« バブル崩壊:ギリシャの場合。ソブリン・リスクになるかも・・・・・・今ここ | トップページ | 中国の米国債売却は、ガセネタのようで。中国は「暗渡陳倉」にこつこつ増やしています。 »

2010年2月22日 (月)

2007年9月の「北極海の氷がなくなる」は、温暖化とは関係なかった。煽ったNHKは謝罪特集番組を!

21日に行われた町田市長選、長崎県知事選。ともに民主党が力をいれたのに、敗れてしまった。特に長崎県知事選は、約100人をを越す民主党議員が応援に駆けつけた。小沢幹事長、石井一選対委員長、などが応援演説。

小沢氏自身も1月17日、党長崎県連のパーティーに駆けつけ、「(推薦候補の)橋本剛君を知事に選んでいただければ自主財源となる交付金も皆さんの要望通りできます。高速道路をほしいということであれば高速道路を造ることもできます」と、“利益誘導”をにおわせたが、「政治とカネ」の逆風をはね返せなかった。

オザーサン、「天の声を発して・・・」が抜けていますよ。なんだこれじゃあ、嘗ての自民党のチンピラ議員鈴木宗男と同じじゃないかい。民主党はもう謙虚さなんで言葉は辞書にないようだ。自民党も昨今ここまでは言えないよ。

石井一選対委員長は、「民主を選択しなかった長崎県に対しそれなりの姿勢を示す」と演説した。

もうこれは恫喝だね。長崎県民もここまで言われて気がついたのか。そう、民主党の首脳部は嘗ての古い自民党と、裏で金貰って芝居をしていた社会党の残党だからね。日教組の興石さーん、張り切っていますね。ポン友の「銭荒いのオザーサン」と頑張ってください。

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/index.html ←約70%が民主党支援者で頑張っています。仕事中の公務員らがせっせと支援投稿・コメント投稿していますし、安泰ですよ。

さて、今日もマスゴミ・NHK批判になりますが、かつて北極海の氷がやがて全部とけて、シロクマちゃんが死んじゃうよーと大騒ぎをしたが、この原因が最近NASAで解明されたとか。

みなさんの脳裏にはこんなのが残っているかもしれませんね。

以下オイラが愛読しているブログ(保守思想)のヒントからです。

http://mikerosstky.spaces.live.com/blog/cns!65DFD4754018BC2A!4707.entry

(クリックで大)

123_2

北極海の氷の面積も、2007年9月には1980年の6割以下に縮小、観測史上最小を記録した。その原因は、人間が排出したCO2によって進む、地球温暖化である。北極圏では、地球上のどこよりも急激に環境の大変動が進んでいるのだ。

白い虹 2007年北極:北極圏を覆う海氷面積が、2007年、観測史上最小を記録した。それは、「今世紀後半までには北極圏の夏の氷は消滅するかもしれない」というIPCCの予測を上回るスピードだった。

北極圏を覆う海氷面積が、2007年、観測史上最小を記録した。それは、「今世紀後半までには北極圏の夏の氷は消滅するかもしれない」というIPCCの予測を上回るスピードだった。 

日本の海洋研究開発機構の島田浩二博士は、「今年の北極は地球環境にとって非常に重要な意味を持つ年になるだろう」と予告していた。博士は、6月の衛星写真から、海氷域の変化の兆しを読み取っていた。 

そこは、北極圏西部のカナダ海盆。もっとも早く温暖化現象が現れる北極で、「2007年何が起こったのか?」取材はその問いに答える。

567

2008年のメディア界は重鎮NHKを筆頭として、いわゆる環境派と云われているのが、2007年の夏に、この北極海の氷が融けてしまうと大騒ぎだった。煽りに煽った。いまだにテレビのコメンテーターらがシロクマちゃんが可哀相なんて言っているからね。

しかーしである。NASAが「2007年の北極海の氷の減少は、「氷のアーチ」の一部が決壊して、形成されなかったのが原因」と公開した。

Missing 'Ice Arches' Contributed to 2007 Arctic Ice Loss:February 18, 2010

自然に作られる氷のアーチ(堤防)が2007年にはできなかった。その為、30-40kmほどの”隙間”を通って氷の10%ほどが逃げて溶けてしまった。・・・最近まで我々は小さな窮地が氷の減少(流失)には関係ないと思っていました。(ゴメンナサイ)

以下が、年間の北極海に於ける氷の面積推移。なるほど2007年の9月がこのグラフでは氷の面積が一番小さい。しかし毎年このくらいの違いでしかないのだよ。また過去1930年代のころか、氷がほとんどない北極点で潜水艦が浮上している写真が残っている。大昔からこんなことは繰り返してきたらしい。

Amsre_sea_ice_extent

P1ame20070310ic0

↑2007年3月の最大時 (3/10:13,945,625km2)

P1ame20070924ic0_3

↑2007年9月の最小時(9/24:4,2545,31km2)

結論として、マスゴミ・テレビメディアは、北極の氷は温暖化の環境変化で氷が無くなってしまう、シロクマちゃんが溺れてしまうと国民を煽ったが、氷が流れないよう、いつもの氷のアーチが氷を抱き込んでいるはずだったのが、この年は海流やら 風、その他の影響で、そのアーチの一部が決壊して完成せず、氷がその間から流れ出て(約10%)、氷原の面積が小さくなっただけということが、NASAの調査で判明した。温暖化の影響ではなかったのです。

どんどん、IPCCとアル・ゴアの詐欺が判明してきています。あと覆されていないのは何でしょう。日本のメディア界もいつ訂正の検証を公表するのでしょうか。まさか「わしらは知らん!」で押し通すつもりじゃないでしょうね

鳩ポッポさん、「2020年までに、温暖化効果ガス(CO2)25%削減」の公約をいつ降ろしますか?

ここで、備忘録です。

温暖化を肯定して利益を得る人たちは・・・

まずは、クライメートゲート事件の中心人物であるフィル・ジョーンズCRU所長。ジ ョーンズ所長は2000年から2006年の間に190万ドル相当の研究助成金を、個人または団体として受け取っている。 これは、同所長が1990年代に受け取った助成金の6倍にもおよぶ。

大学、研究機関、支持団体および多数の分離独立団体 米自然保護団体のシェラクラブや国際的な環境保護団体のグリーンピースといったお決まりの組織。

これに加え、オゾン・アクション、クリーン・エアークール・プラネット、アメリカズ・フォー・エクイタブル・クライメート・ソリューションズ、代替エネルギー協会、カリフォルニア気候行動レジストリー(CCAR)等の団体 以上はウォールストリート・ジャーナルからの引用。

あと、ゴア元米国副大統領とIPCCのパチャウリ議長も利益を得ました。

日本では、

文部科学省、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構、独立行政法人海洋研究開発機構 環境省、国立環境研究所(江守らのところ)、 経済産業省、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 このほか諸々の官僚組織とその天下り先 多分、財務省は利益を得ないのかもしれないですが。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2691828/5288508

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100217-OYT1T01289.htm?from=main4

また、ラジェンドラ・パチャウリIPCC議長も金銭絡みでやり玉に挙がっている。  1月17日付サンデー・テレグラフなど複数の英紙を総合すると、パチャウリ氏が理事長を務める団体は、トヨタ自動車から8万ドル(約728万円)の寄付を受け取る一方、パチャウリ氏が審査委員長を務める環境関係の表彰では、同社のハイブリッド車「プリウス」が最高の賞に選ばれ、トヨタには150万ドルの賞金が贈呈されるという。  

こうした事態を受け、IPCCに関係する科学者5人は11日付の英科学誌ネイチャーで、組織の大規模改革を提言した。この中で、イーストアングリア大のマイク・ヒューム教授は「一つの委員会が、気候変動に関するすべての情報に総合的な評価を下すことは不可能だ」と強調した。 (2010年2月17日22時38分 読売新聞)

ここに来て、トヨタはやばいんじゃない。今の豊田社長はイロイロ米国内で温暖化防止でロビイスト使って活躍していたみたいだし。そーう、IPCCの議長にも8万ドル渡して、プリウスで賞を貰っていたんだ。米国での公聴会でその類を突かれないといいのだが。

繰り返すが、我々の視聴料でなりたっている、公共放送のNHKさん、過去の煽り特集が間違っていたと判明したら、得意のNHK特集の番組を作って、過去の反省と事実を織り交ぜた番組はもちろんつくるでしょうね。我々国民の脳はすっかり洗脳されていますから、的確にそれを解いてください。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:    今日の動画

長崎県知事選挙における、オザーサン・石井のピンさんの応援演説。

民主党筋かテレビ局筋の動画バスターズによる削除が迫っているかもしれません。

それまでお楽しみください。

|

« バブル崩壊:ギリシャの場合。ソブリン・リスクになるかも・・・・・・今ここ | トップページ | 中国の米国債売却は、ガセネタのようで。中国は「暗渡陳倉」にこつこつ増やしています。 »

コメント

 そういえばNHKの専務理事にはトヨタの元重役の方が平成18年から就任されていますね。 http://www9.nhk.or.jp/pr/keiei/yakuin/index.html
 

投稿: | 2010年2月22日 (月) 20時28分

山岡 国対委員長
「長崎県への果樹選別機導入予定 1機1億円 を10機10億円にしてやる!」
 
テレビに映っていることも承知で大胆な!

前原 国交相
「島原道路 は必ず建設を約束します!」

蓮舟方 議員
「長崎のために”長崎県”を事業仕分けします!」

石井 一議員
「長崎(県民)が民主知事を選ばなかったら長崎はどうなるか・・・・分かってるな!」

投稿: hyoutann | 2010年2月23日 (火) 09時58分

質問ですが・・・

公職選挙法では、現役閣僚・幹事長・選対委員長が、応援演説で利益誘導的発言または恫喝的発言をした場合、明らかに違反となると思いますが、どうなのでしょうか。

マスゴミはわざと知らんふりしているのでしょうか。またあれだけ、証拠録画が残っているのにね。

誰かが、告発すると面白いことになりそうです。

投稿: ぼんやり | 2010年2月23日 (火) 10時11分

クライメットゲイト事件から、こんなニュースもあります。


CRUの使っていた気温データの多くはアメリカ海洋大気圏局(NOAA)から提供された物だったため、疑惑の目は必然的にNOAAに向けられましたが、蓋を開けてみるとNOAAこそ地球温暖化詐欺の巨大な震源地だったわけで・・・

NOAAは世界中の6,000基もの気温観測ステーションを使って(ステーション自体は13,000基存在)、地球の気温データベースを作成しており、NOAAのデーターベース(GHCN)はCRUやNASA・GISS(米国航空宇宙局Goddard宇宙飛行センター)など世界中の研究機関が利用しています。

ところがメディアでも報道されているように、NOAAは温暖化を示す一部のステーションのデータだけを公表し、温暖化を示さない大多数のデータは破棄していたことが発覚。

投稿: 陳湖臭 | 2010年2月23日 (火) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バブル崩壊:ギリシャの場合。ソブリン・リスクになるかも・・・・・・今ここ | トップページ | 中国の米国債売却は、ガセネタのようで。中国は「暗渡陳倉」にこつこつ増やしています。 »