« 太陽光発電システムの偽善性:メーカーさんや施行業者さんには悪いが! | トップページ | 日本は「デモクラシー国家」ではなく、根本的には「セオクラシー国家」なのだ。憲法改正により、そのクビキから開放される。 »

2010年7月30日 (金)

さあこれからどうする社民党!左翼評論家にもてあそばれて、辻元までも船から逃げ出した。

趣味と人生観の違いか、オイラ前世からの因縁なのか、嫌な女というのがいる。もちろん尊敬する女も沢山いるが。曽野綾子様や塩野七生様、櫻井よしこ様などは、オイラ逆立ちしても追いつかないほどの尊敬をしている。もちろん時々意見は違うことはあるが。

それに控えて、辻元清美、福島瑞穂、田中真紀子、蓮舫などというヤカラは、テレビで見るだけで、虫唾が走る。タレントで落合恵子・小沢遼子なんてのもいるが、あれも嫌いだね。かつては土井たか子なんてのもいたが。

この辻元清美ってのは、20年程前にテレ朝が発掘して、田原総一朗の「朝生」によく出ていた。そのころ今のコスプレのような衣装で出演したこともある。例の「ピースボート」主催者という紹介だった。浅薄な、お花畑全開で、厚かましく喋りまくる、このオンナの素性を調べたら、早大出身の活動家だったのね。そのころから、「ピースボート」は「お花畑への洗脳船」とも云われていた。

バックには、筑紫哲也や高野孟、田原聡一朗、鳥越俊太郎などが、後見人、保佐人をしていたようで、まぁ、その範疇のプロパガンダ担当員だったのか。そうした後押しもあって、土井たか子から釣り上げられて、社民党から出馬し、1996年に比例で衆院議員となった。やがて秘書給与流用で有罪判決で議員辞職したが、次の選挙では、また返り咲いた。

福島瑞穂も弁護士出身だが、やはりテレ朝、TBSなどの擁護を受け、テレビ討論タレントから、社民党で出馬、1998年に参院議員となった。また2003年には社民党党首となって現在に至っている。

まぁ、両方ともテレビ界が送り出した討論タレント議員とも言える。

辻元清美の今回の社民党離党問題も、民主党の毒饅頭を喰らっていい気になっていた福島瑞穂の連立離脱まで含めて、同じような出目同士、嫉妬心や何やらで、それも最高に達し、社民党離党届に発展したのだろう。

もちろん辻元自身、だんだん落ち目となってきて、

有罪判決に伴う刑の執行猶予期間中であった2004年(平成16年)7月、国会議員への復職を目指した辻元は、第20回参議院議員通常選挙に大阪府選挙区から無所属で立候補したが、結果は落選(次点)であった。

翌年9月の第44回衆議院議員総選挙には社民党から立候補、選挙区選挙では落選したものの、比例代表区(近畿ブロック)にて復活当選した。

衆議院議員に復職した辻元は、2009年(平成21年)8月の第45回衆議院議員総選挙では大阪10区から再選され、同年9月には、女性として初めて、社民党国会対策委員長に就任した。

昨年の地区での衆院当選は民主党の多大なる応援があったからで、今回の社民党の連立離脱は、次の選挙は地区での当選は、民主党の応援なしでは無理で比例のみになってしまい、落ち目の社民党ではその比例でも落選もありとの読みなのだろう。

加えて選挙区事情だ。前回の総選挙で大阪10区から当選したのは、民主党が候補を立てず選挙協力に回ったのが大きかった。社民党の政権離脱はこれが困難になることを意味するのだ。

朝日によると、約1週間前、辻元氏は親しい議員に「自分が昨年の衆院選で得た票のうち社民党票は1万5千、民主党票は8万5千。民主党が対抗馬を立てれば、私は間違いなく落ちる」と漏らしたという。5期目危うしの危機感が根底にあることは間違いない。

連立政権時、国交副大臣にお召し遊ばれたが、連立解消となり、副大臣を辞任するときの、前原大臣に涙を浮かべて抱きつくところなどの演出を見て、まったくコイツらしいことをやるよと反吐が出た。

前回の逮捕時の、田原や筑紫とのテレビインダビューでも、まるでドラマの主人公のように涙を浮かべ、自己保身に喋っていたようだった。まったく厚かましいオンナ。洞察力のあるオイラから見ればこんなオンナははなから信用できない。福島瑞穂もそうだが、テレビ目線で喋るこのオンナのお花畑語録は沢山ある。北朝鮮の金王朝に拉致をされ、国民がなんとか奪還を願っている最中に、

「北朝鮮には(戦後)補償を何もしていないのだから、そのことをセットにせず『九人、十人返せ』ばかり言ってもフェアじゃない」、

「拉致問題というのは、これまでにも世界のいろいろなところで起きている。拉致問題解決よりも北朝鮮との国交正常化を優先させるべきだ」

「国交正常化の中では、戦後補償が出るでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償も何もしていないのだから、あたり前の話」

これら、テレ朝の「朝生」で主張していて、視聴者のかなりが憤慨していた。2chも大噴火だった。もっとも以前には、北朝鮮訪問での感想として、「あちらの人々は羨ましい!大学もタダだし、医療も住宅も無料」って感激発言していたのを覚えている。この時点でこのオンナの脳味噌は、お花畑満開だなあと感じた。そしてあの厚かましい喋りぶり。テレビに花瓶を投げつけたくなった。テレビがもったいないので止めたが。

口だけは勇ましくても、いざ美味しい大臣職の味を知ってしまうとなあんだ、女性議員のこの卑怯なだらしなさ!おぞましさ!だね。 一つは辻元議員の今回の離党行為でその、たそがれ社民党族の就職先が実は民主党だったことが明らかになったことだ。

今回の政権交代で、たった一ついいことは、左翼系議員が糾弾してきたことは、まともそうに見えても、なんの裏づけもなかったバカぶりが露呈したことだ。それをずっと後押ししてきた、左翼系マスゴミも共犯でバカぶりを露呈してきた。

辻元曰く「日本が危機にある中で、反対するだけでは日本を変えることはできない」と会見で目を潤ませたが、見事な豹変ぶりだ。副大臣を務めると世界まで変わって見えたのだろう。当面は無所属で活動するそうだが、強気だけでなく、涙という武器を手に入れた彼女が与党入りするのは遠い先ではあるまい。

党首候補が家出したため、社民党の国会議員は10人のみとなり、ミニ政党並みに落魄してしまった。前身の社会党が往時には、衆参で250人以上もの議員を抱えていたのが信じられない。  

実は消滅したはずの社会党の伝統は、社民党ではなく、しっかりと民主党に息づいている。社会党の有力参院議員の多くは、総評系労組出身者だったが、今回の参院選でも総評と同盟が合体した連合傘下の労組幹部11人が民主党から出馬、10人当選した。

社民党の福島瑞穂のポスト党首が、家出してしまったから、当分様子見ということになろうが、福島瑞穂も、もうダメだろう。整形でもしたのか、ちょっぴり美人になったが、いつまでも中学生のようにハイハイと手を挙げて、舌足らずでお花畑を語っているようじゃね。

社民党はいまだに大所帯の時の社会党本部ビルを無料で使っているが、たった10人の所帯では、施設が大きすぎて困るだろうに。あとは阿部知子しかいないが、党首ではハードルが高すぎる。オトコはロクなのがいないし。社民党は選挙のたびに凋落していって、やがて屁のように消えて行く運命のような。

社民党・辻元・福島なんてどうなってもいい。オイラ関心はあまりない!

願わくば屁のように消えていってほしい。

一粒で二度おいしいオイラのブログ: 今日の音楽動画

前記事に続いて

真夏の夕方に聴くのに

ピッタリな曲

やっぱ、ボサノバだね!

|

« 太陽光発電システムの偽善性:メーカーさんや施行業者さんには悪いが! | トップページ | 日本は「デモクラシー国家」ではなく、根本的には「セオクラシー国家」なのだ。憲法改正により、そのクビキから開放される。 »

コメント

それにしても、確実の民主党両院議員総会は、人をバカにしているね。敗因を菅直人の消費税発言としているが、それは1つの要因。「政治とカネ」「詐欺マニフェスト」小沢独裁等々イロイロあって、前回民主党に入れた有権者が、嫌気がさしたのが原因。また閣僚の素人運営もだ。

そこを言及してしまうと、閣僚・役員の追及までしなくてはならないからだ。まったくここまできても。詐欺集団だね。民主党は。

その証拠に、なぜ小沢一朗がこれに参加しなかったのか、皆一切口をつぐんでいる。そんなに小沢は偉いのか。神様なのか、小沢は。

こんな事例はあの自民党時代だってなかったことだが。そうとうイカレテいるね、民主党は!

投稿: 陳湖臭 | 2010年7月30日 (金) 15時36分

南朝鮮まで出かけていって日の丸を焼き、火炎瓶で機動隊を惨殺したという情報がネット中に蔓延するほど、極左偏向思想に染まりきった法務大臣=千葉景子が、参院選に落ちた憂さ晴らしに、死刑見物に出かけたようです。

28日午前10時、小菅にある東京拘置所。12畳ほどの広さの処刑場で、いたいけな人殺しの、篠沢一男さんと尾形英紀さんが首にロープをまかれ、ピンクのカーペットが敷かれた踏み板がスコンと開いた瞬間、ドスンと落ちてブラブラと揺れながら、糞尿を垂れ流して亡くなりました。

血も涙ももない千葉景子は、ガリガリくんをしゃぶりながら、巨大なガラスの向こうから、その残虐な光景を見学……。

パタ、パタ、パタと死刑執行命令書で扇ぎなががら「あ~、暑い、暑い。クーラーないの?、ここ」とうそぶいたというではありませんか。

投稿: 反極左主義者より | 2010年7月30日 (金) 16時18分

スタンゲッツとジルベルトのボサノバいいですね。夏はこれですよ。時空を、時間を超越しますね。

鎌倉の夏の夕方の海岸を思い出します。由比ガ浜の海の家でアルバイトをしたときのことを。

投稿: アルフィー | 2010年7月30日 (金) 18時08分

社民はどっちみち終わりだからな
泥舟から降りるというわけだろう


50歳にもなって
「わてら今まで反対反対ばっかりいうてたけど、政権の中で働いてみて初めて政権運営の大変さがわかった」とか寝惚けたこと抜かしてるんだからな
そんな当たり前のこと、副大臣にならんとわからないってのかとw

辻元先月の朝生で凄かったからな。
突然悪魔の呪縛が解けたかの如く余りに
前向き、現実的で保守的な国家論を語りだして
スタジオドン引きしてたよな

エクソシストみたいやったw

投稿: あられちゃん | 2010年7月30日 (金) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽光発電システムの偽善性:メーカーさんや施行業者さんには悪いが! | トップページ | 日本は「デモクラシー国家」ではなく、根本的には「セオクラシー国家」なのだ。憲法改正により、そのクビキから開放される。 »