« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の15件の記事

2009年12月31日 (木)

2009年の終わりと2010年の始まり。

2009年も今日一日で終わり、新しい年2010年を迎える。次の春夏秋冬を迎えるわけだ。今日は釣りの相棒ケンちゃんと、クルーザーで今年最後の船釣りをする約束だったが、西風が強く、午後にはもっと強くなりそうなので、中止した。晴れの天気で、一見波は静かだが、沖合い遠くを見通すと白波が立っている。

暮れの行事。世話になった人には貢物を送ったし、年賀状も送ったし、墓参りもしたし、家の掃除はカミさんがしたし、2ヶ所の玄関にしめ飾りも付けたし、娘・孫へのお年玉を仏壇に置いたし、・・・・・大昔(ご幼少の頃)は、自家でしめ飾りを作ったり、餅を突いたり、やることはもっと多かった。

ブログをやるようになって、ネットで拾う情報の量が格段に多くなり、以前ボヤっと見過ごしていた情報を深く検証することを会得した。これが、現役でバリバリ仕事をしなければいけない時代ではとても趣味の範囲で出来るものではない。オイラそのような世代の人々への一助にもなればとも念頭に入れてこのブログを更新しているつもりです。もちろん常にメディアディテラシーを働かせて、このブログにも接して欲しいと思います。

当たるも八卦、当たらぬも八卦で来年はどうなるか。オイラの予測。

続きを読む "2009年の終わりと2010年の始まり。"

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

地方の生きる道は観光か? 観光について考える。

鳩ポッポにまた新たな、政治資金規正法違反が出てきたり、小沢書記長の5月ごろ騒がれた疑惑が再燃してきて、その関連元秘書で今年故中川を破って当選した石川知裕衆院議員が事情聴取。立件されそうな。鳩ポッポも長年に渡っての不正。この小沢書記長も細川擁立以前から続いてきた不正が暴かれるかどうかといったところ。世も末だね。いまだにマスゴミはこの2人にマンセー状態、温情的だ。いかにマスゴミ界への実弾工作が大きかったを覗わせる。

さて、今も、古くて新しいのが、「地方の再生」。劣化マスゴミが相変わらず騒いでいる。結局地方は「観光と農業」だって。先日の日曜日の「報道2001」を録画してあったのを観た。後半は、星野リゾートとかいう旅館再生の特集だった。この星野というカリスマを追っ掛けたような旅館再生屋番組は過去から飽きるほど見せられた。面白いのだが、やがて壁にぶつかり消えていく。もちろんその中の幾つかは有益ではあるが。

これを、旅館組合・自治体が丸呑みで追っ掛ける。その繰り返しだったように総括できる。まぁ、過去その中に一部オイラもいたわけで、あまり偉そうには云えない。

日本を観光立国にする。これが前原のポリシーとか。

今日はそれについて考えてみる。

続きを読む "地方の生きる道は観光か? 観光について考える。"

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

鳩ポッポさん「嘘」と「秘密」は違うのですよ。クリスマスイブの記者会見

ちょうど、クリスマスイブ、そして政権交代100日目。東京地検はどんな理論で、鳩ポッポの公設秘書をこの日に起訴にしたのだろう。クリスマスプレゼントということなのか。昨日24日の夜6時からの鳩ポッポの釈明記者会見は見れなかったが、動画サイトで見さしてもらった。誰だか知らないが素早いUPだ。

記者会見に現れた鳩ポッポの襟に議員バッチが付いていない。かつて「もし金庫番が逮捕されたら、私だったら、この議員バッチを外します」と云っていたので、その通りにしたのかと思ったが。ここに鳩ポッポ理論とその他常識人の理論との齟齬が起こる。議員バッジを外すということは、誰もが、議員辞職だと思うが、彼の世界では文字通り、ただ物理的に外すだけという世界なのか。記者の質問に「国会外では、私はバッジをはずすのです」だって。

お母様からの贈与に関しては、「贈与税(約6億とかなんとか云われている)それを認めて払います。もうこれからは、ママからもらいません。だそうだ。

そもそも、世の中には「嘘」と「秘密」というのがあって、簡単にバレルのが「嘘」、絶対バレナイようにするのが「秘密」。この使い分けは、その人間の資質に由来する。まして国政のトップに登りつめた人間が、すぐバレルような嘘をポロポロつき続ける。だからこの人には「秘密」はなくて「嘘」ばかり。これじゃあ「62歳児」と云われてもしかたがない。それを暖かく見守っている、特にテレビメディアってなんだろう。

続きを読む "鳩ポッポさん「嘘」と「秘密」は違うのですよ。クリスマスイブの記者会見"

| | コメント (4)

2009年12月24日 (木)

グローバル詐欺、マスゴミ詐欺。詐欺はまだまだある。

詐欺について前記事に続くが。

グローバル詐欺&マスゴミ詐欺の最大は、世界温暖化人為CO2説となるだろう。特にマスゴミ詐欺については、日本はもっとも酷かったようだ。なんたって時の政府とつるんでいるからね。

ちょと熱い日が続けば、これは人為CO2による温暖化の影響です。今年台風が1本上陸すれば、これも温暖化のせい。じゃあ大昔の大台風はなんだったの。大雨がふれば、やはり温暖化のせい。笑っちゃうのは、ついこの間の北半球全土を襲った大寒波も、温暖化のせいとテレビでアホ女コメンテータが云っていた。もう詐欺を通り越している。

全世界の国々の人々も、日本人は、同じように温暖化と考えているようだが、実際は違う。科学に根拠が乏しい、実感として説得力がなければ、英語圏での情報交換が激しくなれば、国民はそれほど煽られないものかもしれない。

続きを読む "グローバル詐欺、マスゴミ詐欺。詐欺はまだまだある。"

| | コメント (1)

2009年12月23日 (水)

政党の詐欺、マスゴミの詐欺 この日本はどこへ行く?

うっかり、年賀状の準備を忘れていた。ブログには時間を掛けるが、その他が手抜きになっていて、慌てて準備した。ソフトは「筆王」を使っているのだが、今年PC替えをして且つOSをVISTAにしたのが原因なのか、過去数年分の通信記録が消えていた。再度保存している年賀状を引っ張り出して、記録を入力した。そして、今年の年賀状のレイアウトをJWWで作って、必要枚数も算出し郵便局に年賀葉書を買いに行ったら、今日は祭日で休みだった。

カミさん、遊覧ご洋行中の為、昨日夕飯のおかずを買いに近くのスーパーに行って、レジを済ませ、我が家の玄関に着いて気がついた。レジかごをそのまま持って来ているのだ。これ前にも一度あったので2回目。   別にボケてはいないと思うのだが。

各ネットブログでは、鳩ポッポ詐欺・民主党詐欺で満艦飾がはためいている。テレビ報道だけが、いままで数年煽り続けた政権交代マンセーを急旋回できなのか、庇い続けているような。

まぁ、結局国民は「マスゴミに騙された」ようなものだ。いまだに騙されたことに気がつかない有権者もいるから断定はしたくないのだが。

続きを読む "政党の詐欺、マスゴミの詐欺 この日本はどこへ行く?"

| | コメント (3)

2009年12月21日 (月)

クリスマスだ。また行事がいそがしい。オイラの選んだクリスマスソング

昨年12月は限定で、オイラのブログの頭に、クリスマスソングのエントリーを載せていたのだが、今年もオイラの好みに変化のない年でしたので、リサイクルしてエントリーとします。

ほとんど内容は変わりませんが、半数以上が著作権絡みで削除されていて、再度YoutubeにUPされていたのを埋め込みました。削除すれば、別の誰かがまた同じものをUPするのイタチゴッコ。Youtubeを始めとして動画サイトは面白い。

好いものは、いつまでたっても好いものです。

この流れの曲を好きな方々と共有したいと思います。

続きを読む "クリスマスだ。また行事がいそがしい。オイラの選んだクリスマスソング"

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

砂上の虚構のCOP15。エコ、エコと各国欲望渦巻く会議は虚構の上に踊りは続く

COP15も最終日になり、結論はどうなるのか見物だが。まさに「CO2は金、CO2は儲け、CO2はチャンス・・・・・・・・。」の道具になっている。まさに砂上のCOP15の会議は踊るだね。

米国全土に今大寒波が襲っている。日本も今期としては20数年ぶりの大寒波。

本来なら、COP15に合わせて、NHK始め各民放テレビが、地球温暖化を阻止するため、CO2の排出を削減しようと大キャンペーンをするはずだったが、クライメット事件で発覚した捏造グラフやIPCCの如何わしさが湧き上がってきて(日本人は英語圏ではないのでほとんどこの情報は知らない)、消極的だね。まして今週の日本を襲っている大寒波の最中に温暖化なんて云ったら、蹴っ飛ばされるからね。まさか「この大寒波も温暖化がもたらしたものです」とは云えないものね。

先日も、テレビでアホコメンテータが、北極の白熊が、温暖化で氷が解けて獲物を捕る事ができなくてと、親熊が小熊を食べている写真を公開して「こんなに悲惨なことになっています。温暖化を押さえるため、私たち一人ひとり何かをやらなければいけない。CO2削減を真剣に実行しなければいけない」などとほざいていた。

あのな!ありゃ「ライオンの子殺し」と同じでボスが変わると、メス達は前ボスとの子供を育てているので、発情しない。それで前ボスの子供を全部殺してしまうという習性なんだよ。ディズニーの世界をまともに信じているお花畑の人々は救われないね。

調査の結果、白熊捕獲禁止になってから、その数は確実に増えているそうだ。また白熊でも泳ぎのうまいのと下手なのがいるのも事実なんだよ。

続きを読む "砂上の虚構のCOP15。エコ、エコと各国欲望渦巻く会議は虚構の上に踊りは続く"

| | コメント (1)

2009年12月18日 (金)

伊豆っ子は地震には慣れっ子です。群発地震は揺りかごだ!ってことはないが。

昨日の昼間から、何かおかしい物音なのか、何なのかいつもとちょと違う雰囲気がしていた。夜になって瞬間的(4秒前後)揺れがきた。その後深夜、明け方まで何度も揺れに襲われ、その度に目が覚め熟睡ができなかった。

伊豆東海岸沿い名物の群発地震がまた来た。群発地震だからその数は多い。旧来からの住民は歴史的に慣れっ子だ。この前の群発地震は2006年の4月・5月。火山性の地震だから、プレート系地震とはちょと違う雰囲気がある。

前回(2006年)時点で、1978年から数えて有感地震だけでも28回目。まさに群発地震銀座とも云える。そのうちマグニチュード5以上が9回目。

温泉が多いのは、地下のマグマと接近しているカ所が多い証拠だ。だからこの辺は地下水を摂るためにボーリングをすると、間違って温泉が出て来てしまうと昔騒がれたものだ。しかし、これ面白いもので、この辺どこでも掘れば温泉だ出て来るわけでもなく、1キロ離れたら、温泉の脈から外れて出ないということも多くある。

続きを読む "伊豆っ子は地震には慣れっ子です。群発地震は揺りかごだ!ってことはないが。"

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

温暖化に人為的CO2なんて関係ないよ。もう詐欺はやめてくれ。民主党さんも。

この頃どうもイライラする。その原因はやっぱり小沢主席と鳩ポッポ代用の顔と発言がテレビに映るからなのか。この2人のトップとその腰ぎんちゃくによる政治がこれほどまでに、分かりやすく劣化してきているのは、憲政史上なかったことではないか?

過去には、野党のしつこいくらいの追及で与党がメロメロになることはあったが、今回は、自民党は野党の勉強中で、大した行動はしていない。全てが与党政権の中で、やることなすことマトハズレがどんな劣化有権者にも見えてしまう。まともなのは渡辺周ら極少数なのだが、反発は出来ないで、ただただおとなしくしているに過ぎない。

小沢主席は、自由党から民主党に拾ってもらい、最初は借りてきた猫のようにおとなしくしていたが、ここに至ってはまさに独裁的に民主党政治を操っている。「千と千尋」で、館内暴れまくっている「顔なし」のようなキャラを連想させられる。アメーバーのような思考の鳩ポッポ代用はやることなすこと全てがブーメランの連続。こんな総理っていままでいたか?このごろ彼を「白痴」ではなく「鳩痴」ではないのかと疑っている国民が多くなっていると云われる。

コペンハーゲンでのCOP15は、最終日の18日を迎えてまさに混乱状態。先進国と後進国、またEU国と米中国も対立している。これはシナリオ通りなのだが。例のクライメットゲイト事件が火をつけ、これまでIPCC主導の「地球温暖化人為CO2説」の真偽についての疑いがどんどん盛り上がってきている。米国下院議会ではこの説の見直しについて論議されているそうだ。

続きを読む "温暖化に人為的CO2なんて関係ないよ。もう詐欺はやめてくれ。民主党さんも。"

| | コメント (5)

2009年12月14日 (月)

国民は「マスゴミに騙された!」お人好しはいつまでも騙される。

今日の昼飯の時にテレ朝のワイドスクランブルって番組を観たのだが(よく昼飯を食いながら観る)。レギュラーコメンテータの「川村晃司(川豚)」に、今日月曜日は「なかにし礼」。この「なかにし礼」って満州生まれの作詞家。この番組最強の媚民主党コンビ。毎回偉そうにもの申している。

いまだに、普天間、鳩ポッポ献金脱税、国債増額すべて理屈をつけてOKだそうだ。ここまで媚民主党だと、テレビでの放送法っていったいなんだろうと思う。中立も公平もスッカラカンなんだが。

つくづく思うのは「国民の声」「世論」とは、マスメディアが造り上げたものだ。色々な情報やオピニオンを基に、国民は自分と照らし合わせて、それが集合して「世論」「国民の声」になる。しかし、その情報が、オピニオンが意図的に偏っていたら、その方向に世論は造られていく。特にプロパガンダ的に流されることは大変怖い。

世論調査というものも大変怖い。これは各メディアの偏向報道の成績表とも云える。

続きを読む "国民は「マスゴミに騙された!」お人好しはいつまでも騙される。"

| | コメント (4)

2009年12月11日 (金)

クライメットゲイト事件に触発されてスケプティックが主張を展開。COP15期間中にもかかわらず。

クライメットゲイト事件と開催中のCOP15という「旬」のなかで、国際的に知識層が、温暖化人為的CO2説に反旗を振り上げている。これまで方針にそぐわない学説・主張でIPCCにはねられてきた科学者・ジャーナリストたちだ。

これまでも、温暖化人為的CO2説に疑問や反対をして、政府筋・学会等から冷や飯を食わされてきた人々たちだ。オイラも昨年からこちらの派なのだが。

こられから国際的に流行るキーワードは「スケプティック(skeptic)」⇒「 多数意見や、権力者が言うことは正しいという理屈を受け入れない人」だね。だからオイラもスケプティックってなわけだ。

そして、この温暖化人為的CO2説に疑問を持っている人々用にSkeptic Handbook ( スケプティック ハンドブック)( 温暖化論疑問者向けハンドブック)が出た。そして日本人用に日本語バージョンがネット公開された。これを読むと多少モヤモヤしていたことが晴れるかもしれない。PDF版で、最初開くとサイズが大きいのでちょうどいいくらいに縮小して読んでください。ボリュウームが多少あります。

スケプティック ハンドブック;水掛け論のような地球温暖化の議論に、もう耳を貸す必要はない。このハンドブックを読んで、くだらない言い合いに巻き込まれない策と手段を身につけよう。

テレビを点ければ、ここ数年温暖化人為的CO2説のプロパガンダは凄まじかった。昨日もNHKクローズアップ現代では、温暖化で果実(みかん等)が傷みやすくなってきたなんてやっていたが、こんなのここ40年の間には周期的にあること。逆に今年のオイラのミカンは冷化で、早めに黄色付いたので早めに収穫したんだけど。

続きを読む "クライメットゲイト事件に触発されてスケプティックが主張を展開。COP15期間中にもかかわらず。"

| | コメント (1)

2009年12月10日 (木)

ドバイってドウナルバイ:ドバイがヤバイ!・・・・・・今ここ

鳩ポッポはCOP15の最終日に開催地コペンハーゲンに行くようだが、オバマから「嘘つきは嫌いだ」と首脳会談は断られているようだね。そういえば9日朝に、すぐ近くのノルウェイで空におかしな現象が起こったとか。

http://wiredvision.jp/news/200912/2009121020.html

色々な説が出ているようだが、宇宙から鳩ポッポに「@@PA(クルクルパー)」だというメッセージだとか、いやそれはCOP15に対してだとか、いやいや、今日のノルウェイでの、オバマのノーベル平和賞受賞に対してだとか、云われているとか云われてないとか。

弟鳩が生前贈与を認めて、その税額を納めるなんて報道があるが、兄鳩もママからもらったなんてチラリホラリ吐いてきた。なんたってそれぞれ総計11億円づつだからね。それも毎年連続してだから確信犯だよ。分からなかったとしたら両方とも「禁治産者」だね。「成年後見人」が必要かもしれない。なんか噂によると、どちらかが愛人の息子で異母兄弟と云われているが。だから、相続等金が絡んで仲が超悪いらしい。

これが、脱税額+追徴金納付だけで済んでしまったら、いままで脱税で刑事罰を食らった人達は救われないね。モラルハザードを必ず起こす。

自民党もこの際、弟鳩の自民党員離党、且つ議員辞職をせまるべきだ。二階に対しても。身奇麗にしてから、民主党に「どうする!」って迫らなくてはね。そこまで度胸はないか。

さて、昨年のリーマンブラザース破綻に象徴される、バブル崩壊のあとの金融恐慌の恐れなのだが、なんとか1年金融に関しては大きく影響のなかった日本を除いて、各国絆創膏で処置してきたのだが、まだまだ問題が片付いた訳ではない。どんどん絆創膏から血液や膿が滴ってきて、アッチこっちから大量出血という第2番・3番の危機が着そうな気がする。

続きを読む "ドバイってドウナルバイ:ドバイがヤバイ!・・・・・・今ここ"

| | コメント (3)

2009年12月 7日 (月)

クライメットゲイト事件で、温暖化CO2詐欺がバレテしまいそう。COP15で何やるの?

今日から、デンマークでCOP15が開催されるわけだが、温暖化CO2説で煽ってきた環境派は、デモンストレーションの準備で大忙しのようだ。コペンハーゲンでは、自転車利用、自転車通勤が流行り始めたとか。まるで30年前の中国に戻っているような。

なーに、これもプロパガンダの一環。これが終了してしまえば、一部のマニアだけが残って、やっぱり、自動車通勤、自動車利用になるさ。人間楽を覚えてしまえば、もとには戻れない。これ定説だ。もちろん自動車利用禁止か、自家用車に超コストが掛かるようにすれば、なんとか自転車利用は続くかもしれないが、これじゃ文化大革命当時の中国人民になってしまうからね。

ところで、クライメットゲイト事件の波紋が大きくなってきているようで。世界中の科学者がこれまでIPCCに取り上げられていた研究所の資料を再検討し始めた。時系列を見ても、温暖化はしていないと主張する科学者の学説は握りつぶしていたようだし、温暖化CO2説に合致していない統計や調査成果や主張は皆避けられてきたようで、ここに来て再度「反温暖化CO2説」の科学者たちが、自分の主張を出し始めている。

続きを読む "クライメットゲイト事件で、温暖化CO2詐欺がバレテしまいそう。COP15で何やるの?"

| | コメント (3)

2009年12月 6日 (日)

拝啓 鳩山総理大臣様。未だ覚悟は決まりませんか?だとしたら女々しいです。

今年はみかんが豊作で、ここ一週間ぐらい、秋晴れの中で、だいだいとみかんの収穫に勤しんでいました。夏に間引き撤果をするのをいい加減にしたため、全部が成果実になってしまったことになりました。1コンテナーに目一杯で15㎏ぐらいになり、それを持ってモノラックに乗せるのですが、結構いい運動になります。腰と背筋に鈍痛を感じています。

これらを一旦貯蔵小屋の中の箱棚に移し替え、随時必要量を取り出します。2月ぐらいまで貯蔵します。ゴルフより良い運動となります。JAには出荷しないので、一部個人販売したり、知人友人に贈ったり、所有アパートのタナゴに配ったり、このみかんの処理だけでけっこう忙しい季節となります。

さて、毎度の鳩ポッポ総理大臣なのだが。東京地検は母親の事情聴取は見送りという情報が流れ、その後、やはり母親への事情聴取は行うという情報が流れたりしている現在なのだが。ますますおかしいことが出てきているようで、目が離せない状態となっている。

この問題を俯瞰してみると、マスメディア・テレビ報道が避けている部分が見えてくるように思える。

まず、母親の年齢なのだが、87歳だ。現在は聖路加病院系列のケアーマンションの最上階に住んでいるとか、テレビでやっていた。ここに入居するのは2億円規模らしい。まあ金持ちだから当たり前だ。

続きを読む "拝啓 鳩山総理大臣様。未だ覚悟は決まりませんか?だとしたら女々しいです。"

| | コメント (5)

2009年12月 1日 (火)

地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。

事業仕分けの結果は、おおむね見直し無く予算案に盛り込む方針だとか。おいおいまた違ってきたね。人民裁判的だという批判に対して、枝野や蓮舫は、これは洗い出しであって、決定ではない。いかに無駄があるのかを国民に見てもらうのが目的。決定は行政刷新会議や内閣で見直して決定するとか云っていたが。

確かに、以前から云われていた官僚の天下り公益法人の問題が、より深く明確にされたのは収穫かもしれないが、公益法人の問題処理にはほとんど繋がっていかない。そして国民に見せたあの演劇も、結局人民裁判の茶番劇で、専門性の高い、将来に繋がる事業が削られる結果となりそうだ。

見直しするのが、面倒くさいらしい。そりゃそうだ。これをするならまた公開が原則になるはずだからね。再度蜂の巣を突っついたようになる。あとは密室で財務省が知恵を貸して格好をつける雲行きとなるのだろう。こんなことでいいのだろうか?テレビメディアでは、国民に多いに支持されていると相変わらずマンセーマンセーなんだが。

7日から18日まで、デンマークで開かれるCOP15(国連気候変動枠組条約(UNFCC)の締約国会議(Conference of Parties))が近づいている。例の、世界は温暖化している⇒その温暖化は世界に脅威を及ぼす⇒その温暖化の原因は温室効果ガスでほとんどCO2(二酸化炭素)⇒だから世界各国で減らさなくてはならない⇒各国に削減義務を与え、それを締結する。・・・ってやつだが。

それについて、従来から数千人という科学者が懐疑をもっていたり、反対論を唱えてきているのだが、いまや完全に政治問題に移り、科学的根拠はもうどうでもいい次元になってきている。またメディアの世界では宗教的さえなってきている。

そこに、冷や水を掛けたのが、今回の事件なのかもしれない。ウォーターゲート事件をもじって、クライメットゲート(Climategate)事件と名前がつきました。国際的にです。

続きを読む "地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。"

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »