« CO2温暖化説Vs否CO2温暖化説Vs寒冷化説:8月朝生 | トップページ | ここ数年太陽の黒点数が減っている事実。寒冷化に向かっている? »

2009年9月19日 (土)

チト騒ぎすぎかもしれない日本人の肥満度。世界では一番スリムだよ。

今年は、梅雨空が長く、関東では、梅雨が明けたのが、8月初旬。その後夏らしい暑さの日が少なく、9月の彼岸の今日なぞは、半袖では少し寒い。小笠原付近に台風14号がいて、多分列島には上陸なしで北上する模様。

この連休は船を出して釣りをする予定だったが、海が台風の影響で荒れているので中止。先週の日曜日は、相棒のケン坊と午後から釣りに出た。久しぶりにトローリングで探ったら、夕日のなかで、やっとイナダに近いワカシ(ブリの子供)等6本釣り上げた。

で、食欲の秋なのだが。

昨日テレビで妊娠中の女性の体重管理についてやっていた。最近まで、お産が楽になるように、体重の増加は5㎏以下にしなさいが指導だったが、産後の体力維持のためには、もう少し体重を増加させたほうがベターだという考え方に変わり、10㎏以下に変わったとか云っていた。産後母親は長期に渡って体力のいる赤ちゃん育てをしなくてはならないからね。⇒いまごろになってこんな当たり前な結論なのかね。

オイラ、昨年は多少太って(3㎏程度)カラダが重くなったことを実感した。カラダが重くなると敏捷性が格段に落ちるような気がする。足取りが重くなる。現在1㎏程度減らしたが。

日本でここ数年メタボメタボとうるさいが、米国なんか超メタボが湧き出したようにいる。日本人は、大昔の低カロリー食料事情(肉食の習慣があまりなかった)のせいか、体質的に栄養過多・メタボになると、他民族より糖尿病を起こしやすいとか云われているが。どれほどなのかオイラ解らない。

面白い世界の統計を見つけたので、ここにまとめて置く。

まぁ、客観的に肥満度を計測するには、

OECD(経済協力開発機構)の国において、BMI(ボディマス指数)の計算式をつかう。

体重(kg)÷(身長m×身長m)≒BMI となる。(15歳以上が対象)

簡単な計算ソフトがこれ⇒  あなたの今の体格は?

で、この数値が30以上の人は、高度肥満族になり、多くの病気を抱える予定者となるそうだ。この数値が22の場合が理想的だそうで、一番病気には罹りにくい体重になる。

で、これを世界に当てはめて見てみると。

その国の15歳以上のひとで、高度肥満BMI=30 以上の人がどのくらいの割合いるかという発表なのだが、

(クリックで大)

20070506worldfatness

米国(USA)がやはり国民の31%もいる。米国に行って繁華街をみれば、超デブ(失礼!)ばかりだからね。でんこさんのニュージランドも21%もいる(気をつけてね!今の美貌を保つように!)。オーストラリアも22%。羊と牛の喰い過ぎかもしれない。鯨を食べればこんなことにはならないのにね。

さて、日本人だ。情けないっていうか、素晴らしいっていうか、ビリだ!3%だ!それも韓国が引っ付いている。またイタリアを除くと北欧もスリムだね。イタリアもそうなのには驚いた。あんなにパクパク食べるのにね。イタリア人の主食はパスタ。日本人はコメ。これがいいのかもしれない。なんでも日本人とイタリア人が一番ウンコの量が多いそううだ(ゴメン!)

オイラの推測なのだが、北欧は高負担の国。可処分所得が収入の3割、4割とか。食料も高いらしい。また健康教育も行き届いている。それやこれやでスリムなのか。

米国は例のスパーサイズのファーストフードの影響は大有りだね。貧しい人の方が肥満度が高い。ご存知、ファーストフードは大変安い。健康的な食生活は割高になる。これから米国はどんどん貧しくなるのと比例して高度肥満族が増えていくかもしれない。それに伴う医療費はどうなるであろうか。

因みに今度はBMI=25以上の場合、これは「肥満」となる。

世界の肥満度ランキング(BMI=25以上) 数字は国内における肥満人の%を示す。

1. ナウル 94.5(30以上81.0%)   2. ミクロネシア諸島 91.1   3. クック諸島 90.9   4. トンガ 90.8   5. ニウエ(ポリネシア) 81.7   6. サモア 80.4   7. パラオ 78.4   8. クウェート 74.2   9. アメリカ  74.1(30以上39.2%)  10.キリバス 73.6

(南太平洋の島国が上位独占。 )

17.ニュージーランド 68.4   21.オーストラリア 67.4  28.イギリス 63.8   29.サウジアラビア 63.5   35.カナダ 65.1   42.キューバ 60.1   43.ドイツ 60.1   48.フィンランド   58.7   50.イスラエル 57.3   63.スイス 55.4   76.南アフリカ 53.3   88.ブラジル     50.5   90.スウェーデン 49.7   91.ノルウェー 49.1   111.イタリア 45.5   112.イラク      45.4   123.韓国  42.0(30以上7.1%)   128.フランス 40.1   132.北朝鮮  39.4(30以上6.7%)   148.中国  28.9(30以上1.7%)   163.日本  22.6(30以上1.6%)   176.インド  16.0   179.アフガニスタン  15.1   190.スリランカ 7.4   191.ベトナム 6.4    192.バングラディシュ 6.1   193.エチオピア 5.6    194.エリトリア 4.4

南太平洋の島国の主食はタロイモと聞いているが、それだけが原因なのか。ジュースや炭酸飲料をやたらに飲むからだとも聞いている(糖分の量が大変多い)。暑いからねー。

これで見ると、日本は肥満に関しては、チト騒ぎ過ぎのような感じがするね。マスゴミ・テレビが恐怖を煽りすぎるような気がする。もちろん理想通りが一番いいかもしれないが。注意することは、糖分は飲み物から取らないこと。甘い飲み物、甘い炭酸飲料等は肥満のもと。水が一番いい。金のかからない水道水をペットボトルに入れるのがいい。

因みにオイラの場合、現在体重69㎏、身長が170cm。前出のソフトをつかうと、BMI=23.9で標準(理想が22.0)。

BMI=25になるには、72㎏になった時。BMI=30になるには、87㎏。まぁ、当分肥満を考えなくても、食欲の秋を楽しめるということだ。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の画像

亀井静香さん!

金融・郵政改革担当大臣おめでとうございます。

過去、許栄中がらみとか、ナニとか危ない場面もありましたが

さすが、旨く切り抜けて再度大臣ですね。

この腕力は凄いものを感じる次第です。

Feh_bor_2

ところで

前々から気になっていたのですが

それはあまりにも

風貌が似ているので

てっきり妹さんかと

思っていました。

なんの、血筋も関係

がないのですか?

彼女が最初テレビに出たとき

私めは、老眼のせいか

あなたが、ピンクの女装をして

わざと楽しませてくれているのかと訝りました。

そうじゃなく、別人で、しかも女性だったのですね。

今回は、かわいそうに落選をしてしまいました。

次の選挙では陰ながら、あなたが応援してくれたらなー

と思っています。

絶対あなたと井脇ノブ子さんのご先祖様は同じと感じます。

井脇ノブ子さん、次の復帰を念願しております。

加油!加油!

C37eae7d

|

« CO2温暖化説Vs否CO2温暖化説Vs寒冷化説:8月朝生 | トップページ | ここ数年太陽の黒点数が減っている事実。寒冷化に向かっている? »

コメント

オバマさん。次の政策は?肥満対策です。

米オバマ政権が打ち出した糖分入り炭酸飲料への規制。ソフトドリンクへの課税で、米国の肥満の人数が大幅に減少することを狙ったものだと言う。

これに対して、炭酸飲料課税に対する反対意見表明として、米コカ・コーラのケント会長兼最高経営責任者(CEO)は、オバマ大統領の考えを「言語道断」と切り捨てた。

「炭酸飲料課税」・・・、「死んだ国」では何でもありという感じです。しかし、無茶苦茶でんがな、オバマはん。

投稿: ayaya | 2009年9月23日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CO2温暖化説Vs否CO2温暖化説Vs寒冷化説:8月朝生 | トップページ | ここ数年太陽の黒点数が減っている事実。寒冷化に向かっている? »