« バブル期の温泉旅館経営者のガラガラポンは、延々続く。ホテル大野屋の民事再生法適用。 | トップページ | クリーンエネルギー風力発電の凋落。世界はすっかり詐欺に嵌っていた。 »

2010年11月24日 (水)

北朝鮮、韓国領の島を砲撃。これから北朝鮮はどこまで落ちる?

23日において、北朝鮮側からの延坪(ヨンピョン)島内の街への攻撃で今、マスゴミは大騒ぎになっている。テレビ番組ではこの事件で百花繚乱。まぁ、北朝鮮側には様々な背景がある。まして南北赤十字会談で韓国からコメ50万トンや他援助が決まる前に、この事件。これでオジャンになってしまった。韓国はこの南北赤十字会談を無期延期としてしまった。

これ見方によっては、多少韓国の誘発にしっかり嵌ってしまったとも言える。当日韓国軍はこの地域で、定例の射撃訓練をする予定だった。これに反発して、8時20分に北朝鮮側は、訓練を中止するよう、韓国軍の通信施設に「北朝鮮の領海内に撃ったら容赦しない」とのFAXを送ったそうだ。

しかし、韓国軍は予定通りの訓練実施を通告し、島の自走砲部隊が午前10時半から午後2時25分まで島南西の韓国側海域に向け射撃。そして午後2時34分ごろ、島の北約10キロに位置する北朝鮮のム島などから北朝鮮側の砲撃が始まったと。この辺は、北朝鮮の領海ニダだからね。ただこれは北朝鮮だけが10数年前から主張している領海ということなのだが。

北朝鮮側からは、約170発が撃たれその内約80発の砲弾が山を越えて、街に着弾。韓国側は約80発の砲弾で反撃した。兵士が2人死亡で、その他数十人が負傷。民家は火災も含めて60~70軒が被害を受けたそうだ。

まぁ、何もない国は強い。自国の人民は生かそうと殺そうとどうでもいい国だからね。ウラン爆弾はいつでも造れるよと、わざわざ米国の専門家に完成している施設(ウラン濃縮施設)を見せびらかしたようだ。ますます関係国は経済制裁を強めていくのであろう。

福島瑞穂に、このような時どうしたらいいのか相談したほうがいい。きっと「話し合いをするぞ!」とのご解答を頂けるかもしれないね。

各国間の紛争の解決は、国連はほとんど機能出来ないことは確かだ。これで北朝鮮が原爆・水爆を完成させ、ミサイルに載せることが出来れば、日本・韓国はグーの音も出なくなる。こんな王朝独裁国家に脅され続けなければならない。頼りは米国なのだが、どこまで米国が助けになってくれるかは未定なのである。

米国が援護してくれるとしても、韓国又は日本にそうとうな被害が出てからだと覚悟しなくてはならない。平和というのは、双方武力抑止力が均等に働いている場合で、たとえ誤解でも、それが少しでも崩れたと見られると、とんでもない紛争が発生することを常に常識として持っていなくてはならない。

鳩ポッポさん、「友愛の海」は詩だけの世界なんだよ。このごろ大学祭の講演で忙しいらしいが、まぁ、彼を呼ぶ方もどうかしてる。怖いもの見たさの見世物としてなら納得はするが。将来有望な大学生に、愚かな洗脳はして欲しくないね。

日本のジャーナリストやテレビのコメンテーターにその常識のないヤカラが多すぎた。そしてその筆頭に、民主党議員の大半や社民党議員のお花畑の面々が、日本に緊張感を捨てさせる方向に引っ張ってきた。

日本国籍でない東大教授の姜尚中をテレビのオピニオンリーダーであるがごとく扱い、その他高野孟・田原総一朗・鳥越俊太郎・川村晃司などなどジャーナリストとして持て囃してきたテレビ界。あなた方の罪は大きいよ!

|

« バブル期の温泉旅館経営者のガラガラポンは、延々続く。ホテル大野屋の民事再生法適用。 | トップページ | クリーンエネルギー風力発電の凋落。世界はすっかり詐欺に嵌っていた。 »

コメント

北朝鮮が延坪島に砲撃した報道の影に隠れてしまいましたが、小沢ますますピンチとなっています。

小沢氏の特別抗告棄却 最高裁 起訴議決効力差し止めで
2010.11.25 15:55

 検察審査会の起訴議決をめぐり、民主党の小沢一郎元代表が求めていた議決の効力停止の仮差し止めなどについて、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は棄却する決定をした。決定は25日付。

 改正検察審査会法に基づく強制起訴について示された最高裁の初判断で、「検察審査会の起訴議決に対して、行政訴訟では争えない」と結論づけた。

これが判例となることから、小沢氏が東京地裁に起こしている行政訴訟にも影響を与えることになり、小沢氏側の訴えが却下される可能性が出てきた。

投稿: 陳湖臭 | 2010年11月25日 (木) 16時41分

福島瑞穂案の定ですね。

今日の参院予算委員会で、朝鮮学校への授業料給付について、政府が今回の事件で決定を休止したことに対して、
政治問題と教育問題は違うので、朝鮮学校への給付はするべきだと主張していた。

コイツ確信犯的に朝鮮総連の工作員だよ。

投稿: アリラン | 2010年11月25日 (木) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バブル期の温泉旅館経営者のガラガラポンは、延々続く。ホテル大野屋の民事再生法適用。 | トップページ | クリーンエネルギー風力発電の凋落。世界はすっかり詐欺に嵌っていた。 »