« サンプロなきあとのサンフロラインの番組凋落に歯止めが掛からない。もう番組降板を薦めます。 | トップページ | バブル期の温泉旅館経営者のガラガラポンは、延々続く。ホテル大野屋の民事再生法適用。 »

2010年11月20日 (土)

もう、めちゃめちゃな民主党政権!もっともっと日本を貶めておくれ。

いやはや、現在の政権の言うこと、やること、なすこと、ほとんど全てが狂い始めていますね。今日は、少し風邪気味だったので、昼寝兼で国会中継録画をうつらうつら見ていたのですが。こんなに、いくつも、いくつも民主党政権のボロが出てくると、何を優先的に取り上げていいのか分からなくなってしまう。

民主党の昨年のマニフェストやらと同じで、あまりにも数多く出されると、対する批判の焦点が分散してしまってボケてしまう。これ民主党の高度な作戦なら、あっぱれと見上げるのだが、そんな作戦を練れる人物はひとりもいない。ほとんどが、あまりにも閣僚として、素人同然の劣化きまわりない議員たちが閣内に存在していることが、推測の段階を超えて明白になったことだろう。

菅政権の内閣支持率は20%台に落ち、それを反省するどころか、衆参の委員会で、みごとにあっちからも、こっちからもボロ問題が噴出してきて、いまや体をなしていない。鳩ポッポ・小沢を筆頭に、馬渕国交相・柳田法務相・蓮舫行政刷新相・岡崎国家公安委員長・前原外務相・北澤防衛相そして本命の仙谷官房長官・菅首相。まったく賑やかだ。

反民主党系、客観視系ブログのブロガーも、批判をするにも、いい加減うんざりしてきているようで、カエルの面にションベン状態。

「成り金」という言葉がある。それまで質素に努力してきたが、たまたま当たりに当たり大成功。しかし、従来からのカネの有効な使い方を知らないので、軽蔑されるようなダサいものに大金を使い、異常に偉ぶる。やがて自信過剰で大失敗をして、元の路傍の石となる。

今の民主党を見ていると、この「成り金」ならず「成り権」のように見えてならない。確かに世襲議員が多かった自民党議員と比べると、民主党議員はその比率は大変少ない。どちらが政治家として優れているのかは、世襲であろうと非世襲であろうと対して変わらないのではないか。

世襲の場合は、親を見て政治家としての言わば「帝王学」を身につけることが出来るが(もちろん例外も多し)、非世襲の場合には、よほど学習した者では無い限り、よこしまな自信に満ち溢れ、厚顔無恥、唯我独尊に陥る傾向が強い。

まして民主党議員は、その長い野党暮らしのなかで生き残る為、金銭的にも、動員的にも、多くに頼ってきたわけで、与党となった今、それら反自民党系に多くの恩返しをしなくては、次が無くなってしまう。まぁ、その辺からも今の政権の歪性が現れて混乱を生じていると見れる。

昨年の衆院選での民主党の大勝は、決して民主党の各候補者が優れていると認め有権者が投票したというのは少なく、それまで数年間に渡るマスゴミの作り挙げた「世論」の風が吹いて、ただただ民主党候補というだけで当選した議員が多かった。昔、マドンナ旋風で、社会党が大勝したのと大変似ている。結局多くのクズ議員が当選して、やがて一期で屁のように消えていった。この辺、歴史は繰り返す。

で、今回凄いのは、過去自民党政権時代、たまにあった閣僚の失言問題や悪材料が、各閣僚一斉にぼろぼろ出て来て、民主党議員が一致団結どころか、馬糞の川流れ状態になりつつあることだ。鳩ポッポ首相の、小沢幹事長の、「政治とカネ」のころは、各議員緊張感もあって、内紛が起こる状態ではなかったが、小沢駆除政権となると様相が一変してきた。自分で味方ゴールにタマを蹴っている状態。オウンゴール(旧名は自殺点)のやり続け。当然政敵自民党はここぞと追及をするよ。

緊急の話題は柳田稔法務大臣。

民主党の柳田稔は、法務大臣の就任を祝う会合で挨拶し、「法相は二つだけ、答弁を覚えておけばいい。(個別事案については答えを差し控える)、(法と証拠に基づき適切にやっている)」。これで法務大臣は立派に務まると公の場で発言したそうな。つまり表面だけを取り繕っていれば、国民を騙すのは簡単だということ。

工学部出身が法務大臣になったから、法律関係はチンプンカンプン。宮沢洋一に「指揮権発動」の仕組みを丁寧に教えて貰っても、理解不能のようだった。最後に宮沢は、「あなたの無能が理解できた」と突き放され、「法無」大臣の烙印を押されてしまった。

そして当初法務大臣に菅直人から指名されたとき、過去法務委員会に属したこともない自分がなぜ、法務大臣?と驚いたそうだ。

この男、正直で性格はいいのかも知れないが、自分の大臣としての立ち位置が全然分かっていなかった低脳児だった。本来なら空気として自ら学ぶはずなのだが。空気を教える先輩が皆無なのであろう。まして尖閣問題で法務大臣の資質が問われる真っ最中に、自分の就任祝賀会で後援会の皆様に向けた発言だ。テレビも入っているのをご承知の上で。バカだ、本当に間抜けだ。

今日か明日には辞表を出すだろう。それをしなければ、月曜以降には問責が通ってしまう。後任は、小沢擁護弁護士の小川敏夫法務副大臣との事らしい。郷原弁護士と仲良しだったね。

次は仙谷法匪官房長官

就任から数ヶ月。これほど妄言、失言、詭弁の多い官房長官ってのもめずらしい。国会での答弁を、裁判の公判と勘違いしていることおびただしい。それも左翼弁護士として。最近のハイライトは、

「公務員という世界では同じように政治的中立性が求められる。更に、この暴力装置でもある自衛隊、まあ、ある種の…ある種の軍事組織でありますが」

言語道断の発言だ。日教組と違い、自衛隊は「暴力装置」と決め付けたのである。ついに仙谷由人は反日極左の正体を現した。予定になかった答弁で一般言語への変換が間に合わず、本音を漏らしたのだ。

報道各社は、仙谷由人が暴力装置発言を直ぐに撤回したと報じているが、真摯な反省もなく、単に「実力組織」と言い換えたに過ぎない。直後の発言は、こうだった。 「法律上の用語としては不適当でございましたので、自衛隊の皆さん方には謝罪をいたします」

国会での暴言後、18日午後の定例会見で仙谷由人は、そう強弁した。「暴力装置」という言葉は独の社会・経済学者マックス・ウェーバーが起源だが、一般化させたのはレーニンである。

レーニンは、1917年の著作『国家と革命』で「暴力装置」なる特殊ワードを多用した。問題は、それが暴力革命を肯定する為に使われ、戦後の我が国では常に反自衛隊の文脈で用いられていることだ。

まぁ、中途半端な左翼活動派で左系弁護士だったので、つい先祖帰りしたわけだが、無能力菅首相の上で采配を振るっているわけだから、予算委員長が仙谷内閣総理大臣と言い間違える程の実権者。尖閣問題の首謀者でもあったわけだ。念願の左翼政権を実現させて、これから日本を社会主義国に導いていくのだろう。

以下屁のような民主党議員も黙っちゃいない。まさに「成り権」を見せてくれる。

仙谷由人が暴力装置と罵倒した自衛隊の隊員に民主党議員が襲いかかったことも暴かれた。暴行事件が起きたのは7月27日に空自・入間基地で開かれた納涼祭だった。

昨夏の衆院選で当選したばかりの民主党・松崎哲久(埼玉10区)は、帰る際に自分の車が30㍍離れた所にあった為、目の前に移動させるよう誘導担当の自衛官に強要。

横付け、出迎え以外は認めない驕り方だ。 歩行者の安全確保を理由に通行禁止だったことから自衛官は歩くよう求めたが、松崎哲久は「オレを誰だと思っているんだ」と恫喝。自衛官が「2度と来るな」と呟くと、胸ぐらを掴んで更に脅したという。

56794

とりあえず野党は問責決議決定予定者として、柳田法務大臣は決まり。

次の候補は馬渕国交大臣そして仙谷官房長官。そして菅直人内閣の総辞職解散をターゲットにしている。いや、まだまだ国民は分かっていないかもしれない。オイラもっと悪くなって、いままでの政治全体を、憲法含めて国体を変えざるを得ないところまで行ったほうがいいと思っている。またもとへの揺り戻しに終わることなく。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の画像

さすが朝日新聞はお目が高い

朝日新聞はいつになったら、

戦後60年の自社の報道仕分け並びに報道総括を

してくれるのでしょうか?

986287

おまけ

487625

|

« サンプロなきあとのサンフロラインの番組凋落に歯止めが掛からない。もう番組降板を薦めます。 | トップページ | バブル期の温泉旅館経営者のガラガラポンは、延々続く。ホテル大野屋の民事再生法適用。 »

コメント

仙谷さんの一番の功績は「民主党の正体は極左ファシスト政党」という事実をアフォな国民に知らしめた事なんですね。(爆w

ガンガレ!仙谷!管!

民主党の息の根が止まり、こんな連中を選んだ愚民どもが痛みのあまり白目をむいてのた打ち回るまで突っ走れ!(爆w

投稿: 陳湖臭 | 2010年11月20日 (土) 15時16分

仙谷の「暴力装置」の表現は、かつて自衛隊を違憲と批判する立場から使用されてきた経緯がある。

未だに、自衛隊、最高司令官の菅直人内閣総理大臣を頂いている仙谷官房長官の頭の中は、社会党時代と変わっていない。

これじゃ自衛隊員がかわいそうだ。

投稿: youtan | 2010年11月20日 (土) 17時36分

 私の周りでも、この呆れた政権には、言葉が無くて、「今まで生きて来て、観た政府の中で、最低」との評ばかりです。 菅・仙谷の顔を観るのも嫌です。
 「子ども手当」をバラマキする陰では、16歳以下の扶養控除を無くしてしまいました。 これでは、何のための「子ども手当」でしょうね。 バラマキしても、もう財源が無いのに気がついたのでしょうか。 アホの一言につきます。
 極左暴力集団に属していた仙谷は、陰の総理として悪役に相応しい人物ですが、こうした人物に共通しているのは、権力指向が強いことです。 良く観るのが、昔は全学連、今経営者。
上昇指向と権力指向が際立っているのです。 
 そんな人物から観れば、組織の規律や法律の殻を破り、国家と国民のために映像を公開した海上保安官の行動は、理解も出来ないし、権力に背く輩として憎むべき存在に映るでしょう。
 しかし、民主国家にあっては、国家の機密は必要最小限に限定されるべきです。 まして、他国の利益を謀るような機密の
指定の在り様には、国民の怒りが集中するのは当然です。 中央大学法学部の橋本基弘教授の論説にあるとおり、民主主義を守りぬく決意が要ると思うのです。 民主党には、極左暴力集団の陰を感じるからです。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20101115.htm
尖閣諸島中国漁船衝突事件で試される民主国家としての日本

投稿: とら猫イーチ | 2010年11月21日 (日) 12時44分

松崎哲久 その人気の秘密

●「俺を誰だと思っているのか!」 というドラマの悪徳代議士でももはや言わない台詞

●金はあるはずなのにあえて丸わかりな安いヅラを着用する庶民性

●党員として不適格として日本新党を除名された経歴

●さらに除名処分取消しを求めて訴訟を起こし敗訴というしょっぱい過去

●落選3回、初当選は比例復活ゾンビ当選、昨年ようやく選挙区初当選という華麗なる選挙成績

●恫喝事件報道への反論の中で「議員とは思わないで言ったのだろうが」とうっかり自爆

●しかも、小説家・脚本家でもあるのが信じられないほどの日本語の不自由さ

●政治資金収支報告書から浮かび上がった劇団四季チケット転売疑惑

●世襲を批判しながら、三木武夫と親戚であることをHPで太字で自慢

投稿: アタック | 2010年11月22日 (月) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンプロなきあとのサンフロラインの番組凋落に歯止めが掛からない。もう番組降板を薦めます。 | トップページ | バブル期の温泉旅館経営者のガラガラポンは、延々続く。ホテル大野屋の民事再生法適用。 »