« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の15件の記事

2009年10月31日 (土)

三遊亭円楽師匠逝去。落語研究会入部時代にタイムスリップしたのだ

オイラが中学生の時、知り合いの大学生に「早稲田祭」に連れてってもらい、そこで落語研究会の寄席を聴いたのが、この落語との本格的出会いだったと思う。世の中にこんなに面白い世界があるんだと感動した。

神宮外苑にある都立高校に進学したら、なんとそこにも落語研究会というクラブがあり、すぐ入部した。なんでも高校の世界では、2番目に出来た由緒正しいクラブだと聞いた。45年前後ぐらい前の話だが。(今はもう廃部になっているらしいが)

その時には、もう卒業していた先輩の柳家小三治(現名)さんが、クラブの時間になるとよく遊びに来てくれた。もちろんまだ前座だったが。それでも何かと世話を焼いてくれて、落語名人会などのチケットを調達してくれ、NHKホールや、劇場での落語会によく出かけたものだった。

文化祭が近くなると、高田の馬場にあった彼の自宅に連れていかれ、部員全員ご指導を受けた。そのころ彼と一緒に前座仲間だったのが、逝去した三遊亭円楽だった。(合掌)

続きを読む "三遊亭円楽師匠逝去。落語研究会入部時代にタイムスリップしたのだ"

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

結婚詐欺とカモ男数名殺しの鬼女の正体は?分析してみた。

まぁ、なんだ。酒井法子のノリピーシャブ事件がこれで収まってきたが、今度は結婚詐欺+カモ4人+2人?殺しの鬼女事件だ。これでまた延々とテレビ報道は週刊誌と共に追っかけるわけだ。

数日前、「朝ズバ」でみのもんたが、いままで殺人事件で逮捕されたら、すぐ名前と写真はテレビで発表されるが、今回なんの配慮があって、このように顔をぼかさなければならないんだ。とかなんとか云っていた。

いまの時点でも冤罪には程遠く、はっきりした決定的な証拠も挙がっているのにと。暗にこの番組のディレクターに言っているかのようだった。なあに、その発言だってつるんでいるからマトモに聞けないね。自分達の保身からのマッチポンプということだろう。本当の顔はもちろん氏名まで知っているのにね。ウソツキ!

今、テレビや新聞で分かることを、今日の記事にしてもしょうがないので、今の世はいかに簡単に画像加工が出来、簡単に騙されるかについて記事にする。

続きを読む "結婚詐欺とカモ男数名殺しの鬼女の正体は?分析してみた。"

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

政治資金規正法違反の総合商社。今日からの代表質問如何で政治が変わる?

26日は、2時に仕事を止めて、鳩ポッポの本会議での所信表明演説を聴いた。長かったねー。約1時間。前政権の所信表明演説が30分ぐらいだから、それと比べるとダラダラした演説だった。印象としては「青年の主張」を聴いているようだった。

内容については、各サイトに出ているからあえて取り上げないが。

鳩山総理大臣は、みずからの政治献金問題について、「政治への不信を持たれ、国民に迷惑をおかけしたことを、まことに申し訳なく思っている。今後、政治への信頼を取り戻せるよう、捜査に全面的に協力する」と演説の中に入れた。

オイラの読みが浅いのか、中継で聴いたこの政治献金問題のくだりは、読売・朝日の全文記載(サイト)を探しても消えているんだよ。おかしいね。

そして当日26日はどういうわけか、酒井法子シャブの初公判で、またまた各民放は延々とこの問題をやっていた。なんでこんなに、この事件にこだわっているのか。選挙前もそうだったし、選挙が終わると逮捕。そして臨時国会が始まる日に酒井の初公判。偶然なのかねー。疑い深いオイラとしては、これを「目くらまし」にしているような気がする。

続きを読む "政治資金規正法違反の総合商社。今日からの代表質問如何で政治が変わる?"

| | コメント (6)

2009年10月25日 (日)

鳩ポッポ首相さん、もう早くギブアップしたほうが、日本のためです。・・今ここ

鳩ポッポの政治資金規正法に絡む件について、マスゴミでは、積極的に報道されないのだが。これオカシイと思うのは、いつも最初のスクープはあのアカピー新聞からだ。

散々民主党を擁護し、自公政権を批判し続けたあの朝日新聞がだ。小沢の献金疑惑の時には、国策捜査という民主党の批判にもかなり同調した報道をしていたように記憶する。

これが、産経新聞・読売新聞だったら「なるほど、よくやっている」と思うのだが。「アカが書き、ヤクザが売って、バカが読む」と云われていた新聞が、かなり力を入れて、この鳩ポッポの献金疑惑をスクープしている。

「関係者の話」って、検察以外ないよね。アカピー新聞はまさに命を賭けて報道していることになる。これがまったくのガセだったら、もっと信用がなくなり、いまよりもっと宅配契約者は減るだろうから。そうか、アカピーの本音は民主党じゃなく、赤旗に近かったと解せば理解が出来る。

それにしても、テレビ報道はスルー、他マスゴミもスルーに近いなかで、よくやっている。感動した!

続きを読む "鳩ポッポ首相さん、もう早くギブアップしたほうが、日本のためです。・・今ここ"

| | コメント (1)

2009年10月23日 (金)

長妻発「相対的貧困率」、それをそのまま発表する思考停止のマスゴミどもよ!そんなに日本人は貧困か?

まさに、鳩ポッポ劇場上演中。演出は小沢一郎。助演は藤井裕久ってとこだね。演劇はスリル満点に仕上がりつつある。概算要求が集まったら合計95兆+数兆円。このままいったら50兆円の赤字国債発行。増税なしだからね。

そこで新組織(行政刷新会議)を作って、民主党議員に「事業仕分け」をやらして、ムダを洗い出して、圧縮作業をやらせている。だけど彼ら所詮素人、補佐は民間シンクタンクに下請けをさせるのだろうが、どこまで出来るかドキドキ見物だね。特別会計では、約200兆円の中から、10%はムダを削るって、選挙前には約束していた。すると合わせて-23兆円。

きっと、50-23=27兆円の赤字国債新規発行で済ましてくれそうだ。オイラ、民主党を疑ったことを懺悔するよ。そう、国民を心配させて、結果はお見事。よ!「必殺事業仕分け人」だね。なんか「水戸黄門」に似ているね。出来なきゃまたアウト!

ところで、母子加算の問題で、藤井にダメを云われ、鳩ポッポに泣きついてお許しをもらい、藤井には今回だけだよといわれた、長妻昭厚生労働相は、20日低所得者の占める割合を示す「相対的貧困率」について、07年は15.7%だったと明らかにした。

よく、森永卓郎などが使う、目くらまし統計のプロパガンダなのだが。

続きを読む "長妻発「相対的貧困率」、それをそのまま発表する思考停止のマスゴミどもよ!そんなに日本人は貧困か?"

| | コメント (8)

2009年10月21日 (水)

Death Bond(死亡債)とSwine flu(豚インフルエンザ)

だんだん日本での新型インフルエンザの流行が活発となって来ているようだ。弱毒性を未だ維持しているようだから、今までの季節性インフルと同じように考えていいようだ。日本でもいままで季節性インフルで、直接間接で死んだ人は年間1万人単位でいるそうだから、テレビメディアがあまりにも恐怖を煽るのは考えものだ。

一昨日次女が熱っぽいとの報告が、カミさんにあり、5歳と7ヶ月の孫を心配したのだが、どうやらインフルじゃくセーフだったみたいだ。娘はともかく孫を心配する。

英語圏では、未だにこれを「Swine flu(豚インフルエンザ)」と呼んでいる。日本では早々に「新型インフルエンザ」と名称を変えたが。豚肉の売り上げが影響するからなのか。ぜんぜん関係ないのにね。

しかし未だに、今回のインフルエンザの発生が自然発生なのか、陰謀説にあるように、ある種人工的に合成されたものなのか判明していない。陰謀説では、1919年、今から90年前のスペイン風邪のウィルスが保管されていて、誰かがそれをいじくって(遺伝子操作)、メキシコの辺に撒いたなんてのがあった。そんなことをして誰が得するんだい!製薬会社か?医者か?あるいは投資家か?オイラもありえないと思うから単によくある陰謀説ぐらいに思っていた。

しかし、それをやっても不思議じゃない世界があったのだ。

続きを読む "Death Bond(死亡債)とSwine flu(豚インフルエンザ)"

| | コメント (2)

2009年10月20日 (火)

You are a liar.(お前は嘘吐きだ)   You=鳩ポッポなんだが

日曜日の親類の食事会があり、その中に会計検査院の審議官を務めている方もいて、オイラ、「民主党政権になって何か変化がありましたか?」と尋ねた。会計検査院はご承知のように、国家の独立機関だから、原則として政権の影響は受けないことになっている。

だから直接の影響はないとはいっていたが、各省に質問等の問い合わせをすると、以前は局長や担当からすぐ返事が来たが、今の政権になってから、いちいち政務官や副大臣を通さなくてはならなくなり、時間が掛かってしょうがないとぼやいていた。

小沢のお膝元、岩手県のダム中止が一切出てこないね。例の西松が絡んだやつ。小沢関連のダムは良いダム、自民党関連のダムは悪いダムなのか。

その昔、オウム真理教の広報担当の上祐 史浩へのインタビューで、日本人の記者が回りくどい質問を浴びせかけていたとき、米国の記者が短刀直入に「You are a liar.」と言い放った。いかに日本の記者に度胸がなかったのを見せ付けたシーンだった。

続きを読む "You are a liar.(お前は嘘吐きだ)   You=鳩ポッポなんだが"

| | コメント (4)

2009年10月17日 (土)

民主党連立鳩山政権→今ここ。だんだん迫るカオスの政局

まず最初に、悪カビが生え、その胞子線が日本中にはびこり、どうにもこうにも行かなくなっていた自民党から政権が変わったことは、大変良かった。族議員がはびこり無駄なことを推進し、そのお礼として、官僚の悪さにも目をつぶり、それと繋がる業界から献金での金集め。

政官業の癒着の構造が少しづつ壊れてきた。しかしややもすると、アメーバーのごとく形を変え、新政官業の癒着構造が出来ていくのは世の常というところか。

昨年の米国経済の急落で、麻生政権が緊急にこしらえた経済対策の補正予算の見直しで、15.4兆円の内なんとか3兆円弱の削減が出来たようだ。これはG20で約束した経済対策だったので、なんとか世の中落ち着いてきたかのように見えるようになったから、それはそれでいいかもしれないが。

今から思っても、マスゴミ・テレビメディアは、あほんだらコメンテータを使って、確信犯的に民主党政権樹立に動いていた。選挙日近くになると、テレビは「のりぴーシャブ事件」の連日の報道。完全に今大事な各党の公約の吟味なぞ、また鳩山の献金疑惑の件なぞ、特捜が選挙を控え、目だって動かなかったこともあり、あれは、全て鳩山の金の流用だから問題はないとまで言ってボカしていた。そしてこれらの作為の流れは本流となり、小泉選挙を上回る議員数を得ることができた。小泉選挙以上のお祭り選挙だった。

選挙民なんてのは簡単なものよ!

続きを読む "民主党連立鳩山政権→今ここ。だんだん迫るカオスの政局"

| | コメント (4)

2009年10月13日 (火)

温暖化CO2説懐疑派のBBC。NHKさんの見解はどうなんですか?

10月の初旬には、米国コロラド州では-8℃という史上初の早い冬が到来したり、ラスベガスの山にも雪が降り、スキー場が早々にオープンとか。これも史上初めてとか。高温の砂漠にあるラスベガスにスキー場があったとは知らなかった。

ラスベガスより一番近いスキー場はLee Canyon Ski and Snowboard Resortです。

昨日の12日(祭)体育の日に、いつもの相棒のケンちゃんと船釣りに出た。晴れとは云え、風が多少あり、波がざわついていて、スルメイカを試したのだが、当たりがない。しかたがないので、ウチの前の海(湾:水深60m前後)でアマダイを試してみた。この辺はオイラ通算25年間ぐらい釣りをしている縄張りだ。

ここ6年ぐらいからあまり獲物がいなくなり、オイラも2007年ぐらいまで、マスゴミ・テレビの温暖化キャンペーンに載せられて、温暖化で海水温が上がり、いままでいたサカナがいなくなってしまったのかと半ばあきらめていた。そしたら今回高級魚が入れ食いで、大漁だった。

続きを読む "温暖化CO2説懐疑派のBBC。NHKさんの見解はどうなんですか?"

| | コメント (2)

2009年10月10日 (土)

みんなビックリ、オバマの受賞。ノーベル平和賞って・・・だね!+出版界不況

今朝の日本テレビの「ウェイクアップ」で、出版界・本屋不況についてのテーマが取り上げられていた。コメンテーターの寺島実朗(日本総合研究所;元三井物産)が、このごろ本を読まない人が多くなった。文字離れが進んで日本人全体の知力が落ちるとかなんとか云っていた。(彼は蔵書が3万冊あるとか)

要するにもっと本屋で本を買えということだ。地震で蔵書の山に埋もれて死んだ人もいるが。オイラも自分の権威を誇る意味もあって(見せびらかし)、かなりの蔵書があったのだが、ネットの進歩でもう時代が変わったと悟り、2/3程処分した。

ありゃ、著作権者には売り上げ1割~2割、本屋に2割。あとは印刷や運送や出版社等で利益を分け合ってきたビジネスモデル。たしかに本は外出先で読むことが出来る便利なものだが、オイラの場合には、まずそのような場面はない。せいぜい旅客機の中ぐらいかな。やがてノートパソコンに変わるだろうが。だんだんデジタル本も増えて行きつつある。

これからの時代、蔵書を誇るなんてのは、ガラパゴスって言われるだろう。だいたい蔵書からの再読なんて極少量だし、調べ事も今やネット検索からのほうが、時間も早いし的確だからね。物理的時間はPCで精一杯。ましてPC画面に慣れてしまうと、印刷本は読みにくい。

文字(テキスト)については、PCなんてない昔の方が、よっぽど文字離れが多かった。だからオイラの世代でもPCに積極的に触れない者は、eメール交換しても、まともな文章を作れない。今のPC慣れの若者たちのほうが、文章読み・文章書きに関して秀でている。2CHや各ブログのコメントを見れば、一目瞭然。

やはり金を出して買う本のほうが有益という人もいるが、オイラの経験では、詐欺のような本が一杯あったよ。この寺島実朗って相変わらず現場無視のお花畑評論家だよ。

昨日のニュースで、オバマがノーベル平和賞の受賞ってのには唖然とした。とくにインテリジェンス通の人々の間で。上の番組でも寺島実朗は賞賛していたが。

続きを読む "みんなビックリ、オバマの受賞。ノーベル平和賞って・・・だね!+出版界不況"

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

こんなもんだよ台風情報:台風18号の総括

台風一過でオイラの地域は青空一杯。

昨日の段階では、10年来の大型台風といわれていた。昨日12時のスパーコンピューターを使った気象庁の進路予想では、軒並み地方都市を渡り歩くコースとなっていた。

高知県室戸岬辺りをかすめて、大阪湾⇒京都⇒金沢ってなコースを予想していた。結局実際は、渥美半島伊良湖岬の辺から上陸し、列島中央の山間部を北上して長野⇒仙台っていうコースだった。

スーパーコンピューターの無かった頃の予想とのズレは、たいして違わなかった。確かに各地被害は出たが、大型台風と恐れられた割にはそれほどのことはなかった。

続きを読む "こんなもんだよ台風情報:台風18号の総括"

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

だんだん近づいてくる大型台風18号。今は嵐の前の静けさだ!

オイラ、大変デリケートなのか、気圧が下がってくると、気分が低下してくる。記憶がある範囲で、この台風が襲ってきたときのことが思い起こされる。

海の近くだったので、海からの風雨がまともに叩きつける。オイラが幼少のころは、現在ある防波堤もなく、常に高波の恐怖に晒されたものだ。1958年の狩野川台風では、オイラの地域も被害が多かった。死者行方不明者1300人も出した。夜には決まって停電。ロウソクの光を囲んで、一家で固まって、台風が通りすぎるのを待ったものだ。でもそれは何となく暖かい雰囲気を感じて今でも懐かしい記憶となっている。

今回の大型台風18号は、1959年の伊勢湾台風と似たコースを通る予想らしい。ちょうど50年前だ。現在はネットのお陰でまこと便利になったものだ。かなりの正確性でコースの予想が出来る。もっとも対応するインフラに不備があると、現在でもかなりの被害を出すわけだが。今回は、関西・越前の都市部を直撃しそうで心配だ。オイラの地元は暴風雨圏から外れそうなのだが、この画像では進行方向右側になるので、まったく平静ではなかろうとチョト心配をしている。

続きを読む "だんだん近づいてくる大型台風18号。今は嵐の前の静けさだ!"

| | コメント (1)

2009年10月 5日 (月)

「天は二物を与えずか?」中川昭一さん、君の笑顔は素敵だったよ!!

4日(日)の朝、中川昭一氏が死亡で発見されたというニュースを知ったのは、田原のサンデープロジェクトを観ているとき。番組初っ端に司会者の寺崎がその件を読み上げた。

その後、石破 茂との対談の終わり頃、中川邸からの実況を入れようと、進行が指示を寺崎に振り向けようとしたら、例によって田原が大きな声で恫喝して、対談を続けた。まぁ、その後、実況中継をさらりと流したのだが。田原から哀悼の言葉は無かった。この中川氏の件では、随分稼がせてもらったくせに!

昨日と今日と、このブログのアクセス解析を見ると異常にアクセス数が登っている。どの記事がそうさせたのかを見たら、

末期症状の麻生政権:中川(酒)お前までもか!定額給付金お前もか!2009年2月16日 (月)

中川大臣、責任をとって辞任をしたが、ありゃ陰謀の匂いがする。2009年2月18日 (水)

玉木林太郎国際局長も腹を切れ。日テレの氏家、読売のナベツネ、老害は立ち去れ。2009年2月23日 (月)

これらが検索に引っかかって、アクセス数が増大したことが分かった。

中川昭一氏には哀悼を捧げる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・合掌。

「天は二物を与えず」と昔から云われるが、まさしくこれ!

笑顔が素敵な男だった。オイラ好きだった。

続きを読む "「天は二物を与えずか?」中川昭一さん、君の笑顔は素敵だったよ!!"

| | コメント (2)

2009年10月 3日 (土)

オリンピックっていったい何なのさ!綺麗ごとばかり言わないでおくれ!

なんといっても、意外だったのはシカゴが最下位だったこと。オイラのぼんやり予想では、シカゴとリオが最後に争うことになるかも、だったが。

これまで、オリンピックの招致に関して、エントリーしている都市が主体で、その首長が必死に最後のアピールをするのが常識だった。しかし前回ロンドンの決定については、英国ブレア首相がスピーチをし、対抗馬フランスを破ったことから、今回は各都市はその国のトップを招致演説に引っ張ってきた。

また昨年の北京オリンピックの事例がそうさしたのか。なんたって嘗てのヒットラーのローマオリンピックと遜色のない国家開催だったからね。あれで真水の利益はいかほどだったのだろう。

これじゃますます、国家対抗色に先祖帰りをしてきた様相だね。東京は鳩ポッポと鳩ヨメがとんぼ返りで、デンマークまで行ってアピール。

オリンピックとノーベル賞はとにかく日本人は好きだからね。米国はあれだけ金メダルをとっていても、オリンピック中継の視聴率は少ないとか。それより米国民は野球・バクケ・アメフトだけで大忙しだそうだ。どうせ金メダル最多は当たり前だし。

続きを読む "オリンピックっていったい何なのさ!綺麗ごとばかり言わないでおくれ!"

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

企業年金の終焉。そんなに長いこと、いいことは続かない。JALもそうだ!

オイラのカミさん。若い頃JALだったので、家ではJALの批判は禁句だった。しかし、さすがに雰囲気として解禁されてきたので、オイラとしても調子をはずさない様慎重に記事にする。もっとも、カミさん、オイラのこのブログは一切見ないらしいが、娘達がたまに見るらしい。そこから変な記事に対しては、報告が行くようなシステムになっているらしい。

まぁ、オイラのブログは、スケベ、エロ等風俗関係、不倫関係は一切取り上げないので、何が来ても怖くはない。(一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の画像は別として)

このJALってのは、1953年に国策会社として設立。1987年に民営化され、2002年に「日本エアーシステム」と経営統合。そのグループ持株会社である日本航空システム(現・株式会社日本航空。後述)の完全子会社となり、2004年に現行社名「㈱日本航空」へ変更した。(wikiより)

オイラのカミさんがJALにいた時は、民営化される前の国有会社(特殊会社)の時代だったということだ。まあその頃のことを聞くと、うらやましい「親方日の丸」の会社で、社員ものんびりしていて、一部の社員の採用は、コネ入社など当たり前。まあこの頃の大手の会社は、ほとんど同じだったらしい。今でもテレビ会社などの採用はこれが当たり前。

続きを読む "企業年金の終焉。そんなに長いこと、いいことは続かない。JALもそうだ!"

| | コメント (4)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »