« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の6件の記事

2011年9月17日 (土)

いつまでも”トンデモ説”がこの世に徘徊している。巻き込まれないようメディア・リテラシーを働かせましょう。

10年ぐらい前から加齢性の老眼が進んでいるせいか、文字が見難くなってきている。もちろんそのような時は老眼鏡を掛けるわけだが。若いときから目だけは良いというのがオイラの自慢だった。しかしこのように悪くなってくると、まず品物を買っても文字が小さいので、説明書を読まないことが多い。老眼鏡を掛けるのが面倒くさいからね。PCのモニタを観るのにも、度数1.5ぐらいの老眼鏡を掛けてでないと、はっきり見えない。これでも年齢的平均から見れば、目は良いほうらしい。

しかし、ここ1年ぐらいもっと進んだようで、イライラするほど見づらくなって来た。少しでも暗いとさらに見づらい。また長時間テレビを観てるとすごく眠くなる。孫とのアップ写真があったので、それをよく見ると、かなり上瞼が垂れ下がってきているような。まぁ、かつての美少年・美青年がこのザマなのだが。(笑)そこで今日の朝、試しに、上瞼を引き上げてセロテープで止めてみたら、アラ!なんとバッチリ見えるではないか。カミさんにその顔を見せたら、「笑わせないでよ!」と冷たくあしらわれたのだが。まぁ、オイラとしてはカガミを見ると、今より10歳程度若返った容貌に見えるのだが。

そこで、ネットの検索を掛けて調べてみたら、どうも”眼瞼下垂”らしい。瞳孔に上瞼が少し被さってきて、それが原因で見えにくくなるということ。それプラス老眼とオイラの場合二重苦ということになっているようだ。眼科で検査してもらい、眼瞼下垂の診断を受けてもらって、手術で上瞼を縮めてもらえばいいらしい。この場合は保険がきくそうで、5~6万円で済むとのこと。顔も若返るそうだ。やってみよーと!

さて本題。

そんなこんなで、今やネットからの情報はオイラには欠かせない。しかし反面、”トンデモ説”が蔓延っているのもネットの世界でもある。・・・・・

続きを読む "いつまでも”トンデモ説”がこの世に徘徊している。巻き込まれないようメディア・リテラシーを働かせましょう。"

| | コメント (3)

2011年9月14日 (水)

年金の話。生涯における年金の収支決算

社会保険として、オイラもちろん厚生年金とその健康保険に入っており、毎月自動的に法人の預金から引き落とされるわけだが。ご承知のように厚生年金は納付本人の分+同額の法人納付分となる。一般の給与受給者は源泉徴収で、所得から換算された年金保険料を払っているわけだが。もちろんぼんやり納めた保険料と同額を勤めている法人が払っていることは知っている。

日本年金機構から送られてくる”ねんきん定期便”の詳細を見ると、いままで納付した厚生年金保険料は、自分の納付分だけの合計で、同額納付の法人分は算入されていない。これおかしいなと思って電話で問い合わせをしてみたら、この法人が納付をした分は、年金保険全体の運営費とか、保険料を納めていない障害者年金受給者用とか、年金運用資金とか、個人の元金としてではなく、付加価値のほうに使われるとのことの答えだった。

ここからはオイラの想像だが、昔だったらあの大損失を出した豪華ハコ物施設の建設費だとか、無駄な経費とか、明らかに出来ない経費とかに使われてきてのだろう。だから国民年金の場合では、それがなくモロ元金となるので、これに入らないのが多くいても実際には大して困らないのかもしれない。中途半端(25年未満)の納付分は給付資格なしということで没収ということになるからね。ウハウハなのかも。・・・・・・

続きを読む "年金の話。生涯における年金の収支決算"

| | コメント (1)

2011年9月11日 (日)

9・11の米国同時多発テロから10周年。ムスリムとの共存はやはり難しい。

今日は11日ということで、ほとんどの報道バラエティー番組は、2001・9・11の米国同時多発テロの10周年と2011・3・11の東日本津波災害後半年をテーマにしていた。それも無理やり、その共通点をなんて、いわば蒟蒻問答のように。

ここ1週間、BSテレビでは10年前のオサマ・ビンラディンによるこの米国連続テロからこんにちまでの動きを追った、ドキュメンタリーを番組として放映していた。これ英国BBCの制作のものだ。全部で8本ぐらいあったか。自動録画で収録されていたのを、時間を見つけては観た。

そのドキュメンタリーが捕らえた初回番組は、1994年12月24日のクリスマスイブに、アルジェの空港で、エールフランスの旅客機が、4人のテロ集団に乗っ取られたことから始まった。様々な要求を出し、それが実行されないと、見せしめに乗客1人ひとりの3人を旅客機の出入り口で銃殺してしまうという残忍なものだった。・・・・・・

続きを読む "9・11の米国同時多発テロから10周年。ムスリムとの共存はやはり難しい。"

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

だんだん迫るかユーロ圏危機。同時に米国も長期停滞。まさにグローバル金融経済危機なのだ。

NHKのニュースもいくぶん構成に偏向が掛かっていて気に入らないのだが、サブ・アナウンサーの久保田祐佳を見たくてニュースを見ているオジイ達が増えているそうだ。嘗て午後7時28分のオジイ達の恋人、お天気キャスターの半井小絵が、NHKの”不倫厳禁”の禁を破ったか、どうだったかで降板させられてしまい、そんなことはどうでもいいと彼女のファンだった寛容的なオジイ達が、次に見つけたのが、この久保田祐佳。

彼女の場合サブ・アナウンサーとして、メインは夜9時台のニュースだが、夜7時台のニュースにも出ている。NHKもよく考えて作戦を練っているね。フローするオジイ達の気持ちを上手く誘導している。

彼女”ユカタン””ユカニャン”と巷で云われているそうだが、最近若者のファンの間に衝撃が走った。彼女28歳なのだがもう既に社内結婚してたとか。まぁ、オジイ達にとってはどうでもいいことなのだが。2ちゃんねるのあるスレッドには、毎日決まって夜10時頃”おやすみユカタン”早朝には”おはようユカタン”なんて律儀に投稿している若者もいたそうで。それが、既婚の情報が出たらプッツリなくなったとか。まぁ、オジイ達にとっては、そんなことでは一切めげない。今晩も目をheart01にして娘を見るように観ているわけだが。オイラもカミさんに悟られないよう観ているってわけ。     久保田祐佳

さて本題

世界の金融経済は不気味な様相を示し始めているようで。・・・・・・・・・

続きを読む "だんだん迫るかユーロ圏危機。同時に米国も長期停滞。まさにグローバル金融経済危機なのだ。"

| | コメント (1)

2011年9月 6日 (火)

怖い怖いの放射能。野田新政権で実態に合わせた数値に改定すべきだ。煽りに煽った教授は断罪したい。

もう、3回目の民主党政権である今回の野田政権について、あれこれ言及する気もない。どんどん奈落の底に落ちて行っているような気分ですな。政治というのは、首相の力量も重要だが、内閣を構成する閣僚達が、いかに協力一致して政権を支えられるかが問われるわけで、今の民主党内にそれを求めても無理と言うもの。反小沢派Vs小沢派の対立は組閣では両派を混ぜて多少解消されたように見えるが、そこからまた火がつくだろう。また大臣の資質もどんどんさらに落ちている。

菅チョクトが、”最後っ屁”(朝鮮学校への件)を放って、まさに屁のように消えたが、これで”放射能怖い怖いの風評”もだんだん静かになっていくだろう。これ面白いことに、もともとカルト的とも云われるほど危険性を煽っていたグループと菅チョクト政権を糾弾するために、ことさら大げさに煽っていたグループとの混在があって、このグループの中に、民主党内小沢派もかなりいたように見える。放射能汚染で糾弾しているコメントや記事を読むと最後に「この事態を救えるのは小沢先生しかいない」とか。こんなのが山のようにあったし、現在もある。小沢教信者なのか、雇われコメンターなのか(阿修羅のサイトに多い)。

もちろん、民主党以外の野党筋も多かったのだろう。これらが、それぞれの御用学者を利用して、テレビなどで恐怖を煽り、風評被害全開でこんにちまで来ている。しかし、この野田政権発足でいままでの流れは少しずつ変わっていくとオイラ推測する。

微量放射能による健康被害というのは、実は世界的にも明確に解明されてはいないのは事実で、1ミリシーベルト以上は危ないと煽って、著作やテレビで有名になっている”武田邦彦”さえ、それは認めている。彼ら、さんざん稼ぎましたね。

続きを読む "怖い怖いの放射能。野田新政権で実態に合わせた数値に改定すべきだ。煽りに煽った教授は断罪したい。"

| | コメント (1)

2011年9月 3日 (土)

まだまだ続く”人為的CO2温暖化詐欺”。いつになったら”CO2削減”のスローガンが消えるのだろう。

今年の夏も終わりました。同時に、あの忌まわしい菅チョクト政権も終わりました。オイラの地域に関して、今年の夏は、前半7月7日~17日まで11日間と後半8月6日~18日まで13日間がほぼ猛暑日・真夏日でした。

きのう、長野県の安曇野に住んでいるポン友と電話をしたのだが、あちらは、後半の暑い日が少なかったとのこと。完全に冷夏だったとか。雨が多い夏となり、建物の日蔭は湿気でカビが生え、密集した樹木では、コケやカビが発生しまくりだったそうだ。

欧州もどちらかと云えば、夏の中半・後半は冷夏。米国も7月後半~8月前半にかけて、2週間ほど過去の記録を突破する異常高温が続いたが、それが過ぎると平年並かそれ以下となっている。

その、後半の猛暑続きのころ、ウワサのフジテレビ、小倉の「とくダネ!」では、・・・・・・

続きを読む "まだまだ続く”人為的CO2温暖化詐欺”。いつになったら”CO2削減”のスローガンが消えるのだろう。"

| | コメント (4)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »