« 口が軽く、その場の雰囲気でエエ格好発言、言語明瞭意味不明瞭、言い逃れは一級品、言質というものを無視、で育った嘘つき坊ちゃん首相について。 | トップページ | ちょっくら、高知と須崎に、30年来の旧友に会いたく行って来た。視察なのか遊びなのか。 »

2009年11月 5日 (木)

日本の人口はどのくらいがいいのだろう。多すぎると思わないか?

今日は、衆院予算委員会3日目が、13時から行われるが、もう3日目からは、NHKは中継をしない。インターネット中継は、今込み合っていて再度来てくださいとのこと。NHKってなんなんだい。今日も大変有意義な質問者ばかりなのに。

日本は、人口減少、少子化、少子化,と大騒ぎで云われて来ているが。では聞きたい。一体日本の人口はどのくらいが適正なのか。これについてオイラあまり回答を聞いたことがない。

昭和初期1925年、今から85年前ぐらいには、日本人口は約6000万人。

終戦の年1945年には、戦争で死亡者続出にもめげず7200万人。

団塊の世代出産終了の1950年には、8400万人。

その後、優生保護法で気軽に堕胎が出来るようになっても、1965年には1億人弱。

平成元年の1989年には、1億2200万人。

そして平成16年の2005年に、頭打ちかのような1億2778万人に達し、その後微々下がる傾向にあるらしい。

これをもって、やがて日本は、2076年の人口は半減の6800万人になってしまうという総務省統計局の発表なのだが。これも大いなるプロパガンダだろう。人間は繁殖力の強い動物で、こんな数字を予想して大騒ぎをするのは、いつものパターンだ。

ここから発生して、少子化対策、移民増加政策案が生まれてくる。

大昔からの各業界での必要雇用者はだんだん機械化が進んで、物の生産も携わる作業員も半分以下で十分になって来た。文明の革新はあらゆる面に行き渡った。

建築工事の世界でもまったく同じ。あらゆる省力化機械・道具工具が開発され、オイラが比較しても、大昔と比べて約2/3または1/2以下の人工(ニンク)で完成させることが出来るようになった。今の建築工事の基本は1人で施工をすることだ。

事務系も、IT技術の発達のおかげで、いままで10人掛かったことが、3~4人でOK。時には1~2人でも出来る。ただ、1990年代から、つい最近までPCでのIT技術労働と従来からの手作業がダブっていた時期がかなりあり、必要な雇用者が返って増えた時期が15年ぐらい続いた。

2000年ごろ、ある会社の顧問をやっていたときに知ったのは、昔はその部屋には30人が事務系の仕事をしていたが、その後PCを操作できる人とその他で20人が残り、最近聞いたら皆PCでの作業がベテランになり、10人いれば従来からの仕事は十分間に合うそうだ。

オイラの設計業界も特にPCでのCADソフトに依り、全てがPCで設計その他業務が出来るようになり、速度・内容ともに1人で従来の4人分の仕事が出来るようになっている。

新しい産業が興らない限り、パイが同じならどんどん人手は余っていく。人件費は高いからね。人員を減らさざるを得ない。そして産業・経済のグローバル化により、どんどん企業が人件費や土地の安い海外に目指して産業の拠点・工場を移転している。

だから、いまや国の発展は人口増加ではなく、いかに優秀な人間たちで支えるかにかかって来ている。英国は嘗て産業革命により世界を征服することが出来た。そして多くの英国人は、植民地等のため世界中に散らばった。米国・カナダ・オセアニア等に。

(クリックで大)

1167

上を見ると、日本は38万平方キロに12,776万人だ。それも日本国土の約70%は人を拒む山林で、使える国土は残り30%の12万平方キロだ。

ドイツは、36万平方キロに8,237万人。半分以上が平地だから大変一人ひとりがゆったり暮らせる。

フランスは55万平方キロに6,126万人。ここも半分以上が平地。

英国は24万平方キロに6,055万人。ここは半分ぐらいが平地だ。

それでは、なんでドイツ、フランス、英国は人口が1億以上にならないのか。彼らと比べ日本人の方が、生殖行動が激しいのか。スケベなのか。そんなことはない。肉食の彼らの方が激しいのは定説だ。

それらの白人は、圧倒的近代化の優位性、民族優位性で新地を求めて世界に散らばった。現在進行形で今でも続いている。簡単に大袈裟に言えば、今母国にいるのは残された人々とも言える。そしてその「種と畑」は世界中各地で繁殖を続けているのだ。

もちろん日本も、別の形で貧しさから逃れるかたちで、ブラジル・中南米・ハワイ・満州なぞに移民した過去はあるが、白人のようにはるか昔から、現在まで継続しているわけではない。

ネイティブアメリカン(インディアン)が暮らしていた北アメリカに、1620年英国からメイフラワー号で102人が到着し、最初の移民(永久住民)となった。オイラ、米国やカナダに行って向こうの白人と会うと、「Where is your origin?」と聞くことにしている。いろいろ人種の勉強をするのに役立つ。

親父はノルウェイで、母親はアイルランドだ。両親イタリアだ。父親はドイツで母親がフランスだ。まぁ、面白いんだなこれが。そうして現在の移民国家米国の場合

(クリックで大)

8600

米国の2000年国勢調査では先祖あるいは民族系列が何かを調査している。この調査の結果から、地域別(州State、および郡County別)の分布図と各民族系列の人口と構成比のグラフを掲げた。

 最も多い先祖はドイツ人であり、ドイツ系の人口が4,284万人と総人口の15.2%を占めている。次に多いのは、アイルランド系であり3,052万人、10.8%、第3位は、アフリカ系アメリカ人、すなわち黒人であり、2,490万人、8.8%となっている。

 先祖がイギリス人と認識している米国人は2,451万人、8.7%、第4位にとどまっており、英国植民地から出発した米国という我々の常識と異なるが、これは、南部諸州では、イギリス人を祖先としていても自分の民族系列は生粋アメリカ人であると考えている米国人が多いからだと思われる。こうした認識をもつ人口は2,019万人、7.2%、第5位となっているが、地域的な分布は、南北戦争時に南軍を構成した11州とほぼ重なっている点が興味深い

我々観念で思っていることと実際とは違うようで、米国民の先祖(人種)としては、ドイツ>アイルランド>黒人>英国>英国的アメリカ人>・・・・・・・・。これが最大移民国家の実像なのだ。嘗ての敵国ドイツ人系が一番多いとは思ってもみなかった。

このような元祖移民国家はカナダ・オーストラリア・ニュージランドと続く。まぁ、白人種に征服された国土なわけだ。ブラジルはポルトガル系。メキシコはスペイン系って具合。

さて本題に戻るが、欧州母国は、ある程度人口が増えると新天地を求めてこれらに移住していった。だから比較的に人口は日本のようには増えなかった。もちろん時々くる経済バブルで人手が足りなくなると、周辺後進国から低賃金の肉体労働者として、移住させた。しかしこれら移民はイスラム教徒が多いので宗教問題、慣習問題、また移民同士宗派の違いでのいさかいが起こりやすい。

それが、時間を掛けて家族まで連れてくるので、どんどん増えて、様々本国人との間で問題が起こり、最近これらの国では、移民の流入を絞る政策を打ってきている。スウェーデンもこの問題で頭を痛めているようだ。やはりイスラム系の問題が多い。

移民流入をかたくなに絞ってきた日本も、数年前、自民党の中川(女)らや、民主党一部が50年で1000万人の移民を受け入れる、なんていうトンデモ構想を打ち上げた。この構想の基礎には、バブル期の肉体労働者不足などがあったようだが、基本的には将来日本の人口は半減してしまうという危機を訴えてのことだが、温暖化CO2説と同じで、多いなるプロパガンダとなるであろう。嘘危機のでっち上げなんだが。

起源的に移民国家・多民族国家となっている国と、オリジナル国家として存在する国家は当然あっていい。フランスは将来、多民族国家となるであろうか?ドイツは?イタリアは?日本のように資源のない国は、日本語を通して優秀な国民を造りあげ、グローバルのなかで、日本から様々優秀なものを発信して行くことが最重要だ。

白人社会のように肉体労働は、移民にさせるという時代はもう過去のものだ。また日本人の国民性からや歴史的に、低賃金の移民をご主人様のように、こき使える力量もないし、社会風潮もそれを許さない。それでなくても、もうすでに、在日の朝鮮系民族が、数十万人帰化しないで、永住権で暮らしている。

全男女カップルが、一生に3人子供を設ければ、人口は増えていく。オイラの仲間には、子供2人つくって離婚、再婚して3人なんていう猛者もいる。今の日本の少子化の原因は独身者が圧倒的に増えていることが原因だとか。物欲ばかり煽ってきたマスゴミ特にテレビが多いに悪かった。

キャリアウーマンとかセレブの生活とか。しょっちゅうテレビは煽ってきた。高齢になって後悔しているのが多い。普通の夫婦が共同で、自分達の子孫を育て上げ、その子供に親として育て上げられる普通の素晴らしさの価値を伝えなかった。バカはテレビに煽られる。

オイラは、日本の人口は増えすぎていると考える。日本がやはり住み心地がいいんだよ。たしかに一部は移民国家に移民し永住する人が多いようだが、日本人の特徴は永住権のみで、帰化はしなく日本国籍は大事にとっている人が大変多い。その点韓国人や中国人はその国に帰化してしまうパターンが多い。

少子化の問題についても、自然がいい。ある程度成り行きに任して、国の規模からいっても、目指すは人口1億人前後、もっとゆったり8000万人前後の精鋭国民での、物心ともに豊かな国になることを望みたい。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:   今日の画像

与党答弁者の真後ろが、ふんぞり返って座っている亀井静香、その左に座っている女性なのだが。

*予算委員会1日目は、白いツーピースでした。足を上げたり、組んだり。

チラチラ、まるで挑発するかのようでした。

オイラ、ピクリともしませんでした。

*予算委員会2日目は、緑色のツーピースでした。

ひざ小僧を見せたり、それをスカートの裾で隠したり、また出したり。

白い足のフクラギを、見ろ!といわんばかりでした。

オイラ、ピクリともしませんでした。

*予算委員会3日目は、ベージュ色のツーピースでした。

そして、今度は座る椅子を動かしたのかカメラの位置を変えたのか。

上半身が写っていました。

オイラ、手でその部分を遮りながら、答弁者を観ました。

S2u_bor

|

« 口が軽く、その場の雰囲気でエエ格好発言、言語明瞭意味不明瞭、言い逃れは一級品、言質というものを無視、で育った嘘つき坊ちゃん首相について。 | トップページ | ちょっくら、高知と須崎に、30年来の旧友に会いたく行って来た。視察なのか遊びなのか。 »

コメント

こんにちは。国の少子化対策に対して、何かもやもやとした違和感があったのですがブログを拝見して、すっきりした思いです。本来の少子化対策は、親たちが安心して子育てができ、子どもたちがそれぞれの可能性を実現できる”環境を整える”ことが目的であって、産めよ育てよではないはずなのに・・・。つい先日も高校生の就職内定率が30数パーセントという発表がありました。しかもこれは就職を希望した生徒に対する割合であって”希望せず”にドロップアウトしてしまった子どもたちはカウントされていない数字だとのこと。もちろん不況の影響もあるのでしょうが、高度技術化された社会に対応できる人材を育てることができていない構造的な問題だと思う。私たち大人は子どもたちをもっと大切に育てなくてはならないと感じています。

投稿: DUMB | 2009年11月 7日 (土) 10時04分

民主党をはじめとする反日組織は、日本人弱体化のため、少子化推進政策を影で進めていると思われます。
・一人で行動する女の子はかっこいい
・離婚はかっこいい
・晩婚が流行している
・草食男児
等のデマを流して国民を洗脳・意識改革し、少子化を推進して移民1000万人(最終的には一億人)計画の大義名分にしようとしています。

しかも、欧米離れと韓国ブームを仕掛けて韓国人男性と日本人女性を結婚させて在日韓国人の増殖をたくらんでいます。
しかし、最終的には中国人の方が大量に日本に上陸するため、韓国人も抹殺される危険性が高いことを彼らは知らないのでしょう。。。
従って、韓国人は日本に見方した方が自国の平和が続くことを知るべきです。

また、欧米系、イスラム系、台湾人など、中国の漢民族以外の全ての民族は迫害される可能性が高いです。

マスコミは誰の手に落ちたのか
http://www.geocities.jp/moai33jp/_gl_images_/kokusekihou.JPG

【村田春樹】シミュレーション「もしも外国人地方参政権が成立したら?」[桜H22/1/5]
http://www.youtube.com/watch?v=NlsikmAlAE4

投稿: 少子化の真実 | 2010年1月16日 (土) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口が軽く、その場の雰囲気でエエ格好発言、言語明瞭意味不明瞭、言い逃れは一級品、言質というものを無視、で育った嘘つき坊ちゃん首相について。 | トップページ | ちょっくら、高知と須崎に、30年来の旧友に会いたく行って来た。視察なのか遊びなのか。 »