« いよいよ、予定通りポルトガルにも火がついた。2012年はカオスの年になりそうだ。日本も他の国のことまでカマッチャいられない国になった。 | トップページ | 2011年の4月のスペイン。バルセロナ編-1:ガウディー様の作品を直に観ました。 »

2011年4月29日 (金)

2011年の4月のスペイン。なんと「セマナ・サンタ」の真っ最中に滞在してしまった。

さすが、世界有数の観光地スペインであった。ドイツから、フランスから、英国から、イタリアから、他の近隣諸国から、この欧州圏だけでも、莫大な数の人々が行き交っている。だから、ドイツ語、フランス語、英語、イタリア語、よく分からない語が街で飛び交っていた。しかし、さすがというか現地人は、スペイン語一辺倒。特殊層以外、英語は片言しか通じない。反対にスペイン語で捲くし立てられる。

滞在した時が「セマナ・サンタ(Semana Santa)」の真っ最中(約一週間)で、行く先々でこれの観光目的のお客でごった返していた。お陰で普段のスペインの街の雰囲気を捕らえることが出来なかったのが残念。出発前には、この「セマナ・サンタ」のファスティバルがあるとは聞いていたが、こんなに街が一色になるとは思っていなかった。

このフェスタは、国民の95%が聖母マリア信仰であるカトリック教のスペインならではの巡行行事。キリストがユダの裏切りで、十字架を背負い、街を連れ回されそして十字架にクギ付けされて処刑。悲しむ聖母マリア。しかしその一週間後キリストが甦る復活祭まで、その物語絵巻を巡行によって再現するフェスタだ。なんたってその一週間とオイラの滞在期間が交差してしまった。

このスペインは、南端ジブラルタル海峡が北緯36度、北端が北緯43度30分になり、日本に当て嵌めれば、南端が関東北部、北端が北海道札幌のちょい北ぐらいになる。横幅が広いので、国土としては、日本の約1.34倍といったところ。日本が国土の30%ぐらいしか平地がないのに、このスペインの国土は、その逆といったところか、全土が北海道のように平地が続いている。そう地平線が見えるのだ。その中で人口は日本の38%ぐらい。

時差的には、フランス・ドイツ・イタリア等と同様にしてあり、且つ3月28日から10月31日までサマータイムが実施されていて、この間は1時間早くなる。実際として、滞在中は周囲が明るくなるのが、午前7時半ごろで、暗くなるのが午後8時ごろ。因みに日本のオイラのところでは、同じ期間では、明るくなるのが午前5時ごろ、暗くなるのが午後7時ごろ。これだけでも街の雰囲気は変わってくる。

気候としては、南スペインの方だからもっと暖かいと思っていたのだが、この4月に関しては、ほぼ日本の関東と同じくらいで、晴天で昼頃であれば半袖でもいいが、曇りや朝晩は長袖にチョッキ+上着といった具合で少し寒かった。寒暖の差は激しいようだった。よく半袖の肩にカーディガンを巻いたりしているが、これ別にお洒落ではなく、温度差が激しいからだということが実感できた。

今回滞在したところは、

バルセロナ⇒マドリード⇒セビリア(セヴィーリャ)⇒グラダナ⇒マラガ⇒トレモリーノス⇒ミハス⇒マラガ⇒マドリードといった行程。交通は、空路・鉄道(新幹線)・遠距離バス。またバルセロナ・マドリードでは、地下鉄をもっぱら利用した。タクシーもメーター通りでぼられることもなかった。ホテルは日本でBooking.comを通してネット予約をした。Agodaは、予約決定時にVISA落しになるが、ここはホテルのチェックアウト時で、ホテルグレイド件数も多いみたいだ。

治安も賑わいのあるところはすこぶる良く、これ各地で警官が張り付いていたせいなのか。誰もいない街区を夜一人で歩いていた場合には分からない。なんたって、数は減ったとは云え、マドリードは「首絞め強盗」で有名なところだ。2001年には263件もあったそうで。それ以後は減って毎年数十件といったところらしい。この「首絞め強盗」というのは、夜間にヒトケのないところを歩いていると、後ろから二の腕で首を絞め失神させて、金品を奪うという乱暴な手口。

ところで空港で、夫婦一組についていた日本人ツアーガイドと話たら、本来十数人のツアーだったのだが、大震災の自粛ブームなのかキャンセルが相次ぎ、参加者は夫婦一組だったとか。その夫婦にガイド独占でよかったじゃないですかと云ってやった。とにかく日本人の観光客がほとんど見られなかった。1日あちらこちら観光すれば、数千人から数万人の人々を目にすることになるが、極東アジア人を目にしたのは、せいぜい平均10組ぐらい。それがほとんど中国人や韓国人で、その中の2組ぐらいが日本人という具合だった。また北米人も非常に少なかったように見えた。

観光客で圧倒的に多かったのはドイツ人。ドイツ国内には、地中海沿岸のような、古代遺跡がほとんどないので、彼らは憧れを持って見に来るのが好きなそうだ。またドイツ北部はキリスト教でもプロテスタントが多いのに反して、ドイツ南部はカトリックが多く、特に今回の「サマナ・サンタ」行事には、積極的に観光参加するとのこと。

日本のように、全土が日本語で統一されている国というのは、世界でもめずらしい部類に入る。カナダは英語とフランス語。スイスは英語・フランス語・ドイツ語。そしてこのスペイン国も、国家公用語(カスティーリャ語)以外に、バルセロナのカタルーニャ語、バレンシアのバレンシア語、北部ビルバオのバスク語、他3地方用語が存在を認められている。つまり民族的に違うし、それぞれの民族文化は保存され続けているということになる。バルセロナのレストランでは、2種類のメニューが出た。英語とスペイン語だと思ったら、違って標準語とカタルーニャ語だった。両方オイラには分からない。よくも日本人に平気で店側で出すものだと逆に感心してしまった。まぁ、フィッシュかミートなのか、ビーフかポークかラムか・・・このぐらいは通じるので、あとは山勘で注文したが。

そんな民族をスペイン国として一つに束ねるのは、日本よりもっと難しいと思う。1939年から1975年、フランコ独裁政権が36年間続いたが、良し悪しは除いて、これを経て一つにまとまってきたように感じる。日本が一つにまとまったのも明治維新から一丸となっての軍国主義が、各地方の文化をシャッフルさせて同一化させた結果が一助としてあるとも思う。

観光客相手のレストランは、国際標準なのだが、現地人の行く本格レストランは、昼食は午後2時から、夕食は8時からオープンなので、行っても開店前ということが多かった。年中やっているのは、「バル」と云われる居酒屋で、アルコールとそれなりの一品料理を楽しめる。しかしその一品料理の量が多いので、それだけで満腹になってしまう。日本でもカツカレーと天丼を1人で注文する人はいないという感覚。

スペインでは日本と異なる時間帯に食事を摂り、一日に5回食事をすることで有名。

デサユノ(Desayuno):朝食。起きがけに摂る食事。パンなどを食べる。

メリエンダ・メディア・マニャーナ(Merienda media Mañana):朝の軽食。午前11時頃、サンドイッチ、タパス(おつまみ)などを食べる。

アルムエルソ(Almuerzo):昼食。一日のメインの食事で、午後2時頃、フルコースを食べる。

メリエンダ(Merienda):夕方の軽食。午後6時頃、タパス、おやつなどを食べる。

セナ(Cena):夕食。午後9時頃、スープ、サラダなどを食べる。

まぁ、そのせいか、ご肥満な方々が多い。若い女性はすこぶる美しい。まるで妖精のような顔立ちをしている。しかしだ!ハタチ過ぎごろから、かなり多くが、臀部が異常といえる程豊かになり過ぎ。オイラの尻の3D的には3倍になるかもしれない。天は二物を与えない。しかし、たまに二物を与えるときもある。超モデルクラスもウジャウジャいた。

(クリックで大)

Dscf7898

Dscf7861_2

出発時成田で両替をしたが、レートが1€=120円で、実替としては手数料込みで125円だった。以下記事ではこのレートで円換算をするが、デフレの日本と比べ、ここ十数年インフレだったのだろうか。日本より諸物価は高そうだった。ユーロに対して数年前1€=160円が120円の円高になったので、やっと日本と物価が同じ位になったような気がする。ただそれほど安いとは感じなかった。一例としてバルセロナのカサ・ミラのある大通りにあった「バル」のメニュー入りランチョンシートをもらってきて、見やすいように分割した画像としてみた。それぞれの金額が記入されている。まぁ、この前後の金額が標準と見ていい。

因みに、表示金額は日本と同じ含み税込みで、内訳は消費税(IVA)8%がついての金額となっている。

(クリックで大)

Dscf82738

Dscf82731

Dscf82732

Dscf82733

Dscf82734

Dscf82735

Dscf82736

Dscf82737

ここで、R(ラージ)サイズを頼むと、これ一品で満腹になってしまう。ここでは数品食べてちょこっと飲んで、2人で合計31.35€=約4,000円だった。ちょい高級なところで、ワイン1本つけて食事、3人で104.80€=13,100円といった金額になった。

2000年前後から続いたスペインの住宅バブルは崩壊したらしく、今や失業率が20%と云われている。皆が食べているものを覗くと、それほど豪華には選んでいなく、安く仕上げているようだった。

どの街もバルやレストランの入り口前の歩道・広場には、テーブル・イスが並べられていて、春から秋にかけては、雨の日以外はほとんどそこで飲食する方が多い。ウェイターが、店内と同様に注文取りと運びをしてくれる。勘定の支払いもテーブル上で行われる。オイラいつも北米での頭が痛いチップについても、ユーロ圏入りを機会に、この習慣も無くなりつつあるそうだ。もちろん小銭のお釣りはチェックプレートに残しておくが。せいぜい1€以下。北米のようなチップで従業員が成り立っている世界とはオサラバしたようだ。その分価格が高くなっているのかもしれないが・・・。北米だと今や15%~20%のチップが普通だと云われている。より、日本・アジアに近くなって来たのか・・・。

15年ぐらい前から北米では禁煙化が進み、レストランを筆頭として公共建物内は一切禁煙となった。それに遅れて欧州もそのようになったのだが、やはり喫煙者は相当いて、ほとんどが路上でタバコを吸う。また歩きタバコ吸いも多い。返ってその反動で多くなったそうで、路上ゴミ入れには兼用の灰入れもついている。これ都市によってデザインがはっきり違うのが面白い。

バルセロナのゴミ入れ         マドリードのゴミ入れ

Dscf7573  Dscf7883_2

マラガのゴミ入れ

Dscn0615_2 その他、路上ポイ捨てで、真夜中清掃車が清掃。

スペインは2000年前後から、米国同様に不動産バブルになり、また公共投資バブルでもあったらしく、新幹線は造るは、地下鉄は増設するは、路面電車は新設するは、立派な箱物は造るは、高速道路は増設するは、とにかく公共投資も相当行なったようだ。どの電車も、どのバスも全て最新型で、原色を使った派手なものだった。またバスは停車すると車体が一旦沈み込み、乗り降りをし易くするようになっている。

↓地下鉄(メトロ)の車内。車幅は日本より狭い、また座席前の吊革はないので、立つ人と座っている人が向き合うことはない。バルセロナでは地下鉄が計8路線あり、慣れると大変利用しやすい。チケットは自動販売機で購入。1回1.45€(180円)で場外に出ない限り各路線乗り降り自由。10回分のチケッットで8.25€(1,200円)数人でも使える。場外にはチケット関係なく出られるが、逆走は出来ない。路上に赤字で「Mのマーク看板がメトロへの入り口。

Dscf7587_2

↓路線バスの車内。前が運転席で料金は事前に、ここで支払う。料金は地下鉄と同じで均一料金。

Dscf7882

日本と比べ、一般交通機関の料金は大変安い。タクシーも日本より安い。

街の中各所に、もう少しアフリカ系の人種がいるのかと思っていたら、ほとんどいなかった。せいぜい路上に品物を並べて売っているのが北アフリカからの出張組みなのか。大きな風呂敷に品物を留め置いてあり、その風呂敷の四隅には対角線状に紐をつけてある。また大きな傘に品物をぶる下げてある。最初不思議に感じたのだが、これもちろん違法販売なので、警官が来たときすぐ仕舞って逃げれるようにしてあるとか。

実際マドリードのプラド美術館の傍の広い歩道で、手入れがあった場面に遭遇した。違法物売りが10ヶ所ぐらいまとまって営業していた。突然バタバタと上記のように瞬間店仕舞いをして逃げていった。そこに警官がやってきて、間に合わなかった物売りの物品を足蹴で集め、証拠品で押さえていた。日本の警官のような優しい対処ではまったくなかった。だから、日本のように公園や公共の場で、ダンボールで寝泊りなってことは絶対出来ない世界なのだ。街の美観を保つためには徹底している。やれ、人権がどうしたのこうしたのなんて関係ない。

上記にある、出会った日本人のツアーガイドにアフリカ系がほとんどいないことを聞いたら、不動産バブルの頃は、建設労働者として、雑用職種として、北アフリカや東ヨーロッパから、大変多くが出稼ぎに来ていたが、数年前からのバブル崩壊で、職がなくなりスペインから、かなりが追い出されたとのこと。その当時はそれら出稼ぎ人のお陰で相当治安も悪くなったらしい。

オイラが滞在した各所の郊外には、分譲住宅・分譲マンションがもの凄い数が完成しているが、売れ残りが相当あるらしい。また建設途中で中止になった現場も多く見ることができた。これらに融資をしていた銀行が不良債権で相当痛んでいるらしい。嘗ての日本のバブル崩壊と同じように。これを国が救済することになるが、今度は国債等ソブリンリスクになってきている。日本のように国内で消化することが出来ず、外資に頼らざるを得ない。ギリシャ⇒アイルランド⇒ポルトガルまで破綻の兆候が現れて来て、次は?という段階。但しスペインがもしそうなったら規模が大きいので、これまでのようには行かなくなるというのが下馬評とか。

というわけで、今日の記事はスペインで拾った印象を総論として纏めました。次回は各滞在地の各論にしてみようと思っています。

一粒で二度おいしいオイラのブログ: 今日の画像

歩道や広場で

多くの大道芸人のエンターテイメント

これは一部です。

静止像。黄金の天使なのか?

Dscf7499_r_2 

静止像。首切断で首が笑う。

Dscf7550_r 

静止像。これ静止が辛そう。

Dscf7852_r 

静止像。女性が彫刻を彫っている。

Dscf7998_r 

骸骨がピアノを弾いている。

Dscf7668_r 

建築家ガウディー様の作品の下で、情熱的演奏(グエル公園にて)。

Dscf7705_r 

オイラの好きな、ムーライトセレナーデを弾いてくれたので、チップを弾んでおいた。

Dscf7956_r 

情熱的なフラメンコ。すこぶる美人だった。

Dscf7906_r 

|

« いよいよ、予定通りポルトガルにも火がついた。2012年はカオスの年になりそうだ。日本も他の国のことまでカマッチャいられない国になった。 | トップページ | 2011年の4月のスペイン。バルセロナ編-1:ガウディー様の作品を直に観ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ、予定通りポルトガルにも火がついた。2012年はカオスの年になりそうだ。日本も他の国のことまでカマッチャいられない国になった。 | トップページ | 2011年の4月のスペイン。バルセロナ編-1:ガウディー様の作品を直に観ました。 »