« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の12件の記事

2011年7月31日 (日)

なぜBS・CSは韓国ドラマが多いんだ?米国がデフォルトするかもだって。本当かい?

今日は、午後から船を出して、釣りのいつもの相棒と一緒にスルメイカを狙う予定だったが、朝から前線の関係か海が荒れていて中止にした。そしたら、カミさんがウチの路地庭のモッコウバラの枝に、小さいけれど蜂の巣があるので落としてくれと。孫がよく遊びにくるので蜂に刺されては大変だ。現在巣は小さく3匹くらい蜂が停まっているが、数ヶ月内にはどんどんでかくなり、巣くう蜂も数十匹になってしまう。長い竹竿で叩き落としてやった。やはりイザとなると男の仕事だね(笑)。

さて本題。

遅ればせながら、BS・CSを観れるようにしたのだが、韓国ドラマの番組の多さに驚いてしまう。まぁ、これは登録してカネを払わなければならないので、オイラは観ることもないが。なんでもそのことを高岡蒼甫とかいう俳優がtwitterで非難したら、テレビ電波芸人界を中心として、彼を”人種差別主義者”だと大騒ぎをしているらしい。

下手をすると芸能会から追放だと。なんでも彼は反日主義的言動が目立つ井筒和幸監督の”バッチギ”とかいう映画に出演していたとか。またオイラ好みの顔の女優、宮崎あおいの亭主だってね。夫婦仲も悪くなっているとか。

日頃は”思想、表現の自由は守られるべき”だと言い放っている電波村なのにね。都合の悪いことが起こると、倍にして叩き潰す。オイ、井筒よ!知らない仲でもないだろう。ステレオタイプにならず守ってやれよ。

今から25年ぐらい前まで、・・・・・・

続きを読む "なぜBS・CSは韓国ドラマが多いんだ?米国がデフォルトするかもだって。本当かい?"

| | コメント (9)

2011年7月29日 (金)

日本の電力エネルギー・原発問題はもっとマクロに考えてみよう。中野剛志とオイラ同意見だ。

前記事等で、2回に渡って”7月朝生”の番組を引用して、今マスゴミが大騒ぎしている放射能恐怖や、太陽光発電が原発に変わる有効な発電だとかが、いかに論理矛盾をしているかを指摘してきたが。数年前の人為的CO2温暖化説で毎日テレビで新聞でマスゴミは、素人国民を煽っていましたね。

ヒマラヤはそのお陰で、氷河がなくなってしまうから土石流が起こる。ツバルは氷が融けた海水によって、海に沈んでしまう。北極海が融けて、あの可愛いいシロクマさんが溺れ死んでしまう。日本列島が温暖化して、南方の蚊が北上してマラリアや他の伝染病が蔓延する。まぁ、数え上げたら切がないが、全て嘘だった。

さすがに世界的な中立の科学者たちの追求で、だんだんこの問題は屁のように消えて行く運命だが、どっこい日本の環境省はいまだに粘っている状態で、CO2削減政策はいまだ生きている。あれだけ大騒ぎをマスゴミに指令した環境省だから、引っ込みが付かないのだろう。マスゴミもそれに乗って大嘘で大騒ぎしておいて、訂正も反省の弁もない。環境省は今度は太陽光発電、風力発電で、またまたマスゴミに指令を飛ばして大騒ぎをさせている。この広告塔となっているのが、飯田哲也などの一発屋なのだ。・・・・

続きを読む "日本の電力エネルギー・原発問題はもっとマクロに考えてみよう。中野剛志とオイラ同意見だ。"

| | コメント (3)

2011年7月27日 (水)

続7月朝生の代替エネルギーについて:飯田哲也の如何わしさ満開!嘘つきとまで云われてしまったね。

昨日は、ネットで注文しておいたガレージ用の自動シャッターのリモコン装置が届いていたので、その取り付けをした。これ25年前ごろ、自動開閉シャッターに変え、リモコン装置をつけたのだが、数年後カミさんのリモコンが故障して、オイラのをあげた。お陰でカミさん便利、オイラは不便だった。

その当時リモコンの追加をその三和シャッターに注文したのだが、その時点では、そのリモコン装置メーカーが倒産していて、別のメーカーのものに本体全部取り替えになるとのこと。その工事費は5万円以上掛かるとのことだったので、そのままこんにちまで来た。ところが、最近その受信アンテナが錆びてしまい、折れてしまった。それでもなんとか作動するのだが、カミさんに渡してあるリモコンも、やがて壊れる予感もするので、ネット検索をしてみた。

折れたアンテナを検索していたら、リモコン装置一式且つリモコン2個付きで9千円以下。こんなに安く手に入るのかよと、早速注文した。届いた製品を調べて、且つその製造販売元(コムエンタープライズ)にメールと電話で取り付けについて打ち合わせをした。まずいままでのリモコン装置はそのままでよく、手動開閉スイッチの裏を出して、そこにこのコントローラーからの配線を6箇所程度繋ぐだけで完璧にリモコンで作動した。従来のアンテナも必要なかった。まったく電化製品の進歩は凄いものだ。こんなことならもっと早く実行しておけばよかったと思った次第。

さて本題

前記事で、今マスゴミで大騒ぎをしている放射能数値は、全く人体には影響はなく、政府とマスゴミが結果的にはマッチポンプで恐怖を煽り、風評被害をさらに大きくしていることを、”7月朝生”の討論を例にして述べたが。今回はこの番組でのそれ以外の内容について触れることにする。

続きを読む "続7月朝生の代替エネルギーについて:飯田哲也の如何わしさ満開!嘘つきとまで云われてしまったね。"

| | コメント (4)

2011年7月24日 (日)

7月朝生に見る、福島原発の放射線恐怖について。無意味な恐怖を煽る一発屋が多くて困りますね。

嘗て、マスゴミの一方向のキャンペーンで、詐欺マニュフェストに愚衆は引っかかり、そして政権交代が起こり、現在の民主党政権がある。”不幸中の不幸”にも、この素人議員たちの内閣で、今回の大震災・原発事故が起きた。ボロボロ政策運営の失敗が度重なり、大方は菅チョクト内閣の退陣を願っているのだが、それがいつまでたってもやめないで、ますます彼の失策の付けが回ってきている。いまやマスゴミは原発事故について、またもや正義の御旗宜しく放射能汚染なるもので煽りまくっている。そこには科学的・医学的検証・知識もないままに。

今の放射線数値の於いて、自分の子供が将来ガンになることなぞ、ほとんどの可能性はない。もちろん原発で今作業している数人は、250㍉シーベルトを超えた被爆をしたようだが、それでも臨床的には、もし低線量の場合には、年間100㍉シーベルトで40年間タバコを40本/日以上吸い続けた人が肺ガンになる確率と同程度のようだ。低線量放射能年間20㍉シーベルトの被爆については、ほとんど影響はないというのが、これチェルノブイリの臨床で検証された結果だ。

まして。今回のセシウム牛肉を食べた場合なぞというのは、子供が大人の吸っているタバコの煙のなかで、数時間いたのと同程度と考えていい。子供が両親の喫煙と同じ場所にいたからと云って今回のような大騒ぎをするのか?日本での天然自然界でに受ける放射線は、年間換算で、平均値0.43㍉シーベルト、最高値が1.26㍉シーベルト。イタリアは、平均値0.50㍉シーベルト、最高値は4.38㍉シーベルト。これらは、宇宙からと地下地盤(岩石)からのミックスなのだ。当然野菜や家畜の体にもたい積している。これをもって子供をイタリアに連れて行ったと後悔して嘆くか?・・・

続きを読む "7月朝生に見る、福島原発の放射線恐怖について。無意味な恐怖を煽る一発屋が多くて困りますね。"

| | コメント (11)

2011年7月22日 (金)

日本の発電能力は?埋蔵電力って頼りに出来るの?発電コストの実態は?

よく日本人社会は、一方的に大騒ぎする傾向があるとか言われているが、これは日本特有の大手メディア・テレビ番組製作システムに多いに関係がある。まぁ、”一方的に大騒ぎ”ということなら、米国でも欧州でも似た様なものだろう。だから日本異質論に騙されるなといいたい。まぁ、新聞を読み、報道番組を観て、それで左右される国民が多いことは確かだが。新聞会社1社で500万・1000万部なんてのは世界でも珍獣に属する。もちろん部数の数は粉飾公表のところもあるが、こんなに新聞の宅配制度が当たり前の国は他にない。

そんなこんなの中で、今問題になっているのは、例の節電の関連で、日本の電力会社の公表の発電能力というのが、実は嘘をいっているんじゃないかとの疑惑をあれこれいわれている。つまり原発が仮に全て止まったとしても、節電などしなくても十分余裕があるはずだという。これ主に、ある種の大学教授や、福島瑞穂といった議員、飯田哲也などの評論家などなどだが。

これって、実際にはどちらかなのだが、外れたほうは罪が重いと思うよ。嘘の電力供給量・電力需給量を電力会社が発表していたとしたら、罰則規定まで付けて法律で決めて節電命令をし、民間にも、この糞暑いのにクーラーを節電しろとか。微数だが熱中症で死者までだした。逆に実際に発電能力が公表通りなら、指摘していた連中はデマゴーク(扇動的民衆指導者)というこにもなり、マスゴミもこの中に入ることになる。

もちろんこんなことになったのは、政権政府、各省、電力会社に全く信用がなくなっているからで、致し方がないところだが。

たまたま、バイアスがかった番組で評判の悪かったあの”スーパーモーニング”の降板後始まった”モーニングングバード”で自動録画されていたのを観たので、これを引用してみる。・・・・・

続きを読む "日本の発電能力は?埋蔵電力って頼りに出来るの?発電コストの実態は?"

| | コメント (1)

2011年7月19日 (火)

原発ってそんなに怖いものなのか?微量放射能ってそんなに怖いものなのか?問われるこれからの電力発電

台風6号の予想では、現在四国に上陸、関東地方まで近づき、そこから直角に曲がって太平洋に抜けるという神がかりな進路だそうで、今一番脆弱な三陸海岸には行かないようだ。それでいて、放射能汚染の福島地域にも膨大な雨を降らせている。これでかなりこの地域の放射能は洗浄されるのではないかと思われる。放射能汚染に関しては、”神台風”になるのかもしれない。

バブルが華やかなころの話だが、よく海沿いに建つリゾートマンション、ホテル、旅館、ペンションなどを設計したものだ。建設の認可(許可・確認申請)を得るのには、その市・町での指導要綱を受けることになる。そもそも指導要綱というのは、法律ではないので、無視は出来るのだが、その後の確認申請を受け付けるところまで、当行政は行かせてくれない。仕方がなく、周辺の住民の同意を取らなければならない。いわゆる同意行政だ。仕事量とすれば、肝心の建築確認申請より、こちらの対策の方が大きい。

その中には、利害関係者も学習効果が上がり、段々エスカレートをして、結局”見返り”が当たり前となっていった。タチの悪い漁業組合は、夜の照明がサカナに影響するとか(ホントカヨ!)、当時高額な5PPMの排出基準の浄化槽を造れとか、結局ある程度の補償金を狙っている。・・・・・・・・・・

続きを読む "原発ってそんなに怖いものなのか?微量放射能ってそんなに怖いものなのか?問われるこれからの電力発電"

| | コメント (2)

2011年7月17日 (日)

世界規模なら、毎年どこかで異常気象は起こっている。それにつけてもセシウム牛肉は、BSE牛肉騒ぎの再来だよ。なにも怖いことはない。オチツケ、モチツケ!

相変わらず、北海道を除いて日本列島は猛暑が続いています。まぁ、夏は夏らしく暑いほうがピッタリしますね。例年だと7月にニンニンゼミから始まって、アブラゼミ・クマゼミ、そして旧盆のころツクツクホウシで、そろそろ夏が終わりに近づき、トンボが秋への差し渡しをするのですが、どういう訳か未だにニンニンゼミの鳴き声が聴かれません。セミが少なくなってきているのか。または急の猛暑に地中のセミが出るのを躊躇しているのか、イロイロ考えたりして。一説にはセミは隔年で増減するなんてのもありますね。どうなのかわかりませんが。

今近づいている台風6号、アチラ名では”マーゴン”というらしいが、結構大きそうですね。オイラの地域には、水曜か木曜に来る推定。大きな被害がないといいですが。米国基準ではカテゴリー4だそうです。

現在午前11時台、エアコンをビンビンかけて、この記事を作っています。先週カミさんが、タイのチェンマイに一週間いて帰ってきたのですが、ネットでのチェンマイの天気予報では毎日雨降りだったのだが、1回短時間のスコールに見舞われただけで、毎日天気も良く、気温も涼しく最適だったそうだ。湿気もあまり感じなかったとか。調べてみると、タイ全体が冷夏のようで、この間毎日気温は24℃~26℃でした。

日本と同じく、今年は、現在、米国が異常熱波に晒されているようです。それも半端ではない。・・・・・・・・・・

続きを読む "世界規模なら、毎年どこかで異常気象は起こっている。それにつけてもセシウム牛肉は、BSE牛肉騒ぎの再来だよ。なにも怖いことはない。オチツケ、モチツケ!"

| | コメント (3)

2011年7月15日 (金)

築28年の我が家に、ついに衛星アンテナを取り付け、TVに関して完璧にした。昔の同軸ケーブルは使い物にならないです。まるでカンガンスのようですね!

7月7日から始まった猛暑日、今日8日間連続ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。昨年はこの期間欧州ロシア地域が猛暑の連続でした。日本は遅れて7月16日から旧盆まで猛暑日が続きました。(オイラの地域では)。さて今後どうなるかですね。

7月24日にアナログ放送終了ということで、テレビの方は、1台が3年前、もう1台は昨年買い換えた。また録画の方は3年前に、ビデオテープ+DVDのアナログ対応のビデオデッキ2台購入して便利に使っていたが、この24日を過ぎると使えなくなるとかで、デジ型ビデオデッキを2台購入して設置した。もちろんインターネットのランケーブルも配線してある。予想通り、これら製品はどんどん安くなってきて、またクーポン期間では商品券を貰えたし、じっくり待った甲斐があった。

問題はBS・CS放送についてだ。これまで、あまり興味をそそられる番組も少なかったし、ましてあのNHKに今の倍の受信料を取られるのも癪に障る。ましてこれ以上テレビを観る物理的時間もないしと考え、長年、BS・CSアンテナはつけなかった。しかし今回デジ型ビデオデッキを購入するにあたり、衛星(BS・CS)アンテナを付けることにして、関連部品も購入した。そして昨日その作業もほぼ完了。

ブログの更新が滞っていたのはそれが理由です。以下記事は同じような条件でまだ取り付けていない人の参考になればと今日の記事としました。

我が家の場合は、これ、28年前に自分で設計施工したその頃まだ珍しかったツーバイ工法(枠組壁工法)の建物なのだが、UHSアンテナから屋根の妻壁にケーブルを引き込んで、小屋裏に入り、そして小屋裏納戸(ロフト階)の壁の裏側を通り、3階の寝室にTVコンセント、そして階下の居間にTVコンセントがある。食堂にもTVコンセントを設けているが、その必要はなかった。

TV配線工事は電気工事業者にすっかりお任せで、・・・・・・

続きを読む "築28年の我が家に、ついに衛星アンテナを取り付け、TVに関して完璧にした。昔の同軸ケーブルは使い物にならないです。まるでカンガンスのようですね!"

| | コメント (3)

2011年7月 8日 (金)

”みのもんた”よ、お前はもう世論公害の一種だよ。いつまで放送法違反をやっているんだ。九電のメール問題について考える。

たまに朝、例の”みのもんたの朝ズバ”を見ることがあるが、この番組2005年から始まった。今年で6年目。まぁ、みのもんたのバラエティー報道ショーなのだが。ズバとはずばり言うということなのか?この番組はとうに放送法を逸脱している番組だね。

もちろんお馬鹿な芸能人がくっついたの、別れたのや、同じ世界のお馬鹿な芸能人の宣伝・こき下ろしを扱っている次元なら大して問題はないだろう。どうせ、1秒でもテレビに自分を晒したいお馬鹿なタレント面々が集う世界だから。もちろんそれだけならオイラは見ないが。

しかし、日本の政治や、真剣な問題を庶民の皮をかぶったこの男が中心となって、茶化しながら番組を進行するこの演出は、これまでオイラが見て来た限り、過去を通じて公序良俗を侵していると云っていい番組であろう。

もし、みのもんたが司会者または進行役として、公平に、数人の考え方の違うコメンテーターを揃え、それらに主張をさせるのなら、放送法上は問題ないだろう。ところが、自分の主張を全面にくり出し、世論を自分が作っているかのような演出は、見ていて気分が悪くなる。過去彼の煽りが過ぎて、問題の本質を見失うようなことが多かった。そして発言が問題化したこともかなりの数がある。テレビ局が彼を降板させることが出来ないのは視聴率のみで、ただ面白いからか?

また基本としての彼のスタンスは、・・・・・・

続きを読む "”みのもんた”よ、お前はもう世論公害の一種だよ。いつまで放送法違反をやっているんだ。九電のメール問題について考える。"

| | コメント (2)

2011年7月 4日 (月)

まぁ、民主党議員は次から次へとゴキブリだったことが発覚されるね。松本龍とか。もう店仕舞いだよ、この政権は!

昔から、大手マスメディアがビビッて報道をスルーするのは、北朝鮮関連、在日関連(特にパチンコ)、大手広告代理店関連、部落開放関連、等々と相場は決まっていた。もちろん相手が巧妙でなかなか致命的なシッポを出さないこともあるが、ビビッているから追求も途中で頓挫してしまうか、頓挫させられてしまう。

オイラの地域(伊豆東海岸沿い)は、福岡、大阪、京都などと違い、この部落差別などというものは、歴史的にほとんど関係がなかった。大昔は、町、村より下の地域まとまりとして部落という単位はあったが、問題となる”部落”とは全然異質なものだ。これは日本中各地に普通にあった単位名称だ。

数十年前には、この部落開放同盟(同和=同胞融和)がやたらに跋扈して、行政に糾弾会と称して圧力を掛け、自分達の権益を拡大していった。だから役所の役人はこれがくるとビビルというまるで”パブロフの犬”状態になってしまっていた。これに乗じて”エセ同和”というのも存在していて、これらは、全く自分の利益追求のために活躍してきた。元公安調査部長がかつて「ヤクザの6割が同和関係者である」とまで言わしめた由縁でもある。

かつて、不動産バブルのころ、オイラの街もリゾートマンションの計画が乱立した。その後バブル崩壊や市の指導要綱の締め付けで、実際完成したのは半分程度だとか伝えられているが。そのなかで、県の建築条例で本来難しかった山斜面に合わせて建築する設計の分譲マンション認可を、県、市に設計者とともに、この同和関係者がネジ込んで、とうとう条例の解釈を拡大化させて認可を取り、完成させてしまった。それ以後しばらくは、・・・・

続きを読む "まぁ、民主党議員は次から次へとゴキブリだったことが発覚されるね。松本龍とか。もう店仕舞いだよ、この政権は!"

| | コメント (9)

2011年7月 3日 (日)

契約プロバイダーについては、時々他と比較検討することも大事だね。

先月の中旬に、インターネットのプロバイダーを変えた。オイラあまりこちらの方は詳しくないのだが。そもそも、十年程前、当初は地元の知り合いのプロバイダーに厄介になっていたのだが、ここはサーバーの容量が小さいのか、メールに関して、フリーメールは受け付けなかったり、海外からの知り合いのメールアドレスを受け付けなかったりで散々な目に合ってきた。なぜなのかと聞くと、スパムメールが多くて、自分のサーバーが容量オーバーになってしまうと。要するにサーバーの容量が小さかったのが原因だった。

いくら知り合いでもこれでは困るので、3年前に、そことは契約解除して、ニフティーに変えた。このブログもニフティーのサービス(ココログ)として使用させてもらっている。もちろん無料でだ。そしてIP電話にすることが出来るというので、NTTのフレッツADSLを利用しながら、最近まで何も考えずここまで来たのだが。

オイラの近くにNTTの支所もあることから、ADSLの通信速度は100Mbpsとすこぶる良く、またPCを変えて、メモリーが4Gバイトとなったので、十分に満足していた。電線には光ファーバーも設置されているが、その必要は全くない。それが、4月ごろ電話セールスがキッカケで、5月中旬に変更することになった。そのプロバイダーがネクシーズ(Nexyz・BB)というところ。・・・

続きを読む "契約プロバイダーについては、時々他と比較検討することも大事だね。"

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

本当に原発は、すぐにでも、または数年先に無くしてもいいのか、無くせるものなのか?

昨夜の深夜便で、ウチのカミさん、タイのチェンマイに出かけた。オイラ約一週間の留守番だ。ハーブなど野草の趣味の会のメンバーの1人でカミさんの仲間なのだが。よくその夫婦は長期チェンマイを訪れていたのだが、その旦那が今年始め逝去され、今思い出のこの地に再度滞在するのだが、寂しいのでと仲間数人を誘ったそうだ。

この奥さん勇ましく、数年前には、これもオイラのカミさんら数人で、ドイツ・イタリア旅行をした。それもレンターカーを全て自分で運転をしながら。ウチのカミさん、気が小さいので、もう死ぬかと思ったと。チェンマイの天気予報を開いたら、この一週間雨続きのようだ。なんで雨季の季節に!と思うのだが。

数年前、ポン友のトシ坊と一緒にバンコクに行って、カミさんからあらぬ疑いを掛けられ、散々な目にあったのだが・・・・・。ところでチェンマイもいいかもしれないね、次の旅行にいいね!トシ坊よ。我が家では、緊張感が抜けたオイラの一週間となりそう。普段食べられない料理を作って一人ダラダラと食べるのが楽しみ。

さて本題。

歴史・時系列的に”・・たら、・・れば”というのは絶対ないが、それでも、あえて云うと、福島第一原発が、女川原発・第二原発と同じ標高に建設されていたら、・・・・

続きを読む "本当に原発は、すぐにでも、または数年先に無くしてもいいのか、無くせるものなのか?"

| | コメント (3)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »