« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の17件の記事

2010年6月29日 (火)

国民負担率と消費税増税:日本は世界のなかでどのくらいなのだろう

消費税増税についての議論が今回の参院選の争点だと。自民党は消費税10%を打ち出した。しかしいつから実行するのかは明確にしていない。イラ菅総理もそれに乗っかるように、消費税増税を論議はしなくてはならないと云って大騒ぎになっている。またこれも次の衆院選までは、実行しないとも云っている。

民主党のイラ菅総理の消費税増税は、マニフェストでバラマキ政策を約束して、その財源は、特別会計も含めた200兆以上の予算の10%、20兆円の恒久的ムダを削減して、それを実現することだった。またリップサービスとして公務員の給与20%削減の恒久的財源を当てるというものだった。

しかし、両方とも出来ないことが分かり、消費税増税に逃げることがミエミエだから、猿芝居をまたやるのかとお怒りなのだ。自民党は小泉政権でも消費税増税は公言してたわけで、ただ次ぎの総理の時にやるといっていたのだが、安倍政権になって、参院選で大負けして、増税はできなかった。しかし今回自民党が参院選に挑んで消費税増税に言及したことは、正直良いと評価する。つまり民主党の消費税増税と自民党のそれは、同じように見えて違うのである。自民党は民主党のマニフェストには縛られないからね。

さて、この消費税についてなのだが、その前に「国民負担率」から入ろう。

続きを読む "国民負担率と消費税増税:日本は世界のなかでどのくらいなのだろう"

| | コメント (5)

2010年6月27日 (日)

地域コミュニティーって何なの! 町内会について考える。結構面白い。

相変わらず、気象庁のお天気予報は、微妙なところは当たらないね。正確には当日予報にならないと当たらないことが多い。それでも時々外れる。数日前も曇り後雨だったが、晴天になり高温になった。昨日はやはり曇り後雨だったが、日中は晴天。今日は現在シトシト雨と曇りだから、やっと予報は当たったが後に晴天となった。

それだけお天道様を正確に予報するというのは、いまだに神業のように難しいのだ。20年後50年後の気象(温暖化?変わらず?寒冷化?)を予測することなんて、今の科学では出来ないと思うが。

例のCO2温暖化に関して「地球温暖化対策基本法案」・「低炭素社会づくり推進基本法案」・「気候変動対策推進基本法案」が、民主党の強行採決とその後の強引な国会閉会で、全て今国会では廃案になった。これに関して、オイラは大賛成だ。危ない危ない、もう少しでこれに関して国民の大負担が増えるところだった。LOOPY首相のCO2の25%削減パフォーマンスがもたらしたものだった。

臨時国会でどうなるか。秋頃には、IPCCがいかにCO2温暖化を煽るために、捏造した報告書を出していたかが、より問題になっていると予測するのだが。オイラはこれをも含めて、民主党政権打倒の気持ちだ。参院選挙で勝たせてはいけない。

さて本題。

よく、地域コミュニティーの活性化により、少子化問題、教育問題、老人問題の解決を計ろうと、知識人や行政や議員が延々と云っているが。オイラどうもピーンとこない。

続きを読む "地域コミュニティーって何なの! 町内会について考える。結構面白い。"

| | コメント (2)

2010年6月25日 (金)

オイラの節税対策:3月~6月まで納税のために、大事なおカネがビンビン飛んでいく。

参院選が昨日(24日)公示され、選挙戦に入ったわけだが。当日深夜南アフリカで開催のW杯で、日本はデンマークに3対1で勝利してしまったので、日本中が沸きかえっていた。オイラ負けると思っていた。賭けなくてよかった(笑)次はパラグアイ対戦、どうなるか。

そして、相変わらずのデブが右往左往する相撲界の野球賭博問題。またお茶屋の一つが数十年前から、指定暴力団がやっていたのが発覚だと。こんなの昔から記者達は耳にしていただろうに。それを知らない振りをしていて。オイラ大昔、「燃えよウルフ」の千代の富士の時、知人から升席の4人分のチケットをもらった。仲間を誘って見に行った。升席ってすごく狭いんだよね。そんなチケットが高価で貴重なものだとは知らなかった。

まぁ、、力士をハワイやトンガやモンゴルに頼る相撲になったら、日本の国技といってもねえ。公益法人は返上してもいいと思うが。

テレビ報道は、選挙選どころか、サッカーと相撲と他の事件ですっかりぼやけてしまっている。昨年のノリピー追っ掛け報道と同じような時空に入っている。マスゴミは、媚民主党?媚野党? 小沢・鳩山・組合のカネもそろそろ尽きたころだし、今やその攻めぎ合いなのか。

さて本題

税金についてなのだが。3月に個人所得の確定申告⇒5月に法人の確定申告を済ませて、4月に不動産税。6月には、個人の地方税の支払い請求が来る。結構この期間はカネに羽が生えてどんどん飛んでいく。

続きを読む "オイラの節税対策:3月~6月まで納税のために、大事なおカネがビンビン飛んでいく。"

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

首相がクルクル代わる、あーなんたる、素晴らしい日本国家。65年間も続けています。

パスポートが今月28日に切れるので、更新しなくてはと、県の出張所をネットで調べたら、申請窓口が最近変わって、市役所になったと。それで市役所のHPを探したら、そんなこと何も記載がない。そこで市に問い合わせた。まだHPに載せていないだと。こんなのオイラだったら、記事加筆入力⇒公開で、1時間もあれば出来てしまう。

いかに役所の中が、連携できていないかの証拠だ。担当者に上役と市長に云っておけと、きつく云っておいた。もう直ぐ市長選なのに、こんなことも徹底できていない。たしか市長の奥さんは、コンピューター関係の現役とか。自分の旦那の市のHPなんて、市民の目で、なにもチェックしていないんだな。こりゃだめだ。

追記(6月25日):急いで市のHPにパスポートの件を載せたようです。6月23日付で。その点は評価をします。

必要なものは、変更が無ければ、現在のパスポート現物と、証明写真1枚でいいそうだ。10年申請で16,000円。1年1,600円となるね。なんでこんなに手数料が高いんだ?こりゃボリ過ぎだろう。こういうのを仕分けしろよ。根拠を示せって。なあ、レンホウさんよ。次の更新時までは絶対生きていないと損をする。まぁ、そのころは70過ぎのジジイとなっているが。(笑)

さて本題。

こんなに、首相がクルクル変わる国は、大変めずらしい。なぜなのだろう。これマスゴミが自虐的によく云っているが。そもそも、どいつもコイツも日本の首相がバカなのか。政権党がバカなのか。マスゴミ含めて有識人がバカなのか。国の国会システムがバカなのか。盲目的な国民がバカなのか。

または、こんなにクルクル首相が変わるのは、もしかしたら独裁を防ぐため、世界で一番優れているのか。・・・・・・・・・・そんなワキャないだろうが。

続きを読む "首相がクルクル代わる、あーなんたる、素晴らしい日本国家。65年間も続けています。"

| | コメント (1)

2010年6月20日 (日)

10年前の口蹄疫流行経験者の言葉と南京大虐殺30万人

赤松農水大臣が、今回のイラ菅内閣では、屁のように消えて、副大臣だったパチンコ山田正彦が、農水大臣になった。そういえば、口蹄疫が急激に増加した、赤松大臣ご外遊の時、兼務農水代理大臣だった福島瑞穂は何をやっていたんだ。マスゴミもスルーをした。そして屁のように消えた。

とにかく、野党の時には、糾弾・批判を繰り返すのは得意だが、与党になり責任者となると、いままでとは全く反対で、マトモに出来ない。他の閣僚全てと云えるが。

この口蹄疫に罹った、または疑いのある牛や豚を殺しては埋めの繰り返しで、やがては20万頭、30万頭を越すとも言われている。

これから問題になるのは、その匂いだ。これマスゴミは一切触れていないが、これから大問題になる。約3年間は腐敗臭でまともに付近には近寄れないだろう。強烈な酸性剤を混ぜてもだと思う。

これは、10年前の口蹄疫をなんとか押さえた時の経験談。

続きを読む "10年前の口蹄疫流行経験者の言葉と南京大虐殺30万人"

| | コメント (1)

2010年6月18日 (金)

なにか、宇野政権が時空を超えて、イラ菅政権にオブさってきたのか?

昔、宇野宗佑総理というのがいた。

1989年6月3日 - 1989年8月10日という超短期間の総理だった。

1989年に竹下登の後継者として内閣総理大臣に就任した。今上天皇によって任命された最初の内閣総理大臣となった。内閣総理大臣就任直後に女性スキャンダルが発覚して世間の指弾を受け、第15回参議院議員通常選挙で惨敗した後に退陣した。 2010年現在、歴代で唯一の滋賀県出身の内閣総理大臣である。

リクルート問題で竹下登総理退陣のあと、急こしらえでとにかくリクルート事件には関係のないクリーンなイメージを出そうと総理になったわけだが。

しかし、この急造内閣も宇野自身のスキャンダルに足をすくわれることとなる。宇野が首相に就任した3日後に、サンデー毎日(毎日新聞)が神楽坂の芸妓の告発を掲載し、宇野の女性スキャンダルが表面化。

初めは国内の他のマスコミは無視したが、外国メディアに「セックススキャンダルが日本の宇野を直撃」(ワシントンポスト紙)等と掲載されると、それが引用される形で日本で話題となった。

その直後の参院選で、大敗北して辞任した。約2ヶ月と7日間だった。

続きを読む "なにか、宇野政権が時空を超えて、イラ菅政権にオブさってきたのか?"

| | コメント (9)

2010年6月16日 (水)

岡本倶楽部はどうなった。今「嵐の前の静けさ」なのか。

14日衆院での代表質問、15日参院での代表質問があった。途切れ途切れで録画で観た。参議院での西田昌司の追求質問は、いつもながら素晴らしかった。

西田昌司オフィシャルサイト

とにかく与党は早く国会を閉じて、ボロが出ない内に閉会をしたいのがミエミエ。この中で、ただただ人気があったのが、キャミソール荒井こと荒井聡国家戦略大臣。野党各人の質問に出ずっぱり。総理以外としては、一番多くのお呼びがかかった。今日内閣不信任案・問責決議案を否決して、無理やり国会閉会をするらしい。やることが、自民党時代よりもっと悪どい。

与党にとって、ちょうどいいことに、W杯で日本がカメルーンに1対0で勝ってしまったので、テレビ報道は、W杯一色でしばらく続く。

また嘗ての木村剛が率いた無担保融資銀行「日本振興銀行」が一斉捜索だと。なんでも証拠のメールを消去して証拠隠しを金融庁から指摘された。そしてその関連の噂があった、SFCGが

経営破綻(はたん)した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド、東京)が破綻直前に資産を親族会社に譲渡していた問題で、平成20年12月に行った約400億円の資産譲渡が資産隠しにあたり、債権者に損害を与えた疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は16日、民事再生法違反(詐欺再生)の疑いで、同社の大島健伸元会長(62)ら4人前後について、近く本格捜査に乗り出す方針を固めた。

そして、相変わらずの相撲界。デブ達が博打をやっていたんだって。それも山口組弘道会方面と。相撲賭博まで行くか行かないか。もうデブ達が右往左往するのをテレビでみせられるのは勘弁してほしい。また例のテレビでの相撲評論家達の稼ぎ時になって。これからまた延々とやるよ。(笑)

これだけの材料で、1ヶ月は延々とこれら報道で埋め尽くす。昨年のノリピー大麻事件と同じように。参院選挙の争点をぼやかすのには、ピッタリになってきた。そして、岡本倶楽部の詐欺的預託金商法による出資法違反。これから逮捕だがいつごろ出てくるのだろう。

千葉法務大臣。やっぱり旨く警察・検察を動かしているじゃありませんか。時期は裁量で決められるからね。これで、参院選はぼやけた中で行われることになる。

続きを読む "岡本倶楽部はどうなった。今「嵐の前の静けさ」なのか。"

| | コメント (3)

2010年6月14日 (月)

はじめての おつかい

私は、はじめての、おつかいをしました。

それは、たいへん、たいへん、遠いところでした。

続きを読む "はじめての おつかい"

| | コメント (3)

2010年6月13日 (日)

なぜこんなに違う?支持率世論調査。世論調査の仕方を仕分けせよ。

大多数の有権者の得る情報というのは、テレビ報道・新聞・ネット・雑誌・他なのだが、各新聞社・テレビ局の発表する世論調査に大きく影響を及ばされる。この数値を基準に政局が論じられるからである。有権者を誘導するには、大変大きな武器となりえるし、時によっては、危険な武器ともなりえる。

オイラ、不思議に思ったのは、総理交代後こんなにも急激にイラ菅首相の支持率が、各社横並びで60%前後以上の支持率に変わるものなのか。そんなに国民は煽られるものなのか関心をもった。

今日の日曜日の各報道番組も、この調査結果を掲げて討論をしていた。ほとんどが支持率60%前後に上がったとこれを事実として。・・・・・・・・・・果たしてそうだろうか?

続きを読む "なぜこんなに違う?支持率世論調査。世論調査の仕方を仕分けせよ。"

| | コメント (3)

2010年6月11日 (金)

備忘録としての鳩山総理政権。この9ヶ月と昨年の選挙前数年間はなんだったのだろうか?

オイラのこのブログは政治ブログではないが、まあこの一年間、政局において記事に事欠かなかった。民主党はボロ隠しで、首相を変え参議院選で勝利を目指し、画策しているようである。もう鳩ポッポ首相は屁の様に去って行ったが、このままマスゴミも含めて総括をしなくていいのだろうか。マスメディア主導で煽った鳩ポッポ政権とは何だったのだろう。今日は備忘録として記事を構成する。

さて、昨年の総選挙前後の日本での政局についての世論というものがどうであったか。まさに政権交代、長い自民党支配から解き放たれ、民主党政権で様々な夢が実現するかのような煽りで充満していた。そりゃそうだ!庶民からすれば、あれもバラマキます、これもバラマキますで、それも「マニフェスト」でお約束していますので、今までの「公約」宣言でなく、しっかり実現します。とやっていた。

良識ある人達から、財源的にナンセンスと云われると、特別会計含めて200兆円の内、ムダを削減して10%、20兆円を算出してそれを当てますから、絶対大丈夫ですと。結局全て嘘っ八で、政権を取ったことが確定した。それで、今度は「旧マニフェスト」の大変更をして参院選に「新マニフェスト」として、ご提出致しますだとか。

ここまで、有権者をバカにして、政権批判を旨としているらしいマスメディアは、軽くジャブ程度の批判はするが、成り行き任せというのが現状だ。そしてダメだった鳩ポッポ首相に代わって、イラ菅首相になりましたと。小沢を駆逐して、これで日本の未来が開けましたと。

また、重大な責任のあった鳩ポッポ首相は、歴代首相が行ってきた退陣記者会見をとうとう逃げてしまった。自分から逃げたのか、何をいうのか分からないから、怖くて記者会見をさせなかったのか。まぁ、どちらにしても両方だろう。

続きを読む "備忘録としての鳩山総理政権。この9ヶ月と昨年の選挙前数年間はなんだったのだろうか?"

| | コメント (7)

2010年6月10日 (木)

♪ジージと踊ろう♪

ここ数日雨が続き、6月初旬のみかんの消毒を待っていたのだが、今日朝から行ってやってきた。今回はザビダニの防止のマシン油(アタックオイル)150倍と黒点病予防のペンコゼブ水和剤600倍だ。水はタンクに250Lを入れそれらを混ぜる。あとはポンプアップする機械で加圧噴霧する。段々畑なので、ホースを持っての上がり下がりが堪える。

歳をとるごとに動作がスローになるし、休みやすみやることにしている。普段体を動かさないので、なお一層体に堪えるが、やり遂げたあとの満足感がひとしおだ。汗も1杯かくし、終わったあと、風呂に入りビールを飲む。まさに天国だ。

ちょうど今日2時ぐらいに、一番キツイと思った頃、東京の病院で、長女が初出産をしたとメールが来た。女の子だ。父と娘、同時間に苦しんでいたんだと、カミさんに云ったら怒られた。

オイラ、三人の娘それぞれが、まだ歩けない頃、代々、よくダッコしながらこの曲で踊ったものだ。

続きを読む "♪ジージと踊ろう♪"

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

今の政権は左翼政権なのか?イラ菅・蓮舫・荒井なんとか、取りとめなく。

昨日8日にイラ菅政権が発足した。過去自民党の年金未納問題で、未納三兄弟と大騒ぎして、その後ブーラメン効果で、今度は自分達が未納三兄弟になってしまった大笑いがあったが。結局当時の社会保険庁の役人の間違いだったとか。可哀想にと思ったら、その当時のその管轄の厚生大臣は、イラ菅だったとかで、これまた大笑い。

それ以前には、女性とホテルで一夜過ごしたことが発覚。とうとう白状したが、語るは「一晩中その女性を話しをしただけで、男女関係はなかった」と。もしその話が本当なら、なんという女から観て魅力のない、また行動力のない男だろうか。昔、オイラの仲間に「素人童貞」のあだ名だったヨシ坊がいた。彼、ホステスを口説こうと挑むのだが、毎回得意になって日本歴史の話ばかり。これじゃ口説ける訳がない。まさかコイツの同類だったのか。

まあそんなこんなで、イラ菅も、カミさんにブチ怒られて、頭を丸めて四国巡礼の旅に行かされたのだろう。もちろん全部回れず、「延命寺」の手前でギブアップだったとか。あとちょっとなのに。切れ味の悪い男だよ。

今日お昼の報道番組で、やたらに行政刷新大臣に決まった蓮舫を取り上げていた。

続きを読む "今の政権は左翼政権なのか?イラ菅・蓮舫・荒井なんとか、取りとめなく。"

| | コメント (4)

2010年6月 8日 (火)

これ面白い! 自分の支持政党と支持候補。

たまたま、ネットサーフィンをしていて拾ったツール。

今、自分の関心がどこにあり、それは今の政党では、どこにマッチするのかというもの。

また、自分の参院選挙区では、誰にマッチするかという結果が出る。

続きを読む "これ面白い! 自分の支持政党と支持候補。"

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

明日から菅直人政権が始まりますぅ。これは臭い田舎芝居か歌舞伎座芝居か。

菅直人は5日の首班指名を受けて、土日を跨いで、今日7日に両院総会で、役員と組閣を発表、明日8日に天皇から首相任命式と閣僚認証式を受けて発足する。まだ鳩山政権で、今日が最後となる。

今の段階で、内定とは云え、ほとんどの閣僚が決まったようだ。大半が留任のようだ。さすがに、赤松口蹄疫・山田口蹄疫は、いわば更迭の扱いだ。(あの山田が農水大臣だと!)

この退陣劇で、速攻の(不公正)世論調査では、民主党・菅直人首相の支持率は十数%上がったと、そして約90%が小沢幹事長退陣を歓迎していると。相変わらずのマスゴミは持ち上げている。

オイラ今回の大騒動は、どこまでが本当で、どこまでがヤラセなのか、分からなくなってしまった。

続きを読む "明日から菅直人政権が始まりますぅ。これは臭い田舎芝居か歌舞伎座芝居か。"

| | コメント (4)

2010年6月 4日 (金)

第94代首相菅直人閣下。オザーサン院政に入るのか?または政界引退か?

今日の代表選で、タルトコ(樽床)伸二とかいう候補者が演説をしたが、「私の政権は・・・」とやってしまい。会場が少しザワザワしたような。「私の政策は・・」の間違いだったのだろう。彼は、小沢自由党が民主党の軒先に入るとき、その調整役を果たした議員だとか云われているが。

結果、誰もの予想どおり、菅直人が得票数291:129で民主党代表となった。そして午後、衆参両院本会議で第94代首相に菅直人氏が指名され選出された。

続きを読む "第94代首相菅直人閣下。オザーサン院政に入るのか?または政界引退か?"

| | コメント (3)

2010年6月 2日 (水)

エピローグとしての、鳩ポッポ首相の小沢一郎幹事長との道づれ辞任。

昨日の記事に続いてだが、とうとう辞任と相成った。なんというかこの脱力感はなんだろう。

昨日の、短時間での小沢・興石との会見のあと、部屋から出てきた鳩ポッポがニヤニヤしながら、親指を立てた意味を、テレビワイドでは取り上げていた。大部分のコメンテーターは、続投することが決まった勝利のサインだなんてやっていたが、ぜんぜん的外れだったね。

ありゃ、自分も辞任するが、小沢も道ずれ辞任の方向の道筋が立ったことじゃないか。コイツ最後まで、政治をおもちゃに、ゲームにしか見ていないようだったね。

細川政権より短かった鳩ポッポ政権となったようだ。同じ小沢がバックだった。今日テレビの報道番組を見ていたのだが、ほとんど鳩ポッポ・小沢・民主党よりだったコメンテーター、皆ハシゴを外されたようで、まるでビックルを飲み干したような顔をしていた。それでもアリバイ工作のような発言をしていたが。

続きを読む "エピローグとしての、鳩ポッポ首相の小沢一郎幹事長との道づれ辞任。"

| | コメント (8)

2010年6月 1日 (火)

いよいよ切羽詰まってきた民主党政権。ここまで来たら鳩ポッポさん、王道を行ってください。

法人の確定申告の提出が、やはり先月28日の最終日と相成った。オイラ金がないので、自分で会計ソフトを駆使して、そして確定申告のソフトで作成している。自分で悪戦苦闘をしながら作ると最低限の知識というのが身につき、ゲームをやっているみたいで、大変面白い。

しかし、宿題と同じで、期限ぎりぎりでなければ、この身が動かない。そんなこんなで今年も提出最終日となったわけだが。

政局も同じようなものかもしれない。いままで最悪状態になっている、鳩ポッポ首相をトップに頂いた与党政権も、ここに来て、やっと内部から首相の責任を問う、うねりが巻き起こってきたようだ。いままで党内でのガス抜きが無かったので、一挙に爆発に至るのか?

そもそも、もっとも旧自民党の悪いところを引き継いできた小沢派と、旧社会党の左翼系組合を母体の日教組のドン興石という水と油が手を結び、プラス少数の中間派で構成されていた民主党。そこに旧中核系シンパの左翼活動家の福島瑞穂、やはり左翼系活動家の辻元清美が入っての内閣。社民党+国民新党との連立政権。もちろん総親分は、小沢一郎幹事長。まぁ、細川政権と時と同じようなパターンだ。

小沢のポリシーは昔とぜんぜん変わっていない。なんでもいいから、ただ政権を牛耳っていたいだけ。これが彼の本性なのだ。

続きを読む "いよいよ切羽詰まってきた民主党政権。ここまで来たら鳩ポッポさん、王道を行ってください。"

| | コメント (6)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »