスばかりの民主党政権が、この日本の将来に影響する問題を解決するんだって。"

| | コメント (3)

2011年11月 2日 (水)

ギリシャ。ポピュリズム民主主義の成れの果て。ユーロに踊った楽天(ラテン)民族国家の成れの果てか?

ネットを見ていると面白いコメントによく出会う。あのチビッコギャングと揶揄される安住財務大臣だが、75円台の円高に対して、

財務省幹部は31日、外国為替市場での円売り・ドル買い介入について「今回は相当な額になるだろう。コンピューターで制御された投機筋との闘いだ」と語った。  安住財務相が「納得がいくまで介入をさせていただく」と述べたことについては「相手の戦意をくじくまで、とことんやらないと意味がない」と明言し、1日以降も市場介入を続ける可能性を強調した。 (2011年11月1日07時19分  読売新聞)

オイラ、たまたま偶然にも31日の朝9時ごろ、75円台を付けていた米ドルを50万ほどネットバンキングで円⇒米ドルに変えたのだが、11時ごろには、介入の影響で79.19円の円安に突入した。これを、安住の放ったインサイダーだと云っているのがいるんだね。なぜか?

「納得が行くまで=ナッ・トウ・ク・イ・クまで=七十九・一九=79.19=79.19円までは円安にする。」という宣言がピタリのインサイダーだって云うのだ。判じ物のような話だが、説得力がある。笑ってしまったが。現在は78.16円。政府は数兆円ぶっこんだらしいが、日本単独ではカエルのションベン程度に終わるとみているが。規模の小さいスイスフランのようにはいかないとおもうが。

さて本題。前記事の続きになるが・・・・

同日ごろ、ギリシャのパパンドレウ首相が、EU首脳会議で27日未明のギリシャを救う決定したあと何をトチ狂ったのか、この後に及んで、条件の緊縮財政による財政赤字削減について、国民投票に掛けると言い出した。・・・・・・・・・

続きを読む "ギリシャ。ポピュリズム民主主義の成れの果て。ユーロに踊った楽天(ラテン)民族国家の成れの果てか?"

| | コメント (3)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »