« 国連総会・G20サミット。世界は鳩ポッポにカマっていられない。 | トップページ | 企業年金の終焉。そんなに長いこと、いいことは続かない。JALもそうだ! »

2009年9月30日 (水)

カメの、平成の徳政令。マスゴミも今、驚いた振りをして。知っていたくせに

亀井金融相なんだが、民主党内で大騒ぎ。連立政権で国民新党としてデイジンになったわけだが、国民新党のマニフェストを実現させるんだと。これに民主党の藤井財務相や官房長官が反対意見を述べている。

亀井金融相のモラトリアム発言について、鳩山首相が28日夜、記者団に亀井氏の提唱するモラトリアム(返済猶予)案について、三党合意で「モラトリアムまで合意しているわけではない」と語った。要は、首相の本意は、中小企業が資金繰りに困っていることはあるので、何らかの手立てを打つことは三党で合意しているが、モラトリアムまで合意しているわけではない」という極めて明確な話だ。

これについては、チョト首をかしげることがある。

亀井金融相の「モラトリアム、総理も合意」は曲解

そこで、すでに公表されている「三党連立政権合意書」を読み込んでみることにしよう。  

「7.地域の活性化」の中に、該当箇所がある。  

「○ 中小企業に対する「貸し渋り・貸しはがし防止法(仮称)」を成立させ、貸付け債務の返済期限の延長、貸付けの条件の変更を可能とする。個人の住宅ローンに関しても、返済期限の延長、貸付け条件の変更を可能とする。」

確かにここには、『中小企業に対する「貸し渋り・貸しはがし防止法(仮称)を成立させ、貸付け債務の返済期限の延長、貸付条件の変更を可能とする。』とある。この文言を厳密に解釈するならば、貸し渋り・貸しはがし防止法により「返済期限の延長」と「貸付条件の変更」を可能とすることを約している。 

「返済の期限の延長」と貸付条件の変更では特に「金利の変更」を意識したものと推測される。どこにも、モラトリアム(返済猶予)は記されていない。住宅ローンについても、同様の合意がなされているに過ぎない。  

この合意書を見る限り、亀井金融相の「モラトリアムは、総理も合意していること」というのは、曲解である。三党合意書がこのような形で、残っている以上、亀井氏は、自身の発言が、合意のワクを越えた発言であることを認め、今後二度とこのような勇み足をしないことを国民の前で謝罪することだ。鳩山首相には、この問題に対し、毅然とした態度を取ってもらいたい。閣内がそれによって引き締まるはずだ。

つまり、民主党鳩ポッポ首相はそこまで約束なぞしたことはないといっている。亀井は返済猶予として3年間、元金の返済を猶予する。利息については曖昧になってきているが。

しかし、鳩ポッポよ。今回の衆議院選挙で川内博史の応援演説の言質については、どうするのか。

ここで、はっきりある期間元金の返済は猶予して、利息のみの返済を考えると公約している。なんだ鳩ポッポのモラトリアム宣言じゃないか。マスゴミも今回初めて聞いて驚いているそぶりだが、選挙の時分かっていたのじゃないか。

土地を担保とした根抵当融資というのがあったね。特にバブル上昇期には、ほとんどの事業家たちは、この根抵当融資だった。例えば、ある自分の土地の課税評価が1億円だったとする。これを根抵当として金融機関の担保登記をする。一般にこの7割ぐらい7000万円(バブル期はこれを越えていたが)の融資を引き出せる。そしてその金利だけを毎年納める。大金が入ったら、数百万・数千万を一挙に返済して、その後また数百万借りたりってやつ。

オイラもその当時大した金ではないが、根抵当で金を借り、毎年金利だけの支払いだった。まぁ、国民金融公庫なんてのは、元利均等か元金均等でそんなわけにはいかないが。さすがに、バブル崩壊で金融監査が厳しくなったせいか、いくらでもいいから元金分を入れてください。とにかくうるさくなって来ましたから。なんて泣きを入れられ、内、数万円を元金の返済として入れた。その後数年で一発全返済をしたが。(もっとも、そのころは、土地の値段は下がらないという神話が続いていたからね。)

米国では「ミニマム・ペイメント」ってのがあって、借りた金額の2%さえ払えば、年々先送りが出来るなんてのもあった(これ完全にモラルハザードを起こした)。またオプションARMなんていって、最初の5年間は利息のみの返済を選べ、その後元金も一緒になんてのもあった。これから米国では、その付けが回ってきて不良債権化の嵐がまた来る。まぁ、これは主に住宅ローンだが。

亀井の言ってるのは、そうじゃなくて、例えば政府保証だけ、担保ほとんど無しを対象にしているのか。住宅ローン・消費者金融(元利均等)も対象にしたいのか。亀井の話はテレビで見ていても、言語不明瞭・意味不明瞭だから訳が分からない。

この問題は、どうやら鳩ポッポの言質通りとすれば、3年間の元金返済猶予の方向になって、「利息だけ払ってよ」になる決着で落ち着くかもしれないが、融資種類の対象がどうなるのか。そうであればそんなに大騒ぎをすることもないかもしれない。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の画像

PCの画面の前で、このカメのモラトリアム(返済猶予)宣言について

ネットサーフィンしながら考えていたら

Zfekbvlbkv7ebjzacj

そしたら、

そしたら、

オイラの眼がこんなになってしまいました。

Yd4iy6yb3p1h7za4wx

|

« 国連総会・G20サミット。世界は鳩ポッポにカマっていられない。 | トップページ | 企業年金の終焉。そんなに長いこと、いいことは続かない。JALもそうだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国連総会・G20サミット。世界は鳩ポッポにカマっていられない。 | トップページ | 企業年金の終焉。そんなに長いこと、いいことは続かない。JALもそうだ! »