« 契約プロバイダーについては、時々他と比較検討することも大事だね。 | トップページ | ”みのもんた”よ、お前はもう世論公害の一種だよ。いつまで放送法違反をやっているんだ。九電のメール問題について考える。 »

2011年7月 4日 (月)

まぁ、民主党議員は次から次へとゴキブリだったことが発覚されるね。松本龍とか。もう店仕舞いだよ、この政権は!

昔から、大手マスメディアがビビッて報道をスルーするのは、北朝鮮関連、在日関連(特にパチンコ)、大手広告代理店関連、部落開放関連、等々と相場は決まっていた。もちろん相手が巧妙でなかなか致命的なシッポを出さないこともあるが、ビビッているから追求も途中で頓挫してしまうか、頓挫させられてしまう。

オイラの地域(伊豆東海岸沿い)は、福岡、大阪、京都などと違い、この部落差別などというものは、歴史的にほとんど関係がなかった。大昔は、町、村より下の地域まとまりとして部落という単位はあったが、問題となる”部落”とは全然異質なものだ。これは日本中各地に普通にあった単位名称だ。

数十年前には、この部落開放同盟(同和=同胞融和)がやたらに跋扈して、行政に糾弾会と称して圧力を掛け、自分達の権益を拡大していった。だから役所の役人はこれがくるとビビルというまるで”パブロフの犬”状態になってしまっていた。これに乗じて”エセ同和”というのも存在していて、これらは、全く自分の利益追求のために活躍してきた。元公安調査部長がかつて「ヤクザの6割が同和関係者である」とまで言わしめた由縁でもある。

かつて、不動産バブルのころ、オイラの街もリゾートマンションの計画が乱立した。その後バブル崩壊や市の指導要綱の締め付けで、実際完成したのは半分程度だとか伝えられているが。そのなかで、県の建築条例で本来難しかった山斜面に合わせて建築する設計の分譲マンション認可を、県、市に設計者とともに、この同和関係者がネジ込んで、とうとう条例の解釈を拡大化させて認可を取り、完成させてしまった。それ以後しばらくは、・・・・

この物件より小規模ではあるが、これが前例となってしまい続々と建った。地元の建築士会でも、県の担当役人とともに話題となった案件であった。もちろんその後、条例法文の表現を改正して、現在は許可がおりないことになっている。

また、最近では、やはり地元ローカル駅の裏山を宅造開発として、この同和関連が強引に許可を取り、造成を開始したが、その後開発が資金の関係で行き詰まり、やりっぱなしで工事ストップ状態。現在も山崩れの可能性も考えられ、そのローカル駅はやや危ない状態になっているそうだ。

また、県、市に特別許可が必要な埋め立て地の場所にあった、漁業組合所有の昔漁船の造船所だった土地を買収して、そこにやはり分譲マンションを建設する許可を無理やり取った。これも同和絡みの物件だ。そこも、施主が経営破たんして建設は中止になり、それを今度は、千葉の産廃業者に売ったとか。もう建設許可済みという既得権付きでだ。もちろん今も更地のままだが。

要するに、全国の中で、通常、国、県、市の許可を得ることが限りなく難しい案件に食い込んで、無理やり許可を引きずり取るということをやってきたのが、”同和”の別の顔だった。もちろんそれは”エセ同和”で実態が違うという人もいるが。

なぜ、こんな話題を出したのかといえば、この民主党議員松本龍のことだ。今話題としてはとても”旬”。初カツオみたいなものだ。

もともと、民主党鳩ポッポ政権の時、環境大臣、民主党菅チョクト政権のもとでは、防災担当大臣をやっていた。そして、6月24日菅チョクトによって大震災の復興担当大臣に任命された。

この人物、民主党の中でも結構金持ちで、2010年の閣僚資産公開では保有資産7億6073万円、菅内閣の閣僚の中でも突出してトップであると報じられ、2位の鹿野道彦農林水産大臣の5968万円を大きく引き離した。まぁ、実態としては、鳩ポッポやオザーさんには及ばないだろうが。

福岡県福岡市出身。部落解放の父と呼ばれた松本治一郎の養孫。実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。自身も顧問を務める。

1980年、父松本英一(参議院議員)の秘書となる。

1990年の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党から出馬して初当選し、以後7回連続当選。

1996年、社民党を離党して旧民主党結党に参加。部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案の推進派である。

日韓議員連盟常任幹事。国鉄労働組合のJR採用差別闘争に連帯している。

ゼネコンの松本組は散々同和を使って大繁盛だったのだろう。「部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案の推進派である。」ってのも光りますねー。多分”外国人地方参政権”も強力な推進者であろう。このような人物を菅チョクトが、イロイロな利権が将来に渡って絡むことになる復興大臣に任命した。

この男、以前から突飛な発言で異彩を放っていた。

焦点に浮上した菅の退陣時期について、松本は「復旧復興を急がないといけないということから言えば、(菅内閣は)一日も早く退陣した方がよいとの文脈になると思う」と発言した。さらに「6月いっぱいというのが私の中にはある。復興基本法案や二次補正予算案の編成あたりがめどだ」と述べ、現職閣僚でありながら菅に早期退陣を迫る異例の展開となった。

6月28日、復興相就任会見の席上で「3月11日以来、私は民主も自民も公明も嫌いだ」と発言

ここまでは、マスゴミ受けは良かったのだが、怖いもの知らずで調子付いて、今回の発言問題となっている。

松本龍復興担当大臣は、宮城県にとって「お客様」で「お出迎え」しなければならないんだってさ

(TBC、東北放送のニュース)

アナウンサー「松本龍復興担当大臣が、就任後初めて、今日宮城県庁を訪れましたが、村井知事が出迎えなかったことに腹を立て、知事を叱責しました。 宮城県庁を訪れた松本龍復興担当大臣。村井知事が出迎えなかったことで、顔色が変わります。」

松本龍「(村井知事が)先にいるのが筋だよな」

アナウンサー「数分後、笑顔で現れた村井知事が、握手を求めようとしますが、これを拒否。応接室に緊張が走ります。 そして要望書を受け取ると、松本大臣が語気を強めて、自らの考えを伝えます。」

松本龍「(水産特区は)県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何にもしないぞ。だからちゃんとやれ。 今、後から自分が入ってきたけど、お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ。 いいか、長幼の序がわかっている自衛隊なら、そんなことやるぞ。わかった?

村井知事「はい」

松本龍「はい。しっかりやれよ。今の、最後の言葉はオフレコです。いいですか、みなさん。いいですか、はい。 書いたら、もうその社は終わりだから。ハイ。

アナウンサー「松本大臣のこの言動は、波紋を呼びそうです。」

A4215684c16a220d507e7a_r

2587226

まぁ、、各放送局アリバイ工作なのか一斉にこの報道をしていたが、もともと政権交代を実現させたのは、各大手マスメディアの特にテレビの「暗黙の椿事件」の再来なのだから、未だに自民党にきつく、民主党に甘い報道が続いている。今日も軽くこの件を報道していたが。

上記ブログ記事は続けて

1.「差別はいけない」という思想を持っている人間が、

2.自分が「復興担当大臣」であるにもかかわらず、

3.被災地の知事がどれだけ忙しいか想像しようともせず、

4.復興担当大臣のくせに、自分は「宮城県にとってはお客様だ」と心底から思いこむことができ、

5.腹が立ったからと言って、あたかも相手が悪いかのように命令口調であれこれ指示し、

6.被災地である宮城県の知事をさんざん恫喝した後、最後に「これはオフレコですから」とマスコミにも釘を刺し、

7.「書いたらその社はもうそれで終わりだから」と、これまたマスコミに対しても平気で恫喝ができる。

まさにその通り。このブログ主さんも憤慨している。マスゴミも舐められたものだよ。コイツに関しては、同和の力が反作用として働くからか?

また、壮士、瀬戸弘幸さんも憤慨している。

 部落解放同盟の親玉が本領発揮:2011年07月04日

さて、松本龍が復興大臣に就任してから、東北地方においても部落解放同盟を名乗る輩が暗躍し始めました。自分たちが復興予算を牛耳っているので如何様にも出来るという、まさにかつての同和予算をちらつかせての利権漁りです。

まぁ、彼が辞任しても、多分その席には、当初噂された亀井静香が座るかもしれない。そしたらもっと政局で荒れることになるだろう。

まったく、政権末期となると、同じ党の議員の中で、まともな奴らは皆、執行部に入ることは、やがて自分の首を絞めることになるので、チンカスばかりになってしまう。

そして、マスゴミはほとんど報道をしないが、菅チョクトに関してもっと重要な事実が挙がってきている。今、報道するのは産経新聞のみなのだが。

菅首相と鳩山前首相が極左団体に迂回献金:2011.07.04

一般に議員の不祥事は献金を受けることで多く発生するが、これは逆で、とんでもない組織に菅チョクトの資金管理団体が献金をしていたことが発覚した。もちろん政治資金規正法には反しない合法的なのだが。

I1070303zu

その組織は、

菅首相側が献金していたのは、「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」(神奈川、奈良握(にぎる)代表)。  

「めざす会」は市民の党の酒井代表の呼びかけで平成18年に結成され、奈良代表も市民の党出身。めざす会には、市民の党の名を冠する会派に属している複数の地方議員が年間計1千万円近い政治献金をしているほか、事務担当者が同一だった時期もある。

そして、

一方、市民の党には日本人拉致事件の容疑者の親族が所属。この親族は、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの長男(28)。

長男は北朝鮮で生まれ、平成16年に日本に帰国するまで現地で生活していた。今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。

これじゃ、拉致被害者の親族は浮かばれない。そしてなんと菅チョクトだけではなかった。前首相の鳩ポッポまでが、

 菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件の容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」(神奈川、奈良握代表)に6250万円の政治献金をしていた問題で、鳩山由紀夫前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」も平成19年に1千万円の献金をしていたことが2日、分かった。民主党の首相経験者がそろって多額献金をしていたことで、同党の拉致問題に対する姿勢が改めて批判されそうだ。

オイラ、2009年9月頃のこのブログの記事で、「何年にも渡って政権を取ることを目標にしてきた、この民主党は、きっと在日からの裏献金や運動の裏協力、日教組や他の左系組合からの協力、反日団体からの協力、その他を何年にも渡って受けて来ただろう。今回政権を取ったあかつきには、これからそのお礼を何らかの形で果たしていくことになるだろう」とした。まったく100%的中だったよ。

まさに、この2年間は、それの発覚やおかしな法案の提出、また政府としての歪んだ処理が続いてきて、あまり多くて分からなくなってしまうくらいだ。

菅チョクトに関しては、3月11日の国会で、個人的付き合いのあった韓国籍の事業家から献金を受けていたことが追求されていた、そしてその後、あの大地震と大津波が起こった。そしてこの件はストップしてしまい、未だに継続中なのだ。そして今回の発覚。

よく国会で菅チョクトが演説の前に、水を飲むしぐさが、日本人の飲み方と違い、あれは朝鮮方式だと揶揄されるが、オイラ、これ、黙示録的にその関係者との約束ではないかとも思うようになってきた。「あなた達のご恩は忘れませんよ。約束したように政治をもって行きますよ」と。つまり、彼の根からの習慣ではなく、約束させられた表現ではないかと。

3659875 2354klui_2

まぁ、考え過ぎかもしれないが、ここまで来ると、そうとでも考えてしまう。逆に約束を反故にしたら、・・・・・・・・と、恐ろしい結果になりますよと。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の話

今回の菅チョクトの「草志会」からの献金について

アメリカで例えると

オバマ大統領がアルカイダにいる、ビンラディンの家族に資金援助していたという事で騒ぎになってる。

オバマがこっそり9.11実行犯の釈放嘆願書に署名

         ↓

オバマ「私ははめられた!!うっかり署名してしまった!  私は卑怯で残忍なテロリストを絶対許さない!!」

         ↓

オバマはイスラム原理主義の団体から多額の寄付を受け取っていた        

         ↓

オバマがこっそりビンラディンの家族に毎年、計6250万円献金  

         ↓

クリントンもこっそりビンラディンの家族に1000万円献金 ←ここが鳩山分★          

         ↓

アメリカのメディアは全く報じず

|

« 契約プロバイダーについては、時々他と比較検討することも大事だね。 | トップページ | ”みのもんた”よ、お前はもう世論公害の一種だよ。いつまで放送法違反をやっているんだ。九電のメール問題について考える。 »

コメント

はじめはこれ、ローカルニュースだったんですよね。昨日のNHKやYahooニュースの何もなかったようにしたいかのような報道は悲惨でした。多分、(親分のTBSも含め)キー局・NHKとも編集したマイルド編集で、お茶を濁して済まそうとしたんだろうと思いますね。

だけど、被災現場の報道としては看過しようにも出来ない。自分らが直接選んだ知事が理不尽な屈辱を受けている上に、復興「してやる」目線で自分らを恫喝しているのですからね。

それから、ホストが先に待つのは玄関とか自分の執務室に招き入れる場合です。「応接室」の場合は、客人を先に入れて一息入れてもらって、ホストが後に入るのが正しい作法です。

「九州ではそうだ」と強弁していますが、日本の常識ではそうです。自身のお里(育ち)が知れるというものです。そもそも当然、「客」ではないし、お互いの肩書で会見している以上、長幼の序を出す場面でもありません。

投稿: 久美子 | 2011年7月 4日 (月) 16時17分

その、部落解放同盟のプリンスによる言論統制宣告ですが、フジテレビ、日本テレビが完全に腰砕けだそうで、一報のとおりJNN系がエセ同和行為と戦っているそうです。
蛮勇というか、本業で失うものがないと流石に強いですね。

投稿: hyoutan | 2011年7月 4日 (月) 16時36分

松本龍大臣の恫喝。これがホンネなんですよ。東北放送がそのままニュースにしたおかげでネット上で大変話題になっております。

九州では、知事や自民党を含めた議員、九州電力はじめ財界人みんな松本龍には逆らえません。それはなぜか。理由が二つあり松本龍の弟、優三氏が経営する松本組の存在と彼のバックにある団体を恐れるからです。

部落解放同盟の糾弾という戦術を恐れるのです。だから私たちは、松本大臣の地元、福岡県で少数派ながら、反対の声をずっとあげ続けています。

反自衛隊団体の幹部が自衛隊を云々いうのも違和感を覚えますが、それはおいておくとしても、高市早苗議員に対する田原某の発言と同レベルです。

解放同盟は解放同盟草創期にある労働争議に介入して上杉佐一郎氏と松本治一郎の秘書だった楢崎弥之助が、争議で会社側を支援する土建会社に対し、「お前ら松本治一郎を敵にまわすのか。それでもやるか」と脅したエピソードがあります。嘘だと思うなら日本社会党の「部落解放と労働者」をぜひお読みください。ちゃんと書かれていますから。

ついに福岡県の恥さらしをやってくれました。

書いたらその社は終わりだから… テレビで放送されました。

東北の方々に申し訳ない思いです。

投稿: どんたく | 2011年7月 4日 (月) 16時50分

まぁ、これは菅首相の作戦だね。

世の中には、オレよりもっとまともじゃない奴がいるんだぜってやつ。

評価というのは所詮比較論から来るからね。

愚民どもは、これを見て、なーんだ、これだったら菅直人のほうがまともじゃないかと錯覚して納得する。

これ嘗てのドイツのヒットラーの部下、宣伝省のゲッペルスが取った作戦と同じだよ。

もてないブス女が、もっとブスを連れて来る法則に似てると例を挙げれば、愚民どもは理解してもらえると思うよ。

2009年総選挙で、これら3県は一人を除いて全て民主党議員を当選させてしまった。もう泣くな、吼えるなよ、見苦しい。所詮お前らが選んだ民主党なんだよ。

投稿: チンコロ | 2011年7月 4日 (月) 17時27分

これ近年まれに見るレベルの問題発言だろ

なんとか還元水とか子供を産む機械とかのレベルじゃねえぜ

どうしたマスメディア、テレビ。小便ちびっている場合じゃないぞ!バックの同和がそんなに怖いのか?

是非、石原慎太郎VS松本龍を対決させてみたい。

投稿: 腰抜けメディアよ | 2011年7月 4日 (月) 17時40分

松本復興大臣。今日午前に辞任表明!

早いね、速攻だね。

臭いものはすぐ捨てる。最近学んだ菅チョクトの政治術。

ところで、菅チョクト総理よ。
お前には「任命責任」という本来重い責任があるんだよ!

といっても、カエルの面に小便みたいな話なのだが。

投稿: 速報 | 2011年7月 5日 (火) 09時52分

ほら、これが松本組の実態だよ。さすがに福岡のドンだね。


福岡空港大地主

その大地主の一人は、民主党の松本龍議員の一族(松本組)である。松本組の創業者は松本治一郎、部落開放の父と称せられるが、戦前は左派の翼賛議員でもあった。部落出身の治一郎は土建屋の傍ら部落開放に尽力(全国水平社議長、参議院副議長)、経営才覚にも優れ、膨大な不動産を所有。昭和11年より衆議院議員、蓆田飛行場(板付飛行場→福岡空港、開港は昭和20年、19年から工事着手)が建設されることは分かっており、空港当たりの敷地を買い占めたと思われる。現在も空港内や空港近隣に膨大な不動産を所有している。

 戦前、軍の飛行場として開発された空港が、土地収用ではなく借り上げになったのも戦前翼賛議員であったからともいわれている。そのほか蓑原一族も大地主。

投稿: 山笠 | 2011年7月 5日 (火) 11時01分

テレビの報道番組や、大手新聞の記事をみているのだが、松本龍を批判するのはいいが、この最後の言葉

”松本龍「はい。しっかりやれよ。今の、最後の言葉はオフレコです。いいですか、みなさん。いいですか、はい。 書いたら、もうその社は終わりだから。ハイ。」”

これをHNKは外すし、当初流していたこのシーンをどんどん時間が過ぎるとともに外している。新聞もこの言葉はスルーしている。

マスゴミにとって、「書いたら、もうその社は終わりだから。ハイ。」と云うのを公にいったのだから、たとえ冗談としても、問題にすべきじゃないか。それが一斉にスルーだよ。

これは、一種のマスゴミに対しての脅迫・恫喝だろうが。相手が同和のボスとなると、こうも変わるものかね。言論への挑戦じゃないか。マスゴミはそんなに同和の糾弾が怖いのか?ヘタレが。

松本が辞表を菅首相に提出したのは、このままでは、同和関係者であることを全国的に知られてしまうことや、松本組の営業への悪い波及、等々自分の利益にまずい結果になりそうだからじゃないか。

そして、特に、近々ありそうな総選挙で落選する恐れを感じたからだろうが。全く小物だよこの男は。


投稿: 九州人・B型人 | 2011年7月 5日 (火) 14時27分

松本氏を一所懸命擁護している政治家などが一部に居ますが、彼らは一様に「言っている事は間違ってない」と言いますね。

国と地方は目上・目下の関係でもなく、
客間に招く順序も間違っておらず、
「オフレコ」が許されるのは事前確認とカメラが回っていない事がマスコミの常識。

何一つ正しい事を言っていない人物を擁護せざるを得ない様は見苦しいものです。

投稿: hs | 2011年7月 8日 (金) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 契約プロバイダーについては、時々他と比較検討することも大事だね。 | トップページ | ”みのもんた”よ、お前はもう世論公害の一種だよ。いつまで放送法違反をやっているんだ。九電のメール問題について考える。 »