« そろそろ、中国・ロシアからも見放される金王朝なのか?ヤクザ国家の行方はどうなるのか? | トップページ | 海老蔵に時間を割くなら、もっと重要な報道はいくらでもあるだろうが。仙谷法匪の嘘とか。仙谷 政権の嘘ばれる。 »

2010年12月 3日 (金)

年間20日のオイラの農作業:ウチのダイダイ獲り。今日はカラダが痛い。

昨日は、みかん山にある2本のダイダイ木の果実を切り落とした。2段ハシゴを掛け、そこに登り、片っ端からダイダイを枝から切り落とす。次に木に登り、内部にあるダイダイを切り落とす。木から落ちた場合を考えて、ヘルメットをかぶってだ。

この木はオイラが生まれる前からあったので、樹齢70年以上だろう。毎年この時期に行っている。2本の木で約500㎏程のダイダイが実る。そしてこれをJAに出荷し、これが正月の高級お飾りに付けられる。だからそのために5センチ程度の枝が実についていなくてはいけない。また表面が綺麗なものでなくてはならない。

その結果有効に引き取ってくれるのは、全体の1/3程度となる。その選別も自分で行わなければならないので、手間が掛かる。昨年の実績では、収穫作業+選別作業+JAに出荷、の工程で、正味実労時間15時間。有効実質重量160㎏で収入振込みが13,500円だよ。85円/㎏ってところ。これに初夏・夏の消毒も必要だ。これをJAは倍掛けで市場に流しているわけで、ほとんどJAの職員の給料のための農業のようなもの。

ご先祖からの遺品として大事にしているから、毎年やっているが、これは趣味の範疇となる。余ったダイダイを絞ってダイダイ汁(ポン酢)をつくり、それをポン酢醤油にして、お歳暮の代わりや、自家調味料としている。これ冷蔵庫保存で1年はOK。あとは、秋の紅葉の中での運動といったところ。プラスマイナスで、ちょいプラスだから続けている。

このダイダイは、もちろんポン酢には無くてはならない果汁だが、表皮にダイダイの油をたっぷり含んでいて香りがよく、焼き物や鍋料理の付け汁に最高。絞ったあとの皮を乾かして、お菓子に加工もする。昔有名だったのが「ゆつぼ」という土産お菓子。

数個を半割にして、風呂の中に入れ、ダイダイ風呂も結構なオモムキもある。なぜか湯冷めをしない。ダイダイ油のせいなのかもしれない。また多少苦味があるが、ダイダイマーマレードにするのも一考に価する。夏みかんマーマレードも有名だが、このダイダイマーマレードも評判がいい。オイラ多少この苦味に惚れている。

このダイダイは不思議な実で、一度成果したあと、また青くなって成果すると言われ「代々」とも書く。樹齢70年、ウチのダイダイの精気を吸わせてもらって、今日も明るく元気なオイラなのだ。

自家製ポン酢醤油の作り方

鈴木家のポン酢:自家製ポン酢醤油の作り方16987 

(クリックで大)

|

« そろそろ、中国・ロシアからも見放される金王朝なのか?ヤクザ国家の行方はどうなるのか? | トップページ | 海老蔵に時間を割くなら、もっと重要な報道はいくらでもあるだろうが。仙谷法匪の嘘とか。仙谷 政権の嘘ばれる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そろそろ、中国・ロシアからも見放される金王朝なのか?ヤクザ国家の行方はどうなるのか? | トップページ | 海老蔵に時間を割くなら、もっと重要な報道はいくらでもあるだろうが。仙谷法匪の嘘とか。仙谷 政権の嘘ばれる。 »