« 地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。 | トップページ | クライメットゲイト事件で、温暖化CO2詐欺がバレテしまいそう。COP15で何やるの? »

2009年12月 6日 (日)

拝啓 鳩山総理大臣様。未だ覚悟は決まりませんか?だとしたら女々しいです。

今年はみかんが豊作で、ここ一週間ぐらい、秋晴れの中で、だいだいとみかんの収穫に勤しんでいました。夏に間引き撤果をするのをいい加減にしたため、全部が成果実になってしまったことになりました。1コンテナーに目一杯で15㎏ぐらいになり、それを持ってモノラックに乗せるのですが、結構いい運動になります。腰と背筋に鈍痛を感じています。

これらを一旦貯蔵小屋の中の箱棚に移し替え、随時必要量を取り出します。2月ぐらいまで貯蔵します。ゴルフより良い運動となります。JAには出荷しないので、一部個人販売したり、知人友人に贈ったり、所有アパートのタナゴに配ったり、このみかんの処理だけでけっこう忙しい季節となります。

さて、毎度の鳩ポッポ総理大臣なのだが。東京地検は母親の事情聴取は見送りという情報が流れ、その後、やはり母親への事情聴取は行うという情報が流れたりしている現在なのだが。ますますおかしいことが出てきているようで、目が離せない状態となっている。

この問題を俯瞰してみると、マスメディア・テレビ報道が避けている部分が見えてくるように思える。

まず、母親の年齢なのだが、87歳だ。現在は聖路加病院系列のケアーマンションの最上階に住んでいるとか、テレビでやっていた。ここに入居するのは2億円規模らしい。まあ金持ちだから当たり前だ。

で、鳩山家族の資産管理会社「六幸商会」を通して、この母親は姉・由紀夫・邦夫用に昨年までの6年間に36億円現金化して、鳩ポッポには10億円超、あとの2人にそれなりの額をそれぞれに渡したとなっているだが、その中で使途不明な金が一部あることが判明したらしい(今の情報では)。

Hatokodomoteatew2

その財源は所有しているブリジストンの株の配当やその他、また運用なのか。我々庶民は小額なら、いろいろ見当をつけられることができるが、超大金持ちの数十億円規模となると、思考停止になってしまい、数億円ぐらいのことはどうでもよくなって、猜疑心を持たなくなってしまう。まして忙しい一般庶民ではなおさらということに。

要するに、果たして母親の金と云われているものは、本当に母親が正当に得た金なのか。大株主であってその株の時価評価が数百億円と云われても、それを担保に金を借りるか、売却するかしないと現金化にはならない。

今年母親が87歳ということは、7年前は80歳だ。ネットで転がっている画像を見ると、いつのときなのか分からないが皆元気な姿で写っている。しかしオイラの親類でも80歳台の大婆さんはいるが、かなりボケてきているのが普通だし、抽象的な観念的判断はできても、税理士・会計士の補助が無ければ、自分の資産運用なぞとても出来るものではない。

かりに、この36億円だけとっても、このお金が果たして母親だけの正当なるお金なのか、現在はっきりしていないようだ。またなぜその都度一旦現金化しなければいけなかったのか。オイラぐらいの常識でも、その「六幸商会」管理の母親口座から、振り込むのが当たり前なのに。またなぜ通算としても36億円の「現ナマ」が必要だったのか。なぜなのだろ。

いつも元気のいい「アンチキムチ団」さんからなのだが。

ヤバイ現金を隠すなら鳩山安子さんの36億円の現金の山の中2009年12月01日

木を隠すなら森の中と言いますからね。(爆w

で、何で鳩山安子は36億円もの「現生」が必要だったんでしょうか。確信犯じゃなければ由紀夫ちゃんの政治団体に直接、六幸商会なり自分の口座から振り込めば良かっただけの話。

それなのに何故、36億円もの「現生」が必要だったのか? 仮にヤバイ筋からの金が1億円あったとします。勿論、それはその手の金の性質上、確実に現金です。

そして「入りの部分」は多少報道されてますが「出の部分」はまだなわけで、仮にヤバイ出の部分があったとします。例えば工作員とかにばら撒かれた「実弾」とか「友愛経費」とか・・・(爆w

入りが現生一億で、出も現生一億ですから、一時的に「36億円の現金の山」が37億円の現金の山になるわけですが、そんなもんぱっと見ただけでは分からんわけですよ。(爆w

まあ由紀夫ちゃんの友愛マネーに関しては「入りの部分」も「出の部分」もまだまだ解明が必要ですね。(爆w

たしかに、「木を隠すなら森のなか」だね。よく言うマネーロンダリングってやつ?また鳩ポッポはこれらの金をどこに使ったかだ。収支報告書には支出の欄もあるが、合算すると使途不明金があるそうだ。それも数百万円なんていうシケタ規模ではなく、数億円規模になりそうだともささやかれている。

鳩山家に関しては、過去からいろいろ噂があった。オイラのブログの過去記事なのだが。

+ 裏から見た戦後の政治の歴史2009年7月 7日 (火)

ところで、今民主党代表の鳩山由紀夫の個人献金の虚偽記載問題で知ったのは、この今のご存命の母親の資産がもの凄いらしい。ブリジストン創業者石橋正二郎の娘でもともと金持ちなのだが、祖父(鳩山一郎)夫(威一郎)の遺産も受け継いでいるという超リッチ。民主党設立の時は鳩山兄弟が設立資金を17億円提供したとかしなかったとか。多分金額は定かではないがしたのだろう。

だから民主党議員は鳩山に頭が上がらないのかもしれない。 しかしちょい疑問が湧いてきた。この祖父、鳩山一郎の父親和夫は弁護士。そして一郎はずっと政治畑を歩んできた。なぜ「音羽御殿」に象徴されるような大金持ちになっていたんだ。その頃は、代議士は利権政治が当たり前。一部善良な政治家はいたことはいたが、それは結局処世術が下手だった時代だったのだろう。マスメディアなんてチョロイものだった時代だというのは確かであろう。まあ今の中国みたいなものだ。

そんなこんなでなんとなく興味を持っていたら、一つの投稿ビデオを拾った。ある団体の後援の模様を素人が収録したようなビデオなのだが。いわゆる「裏から見た戦後の政治の歴史」とでもいうのか。2009年5月31日独立党東京学習会。テーマ「戦後の裏の歴史:児玉誉士夫」とある。例の陰謀論が多いリチャード・コシミズ・サポートクラブだ。

よく言われたオドロオドロしい戦後を引きずったM資金まで繋がってしまう。そこまでいくと果てしがなくなるが、鳩山一郎⇒威一郎⇒母親⇒由紀夫(他に姉・邦夫)に至る脱税隠し資金の流れがあるのかもしれない。

また皮肉なことに、爺様の鳩山一郎が苦労してやっとこさえた自由民主党を、54年経って孫の鳩山由紀夫が政権から引きずり下ろした。なんの因果なのでしょうか。

地元三島選出の細野豪志に気を使ってか、いやに民主党に温情的になってしまった「ネットゲリラ」さんなのだが。

鳩山一族とM資金2009/12/04

鳩山偽献金事件なんだが、単純に言ってしまえば「裏のカネを表に出そうとして失敗した」のではないか? という気がしてならないわけです。

わざわざダミーの献金者を設定しているところなんかがそう思わせるんだが、なので、威一郎の遺産じゃないか? なんていう話も出て来るわけですね。「このカネは政治のためにのみ、使うべし」と遺されたカネがあったというんだが、まぁ、代々続く政治家だったらそれくらいありそうな話だ。

つうか、当時、数億円は正式に引き継がれているという話なんだが、あくまでも、それは「表に出ている分だけ」です。裏金がないわけがない。 で、こないだ某マスコミ関係者と飲んだんだが、そこで出てきたのがM資金ですね。

まあ脱税の金でも時効の壁があるわけで、そこまで話が膨らんでいくと、現況とは違ったお話空間に入ってしまう。要は先が短い母親が夫(威一郎)や実家から受け継いだ莫大な財産を、死後の莫大な相続税から逃れるためと、またドサクサにまぎれて違法献金を一旦母親にいれ、そこでマネーロンダリングして、3人の子供に分け与える工作が、優秀な会計士・税理士・秘書がついているのにも拘わらず、策略通りいかないことになりそうだということにも解釈できる。オイラでも。

いくら優秀な母親でも、複雑な会計の処理なぞ絶対出来るわけない。3姉兄弟と専門家が計略して、母親の神託「この莫大なお金は政治に使う。それも税金なぞ掛からぬよう有効に使うこと」この一言二言を忠実に守るため、且つ受けるほうもその方が誠にいいわけで(バレなければ)、関係者が秘書も含めて全てが動いてきたのではないか。

母親を事情聴取しても、口裏合わせはしているし、この老婆を締め上げるわけにもいかない。たいした成果は出てこないだろう。それより「六幸商会」の家宅捜査しか全面解明の手段はないだろう。これは恐れ多くて東京地検は出来ないかもしれないが。

あとは、鳩ポッポに関しては、それらの使途不明金がどこに使われたかだ。貰った方は所得税が掛かる。一定の専門家に渡したなら、源泉徴収をしなくてはならない。表に出さないなら所得税法の脱税違反だ。

例えば、マスメディアを動かして、民主党有利に煽るため、新聞社の論説委員や、テレビ報道番組のコメンテーター・司会者・番組制作者や、御用学者や、その他に直接・間接にばら撒いた可能性がまったくないとは云えない。数年前からマスメディアの与党叩きは上気を逸していたような印象を受けたからね。

週刊誌だけは元気がよくなってきた。

Bunshin200912

11月朝生を録画で見たんだが、今回は官僚についてがテーマだったのだが、最初に鳩ポッポ総理の今回の献金問題について討論になった。田原が朝日新聞論説員の山田厚史に発言をふったのだが、しどろもどろでなんとか鳩山政権を守るためなのか、何を云っているのか分からなくなってしまった。

この朝日新聞の山田厚史っていつも発言があやしいんだよね。こんなのが書いた記事をありがたく呼んでいる朝日新聞読者って・・・・・・・・・・だよね。

それにしても、民主党の諸君がおとなしいね、国会議員としての自覚があるのか。劣化した自民党でさえ、主脳部がもしこれだけ問題がはっきりしていれば、党内で引きずり下ろしで大騒ぎになるのに、新人含めて、ただただ沈黙。ひとり威張っているのは、国民新党の亀井静香だけ。日曜日のお決まり今日の各報道番組でも、亀井が出ずっぱりで、観念論・精神論で経済・政治を語っていた。こんなことでは日本の経済は一向に良くならないと思うが。まさにカオス状態だ。

民主党は、鳩山は、選挙前に云っていたことと、政権獲得後にやっていることがこんなにも変わってきて、一体マニフェストってなんなんだい!

国会も閉会したことだし、地検の捜査も進んでいる。小沢幹事長に関しては新たな疑惑も出てきた。社民党みずほとは揉めている。国民新党亀井は独走する。このまま空中分解をしそうな雰囲気だね。鳩ポッポは以前の勇ましい言質が、ネット上でテキストでも、画像でも、動画でも残っている。これで攻められたら、いくら宇宙人でも、持ちこたえないと思うが。地検が蓋を閉めたとしても、先々で常に叩かれるはずだ。

一説には、小沢は鳩ポッポの後は、管ではなく亀井静香を持ってくるなんて、まさに脅しともいえる構想を描いているとの噂も流れている。民主党政権はそのままでいい。しかし小沢と鳩ポッポは、もうここで議員を辞職してほしい。そして来年の参議院選挙は、衆参同一選挙で、国民に覚悟の選択を挑んでもらいたいと思っているが、それではもう簡単には戻れないような日本になっているかもしれない。

ところで日本のテレビメディアの如何わしさを払拭するために、この際、総点検を放送法のもとに実施をしてもらえないだろうか。世論調査といわれるものの正当性についても。インチキは無いのか。捏造はないのか。それとも各テレビ局が自浄作用で自局の掃除をしてくれるか? とにかくおかしな番組作りが多すぎる。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の画像

巷では、ネット上でこんな誹謗中傷の画像が多数多種出回っています。

遺憾なことですね。

だけど、よく見ると納得させられてしまうのです。説得力があるのです。

なるほど!と。

Datsuzei3

↑、間違っていないようです。

1259215915943

↑ 間違っていないようです。

Fakejapanesedpj2009

↑ 仙石行政刷新相、言ってしまいましたね。「文化大革命」って禁句を!

  他も間違っていませんね。

Manimani4

↑ さあ、これからどうなるのでしょうか。

  もしかしたらこれも間違っていないことになりそうかもしれません。

|

« 地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。 | トップページ | クライメットゲイト事件で、温暖化CO2詐欺がバレテしまいそう。COP15で何やるの? »

コメント

251 : マスキングテープ(福岡県):2009/12/05(土) 20:10:50.85 ID:Is5B3adx
というか、鳩山ってもう「民意の鑑」だろ。
国がどういうものか分からない、可哀想な人には優しくしろ、官僚は悪い気がする、日米安保は悪い気がする、
自民が日本をダメにした気がする、政権交代すれば良くなる気がする、――誰かがなんとかしてくれるこんな感じの、日本人の幼稚な政治観が乗り移った、概念上の存在に見えてきた

316 : 餌(関西地方):2009/12/05(土) 21:03:15.85 ID:yzodyCvx
>>251
とかすごい的を射てると思う。

テレビをひがな一日中見てると
官僚、天下り、腐敗、自民、悪のイメージが刷り込まれて(確かに一部は本当で正さねばならない事だが)
それを壊すヒーローがやってきて国を変えてくれるから投票したみたいな感じ。

タレント知事が当選するんだぜ。
そんな次元で物事を考えてるのが日本の多数派。

投稿: 陳湖臭 | 2009年12月 7日 (月) 03時02分

専門家ではなくコメンテーターに論評をさせるニュース報道方式は、客観性があるようで全くない。外国人、タレント、芸能人、漫画家などがいかにも国民の代表であるかのごとくに発言しているが、注意深く聞いていると一定の方向性を持っていることが分かる。

ということはコメンテーターの人選をするに当たり、一定の方向性に基づいて選んでいることになる。公共の電波を使った偏向的な報道、あきらかに政治的中立を逸脱した報道がコメンテーター方式によって可能となるのである。多忙な視聴者は報道を深く考える暇はない。

コメンテーターのもっともらしい発言で納得して出勤してしまうのだ。この吉永発言はそういう傾向の象徴であり、深い問題を内在している。放送を司る総務省情報通信政策局は当然事情聴取し指導すべきである。

それとも民主党政権下だから手心を加えるつもりか。加えて自民党など野党は、自らの存否にかかわる問題である。国会で取り上げて民放報道の偏りを正すべきであろう。

投稿: 真の思考停 | 2009年12月 7日 (月) 09時38分

一国の首相が過去、他者を口を極めて批判していた問題が自らの身に降りかかった途端に知らん顔をし、あまつさえ、国民に課せられた最大の義務の一つである納税をここまで軽んじておいて、そのまま首相の座に居座るということが、国民にいい影響を与えるでしょうか。

 私のような浅学非才の身でははっきりしたことなど言えませんが、言動一致を貫くことや、税金を払うことなど馬鹿らしいという風潮を助長しないでしょうか。政界や政治家のあり方など、そんなに世の中に影響を及ぼすものではないのかもしれませんが、やはり首相という地位には、それだけ重いものがあるようにも感じるのです。

 また、政治家は今後いよいよ、本質的にどうあるかより、とりあえず国民の目に映りがよければいい、表面を取り繕えば何とかなると勘違い(理解)することにならないでしょうか。それは、日本社会に今に増して深刻なモラルハザードを生み出さないでしょうか。ときどきつい悲観的になってしまう私の単なる杞憂であってくれればいいのですが。

投稿: j爺様より | 2009年12月 8日 (火) 09時24分

「赤字国債を発行したら国が持たない。政権交代が一番の景気対策だ」
「財源はあるんです! 国債追加発行も不要です!」
「無駄使いの削減と埋蔵金で、財源は大丈夫!」

投稿: aiya- | 2009年12月11日 (金) 15時29分

貴方のような優柔不断で気迫に欠けた人には この国を任せて置けません。
全ての約束(マニ…)が中途半端、党内もバラバラ、献金問題の何一つ決着ついてない、沖縄問題もどのように決断をされるのか? 総理大臣(リーダー)としての資質が大きく欠けている。
何一つ決められない貴方で民主党を益々信頼されなくなります。

投稿: 原田三男 | 2010年4月21日 (水) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。 | トップページ | クライメットゲイト事件で、温暖化CO2詐欺がバレテしまいそう。COP15で何やるの? »