« 今回の事業仕分けは、大昔のストリップのような茶番劇かも。 | トップページ | 地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。 »

2009年11月29日 (日)

鳩ポッポさん!コメンテータさん!今や自分の発言には責任をもたなくてはならない時代になっているんだよ!

なんたって、「今が旬」のテーマが満載になってきて、今日の記事はどれにしようか悩んでしまう。

1.鳩ポッポ献金・脱税問題

2.明日の臨時国会の行方。=会期延長なのか+党首討論をやるのか+鳩ポッポ等の政治と金の集中審議をやるのか+その他 明日の国対協議で決まるとか

3.円高の行方

4.とうとう具体的に行きつまり、デフォルトが始まったドバイ経済バブル崩壊。特ににEU主要国を狙い撃ち。バベルの塔建設に代表される韓国経済への波及⇒もう(また)ダメかも。

5.鳩ポッポ政権に依る大不況が忍び寄る足音。

6.ここ数年マスメディアの政権交代への肩入れ。特にテレビメディアの異常な程の偏向報道の証拠が、テレ朝スパーモーニングでバレてしまったこと。

今日は1.と6.を取り上げます。

鳩ポッポ問題。ずっーとすっとぼけていたテレビメディアも、数日前から、この段になれば取り上げないわけにいかない。各新聞・各週刊誌が先行しているからね。

今朝のNHK日曜討論では、後半この鳩ポッポ問題を討論していた。山岡国対委員長は、「役目上オイラは知らん!」だって。党首討論や集中審議も言葉をあやふやにしていた。まだ噂の段階なのだから、まともに答えるほどのことではないと言い張った。コイツここ数年だんだん顔が悪相になって来たように見えるのは気のせいなのか。巷ではマルチの企業に肩入れしていたことが、暴露されたなんていわれているが。今日も松の盆栽にオジヤぶっ掛けたような顔でふてぶてしかった。

追求する自民党の国対委員長も未だ与党ボケなのか、発言が甘かったね。

続いてテレ朝のサンデープロジェクト(サンプロ)でも、仙石由人(行政刷新特命大臣)と田原との対談でも後半は鳩ポッポ問題を扱っていた。26日の産経で実母から十数億円拠出・27日の読売は9億円拠出・28日の朝日は11億円拠出をフリップを出しながら、弁護士としての見解を求めた。

まぁ、当然仙石は言葉を濁すわけだが、「家族が出したというのは、人情話としては大変麗しいのだが、・・・・・借入金の処理がなされていないのだから、贈与税の問題は出てくるかもしれない。政治資金の問題とすれば、それほどの違法性、悪政があるとも思えない。形式的な処理が出来ているかの問題」だって。

苦しーいね。仙石さんよ。コメンテーターで散々鳩ポッポを庇っていた、仕掛け人高野孟も、今までは、「だって、自分のお金でしょ!問題ないでしょう」から「ムー、理解不能です!」に変わり、わけの分からない御用学者渡辺恒雄(東京財団主席研究員)・朝日新聞論説委員星浩も同様なような。

選挙前から、この問題で騒いでいたのはネット社会国民だけ。そもそも政治資金規正法というのは、大金持ちがその膨大な自分の金で、議会・政治上優位になることを防ぐことも一方にあることを、こいつらジャーナリストなのに理解していないのか?それとも鳩ポッポ民主党マンセーでずっと惚けていたのか。まさか番組が買収されていたなんてことはないだろうと思うが。どちらなんだよ。

だいたい時系列を考えると、今年3月ごろから、小沢代表の西松偽装献金が問題になり、5月には、その問題がより大きくなり、小沢が代表を降りる。国策捜査だと大騒ぎをした鳩山、それ以前は小沢と一連托生だから、小沢が降りたらおいらも降りると云っていたのに、空っとぼけて、岡田と代表選。鳩山が勝って代表に。そして総選挙で勝って総理大臣に。

今回のやばい件は、鳩山自身が一番知っていること。また野党時代に自民党に勝つためにアッチこっちで発した、勇気ある発言・演説。バカでなければ、その動画・画像・テキストなど様々で保存され、言質をしっかり捕られていることを知っているはず。今や、このような時代になっていることを知っていないのか。完全にガラパゴスだったよね。

もし、小沢が代表のまま、今回のように総選挙で勝っても、小沢は総理大臣にはならなかっと思うのはオイラだけではないだろう。あの小沢では絶対出来ない職務だからね。きっと持病が悪化したとかなんとかいって、管あたりにやらせたかもしれない。小沢のことだから鳩山の身体検査はしているはず。まぁ、分からないが。

また、オイラ何度も記事にしたのだが、ここ数年間、民主党に政権を取らせる為なのか、テレビ報道番組の偏向は異常だった。これは各ブログのほとんど共通した意見だ。もちろん民主党マンセーのブログも含めてなのだが。テレビは免許事業なので放送法のもとで行わなくてはいけない。それがまったく無法地帯のように偏向を煽りまっくった。

特にテレ朝のスーパーモーニングは確信犯的だったような印象だった。そしてそのことを誰かが録画して、Youtubeに代表されるような動画サイトに投稿すると、それを削除依頼をだして消しまくっていた。鳥越俊太郎・三反園訓・森永卓郎・落合恵子・吉永みち子ら等だが。

そしてまたしても調子に乗って、吉永みち子が口を滑らしてしまった。27日(月)のスーパーモーニングでのひとコマなのだが。 

(0:39~) ――いやぁ~見事に、吉永さん、その「書く様子」が捉えられてしまいましたけどね

(笑い声)

吉永「今までも随分国会はね、色んな多角度から撮られてるって事は分かってる筈じゃないですか」

――ケータイでメール打ってる人もいましたよね

吉永「う~ん、でも居眠りしている人だってバッと捉えられてしまう訳で、で、そういう事をね、報じられているって事をもうちょっと客観的に見たら、「これこれこういう事をしたら写るかもしれない」っていうね、あの~こういう予測がつかないもんかなと、手先の事しか考えなくなっちゃうのかと思うと、やはりねぇ、これ些細なことなんだけど、こういう姿勢がね、この大変な時にね、あの一生懸命我々も、支持率を下げないでね、辛抱してね、支えているのに、何なんだよって、そう言う事になってしまうんで・・・

この「我々」ってこの番組全体ですね。見事な偏向番組だったことが、さりげない吉永の発言ではっきりした。どうりでね。

そしてこの部分の動画を誰かがYoutubeに投稿したら、即消されてしまった。するとどうだろう。各壮士達がおのおのタイトルを変えて、この同じシーンの動画を再投稿をし出した。それもこの一週間の内にだ。

以下、全て同じ動画です。

11272009 吉永みち子 「我々も支持率を下げないで辛抱して支えて

椿事件 で検索

091127 吉永みち子 問題発言 新たな椿事件か!?

11272009 吉永みち子 「我々も支持率を下げないで辛抱して支えている」

吉永みち子、マスコミの偏向報道を告発!?第二の椿事件?

吉永みち子 「我々も支持率を下げないで辛抱して支えている」

増えました

吉永みち子 「我々も支持率を下げないで辛抱して支えている」

091127_吉永みち子 問題発言

やがてこれが加工されてこのように・・・・・・右翼筋にも使われていく。

吉永みち子・偏向報道を暴露

このシーンの投稿は数十に登っていて、きりがないのでこの辺で。

もうここまで増殖したら、番組側でも削除できないだろう。

もう今の時代では、与党議員も野党議員も、テレビ報道番組製作者も司会者も、そしていい加減だったコメンテーターも、しっかりプロとして責任をもった発言をしなくてはならなくなっているんだよ。そしてあとあと検証に晒されるんだよ。

オイラ、12月中には鳩ポッポは政権を投げ出すと見ているのだが。

|

« 今回の事業仕分けは、大昔のストリップのような茶番劇かも。 | トップページ | 地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。 »

コメント

ほら、ここに沢山あります。
吉永みち子youtubeオンパレードです。

投稿: bokucyan | 2009年11月30日 (月) 20時42分

「民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財」とあるにも関わらず、我が首相の政治資金の大半が母親や首相個人の財産だった、いやもっと正確に言えばブリヂストン株の配当であったと言うことになります。

広く普く国民から浄財を集め、それを政治活動に使うことが民主政治の根幹であるにも関わらず、一企業の配当金をそれに充てていた人が首相なんですね。

片や世襲批判をしておきながら、自分は4代続いた世襲政治家であり、しかもそれを「若干大目に見て欲しい」などと開き直る姿勢も呆れますが、これぐらいデタラメな政治家は空前絶後だと思います。

野党時代から理解に苦しむ言動がありましたし、現実に首相となったら案の定、リーダーシップなく言行不一致の連続で内閣は火ダルマ状態に陥っています。

「蜜月期間」とか訳の分らない理由で擁護していたメディアも、ここに来て大変なことになっているとようやく気がついたのでしょうが、ちょっと手遅れなんじゃないかなと思うのです。

投稿: 陳湖臭 | 2009年12月 3日 (木) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今回の事業仕分けは、大昔のストリップのような茶番劇かも。 | トップページ | 地球温暖化CO2説について、クライメットゲート事件が起こっている。温暖化CO2説の終了。 »