« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の12件の記事

2011年2月27日 (日)

民主党の学級教師?興石東。詐欺マニフェストの共犯者北川正恭。

よく、お気に入りやブックマークに、特定サイトを追加して入れておくが、その際そのリストのサイトアドレスが表示される前の位置に専用マーク(アイコン)があるのと、無いのがある。これファビコン(favicon)という。前からオイラのこのブログには、設定していなかった。メインでオイラが使っているブラウザは、グーグル・クローム(Google Chrome)で、ブログの記事を作るのは、インターネット・エクスプロラー(Internet Explorer)なのだが、各ブログやサイトには、かなり多く、このファビコンが付いている。どうでもいいことだが、なんとなく他と見劣りするような気分なので、以前それを付ける方法を検索したのだが、ちょい複雑なような気がしたので、そのままになっていた。

で、今日思いついて挑んで見た。まず絵柄は、昨年他界した愛猫が若かった頃の写真にして、とにかく説明通り挑んでみたら、15分ぐらいで出来てしまった。なーんだ簡単じゃないか。とりあえず、グーグルクロームのブラウザには、ファビコンが今日から付くことになったが、I.E.ブラウザには反映されていないようだ。ブラウザによっては反映に時間が掛かることもあるとあったから、様子を見てみることにする。ただ小さい画像なので、見て猫の顔と気がつく人がどのくらいいるか。まー、いいか!

さて本題

今日の新報道2001、興石東が出演だった。彼がテレビに出るのは大変珍しいらしい。なんか最重要人物扱いで、番組進行はまるで腫れ物に触るような演出だった。興石も借りてきた猫のような。昔、小学校の先生を20年やったとか。人物応援紹介をしていた。まぁ、そこからあの日教組の影のドンになり、現在の参議院民主党のドンになっているわけだが。話を聞いていて、たいしたことは言っていない。こんな男がなんでボス級なのか理解に苦しむ。まぁ、いかに、日教組というのが力をもっているかが証明されたようなものだ。

続きを読む "民主党の学級教師?興石東。詐欺マニフェストの共犯者北川正恭。"

| | コメント (4)

2011年2月25日 (金)

やはり、インターネットが世界を変えつつある。はたして北アフリカ諸国の政変はどこに行き着くか?

中国での20日のネットによる「ジャスミン茶会集会」は、不発に終わったらしい。公安もピリピリして、モロモロ集まってきた若者を片っ端から捕まえたようだ。それにつけても、北アフリカだ。チュジニア⇒エジプト⇒バーレーンと独裁政権打倒のデモは、とりあえず政変には成功したみたいだが、これからが大問題だろう。オイラ、リビアだけは、世界で8番目の原油埋蔵量のある国なので、動きは鈍いと思っていたが、そこに火が点いた。エジプトが人口8,300万人に対して、リビアは640万人の国

今、政府と民衆との壮絶な攻防が繰り広げられている。なんとしても41年間の独裁者、カダフィー大佐は、治安警察、軍を動かして阻止を試みているとか。なんてたって、民衆に向かって実弾を浴びせ始めたとか。軍隊の兵士は傭兵が多く、リビア国民以外が多いので、命令がくれば、やってしまうわけだ。リビアには、憲法も議会もなく、カダフィー大佐が直接国民を支配していたらしく、今後政権崩壊後には、どのように立て直していくのだろう。

この北アフリカの一連の独裁政権打倒の動きは、心情的には日本の嘗ての2.26事件と通じるところもあるかもしれない。バックは政権軍部の静かなるクーデターのような気がする。もちろん、実際の動きの起爆剤は、インターネットが媒体となっているが。思想的にはブログ、連絡ツールは、twitterとかfacebookとかのSNSが有効的に働いていたのだろう。

続きを読む "やはり、インターネットが世界を変えつつある。はたして北アフリカ諸国の政変はどこに行き着くか?"

| | コメント (2)

2011年2月23日 (水)

昨年9月に続いてまたクライストチャーチに直下型地震。今度の被害は大きい!

昨夜のテレビ報道番組は、ニュージーランドの現地時間22日午後0時51分(日本時間同午前8時51分)で、震源はクライストチャーチ郊外5キロの深さ4キロ付近で起こった地震の報道で一色だった。昨年9月4日にも同じ地域で、M7.0の直下型地震があったが、この街の郊外40kmと離れていたため、震度は今回ほどではなく、まして朝方4時半ごろだったので人の活動時間からは外れていたのが幸いだったようだ。死者はゼロだった。

今回は、日本人の語学留学生がいた建物が、押しつぶされ、未だに日本人11人の安否が分からない状態で、その件を延々報道がされている。映像で観ると、この6階建てのビルだけが総崩れとなっており、周囲の建物は傾いた様子もない。もちろん全体としては、かなり被害を受けた建物も多かったみたいだが。致命的なのは、前回被害を免れた組石造(レンガ造)のクライストチャーチ大聖堂がもろくも下半分を残して崩れてしまった。

他にも、レンガ造の建物はほとんど躯体が崩れているようで、やはり地震の多いこの国では、英国の伝統的な建築工法は無理だったということになる。英国は数千年に渡って大地震なぞない場所にあるからね。

続きを読む "昨年9月に続いてまたクライストチャーチに直下型地震。今度の被害は大きい!"

| | コメント (3)

2011年2月20日 (日)

政権末期の民主党 早く分裂するべきだ。原口よ!松下政経塾出は碌なのがいないね

なんでも、今日20日午後2時に、

【北京時事】香港メディアによると、民衆デモが政権崩壊につながったチュニジアの「ジャスミン革命」に倣い、中国の主要都市で生活改善や政治改革を求める集会の開催がインターネットを通じて呼び掛けられていることが19日、分かった。  

ネット上の書き込みは、北京や上海、天津、広州など13都市で20日午後2時に、共産党一党独裁体制の廃止、私有財産権の保障、報道の自由、司法の独立、民主化などをスローガンに集会を開くよう提唱。北京では検索に規制がかかっており、当局も警戒しているとみられる。(2011/02/19-20:46)朝日

そして、これから毎日曜日引き続き行おうとの呼びかけだと。まぁ、これガセネタかもしれないが、中東の混乱を見ると、中国にも変革の嵐が迫っていることは確かだろう。

それにつけても、日本も民主党政権が末期を迎えているようだ。全てが雪隠詰めの状態で、空しく響くは、結局空疎だったスローガンばかり。

先ほど日曜日の各報道番組を録画で目を通したのだが。

続きを読む "政権末期の民主党 早く分裂するべきだ。原口よ!松下政経塾出は碌なのがいないね"

| | コメント (3)

2011年2月18日 (金)

小沢教同胞団の16人の鉄砲玉。所詮次期総選挙で落選するザコ議員ばかり

6日の名古屋市長選と愛知県知事選において、河村たかしと大村秀章共に2位に約3倍の投票数を得て圧勝した。オイラこの2人、なぜ民主党、自民党を離党したのかいまだにわからないままだ。両者には、民主党・自民党の刺客を立てられたが、圧倒的に打ち破った。

本来市長より県知事の方が上であるはずなのだが、まるで大村は河村の子分のような存在に映る。大村もそうだが、河村もよくTVタックルの番組に出ていて、顔を売っていた。その知名度?でもって前回名古屋市長となり、その後市議会と大モメにモメ、任期前選挙をやり、再選となった。

報道で知ったのだが、名古屋市会議員の報酬は、年1,600万円+政務調査費600万円で、計2,200万円と高額が続いていた。まさに国会議員並。たしかに分不相応の報酬だろう。これは市議会のお手盛りで、まさに既得権益化していた。河村は、自分の報酬を800万円に下げ、それをもって議員報酬を下げさせようとしたが、議会は断固反対で他の住民税10%減や議員数の削減なども拒否され、今回に繋がったとのこと。

議員の報酬を下げることについては、ここまでやらなければ実現しないという問題を抱えている。これは名古屋市だけの問題ではない。まさにこの点は、河村はいい仕事をした。

続きを読む "小沢教同胞団の16人の鉄砲玉。所詮次期総選挙で落選するザコ議員ばかり"

| | コメント (6)

2011年2月15日 (火)

「歩く国難!」鳩山元総理は今日も元気だ!もう議員辞職をしてください!日本人がますます馬鹿になります。

昨日は東京地域で本格的に雪に見舞われたとか。まぁ、2月・3月は昔から時々大雪に見舞われてきた。三寒四温といってこれを繰り返して春を迎える。別にそれほど驚くことはない。特にオイラ若い頃は、スキーをやっていたから、それこそ何度も雪国に車で駆けつけた。これ、どの地点でチェーンを取り付けたらいいのか、ギリギリまで粘るのが面白かった。今はもっと便利な雪対策タイヤキッドや雪用タイヤがあるらしい。昔は随分これらにカネを投下したのだった。今、スキー・スノボーも下火になっているとか。ここ十数年オイラも行っていない。ただただ、家族を引き連れていった時のビデオを楽しむ限りだ。

さて本題

「歩く国難」の鳩ポッポが、またまた放言を放って、沖縄の怒り沸騰状態ということなのだが。この男、もうどうしようもないね。一昨年、昨年と総理大臣でいたとき、オイラも散々叩いたが、総理をやめたあとも、寂しいのかあちらこちらで物議を起こす言動ばかり。

まぁ、民主党は自分がカネを出して作った党だと自覚していて、それを菅チョクトに任したら、彼に取られてしまい、自分は忘れ去られてしまうとの「思い」で勃起をして、焦っているのだろうか。彼は、もう政界を去るんじゃなかったの?え!政界を去るという言質を去るだって!

続きを読む "「歩く国難!」鳩山元総理は今日も元気だ!もう議員辞職をしてください!日本人がますます馬鹿になります。"

| | コメント (3)

2011年2月12日 (土)

菅チョクトも雪隠詰め、マックロクロスケ小沢も雪隠詰め、民主党も雪隠詰め

テレビでは衆愚を相手に番組を作っているのだろう。決められた番組時間を、どうでもいい事件で真面目な顔をして追い続けている。元どんな女性タレントだったか知らないが、覚せい剤で捕まった小向美奈子とかいうのが、執行猶予中なのに、再度覚せい剤をやっていたことが発覚、フィリピンに逃げたとか。報道はフィリピンでの追いかけゴッコを延々とやっている。こんなに延々とテレビで流すネタではないだろうが。それとも現在ストリッパーなので、衆愚は興味があるだろうとテレビ局は思っているのかい。

八百長相撲も、これまた案の定、延々と報道番組で流してる。相撲がなくなったら、国が滅びるがごとくに大げさに。評論家達も今になって驚いたのごとく。みんな昔からあることは分かっていただろうに。09年の衆議院選では、あのノリピーの大麻事件で、選挙の争点隠しのように、延々と逃亡劇を報道していた。まあ、これらは2月一杯続けるだろう。誰の差し金だか分からないが。

今国会では予算委員会中、数々民主党の詐欺マニフェストが暴露されている。そして小沢被告の「政治とカネ」に2年たっても民主党は解決ができない。従来から民主党の中枢をになってきた面々が、いかに愚かな国会議員であったかが、国民の前に曝け出されている。

続きを読む "菅チョクトも雪隠詰め、マックロクロスケ小沢も雪隠詰め、民主党も雪隠詰め"

| | コメント (5)

2011年2月10日 (木)

もう既に民主党政権は断末魔:年金皆支給月額7万円これも民主党信者は騙されていたのだった

なんでも、NHK7時のニュースの終わりにある、天気予報の解説者の半井小絵ちゃんが3月で降板との噂。オジイ達の「7時28分の恋人」と云われているそうで。この番組時は、彼女大きな胸を隠すため、サラシを巻いているとの都市伝説もある。オイラもうっとり観ているのだが、さすがカミさん、それを察知しているようで、毎回それが気に喰わないらしい。オイラ云ってやった「彼女を自分の娘を観るように観ているの!」と。まぁ、納得したかどうかは分からないが。

さて本題

ますます確定的になる、09年総選挙の詐欺マニフェスト。7日の予算委員会の小泉信次郎の質問、「公約の年金一元化に関する財政負担に関して必要額はどのくらいの数字を見ているのか」について、あの時のマニフェストを作ったメンバーは何も考えていなかったらしい。「襟たてトカゲ」の蓮舫も、結局逃げの一手で、お話ジェスチャーは立派だが、そこから先は自分の担当ではなかったと。8日の予算委員会で、この件について茂木敏充⇒棚橋奉文⇒小泉信次郎らが再度追及して、いい加減な詐欺マニフェストで政権交代したことを暴いていた。

これ、それ以前のマニフェストでも、さんざん「年金一元化で、最低保証支給月額7万円」とテレビでも宣伝してきた案件。保険料に月額7万円を税金で保証するというから、今まで満額国民年金を納めていなく、支給される年金がスズメの涙程の人達、また全然年金を納めていなくて、支給が0円の人達が、最低でも月額7万円を生涯もらえると、09年選挙では民主党に飛びついたわけだ。特に身に迫っている50歳代以上の有権者達は。それも政権交代したら翌年にももらえると、まったく誤解したわけだが。

続きを読む "もう既に民主党政権は断末魔:年金皆支給月額7万円これも民主党信者は騙されていたのだった"

| | コメント (3)

2011年2月 8日 (火)

やっと「岡本倶楽部」の預託金商法の懲りない面々が逮捕となりました。

今日昼メシ時に、NHKのニュースを観ていたら、とうとう「岡本倶楽部」を運営していた「オー・エム・シー」、「岡本ホテルシステムズ」ら関係幹部らが、昨日7日に逮捕されたと。オイラ数年前から、この件について記事にしてきた。オイラのブログのアクセス解析を調べると、過去のこの関連記事へのアクセスが、昨夜深夜から増えてきて、今日の深夜もいつもより多くなり、朝7時ごろから、どっと大量にアクセスが伸び続けている。この件は昨日報道されていたのか?

まぁ、昨年5月26日に、各系列ホテルに一斉に家宅捜査が入り、その後の進展がどうなったのか感心があったのだが、なかなか逮捕に至らなかった。まぁ政権側の政局が危うくなってきたら、マスゴミの目くらましにいつかタイムリーに出てくると思っていた。八百長相撲と2連打といったところか。

1月頃、岡本倶楽部のトップページを開いてみたが、昨年まで、まだあった例のサイトは、もう閉鎖されていたようだ。ここでは、性懲りも無く第4次募集をしていた。しかし関連の11あった各ホテルをチェックすると、ほとんど予約欄は空欄でもう営業をしていなかったようだ。最後に残ったのが、本部の熱海岡本ホテルだったようだ。たまに用事があって、このホテルの前を車で通り過ぎると、営業はしていた。

そこで

続きを読む "やっと「岡本倶楽部」の預託金商法の懲りない面々が逮捕となりました。"

| | コメント (8)

2011年2月 5日 (土)

1月の「朝まで生テレビ」を今回も見たのだが、あの悪貨数人もう出すな!追加!小沢一郎再度告発される、平野と共に!

ここ数日、カミさんが子分の末娘と一緒に、ベトナム・ホーチミン(旧サイゴン)に行っていて、オイラは留守を預かる身となっていた。まぁ、普段食べたいと思っていた食事を、自分で作って食べれる楽しみを味わっていたのだが。生牡蠣などは、一度に2パックをぺろっと食べてやった。まぁ、1パック278円だったから、そんなに豪華ではないのだが、バンクバーのオイスターバーでの、あの雰囲気を思い出した。

カミさん今朝7時に成田着で、先ほど自宅に帰還した。今年は旧正月が2月2日、大晦日が1日だったそうで、旅行中は旧正月休みの真っ只中。ほとんど観光関係以外はシャッターが下りていたとか。旧正月って中国だけだとの認識が間違っていたようだ。昔ベトナム戦争でテト休戦・テト攻勢なんてのがあって、テトの最大のイベントは春節=旧正月なんだよね。あまり知らなかったらしい。しかしまぁ、それなりの楽しい旅だったようだ。

さて本題。

オイラ月に一回の例の「朝まで生テレビ」を今も几帳面に録画して観ているのだが。これ評判が年々落ちているとは云え、一般お笑いタレントバカ番組よりまだマシなので継続して観ている。1987年からだから、もう24年続いている。田原もそうとう耄碌してきて、昔の冴えもなくなり、言葉も相当もつれるようになったね。そうオイラも合わせてトシを取った。

続きを読む "1月の「朝まで生テレビ」を今回も見たのだが、あの悪貨数人もう出すな!追加!小沢一郎再度告発される、平野と共に!"

| | コメント (5)

2011年2月 4日 (金)

相撲詐欺と温暖化詐欺はいつまで続く:米国は寒気団で産業は停止状態

またまた、政局隠しのメディア工作作戦が実行されたような。八百長相撲の話だ。これは昨年デブ達の密かな楽しみ、野球賭博から容疑者の携帯が没収され、その消されたメールを復元したら、それとは別に八百長相撲の証拠が現れてきたという、お粗末な話なのだが。

衆院で民主党政権が、野党に詐欺マニフェストでギュウギュウ締められている最中という絶好のタイミング。これで2月一杯テレビ報道はデブ達のウロタエ振りに終始することになる。相撲で食べている評論家達がテレビで忙しくなる、かきいれどきの再来だ。相撲賭博まで発展しなければ、この件は刑罰の対象にならない。そのならないものを、なぜ警察は発表したのか。どのようなルートで発表に至ったのか。なにか仙谷辺りの影がちらつくのだが。

江戸時代から相撲に関しては八百長なんて当たり前。相撲をスポーツで観ているのが間違っていて、ありゃ国技という文化なのだ。過去もこの問題は、疑惑浮上と納まりの繰り返しだった。従来は明確な証拠が無かったので発覚しなかったが、とうとう「削除メールの復元」で発覚してしまった。まぁ、ここまで来ると2年連続の不祥事ということになり、相撲協会は、公益法人の取り消しの可能性も出てくる。しかし初期にガスを爆発させ、後半は屁のように消していく作戦になるだろう。トカゲの尻尾は切られることになるが。

国が国技として保護できなくなったら、八百長の塊だったプロレスのように消えていく運命になるからね。

因みに、過去からの疑惑が発覚にというと、なにか小沢一郎被告とダブってくるんだよね。

さて本題

昨年の欧州大寒波で英国が全土凍結したが、今年は米国凍結だって。

続きを読む "相撲詐欺と温暖化詐欺はいつまで続く:米国は寒気団で産業は停止状態"

| | コメント (2)

2011年2月 2日 (水)

1日の予算委員会にて。藤井倒れる寸前のように興奮して拒否。どこへ行ったこのカネは?

衆院予算委員会が始まっているが、ちょうどテレビ報道では、サッカーアジアカップで、オーストラリアを破って日本が優勝。連日ゲップが出るほどの報道で埋め尽くされた。そして日本海側地域の豪雪報道、霧島の新燃岳の噴火、エジプトの政変、ハンカチ王子のキャンプイン、などなどの報道が連日で、国会の予算委員会関連の報道はチョッピリだけ。

まして、予想通り小沢一郎は起訴となった。この件もあまり時間を取って報道はされなかった。民主党は、政局報道が押されて少なくなり、予算委員会での民主党詐欺マニフェストが、数々、大きく暴かれいることがあまり報道されないことに、内心ホッとしているのではないだろうか。

まさに現状は「なーに、政権を取ってしまえば、なんとかなる」が満開状態の国会なのだが。昨日の2月1日の予算委員会を一通り録画で観たのだが。質疑者は、石原伸晃⇒石破茂⇒鴨下一郎⇒野田毅⇒塩崎恭久⇒甘利明⇒稲田朋美⇒柴山昌彦が行った。

まぁ、自民党も政局にあまりならないような発言にしようと努力しているようで、観客者としては、刺激が少なかった。しかし建設的な質疑答弁となったようで評価する。まさに民主党は追い詰められてきている。答弁も詭弁に満ち溢れているかのようだ。

最後の柴山昌彦の追求は面白かった。オイラが前から興味を持っていたことに触れてくれたからだ。そう、小沢一郎率いる自由党時代幹事長だった現内閣官房副長官:藤井裕久に対する質問だ。

続きを読む "1日の予算委員会にて。藤井倒れる寸前のように興奮して拒否。どこへ行ったこのカネは?"

| | コメント (4)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »