« 小沢疑惑。ネットから拾ってみました。いよいよ第2の金丸か?いやそれ以上か? | トップページ | 「いのち!」思わず声がひっくり返ってしまいました。鳩ポッポの施政方針演説。 »

2010年1月28日 (木)

サンプロ小沢検証!宗像VS郷原。郷原さん、小沢氏にバイアスが、かかりすぎですよよ。

さあ、お約束の1月24日のサンデープロジェクトの番組内、小沢問題に関しての討論についてだ。この日曜日は、報道2001・サンプロ・サンデースクランブル等全て小沢の小判サメ細野豪志が受けてたっていたようだ。いくら副幹事長といっても13人もいるとのこと。なんで細野だけに。これじゃ小沢がこけたら、細野もこけてしまうよ。隣街の選挙区なんだが、ちょと心配するこのごろです。

オイラの選挙区では渡辺周。どうもこの2人、同じ民主党でもちょと考え方が違うようだが。そういえば、三島のアルファーブログ「ネットゲリラ」が徹底的に叩かれている。1日10万のアクセスを誇るブロガーなのだが、ここ1年ですっかり主張が変わってきたそうだ。小沢擁護・民主党擁護が過ぎるということらしい。今クリックしたら閉鎖中。以下2CHより。

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1260834834/

またこの番組もそうだが、やたらにパチンコのCMが多いね。ベニスを舞台に一人の女性(日本人)が絵画から出て来て、仮面衣装になり、ゴンドラに乗ったり。意味の解らないCMだと思っていたら、最後に文字が出た。「あそびの文化を創造する」だって、PALAZZOだって。その上に小さくPACHINCOだって。パチンコじゃないかい!人をバカにしたCMを流すんじゃないよ!

またまた問題が。まだ騒ぎが大きくなっていないが、今なぜ小沢は沖縄の辺野古の近くに1500坪海岸に接する土地を平成17年に購入したのかが、じわじわ騒ぎが湧いてきた。小泉政権のころだ。普天間からの辺野古への移転が決まっていたころだ。それも陸山会が買ったのか。これは、投機を兼ねた資金洗浄なのか?

明日金曜日の深夜の「朝生テレビ」には、この問題も出てくるかも。録画をお忘れなきように。

http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/1001/program.html

さて、とりあえずサンプロの例の討論に関して行ってみる。

どうせ細野は小沢マンセーだから、言うことはだいたい筋書きとおり。町村は小沢叩き、鳩山叩き、民主党叩きだから、大部分省略する。

再度、出演者のオイラ風紹介。 (細野豪志と町村信孝を除く)

進行係り:田原総一朗 

彼は、言わずと知られた電波芸者。とにかく政治はオレで動いていることを、見せたくてしょうがない。功罪半々。取調べ刑事のような進行を得意とする。今回は中間よりちょい小沢疑惑派に組している様子。芝居的だがすぐバレル演出が多い。変わり身がうまいからね。しかし今回は、どちらかというと、検察批判に仕向けようとしている気配が。 

客観的説明役ジャーナリスト:星 浩 

あの、朝日新聞編集委員。今回は各新聞の論調にそって、説明している。ただ彼は、あの朝日だ。油断はできない。

小沢擁護派経済ジャーナリスト:財部誠一 

サンデープロジェクトでのレギュラーコメンテータ。ここで彼は有名になったし、仕事も増えた。しかしやたらに中国のタイコモチをした、媚中国経済主張が多すぎる。また福祉国家の北欧を褒めすぎるきらいがある。経済学者としては、視野が狭すぎるきらいがあり、どちらかというと、政治的過ぎる。国会議員を狙っていそう。多分民主党からだろが。

小沢擁護派・ヤメ検弁護士:郷原信朗 

昨年発覚した、西松からの小沢献金疑惑の時、テレビに出ずっぱりで、小沢を擁護していた。東京地検特捜部でゼネコン汚職、長崎地検検事時代に違法献金事件を立件。検事をやめ、3年で家賃の高いヒルズに事務所を構えたそうだ。今回も民主党議員による検察を糾弾する会の顧問になっているようで、パトロンは、鳩ポッポか小沢か、民主党お抱えか。前回のサンプロで、小沢擁護で、2004年の記載に4億は載っていると、皆を煙にまいて、財部を驚かせていたが。もう一つの4億円について問題にしているのに、無知なのか、わざとなのか。今回はその件についてはスルーで通す。姜尚中のような感じで非常に胡散臭い男だ。今回もあまりにも程度の低い、検察批判小沢擁護を繰り返していて、パトロンは誰かが視聴者にもわかるほど。これも国会議員になることを視野に入れていそう。宗像氏のような、偉大な経歴はなく、同じヤメ検でも雲泥な差を感じさせる稚拙な論法を繰り返していた。 

小沢疑惑派・ヤメ検弁護士:宗像(むなかた)紀夫 

東京地検特捜検事としてロッキード事件、リクルート事件などを担当。特捜部長として、ゼネコン汚職事件を指揮。最高検刑事部長など歴任。郷原などの職歴より、かなり水準が高いと診た。現場をよく知っているようだ。また、郷原の稚拙な言い方にも、腹を立てずに対応している粘り強さを感じた。嘗て検察批判を何度もしており、あくまでも一般論としての意見に終始した。 

さてさてこれらの面子なのだが。赤字はオイラのつぶやき(ツイッター)です。最後にこの動画を埋め込んであります。消されない限り、検証できます。(時間は掛かりますが)

郷原:

今後のポイントはですねー。小沢さんの説明に関して客観的になにか矛盾があるかどうかと言う事と、それと色々報じられている水谷建設の5千万のような裏金がはいっているかどうかというのが、最大の問題になります。ちょっとその点に関してですね、これが検察の捜査の状況がどうかということを、今具体的に確かめるわけにいかないんで、我々が分かる範囲で外形的な事情からある程度推測するしかないと思うんです。

その点に関して私この前の番組で、宗像先生が話されたことですね、ちょっと疑問な点があるわけです。まずこのー、今回の事件が、単に4億円の不記載ということであれば、まぁ、身内の金がぐるーっと回っただけだから、全然そんなものは処罰価値がないと言われました。私まったく同感です。それだけではなくて、それ以外にちゃんとゼネコンから裏金が入っていることをきっちり、特捜部のほうは、確証をもっているはずだと何回も何回も言われたのですね。

前々回の同番組で、「午後の4億円」の記載を、実はあったと皆を大騒ぎさせた言質はどうしたのよ。自分が間違えていたんだろうに(証拠動画参照)。全然そのことにはスルーだね。

そのお金っていうのは、単に水谷建設からの5千ということなのですが、私は宗像先生がそれを言われるというのは、私、まったく予想してなかったものですから、びっくりしてしまってですね。っていうのは、水谷建設の元会長というのは、福島県前知事の佐藤栄作さんの、あの、あの事件で1億7千万土地を高く買ってやって賄賂を提供しましたという供述をして、それに基づいて、検察は現職の知事を捕まえたわけです。ところが結局、裁判では、それが全然信用されないと言うことが明らかになって、最終的には賄賂額がゼロになっているんです、控訴審で。

べつにそうだからと云って今回もまた嘘だということにはならないだろうに。水谷の幹部からも証言を得ているらしいんだよ。決めつけの多いヤメ検弁護士だね。

田原;(その事件について説明をする)

宗像:

水谷建設が8億円の土地を9億7千万円で高く買った、というのが検察の見立てで、2審まで終わってそれがゼロだということに。

田原:

それは、宗像さんが頑張られて、実は高くは買ってなかったと。水谷建設の会長というのは、もともと嘘つきだということ?

宗像:

あの事件に関していうと、私はまったく検察が作り上げた事件だと思っていますから。そのことをあっちこっちで公言もしてますしね。あの事件に関しては、私は許さないといっているんですが、だけど・・・・・。

田原:

その水谷建設の会長が今度5千万出したって、あまり信用できないんじゃない?

宗像:

そりゃ、やっぱりね、事件が違いますから。

田原:

あのね、星さんに聞きたいのですが、この水谷建設の会長が5千万、5千万渡したといっている、これは小沢さんが一切貰っていない、秘書たちもこれは一切貰っていないといっている。・・・・・水谷建設の元会長が、石川さんに渡したと言っているのがいつですか?・・・10月の15日だと言っている。それから、検察の内容によれば、10月の18日にそのー、陸山会に5千万入金してると言っている。ということは、もらった5千万円を陸山会に入金したんじゃないかと検察は見てるんですね。

宗像:

それは単に言っているというんじゃなくてですね、具体的にホテルでどういう形で、いつ上京してきて、誰が金を準備してと、おそらく全部しゃべっているはずですよね。

郷原:

しかしですね、裏金の授受ってのは、当事者でなければ分からないから裏金の授受なんですよ。そんなにあっちこっちに痕跡を残すようであれば、裏金を持っていった意味がないんです。ですからその当事者の供述が信用できるかどうか、それがすべてなんですね。

バカだね!理想通りいかない場合だってあるんじゃないかい。意味がないと思うのはお前の脳内だけだろう。完璧に全て出来ないのが人間なんだよ!

財部:

そこでね、じつは僕はいろいろなゼネコンの関係者にですね、ヒヤリングをしたんですよ。水谷5千万円という数字をどれほどリアリティーのある話なのかと、聞いてみたんですよ。そしたら驚くべき答えが返ってきて、このご時勢にですね、下請けが5千万円の政治金を持っていくなんて土木屋の世界では、ばかばかしくてこんなにリアリティーのない話はない。

おいおいどのようなヒヤリングをしたんだ?電話で知り合いに聞いただけだろう。お前なんかに本当のことなど話すか?

つまりそれは古い頭の発想で、じゃ、万が一仮に鹿島が水谷に小沢さんに5千万渡してくれと言ったとしても、下請けはもうギリギリの経営状態が続いているから、その通り5千万渡しますなんてね、建設業者の常識として、あの見立て数字自体がまったく説得力がないんだという、こういう話がもう一方にもあるんですよ。

胆沢ダムの総工費は2440億円だよ。それも何年も掛かる仕事が保証されているんだよ。また当然先々の追加工事が数百億円は最低でも見込める。元請が絡めば、なんでもするのが建設業者の常識なんだよ。完璧な捏造発言だよ。お前の本性がわかる。

田原:

分かった!宗像さん、問題は検察が水谷建設の5千万、5千万。これが本当に陸山会に入っているかどうか。これをきちんと検察が証拠を挙げられるかが今度一番のポイントですね。

宗像:

それが出てないとですね、身内の金がグルっと回っただけの話で、非常に処罰価値の程度が低いと思いますんでね。

田原:そこを検察は証拠つけられるんですか。

宗像:うん、それは検察が自信もっていると思いますと、私は!

田原:エエ!(非常に驚いたふり)

郷原:

あのーしかもですね、水谷建設の元会長は、一審が終わったあとに弁護人、宗像先生たちだと思うんですけど、のほうに、あの一審の証言というのは、捜査段階から、とにかく執行猶予になりたいという気持ちがあったから、偽証したんだと告白しているんですね。だから二審でまた改めて承認に呼んでほしいということを主張しているんですよ。

田原:

水谷建設の元会長は、今すでに受刑中ですね。脱税で受刑中の会長はやっぱり、自分の罪を軽くするために言ったんじゃないか。

郷原:あのー、仮釈放ですね。早く出れる。

別に、しゃべったから、仮釈放で早く出られるなんてことになるのかい?

宗像:

やっぱ、それはないと思います。私は自分で担当した事件をですね、あんまり公に宣伝っぽくやりたくないからですね、言っていないのですが、郷原さんが言ったから言うのですが、あれは事実がない事件だと思っています。がそれと、これを同じにしてはだめだと思います。・・・・省略。

いやだけど、石川議員を捕まえている事実ってのは、簡単にいうと4億円の不記載が事実ですから、それについては認めてて、まぁ、検察側から言うと、歩留まりがあるわけです、それで。問題はそれが、悪質なのかどうか、その中身がどうか、原資がどうかというところで今調べているわけです。

細野:

それはお言葉ですが、つい先ほどそれがそういうことではなくてね、裏金ではなくて、周りをぐるぐる回っていた4億であれば取るに足らない事件だとおっしゃいませんでした?

コイツはよく屁理屈をいう男だねー。別に宗像氏が捜査をしている訳でもないだろうに。

宗像:取るに足らないというか、処罰価値が低いだろうと。

細野:

議員を国会の直前に逮捕許諾もなくしてですよ、いなくならせるというのは、非常に大きい問題ですよ。

嘗ては、民主党が捕まえろ、捕まえろと大騒ぎをしていたんじゃなかったかしら。変わるものだね。

宗像:

それはねー。逮捕するかどうかという判断は、特捜部だけでは決めませんからね。最高検まで、検事総長まで上げてきめますんで。しかもそれは、出頭を拒否したか、事実についてちゃらんぽらんな供述を続けてきたか、あるいは、色々みると自殺のおそれがあるとか、色々なことが言われているけど、いろんな複合的なもの全部あわせて、考えて逮捕の必要性があるということで判断したと思いますがね。

郷原:

だからそういう検察としての、組織としての判断が本当に正しかったのか、検察というのは、間違った判断もするんじゃないかというところ、ここに今、最大の??をしぼっていると思うんですよ。

そこまでイチャモンをつけるのか?検察批判の程度が低いねー。

田原:

一旦本筋からはずれるんですが、宗像さん、鹿島の東北を取り仕切っている人は、しゃべったに違いない。なぜなら彼は無罪ですから、時効ですからね。なのになんで今頃検察はこの山崎建設とか、宮本組に今こんなガサ入れをしているんですか?

田原の知らない情報が入ったからじゃない?

宗像:

東北地方における鹿島、鹿島の支店の次長が全部仕切っているんですよ。スパーゼネコンの横並びって言ったって、その上に鹿島があって、その鹿島が小沢さんの事務所と結びついて、東北地方における公共事業の工事利権をほしいままにしていたんじゃないか、とういのが検察の見立てだと思うんですよね。

まぁ、一つの証拠としてこの胆沢ダムの関係で水谷から金が出ているよと。同じレベルで山崎、宮本、ほかにもあるみたいですが、そこからも出てるだろうということで、おそらく、どういう供述が出ているか知りませんよ、しゃべっているひとがいるかどうか、だけどもそれは念のために何度もやると思いますよ。

田原:いまごろなんでやるんですか?

お前はバカか?

宗像:なんか試行錯誤っていうか、なんかダッチロールに見えないことはないですけど。しかし目的は一つの目的に向かって着実に進んでいると思いますが。

・・・・・・・・省略・・・・・・

郷原:

いやーあのー、それをですね、本当に外形的な事情とか、いま分かっているところから、我々検察のことを分かっている人間が話さないといけないと思うのです。率直に話さないといけないと思うのです。そういう意味でよく分からないのは、宗像先生は、あの福島の事件はとんでもない検察のでっち上げだと言われる、

それとほとんど同じ構図に近い事件ですよね。水谷建設側の供述で、それを確信部分にして事件を組み立てて。今回の事件は間違いない!と言われるのがどうもよく分からない。あのこの前出演していた、高野さんとか大谷さん達が外で発言していますけど、宗像さんは番組終了後、じつは私はあなたたちと同じ意見なんだと、検察のやり方はめちゃくちゃなんだということをおっしゃったと公言していますが。

水谷の幹部の証言ってだけで、別に同じ構図だとは言えないでしょう。また高野や大谷の媚小沢の言いふらしなんていう、楽屋裏の話をだすんじゃないよ。所詮あいつらはどうにもならないヤカラなんだから。

宗像:

それは全然違います。それはお金の中身、私は自分の持っていたお金を出したんですよねと、例えば小沢さんが言う。それはおかしいじゃないかという、おかしいと言うほうが、それはここから来たんだ、ここから来たんだと立証しないといけないんでしょと言うから、それはその通りですよと言っただけです。・・全然違いますよ。

宗像さんは忍耐強いよ。落ち着いている。オイラなら罵倒するね。

郷原:(首を傾げる)

田原:

宗像さん、仮にね、水谷建設からの5千万が入っていたとしても、小沢さんは野党だったから、その意味じゃあ収賄には出来ないですね。

宗像:

そうですね。職務権限はありませんから。斡旋収賄とか斡旋利得とか、特別な法律に当てはまるような事実関係が出てくれば別ですけれど。普通はほとんど難しいです。

田原:

それから郷原さん、鳩山さんのような脱税も無いですよね。だってお母さんから12億貰って、一銭も払ってなかった。検察に摘発されて6億円払って、これで立件がないんだから。と脱税もないですね。

郷原:

少なくてもそういうお金が、小沢さん個人に帰属したという立証というのは、ほとんど不可能でしょうね。

田原:そうすると、どういう罪になるんでしょうか。

宗像:

ですから、今やっている範囲内でいうと、政治資金規正法の不実記載・虚偽記載の共犯になるかどうかというぐらいの話で、企業献金の・・とかは時効とかなんとかで、ほとんど入ってきませんから。

田原:虚偽記載の共犯だって!

町村:

これは政治資金規正法のなかでもっとも重いんですよ。禁固5年以下または罰金100万円。虚偽記載ということは。もっとも重い犯罪なんですよ。これは確かに検察的な感覚からすると、やれ裏金ですとか闇の金とかのほうが、大きな犯罪性が高い、そりゃそうかもしれないが、我々政治家にとっては、政治家の金の出入りを仕切る一番の源がこの政治資金規正法、それについてね、虚偽記載をすることがもし軽いことだとだ、たいしたことはないんだ。間違えたら修正すればいいんだ、とその程度の認識でやったら、もうこれから、金丸事件からまさにもっとも田中派的、金権政治が、これからまかり通っていいということになる。

郷原:

あのー、法定刑だけでですね、すべての違反行為を判断できないと思います。あくまで上限です。虚偽記載と言われるなかにも、本当に悪性を持ったもの、刑事罰が適切なものと、そうじゃない手続きミスみたいなものと、いろいろあると思います。

例えば、政治家が事務所の経費が足りなくなったら立て替えるじゃないですか、いちいち。その時の立替金だって、政治資金規正法上では、収入支出はすべて記載することになっている。書いてなければ一応形式上は、禁固5年以下の虚偽記入です。それを本当にこれを違法だからと言って、禁固5年だ悪質だといいますか?

お前は本当に詭弁を弄するね。そんな例を持ち出して抗弁するとは。そんなに一生懸命なのか?

宗像:今回の件は虚偽記入の理由、動機、が分かっていないわけですよね。

田原:なんで虚偽記載をしたのか?・・・・。

宗像:

銀行の借り入れの問題も、昨日の書面ではよく分からない。なぜ銀行からかりたのかね。

細野:・・省略

<その2の動画>

星:・・・省略

郷原:

先ほど町村さんが言われたことについてなんですが、要するに検察というのは、行政機関なのか、独立した司法機関なのかの関わる問題です。それを色々議論しないといけないことは分かるんですけど、しかし自民党はですねー、今回の民主党の対応についていろいろ言われるのには、ちょっと理解できないことがあるんです。

89年に高辻法務大臣が、答弁されていますよね、検察のリークについて、そういうような問題について指揮権を発動しなければいけないかもしれないと言われています。それから98年には、自民党は検察の情報管理のあり方を検討する調査会というのを作られていますね。こういったことをやられた自民党が今なぜ、一方的に民主党を批判されるのか、私は一向に理解できない。

それは政治家的発言で、ヤメ検の弁護士の発言の範疇から外れると思うが。もう民主党の議員のつもりなのか。

町村:

それは、小沢一郎という人のね、今の民主党の姿を見てください。私達自民党というのは、ある意味まったく自由、勝手気ままなところがありました。民主党は小沢批判の声が上がらないじゃないですか、それがおかしいですよと言っているんです。

細野:

我々も野党時代と、与党になってですね、頭の切り替えをしてですねー。検察官の皆さんだって一生懸命仕事をしているわけですし、我々与党だから、そりゃ同じ方向を向いて、日本が安全な国になるようと言う意味ではそりゃもう、信用しなければならない相手だと思いますよ。

ですから政治的圧力にならないような配慮がもちろん必要だと思います。ただその一方で、こういう問題が出てきたときに、果たして検察側の国会に対する説明責任というのはあるのではないか、というのは分けて議論できる余地はありませんかね。私はそれはあると思いますよ。そこを申し上げているのです。

検察の説明責任は、逮捕時の理由と、あとは、公判での主張だろうに。検察の説明責任ってのを具体的に言ってみな!いま数々の証言や証拠をいうバカがいるかね。平和ボケしているんじゃないか?

田原:

そこで宗像さん、プロ中のプロですからあえて聞きたい。2月の5(4)日でね、石川さんは期限切れになるんです、一応ね。さあここで延長するか、再逮捕するか。ここで起訴して、まぁ、保釈すると。どういうふうになると思います?

宗像:まぁ、石川さん達の供述がその間に出るかが問題ですね。例えば小沢さんから指示を受けたとか、例えば水谷建設とか他の業者も含めて、仕切りに入ってきているとかそういうことも含めて、そういうことが、立証、証拠が固まっているとこれは小沢さんの問題まで行く可能性が高いからですね。ですからそうなりますと、次の展開になりますよね。再逮捕があるかどうかわかりませんが。

田原:そこで小沢さんの起訴まで検察は行けますか?

宗像:今のこの流れを見ていますとね、どういう形か分かりませんが、私はそういうことを視野に入れて、それが到達線という見方に入れて、進んでいるという・・・。

田原:もし(小沢を)起訴できなかったら、完敗ですよね、検察は。

宗像:

まぁ、起訴できないというかそれは認識の問題がありますから。ただゼネコンからのお金が本当に流れ込んでいたかどうか、水谷も含めて他も含めてですね、それがガチッと解明出来て、東北のゼネコン利権が小沢事務所と繋がってたということが立証できれば一つの役目を果たしたと思いますがね。

田原:仮にですが、(小沢が)起訴されたら、細野さんどうします?

細野:

そういうことは、ないということを幹事長がおっしゃっているわけですから。(起訴はされないことを前提でやっている?)そういうことです。

郷原:

ちょっと話の流れとしてですね、さきほどから私と宗像先生との話の流れからすると、福島の事件からすると水谷側の供述は明らかに信用できないと思うんですよ。まずその問題をクリアーしないと、その先に小沢さんをやるのかやらないのかという話をしても、根拠が非常に薄弱だと思うんですよね。

しつっこいね、お前は(笑)。信用できるか出来ないか、事前にどうやってクリヤーにするんだ?今検察がやっていることが、それではないのか。

田原:

郷原さんは今の形では、もし水谷建設の金が行っていないとすると、検察は起訴できない!

郷原:

はい、むしろ石川さん自身も、現職の国会議員を公判請求をするような話ではないですよね。その身内の金がぐるっと回った程度であれば。

宗像:ただ、我々証拠関係はまだ分かりませんからね。そりゃ粘り腰ですからねー。わかりませんよ。

田原:そこで逃げちゃーだねなんでー。検察はどう思って何をやろうとしている。

田原よ、宗像さんは捜査中の検察側ではないんだよ。ただ推論をするしかないんじゃないかい。アホかお前は!

宗像:ですから、確かな証拠を一部握り、且つ集めそっちに向かっていると思いますよ。

郷原:

やはり宗像さんが言われるのは大きいんですよ。リクルート事件の主任検事、ゼネコン汚職事件の特捜部長ですよ。その宗像さんの発言に注目しているわけじゃないですか。納得できる話をされないと、国民みんなが、検察の正義と誤解してしまうんですよ。

だからさあー、郷原さん、宗像さんは、検察側実行者じゃなくて、今回の推論をしているだけじゃないかい。お前は稚拙だなあー。また、宗像さんに、僕ちんのように、もっと検察を糾弾してくれと頼んでいる。もうアホか。先輩に頼むな!自分でやれ!根性なし!そんなにいいことがあるのか、小沢を弁護すると。

宗像:

検察の味方をしているわけじゃないし、小沢さんを味方しているわけじゃないんですよ。私はどのグループにも属していない。私は中立的立場で、この事件、この展開をどう見るかで一般国民(郷原は発言で遮る)の方が誤解しないように言っている。
あなた(郷原)はバイアスが掛かっているよ。

バイアスとは、歪み、斜線、先入観、偏見。(Bias)。たしかに郷原は小沢擁護のバイアスが満開に見えるよ!とうとう宗像さんに言われてしまった。

田原:バイアス掛かっていないとすると、宗像さん、検察は起訴しますか?

宗像:

起訴の方向に向かっていると思いますよ。証拠関係によりますが。総合的判断で決めますから。

田原:

・・・もし言ったら、石川さん達は政治生命なしでしょう。だから言わないでしょう。

宗像:

これまで大きな事件をやってきてね。例えば贈収賄事件でも、収賄側が完全否認、完全黙秘をしている。こういった事件を特捜はいっぱいやってきているんですよ。ゼネコン汚職の中村喜四郎さんなんか、一切黙秘した事件だって、特捜は起訴して有罪になっているんです。リクルート事件でも藤波さんは否認ですよ。

田原:・・・省略

財部:

郷原さんに伺いたいのですが、僕は僕なりにそうとう考えもしているし、調べもしているんですが。例の村上ファンド、ライブドアを検察がやった当時の、あの時のマネーゲームに対して国家としてノーだという意思を僕は感じましたよ。今回の小沢さんに対する糾弾のちょっと異常な部分というのは、どう見ても今民主党がやっている、小沢さん中心にやっている国の作り変え、官僚も事務次官も今やたなざらし、局長も今やほとんど仕事がない、こういう国の形を大きく変えて行く、あるいは財界も自民党支持ではない、ぶっ壊していく、こういうものに対するノーというのをですねー、検察の背後にあるんじゃないかとおもうんですが、それはどうですか?

お前は言うに事を欠いて、検察陰謀論にもっていきたいのか?前からネットでは胡散臭いヤツだとの評判は絶えないが。

田原:検察対民主党の対決じゃないかと言ってるんですが。

郷原:

私はそこまでですねー、政治的に動くとは思いたくありませんし、思わないですよ。しかし、やはり西松建設の事件、あれはうまくいかなかった。アレ以来ずーと同じ政治家を狙っているという事実があるんですよ。ですから単に今回、政治権力を持ったところにチャレンジしているということだけじゃなくして、いままでの経過がそうなんですね。それが果たして正義なのかそうでないのか検証しなくてはいけないと思うのです。宗像さんが言われている「特捜警察」という本のなかでも、引用されている「国滅んでも正義は行われるべし」とか、おそらくそういうような感覚で特捜検事がおそらくやっているんだと思うんです。本当に正義が正しいのかということです。

田原:

僕は僕個人としていいますとね、やっぱ検察は仮にね、小沢さんの罪が形式の罪であろうとしても、小沢って奴は悪い奴だ、こんなこともやっている、こんなこともやっていると、それを検察は国民に訴えたいと思って、それでいろんな新聞なんかが書いている。そのね、検察の努力は相当成果があって、「小沢幹事長は幹事長を辞めるべき」というアンケートでは、読売新聞70%、朝日新聞67%、(ANN)これはテレビ朝日ですが・・・(56%を言及せず)・・小沢さんは辞めるべきだというのが、どーんと多くなってきている。これは検察の努力の成果ですね。

70%、67%、56%とは随分揃わない数字ですね。調整以前のナマ数字なんですか?しかし、やっぱ田原さんのご影響で、ANN(テレビ朝日)はまだ56%ですね。あなたのお陰ですか?ご立派!

いやいやそれ以外、テレ朝は、鳥越俊太郎一座のスーパーモーニング、川村(川豚)・なかにし一座のワイドスクランブル等の偏向番組がいまだに煽っていますからね。56%とは良い成績ですね。いくら工作資金投下されているかもおしえてください。

宗像:

今郷原さんが言われた、検察全体を僕はね、支持している、満足しているというわけじゃないですよ。捜査手法なんかについて、一人の政治家をターゲットにして1年間、例えばね捜査を続けるなんてことがあるとすると、これは異常ですよね。ですから検察はいろんな山ほどある事件の捜査の端緒の中から、ここに金塊が眠っていると思われるようなものについて、次々手がけていくわけですから。

田原:

だけど現にね、小沢さんの秘書の大久保さんが逮捕されたのが、去年の3月3日。約1年ですよ。

宗像:

うん、僕はあの逮捕の時、次に隠し玉があって、大きなものが裏にある、無ければ検察はおかしいねと、いろんなところで、僕は言った。

田原:

(あれには無かった西松は)あの捜査を続けていて、今度の巨額土地取引の不記載が出てきた。

町村:

あのね、検察対小沢という面白いことに、みんなね、作り上げ過ぎていますよ。そうではなくて、これはね、やはり小沢さん、鳩山さんという、民主党のこのおかしな体質対納税者である国民の戦いであると。だってそうでしょ、こっちは納税しなかった、こっちは納税したお金をゼネコン通じて多分キックバックして貰ってた。これはね、まじめな納税者である国民対納税してなかったり、悪いことをしてお金を取ったりした、鳩山、小沢との対決の問題ですよ。そういう構図だと思いますよね。

-番組終了。-

それでは、1月24日のサンデープロジェクト、小沢問題検証編。

その1

その2

|

« 小沢疑惑。ネットから拾ってみました。いよいよ第2の金丸か?いやそれ以上か? | トップページ | 「いのち!」思わず声がひっくり返ってしまいました。鳩ポッポの施政方針演説。 »

コメント

細野はモナと不倫してた事に対して説明してないよね?

・当時News23のレポーターであった人間と国会議員が不倫関係にあったという問題

 マスコミと野党民主党との癒着

・不倫旅行にJRフリーパスを使ったという疑惑

元々細野は前原の腰ぎんちゃくで、前原代表の外遊にも同行するくらい可愛がられてたんだよね

それが小沢代表に替わった途端、手のひら返して小沢に擦り寄ってブログでもやっぱり若手は駄目だ、と暗に前原を落としながらさすが小沢先生は凄い人だ、とマンセーマンセー

人間的にとことん小物

投稿: ポッポ | 2010年1月29日 (金) 08時45分

これですね。

民主党の小沢一郎幹事長が平成17年11月、沖縄県宜野座(ぎのざ)村で約5200平方メートルの土地を購入していたことが28日、登記簿や衆院の資産等報告書で分かった。建物もない「原野」で、使途は分かっていない。

土地は米軍普天間飛行場の移設予定地に近く、購入直前に移設を盛り込んだ在日米軍再編の中間報告に合意していることから、投機目的の不動産取得と受け取られかねず、小沢氏の政治家としてのモラルが問われそうだ。

 登記簿によると、小沢氏は17年11月28日、宜野座村漢那明記原(かんなみーきばる)にある1593平方メートルと、3601平方メートルの土地を購入した。

海岸に臨む土地で、用途区分は「原野」となっている。所有者は「小澤一郎」で、小沢氏の岩手県の自宅住所が記されている。土地には、抵当権は設定されておらず、現金で購入したとみられる。小沢氏の資産等報告書にもこの土地は記載されている。

米軍家族用住宅地には最適だからね。約10倍に土地代は跳ね上がる。

投稿: アイヤー | 2010年1月29日 (金) 09時21分

ポッポさん

これですか?

http://livedoor.2.blogimg.jp/saihan/imgs/5/f/5f812444.jpeg

細野副幹事長!まだこの説明責任を果たしていませんよ!
まったく言うことと、やることが違う面々ばかりだね!

投稿: ポッポさんへ | 2010年1月29日 (金) 09時33分

アイヤーさんへの補足
小沢が平成17年に購入した、沖縄の土地について。

*****
土地の購入価格は不明だが、地元不動産業者によると、1坪3万5千円程度が「さほど高くは感じない値段」だといい、推計では5千万円前後とみられる。

 小沢氏の会見での説明によれば、この時期は小沢氏が、16年10月に東京都世田谷区の土地を買うため、事務所に保管してあった資産4億数千万円から、代金4億円を捻出(ねんしゅつ)した後。資産等報告書によると、小沢氏に定期預金はなく、沖縄の土地を買う多額の資金がどこにあったかも不明だ。

 重機土木大手「水谷建設」元幹部は東京地検の聴取に「17年4月、小沢事務所に5千万円を提供した」と供述しており、この金が土地購入費となった可能性がある。

 土地は普天間飛行場の現行案の移設予定地のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)から直線距離で約9キロの近さだが、移設案の騒音予測地域からは外れている。購入時期が辺野古移設を盛り込んだ在日米軍再編の中間報告に合意した17年10月の直後のため、当初は値上がりを期待した投機目的だった可能性もある。

 産経新聞の取材に小沢氏の事務所は「担当者が忙しい」として、具体的な回答はしていない。

投稿: 闇からの声 | 2010年1月29日 (金) 10時43分

郷原・大谷・鳥越。皆涙目ですね。どんどん特捜の捜査は進んでいますよ。

↓ 今ここ。


<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で

・小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は1月31日、小沢氏から2度目の事情聴取をした模様だ。小沢氏が1日午後に行う幹事長定例記者会見での発言が注目される。

特捜部は前回1月23日の事情聴取で小沢氏から事実関係の説明を受けたが、その内容に対する疑問点などについて同31日午後、東京都内のホテルで小沢氏に再度説明を求めたとみられる。前回の聴取内容の延長線上とみられ、供述は調書にまとめられた模様だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100201-00000035-mai-soci

投稿: 陳湖臭 | 2010年2月 1日 (月) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小沢疑惑。ネットから拾ってみました。いよいよ第2の金丸か?いやそれ以上か? | トップページ | 「いのち!」思わず声がひっくり返ってしまいました。鳩ポッポの施政方針演説。 »