« 新型(豚)インフルのWHOと温暖化CO2説IPCC。どちらも同じ構造のような。 | トップページ | 小沢書記長・大久保秘書・石川議員・金沢元秘書。面子は揃った。マックロクロスケ出ておいで! »

2010年1月15日 (金)

ネット界でも小沢擁護派VSアンチ小沢の戦いだ!サンデープロジェクトでの検証!

いよいよ、盛り上がってきた小沢VS東京地検なのだが。ネットブログを多数回ってみると面白い。ここに来て、小沢擁護派とアンチ小沢とではっきり別れてきた。もちろん鳩ポッポ擁護派とアンチ鳩ポッポ。民主党擁護派とアンチ民主党などいろいろ百花争乱の状態。なにげなく他のブログを観てきているのだが、そのブロガーのポリシーが解って大変面白い。

小沢問題は昨年の3・4月のなつかしい世相に戻っている。テレビの報道番組は、「アンカー」を除いては、ほとんどが慎重というか、小沢擁護派の基調を崩していない。今朝もスーパーモーニングの一部を観たのだが、大谷昭宏が例によって、今の小沢騒ぎは問題だと抜かしていた。長いジャーナリスト経歴として、この小沢一郎の如何わしさをしっているハズなのに。

他のテレビ番組の制作関連やコメンテータにも、鳩ポッポ・小沢の実弾が打ち込まれている気配がムンムンしている。別にオイラと意見が違うからではなく、数年前からのメディアに不信を感じるからだ。国会がこればっかりになってしまっては、本来の国会の機能が果たせないとかなんとか言っていたが、別にこれらの件の集中委員会(米国でいう公聴会・聴聞会)を作ってやればいいし、なんたって与党の党首と幹事長の不正疑惑なのだから、早くケリをつけるよう意見するほうがまともだと思うが。

例えば、日曜日のサンデープロジェクトの田原総一朗の番組、1月10日の録画を観たのだが。この番組3月で終了とのこと。オイラ毎週観てきて、功罪半々。田原を電波芸者とならしめた番組で有名だ。⇒テレ朝⇒朝日新聞の色合いが強いが、同じ日のTBSサンデーモーニング(関口宏)ほど、反体制気取りではなく、それなりに完成度は高いと感じるのだが。

しかし、この番組は、高野孟なんていう旧左翼や、朝日新聞論説委員の星浩などが鎮座している。数年前から三井物産戦略研究所主任研究員を経て、現在東京財団の上席研究員とかいう渡部恒雄が参入してきて、経済問題を期待していたのだが、だんだん民主党よりの意見が多いなと思っていたら、なんだコイツ民主党渡部恒三の息子だということが今回解った。なるほどね。そして時々特集で大谷昭宏が担当。この番組世論誘導全開番組の感があったわけだ。プロパガンダ番組?。もしかしたら視聴者は上手に誘導されていたのかもしれない。どのくらい実弾が投入されていたのだろう。

番組は小沢の問題をやっていたのだが、今回はあの民主党の子飼いと言われているヤメ検弁護士、郷原信郎を出してきた。この弁護士については、過去記事にした。

小沢問題・3月朝生・郷原弁護士って?2009年3月30日 (月)

昨年は彼の発言がメディア界に影響、そして鳩ポッポ以下の「国策捜査だ!」世論造りが成功し、また、小沢が民主党代表を鳩ポッポに譲ったことで、沈静化した。そして選挙運動期間に突入。その間ノリピーシャブシャブ事件で、マスゴミは選挙報道はそっちのけで連日ノリピーシャブ事件の報道。いまから思うと猫騙しのようだった。

今回もここで、郷原信郎は爆弾発言。問題になっている平成16年(2004年)政治資金収支報告書には、小沢氏からの貸付金4億円は記載されていますよとコピーを提示しながら指摘。「いったい何の罪で地検は捜査しているのかわからない」と言った。その瞬間皆仰天。田原はよりひっくり返るほど驚いてみせる(こういう時の彼は大抵芝居)。これがブログで取り上げられ、いっそう解らなくなり、いわばカオス状態。

しかし、東京地検もそれを見落とすほどバカじゃない。不実記載なのは、実はもう一つの4億円のことなのだ。

最後の方で、財部が報告書に記載があるのに、不実記載で騒いでいるのは、大変問題だとか言っていたが、簡単に郷原の撹乱ペースに嵌っていた。プロならそこまで理解して発言しろよ。オイラでさえ読み取っているのだからね。星浩は理解していたが、なぜかつぶやいただけ。郷原に気兼ねしているのか。

Feh_bor

上図でいう、黄色下地にある4億円は確かに記載はあるが、石川秘書が白状した別の現ナマ4億円が不実記載なのだ。前回もそうだったが、この民主党子飼い弁護士に見える、郷原信郎の論法は、一つのことを棚に上げ、そこだけをついて小沢側は不正をしていないと主張する。そして検察は行き詰まっていると流布する。

今回の不動産購入の件も、上の土地不動産購入だけでなく、全部で12物件、金額10億円を越える不動産を購入しているとのこと。

http://www.youtube.com/watch?v=E-ActmY7fCU

なぜ、土地バブルの気配もないのに、固定資産税や捨て金利の経費まで掛けて不動産を購入したのか。大方の見方では、裏の金を表にするためによくやる方法らしい。また以前には、1万円札の新札に変わったあと、数十億円が口座に入り、すぐその口座から出て行ったなんて事実もある。これは旧札を新札に変えるためによく使われる方法。

それでは、原資不明の金とは・・・・・・。水谷建設から、鹿島建設から、下請け企業から、そして、自由党までの解党時の政治資金(政党助成金)のネコババ金そして、民団、中国・・・・・・からとかネットで噂が流布している。

今日石川議員(元小沢公設秘書)の4回目の事情聴取が行われるとの報道があったが、そのまま逮捕に行くか?

とりあえず、備忘録として、今回のサンデープロジェクトの動画を載せておきます。各人の発言を覚えておきましょう。(このあと、13日今回の一斉強制調査がされた)

22分の動画です。(近々、削除依頼で消されるかもしれません)

次記事もこの件で続きます

|

« 新型(豚)インフルのWHOと温暖化CO2説IPCC。どちらも同じ構造のような。 | トップページ | 小沢書記長・大久保秘書・石川議員・金沢元秘書。面子は揃った。マックロクロスケ出ておいで! »

コメント

小沢が買い集めた不動産の一覧

2007年10月の週刊『AERA』の記事
1.「赤坂タワーズ902号室」小沢氏と秘書の打ち合わせ場所
2.「チュリス赤坂701号室」陸山会の文書上の存在場所
 使用目的:小沢氏と秘書の打ち合わせに使用(小沢一郎東京後援会に賃貸) 
3.「ライオンズマンション赤坂志津林305号室」小沢氏の書庫
4.「グラン・アクセス麹町602号室」
 使用目的:ジョン万次郎ホットフィールド記念国際草の根交流センターとして使用
5.「プライム赤坂204号室」 (株)エスエー・コンサルティングに賃貸
6.「クレアール赤坂203号室」 英国人秘書の事務所兼居宅
7.「デュオ・スカーラ赤坂802号室」 韓国人女性秘書の居宅
8.「ラ・セーナ南青山502号室」 中国人秘書の居宅
これら外国人秘書の職務、背景は不明だ。

『ジョン万次郎…』に賃貸しされている『グラン・アクセス麹町202号室』には、若い中国人女性が2人住んでいた。

池田秘書は2人とも留学生というが、近所では2人とも卒業し、帰国したかどうか1人は見かけないが、1人はなお居住しているという、いずれが本当なのか。

投稿: ポッポ | 2010年1月15日 (金) 13時42分

この郷原信郎って昨年から見ていて信用ならぬ男。

やはり昨年与党の総務省顧問に就任している。御用学者。

当然民主党小沢擁護の発言になる。今回の爆弾発言は彼の無知からではなく、世論を撹乱させるためだろう。

もう、テレビのコメンテータなんかに出すべきではない。

投稿: ひょうたん | 2010年1月16日 (土) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型(豚)インフルのWHOと温暖化CO2説IPCC。どちらも同じ構造のような。 | トップページ | 小沢書記長・大久保秘書・石川議員・金沢元秘書。面子は揃った。マックロクロスケ出ておいで! »