« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の14件の記事

2010年9月27日 (月)

中国の尖閣ぶんどり作戦続行中。レアーメタルとか日本旅行禁止とか4人トラップ逮捕とか

まぁ、前の首相が、数年前から「日本列島は、日本人だけのものではない」「友愛の海」なんて云っていて8ヶ月間日本を政権下においていたくらいだから、中国もそうかいなってことになるのも無理はない。まして日本列島には、米軍基地はいらない。グァムやテニアンがあるじゃないかとも。もしもの場合の守護神は出て行けっていう民主党なのだから、そりゃ中国も誤解するわな。

なんでも、事件当日には、中国の漁船が約30隻も操業(違法)していて、いつものように、巡視艇が、マイクや看板を漁船に表示して、領海外に追い出していた。その中の一隻が、無謀にも、海保巡視船に体当たりしてきた。この船は漁民ではなく、完全に軍関係の工作船であることは、間違いないだろう。

日本の場合には、漁民は漁業組合の組織下にあり、いわば独占のようなもの。農業協同組合と同じだ。漁民は必ず漁業組合に入らなければならない。個人では、商売としての漁業は禁止されている。中国では、もっと国家に結びついている組織になっていると思う。しかし一般漁民は、自分が管理している船のメンテナンスは、自分の責任だろうから、そんないくら頭にきても、巡視船に体当たりして、相手にも、自船にも損傷を与えるようなことはしないだろう。北朝鮮の工作船もそうだが、国家が面倒を見ている船だから、そんなことが出来る。

テレビでチョロット指摘があったが・・・・・・

続きを読む "中国の尖閣ぶんどり作戦続行中。レアーメタルとか日本旅行禁止とか4人トラップ逮捕とか"

| | コメント (5)

2010年9月25日 (土)

べたヘタレの仙石と民主党、こんな日本に誰がした!尖閣諸島事件

なんでも、田原総一朗の情報では、この中国漁船の船長のバアさんが9月8日に死んで、29日に葬式があるから、即急に中国に戻さないといけなかったとか、漫画みたいなことを云っていた。もしこれに一分の信用性があるのなら、この船長は人民軍のトップクラスの息子ということになる。中国側の今回の反応を見ると頷けることもある。なんたって人治の国だからね。まぁ、田原の話は半分はガセネタだろうが。

結局昨日24日に検察は「処分保留」でこの船長を釈放した。

ただ、中国側が昨夜、すかさずチャーター機を飛ばして迎えに来たところを見ると、この船長はただ者ではないような気がする。田原のいうことは半分当たっているかもしれない。

この「処分保留」とは、通俗的に表現すれば、「起訴しても有罪に持ち込む自信がない場合」

しかし、この漁船が、巡視船に体当たりしている未公開のビデオで、前原外務大臣は、 確証を得ている。パトカーに違反者が車で体当たりして、パトカーのボデーをへっこませたら、たとへ警官がケガをしていなくても、車が大破しなくても、公務執行妨害と器物破損罪で逮捕起訴だ。まして領海侵犯罪もある。

それがなんとここまで来て・・・・

続きを読む "べたヘタレの仙石と民主党、こんな日本に誰がした!尖閣諸島事件"

| | コメント (7)

2010年9月23日 (木)

尖閣諸島は、中国のものだと、ほざいていますが。もう毅然とした態度を見せてもらいたいですね。

いやはや、やってくれたね!作っていた今日の記事が、さっきの突然の停電で、全てパア。約1時間掛けたのに。トホホだよ。雷を伴う大雨が降ってきた時は要注意だね。随時下書き保存をしないといけないことは分かっているが、なかなか出来ないんだよね、これが。

昨日で今年の真夏日が終了したそうだ。観測史上初めてで71日あったそうだ。暑さ寒さも彼岸までと云われているが、今日はピッタリお彼岸(秋分の日)だ。昔の人はよく言ったものだ。大昔は今ほど観測網もたいしたことが無かったし、気象分析もそれほどではなかった。結構大昔から、たまには今年のような真夏日の多い年もあったのだろう。異常に大騒ぎするなって。9月になってものこの暑さは日本だけだよ。狙い撃ちされたようなもの。まぁ、日本が狙われたラニーニャ現象にすぎないのだから。

そんなこんなで、さっきまで作った文章を再起させているのだが。そうそう尖閣漁船事件だ。

中国の温家宝首相が、ニューヨークで、国連に来たついでに、中国系米国人を集めて、この問題について、日本を糾弾したとか。 

続きを読む "尖閣諸島は、中国のものだと、ほざいていますが。もう毅然とした態度を見せてもらいたいですね。"

| | コメント (3)

2010年9月21日 (火)

後半の人生は、どうやら入れ歯をしなくてもいいかもしれない。オイラの治療経験談

先日、長野の山中に居を構える、リョウ坊から電話があり、相変わらず横浜や葉山からのヨットクルージングを楽しんでいるとのこと。安曇野から高速でよく通うものだと関心してしまう。近々には、伊勢志摩からの出航で、6時間車を運転して駆けつけるとのこと。還暦過ぎのジジイが元気なこと。オイラはヨットクルージングなんて興味がない。

オイラが仲間と持っているのは、26フィートのヤマハPC26ってやつだが、冷却管が故障して修理で夏後半から乗れなかった。もっともこの暑さじゃ乗る気もしなかったが。この船も還暦過ぎのジジイって感じでお互いいたわり合う。やっと修理も終わり、土曜日の船釣りの予定をしたので、一応誘いの連絡をした。まぁ、彼も予定があって参加は出来ないが。しかし、だいたいにおいて、ヨットマンは、釣りには興味がない。オイラ達は釣り専門。イカやオマダイ・オニカサゴ、夕食のおかず狩猟に奔走するのが楽しみなのだ。

ところで、この夏1ヶ月半前に奥歯に埋めていた詰め物が取れてしまい、新しく変えた歯科医院で処置してもらった。ついでに歯垢のクリーニングをしましょうと、検査も兼ねてしてもらったら、なんと歯槽膿漏進行中。この先生の説明によると・・・・

続きを読む "後半の人生は、どうやら入れ歯をしなくてもいいかもしれない。オイラの治療経験談"

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

弁護士さん、あんたらまったくいい商売をしているね。正義をいっても一皮剥けば・・・

ようやく、第2次イラ菅政権発足というわけだ。やはり原口総務相は降ろされ、代わりに民間ということで、片山義博となった。彼の発言は毎回納得のいくものが多い。これは正解かもしれない。もう原口をテレビに出すな!

しかし、納得がいかなく、アゴが外れそうに驚いてしまったのは、

仰天人事、岡崎国家公安委員長 反日デモに参加、在日朝鮮人から献金… (1/2ページ)2010.9.18 01:35

菅改造内閣のサプライズ人事といえば、警察の「総目付」役である国家公安委員長に、岡崎トミ子参院議員が就任したことだ。首相経験者の一人は「仰天した」というが、岡崎氏の過去の“特異な”言動を振り返るとそれも納得できる。

岡崎氏は通常国会の会期中の平成15年2月、ソウルの日本大使館前で韓国の慰安婦問題支援団体主催の反日デモに参加し、韓国人と一緒に大使館に向かってこぶしを振り上げた。このデモに日本の国会議員が加わったのは初めてだった。

続きを読む "弁護士さん、あんたらまったくいい商売をしているね。正義をいっても一皮剥けば・・・"

| | コメント (2)

2010年9月16日 (木)

代表選後のあれやこれや。原口とか、ガールズとか、オザーサンとか。

今日のお昼時の番組、テレ朝のワイドスクランブルを、昼メシ喰らいながら観たのだが。あの原口一博総務相が、ゲストで出ていた。コイツだんだん人相が悪くなってきているような気がする。なんでも、菅直人首相の閣僚でありながら、小沢支持を宣言して、そして小沢敗北、さあどうしようかというところだが。

まぁ、もっとも原口の任命権者は鳩ポッポ。別に菅直人ではない。しかしそのまま大臣を留任させてくれたのは、菅直人だ。当然今回の件は、総務相トッカエが筋というものだろう。原口は早々にも頭を下げ、首相に辞表を出すのが王道というか、筋というものだ。

それを、今になって番組で、自分の今の仕事を続けたいなどと女々しいことを並べていた。なんたって、総務大臣は電波関係の専権がある。テレビ局からみれば、お殿様だ。

続きを読む "代表選後のあれやこれや。原口とか、ガールズとか、オザーサンとか。"

| | コメント (2)

2010年9月14日 (火)

敗軍の将、何も語らず、会場を出る。小沢一郎は負けた。

党員・サポーター票 

小沢一郎 51P  菅直人 249P

地方議員票

小沢一郎 40P  菅直人 60P

国会議員票

小沢一郎 400P 菅直人 412P

合計総数

小沢一郎・・・・・・・・・・491P

菅直人・・・・・・・・・・・・721P

勝敗が決定し、それを受けて、菅直人は結果の演説をしたが、小沢は結果の演説を拒否したようだ。

それにしても、オイラの予測はズバリ当たった。

民主党代表選、いよいよウ○コの投げ合いが激しくなった。下半身問題も飛び出した。2010年9月10日 (金)

さてさて、14日に迫った民主党代表選挙だが、どちらが選ばれるか?9月1日の記事に書いたが、 ・・・・・・・・・・・・・・・・国会議員数だけで見れば、現在小沢が優勢らしい。しかし無記名投票だからどうにでも操作が出来る。オイラは最終的に、菅直人が勝つ方向にシナリオが出来ているような気がする。

オイラの予測は、外れることもよくあるが、形勢は菅直人側の巻き返しがすすんでいるようで。結果としては、大差で菅直人が代表になるのではと思っている。

小沢一郎君、もう君の役目は終わった。政界を引退することを、お勧めいたします。そして自宅の庭で、大好きなニワトリの面倒でもみながら、「起訴相当」の場合の裁判の準備に備えてください。まだほかにも、起訴があるかもしれませんし。

それとも、まだまだ政界で子分を率いて戦っていきますか?そりゃ日本をもっとダメにしてしまいますよ!

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

この1年の民主党の詐欺政策の総括。さすが媚びていたテレビ番組も引いてきた。

今日は朝8時より、町内の道路側溝の清掃。毎年夏前と夏後に行う。側溝の雨水が入り込む部分に溜まっている泥とゴミを取り払い、消火栓からホースで側溝内を放水する。まぁ、火事の時用の消火栓なのだが、そのメンテナンスと訓練も兼ねている。オイラの組だけでも、30人ぐらいの男女の参加があった。そのあと、市長選と補欠市議会選挙の投票に行ってきた。面白いもので、清掃作業中、選挙の話は一切なかった。昔だったら、候補者筋が現れて、何気なく依頼をしたものだった。オイラ、市長候補は両方とも知人なので、迷った挙句、3日の公開討論会を聞いて、それで決めた方にした。

録画で、サンデーモーニング・サンデーフロントライン・サンデースクランブルをCM飛ばし、不用部分飛ばしで観た。この方法が一番いい。

サンデーモーニングなんだが、まるでお通夜のようだった。寺島実郎だけが頑張っているようだったが。彼、鳩ポッポのアドバイザーで、東アジア共同体構想を鳩山に吹き込んだ張本人とか云われているとか。オイラ昔から、このWスーツのこのデブ男の発言は眉毛にツバを付けながら聞いている。

この番組って、左に傾いた反日系番組で、・・・・

続きを読む "この1年の民主党の詐欺政策の総括。さすが媚びていたテレビ番組も引いてきた。"

| | コメント (7)

2010年9月10日 (金)

民主党代表選、いよいよウ○コの投げ合いが激しくなった。下半身問題も飛び出した。

米国の金融経済がますます深刻になっている件、そして中国のバブル崩壊の兆し(人によってはもう崩壊過程)、ユーロ経済圏が解散又は一部国離脱の可能性。まさに世界の経済は、魑魅魍魎に動いている。これも、「カジノ的ねずみ講的詐欺金融」にスッポリ世界が嵌ってしまったその後始末なのだが。日本だけだ、そのバブルにほとんど嵌らなかったのは。もちろんその影響はもろに受けるが。トホホだよ。

そのような中、オイラのブログも、民主党内政局を扱った記事ばかり続いていく。しかし、これはこれまでの、マスゴミによって作られてきた、日本の世論を見直すいい機会だと思って、ない脳味噌を振り絞って、面白おかしく、からかいながら、糾弾しているわけで。

あまり、真剣に憤慨して、マジ糾弾記事をつくり続けると、そのあふれ出るアレドナリンの影響で、やがて自分の体を壊すそうです。陳湖痒さんに言わせると・・・・・・・

怒りは身を滅ぼしますよ。鮮人にせよ、民主党にせよ、怒る対象ではありませんよ。あんなもんネタですから笑う対象ですよ。過去の博士の独り言氏や瀬戸さんの入院や体調不良を見ていると、怒ることが不健康に直結していると思えてなりません。

そんなこんなで、今朝の朝ズバをチラリと見たら、媚小沢の細野豪志と媚菅の蓮舫が、2人対決討論をしていた。まぁ、小学時代に見た、「ゴジラとアンギラス」の映画みたいだが。感情論では、オイラこの蓮舫ってのは特に嫌いで、見ていて反吐が喉を通ってくる。

続きを読む "民主党代表選、いよいよウ○コの投げ合いが激しくなった。下半身問題も飛び出した。"

| | コメント (4)

2010年9月 8日 (水)

号外!鈴木宗男の有罪が決定!

ほらほら、小沢さん、民主党さん、災難は忘れたころにやってくる。

確か民主党は、高裁で有罪判決の鈴木宗男をどのような理由か知らないが、外務委員会委員長にしていたね。「推定無罪」というのは、一般庶民なの!政治家は「無罪判決がでるまで、推定有罪」なの!

政党は違っても、小沢さんの懐刀であったわけだが。

イラ菅首相は緊急役員会議を今日開くとか。

続きを読む "号外!鈴木宗男の有罪が決定!"

| | コメント (5)

小沢一郎の豪腕とは。今回の代表選は憲法違反になりそう。大丈夫か民主党。

今、台風9号が、日本海を通って、本島を抜けるコースの中にいる。オイラの地域でも、現在は、曇りなのだが、11時ごろから大雨が降る予報となっている。8月13日から、昨日まで26日間雨無しの猛暑日・真夏日だった。久しぶりの雨降りを期待しているところだ。

いままで、素人には分からなかった、どろどろしていた民主党内の、小沢派、反小沢派の内情が、かなり見えてきて、民主党そのものが分かりやすくなってきて歓迎している。

素人目にもかなり、胡散臭いことが明らかになるということは、やはり政治的に素人集団ということなのだろう。オイラら有権者としては、全体的結果がよければ、旨く完全に騙してくださいよというところなのに。それが鳩ポッポから始まって、ボロボロ、ゾロゾロここまで醜態を見せられては、「あいた口が塞がらない」。

テレビ・マスゴミも、もっと根本問題になぜ触れないのか、不思議でならない。一部にはその疑問が公開されてきているが、拡散をくいとどめようとするチカラの方が強い。そりゃ、どちらもマスゴミも絡んできている罪悪感からなのか。

続きを読む "小沢一郎の豪腕とは。今回の代表選は憲法違反になりそう。大丈夫か民主党。"

| | コメント (4)

2010年9月 6日 (月)

菅と小沢、テレビで、両者の討論花盛り。我々はこれらの発言から、何を読み取るか。

NZ南島でM7・0の地震 2人重傷、邦人被害なし

報道は政局一色なので、ニュージーランドのクライストチャーチでのM7.0の地震はどうだったのか、近く(ダニーデン)にお住まいの、でんこさんに問い合わせをしたら、以下の通り。

朝方4時35分の地震だったので、こちらは全く知らず、まず、日本大使館からの連絡メールを見て、あわててテレビをつけた次第です。 

そしてCHC(クライストチャーチ)の知人と連絡が取れて、ひとまずほっ、でした。  

中心部の古いレンガ造りのビルが倒壊しているので、これが日中起こっていれば犠牲者もたくさんあったろうと思われます。今の所死者ゼロ、病院に患者は集まっていますが、けがより、ショックによる心臓疾患が多いようです。 

現在は市中は立ち入り禁止措置を設けたり、夜間外出禁止令を出し、陸海軍も出動、速やかに手が打たれているようです。  

ただ下水道が壊れている可能性があり、トイレの水を流すな、水道水は10分沸かして飲めと指令がでているので、その点しばらく住民は不便な生活が続きそうっといった所です。  

またこちらでは火災保険を掛けていると、地震保険も兼ねている(政府が10万ドル、それ以上は保険会社)ので、その点安心です。  

日本ではまだまだ残暑が続きそうですね。

被害の報道写真をみると、やはり活動中の昼間なら、死者もかなり出たと想像する。しかし住宅に関しても、各戸広い敷地に建っているので、中心市街地のみが直接の被害を受けたようだ。古いブロック積みや組石造の建物は当然被害があったようだ。しかし、たとえM8だったとしても、このような環境では、そんなに大きな被害はないのかもしれない。

さて本題

土・日と午前の報道バラエティー番組録画を見たのだが・・・・・・。

続きを読む "菅と小沢、テレビで、両者の討論花盛り。我々はこれらの発言から、何を読み取るか。"

| | コメント (3)

2010年9月 3日 (金)

記者クラブさん、公開討論会で、なぜ民主党の「組織対策費」の使途不明金問題に口をつぐむのよ。

今朝のスパーモーニングは、小沢一郎御大が出演で、その討論場面を途中から見た。れいの鳥越俊太郎・大谷昭宏・三反園訓ら、オイラが如何わしいと受取っている卑しい面々なのだが。途中誰かの質問に小沢が答える内容が、多少やばくなりそうになると、誰かが話題を変え、小沢マンセーを繰り返していたような印象を受けた。

鳥越が、秋葉市長の「核の傘」からの離脱宣言に対して、菅首相は、核抑止力は重要だと言ったが、せっかくオバマ大統領が核兵器撤廃のプラハ宣言をしたのにと。これについてどう考えるかと質問した。小沢ははぐらかした回答をしたのに対して、それ以上の突っ込みはなし。オバマの本音は、1万発前後の在庫の核兵器のメンテナンスが大変だから、同じようなロシアと合意して、その数を大胆に減らしましょうということにすぎない。この鳥越は、「核の傘」から離脱して、回り核保有国の中で素っ裸になれという考えらしい。

まぁ、小沢がテレビに番組に出て、これだけ長時間喋ったのは、珍しいことだ。明日か明後日には、このサイトに動画が載るだろうから、保存しておくといい。

ニュース/ドキュメンタリー番組

さて、昨日2日、日本記者クラブ主宰の菅直人と小沢一郎の公開討論会があったわけだが。

続きを読む "記者クラブさん、公開討論会で、なぜ民主党の「組織対策費」の使途不明金問題に口をつぐむのよ。"

| | コメント (6)

2010年9月 1日 (水)

トロイカ体制が、フレミング体制になってしまった。鳩ポッポよ!もう消えよ!

昨日31日の夕方5時ごろから、始まった首相と小沢の対談。それが終わって最初に小沢の会見が始まった。たどたどしい喋り方で、最初くどくど経緯らしきものを喋っていた。オイラ聞いていて、小沢が出馬をあきらめる言い訳をしているのかと思って聞いていたが、最後に出馬を再度宣言した。

それ以前の、小沢・鳩山・興石の三者会談で、トロイカ体制+興石で行こうとの結論に、その後の鳩山・菅直人首相対談で、首相も合意したとかなんとかやっていたが。その挙党体制の中身の受取り方の違いがあったらしい。菅直人側は、3人組を政策顧問的な実権なき存在。片や3人組は、政策からカネまで党運営すべてに拒否権が発動できる「最高幹部会議」。そこに焦点が絞られたようだ。

そもそも旧ソ連の権力の妥協の産物「トロイカ体制」というコトバを持ち出してくること事態、程度が低い面々ともいえる。トロイカ体制は、やがて2人が淘汰され1人の独裁に収斂される法則。フルシチョフがそうだった。三者会談が終わったあと午後2時すぎ、記者が小沢に首相との会談予定はありますか?との質問に「それはない」と言ったそうだ。その時点で決裂が決定していたと見る。

その後5時ごろ始まった、菅首相と小沢との会談では何を話し合ったのだろう。多分双方の選挙戦でのルールについてだったのではないか。例えば、小沢の過去の「組織対策費」の独善的使用についてほじくり返さないとか、その他ネガティブキャンペーンを張らないとか。もしそれをした場合には、このように報復するとか。まさに戦場で両陣営の大将同士の最後の会談というところまでいったのだろう。

続きを読む "トロイカ体制が、フレミング体制になってしまった。鳩ポッポよ!もう消えよ!"

| | コメント (6)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »