« 雪国の建物についてと、・・・・クイズの答えの発表 | トップページ | クリントン、記者奪還。それに対するわが国の劣化コメンテーターのへたれ »

2009年8月 4日 (火)

クリントン元大統領、平壌に到着、記者引き渡し交渉へ

今日突然入ってきたニュース。朝鮮中央通信発なのだが。

クリントン元大統領が、例のスパイ容疑で逮捕された米国人女性記者を奪還すべく、民間チャーター機で北朝鮮に到着した。米国政府は「そんなの知らん!」ということらしいが。

北朝鮮の楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)・最高人民会議常任副委員長と金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官が出迎えた。(画像もあり)

米国の元大統領による訪朝は、94年6月に金日成(キム・イルソン)国家主席と会談したカーター氏以来、2人目。クリントン氏は退任直前の00年12月、検討されていた自身の訪朝を断念したことがある。

今回の訪朝では、元国家元首として金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談する可能性がある。韓国政府関係者によれば、米政府当局者は同行していないという。

 クリントン元大統領、平壌に到着 記者引き渡し交渉へ

米韓両政府関係者によると、北朝鮮はこの問題で米高官か高い立場の人物の訪朝を要請していた。これに対し、米国は「2記者の拘束自体は人道問題であり、その場での米朝対話には応じられない」と主張。米政府当局者の訪朝を拒むと共に、高位人物の訪朝の条件として、北朝鮮がまず2人の引き渡しの意思を示すよう求めていた。

今回、クリントン氏の訪朝を巡り、米朝がどのような了解事項に達しているのかは、まだ明らかになっていない。  ただ、ヒラリー・クリントン国務長官が7月、事件について遺憾の意を表明するとともに、2人について解放ではなく「恩赦」を要請。北朝鮮の法手続きに一定の理解を示すなど、歩み寄りを見せていた。

北朝鮮は3月17日、中朝国境で取材していた米カレントテレビの記者で、韓国系米国人のユナ・リーさんと中国系米国人のローラ・リンさんを拘束。6月に「朝鮮民族敵対罪」などを適用して労働教化刑12年の判決を言い渡した。しかし、すぐに刑を執行せず、平壌市内の招待所に引き続き軟禁していることが7月に明らかになり、北朝鮮が政治解決を求めている意思の表れだとして、米政府が近く問題解決に向けて動き出すのではないかという観測が出ていた。

20090804 左側ユナ・リー記者

この写真で見ると、このユナちゃんずいぶん色っぽい女性に見えるが、他の写真では、普通の朝鮮系米国人の顔だ。↓

200906268

こうも違うものかね。びっくりしていまう。上の写真では、なんとか、ユナちゃんが助かってほしいと思ったが・・・・・・もうどっちでもいい。どうもオトコってのは情けない本性をもっているようで。

そんなことはどうでもいい!

さてこのような展開になると、天邪鬼のオイラとしては、なにか陰謀説を感じ得ない。特に2国間で敵対していると、両者共様々な仕掛けを作って置くのが常に国際政治だ。もちろん日朝でも当然あるだろう。米朝間ともなれば、両者アレの国同士なので、もっともっと仕掛けを仕込んでいるはずだ。

あのトンでも映画「不都合な真実」のアル・ゴアが、クリントン元大統領の副大統領の後、アップルの取締役やらをやったり、「ニューズワールド・インターナショナル」というケーブルテレビを買収(北米1700万世帯が契約)している。関連して「カレントTV」というのもあり、その記者が今回の二人なのだ。はっきり云ってアル・ゴアは投資家グループなのだ。

なにか金日成の時、クリントンの代理で交渉した「KYのカーター元大統領」時となんか似てきた。あの時は国務長官が、オルブライトばあさんだったよね、大統領の訪問の事前訪問とかの理由で北朝鮮に行き、まんまと乗せられた。最終的にはKEDOとかなんとか云って、軽水炉原発を造るから、日本も数百億円の金を出せってことになった。韓国も同じ負担。

結局その後、北朝鮮はシカトしながら、核開発をしていることがバレ、全てご破算に。以来金正日の時代になると、ウソツキ村のウソツキ国家、迷惑振り撒き国家全開で来た。

ここに来て当初、この二人の記者の会社のオーナー、アル・ゴアが北朝鮮に渡り、自分のケーブルテレビ会社のより発展を願っての大パフォーマンスをするつもりだったのだろう。アル・ゴアが救出に北朝鮮に行くというウワサが流れていた。そしたらますますCO2温暖化説の英雄が、今度は世界的報道の世界でも英雄になれる。

まあきっと水面下のやりとりで、北朝鮮側からアル・ゴアじゃ役不足、クリントン元大統領ならOKだということになったのだろう。エロ拓が、政府とは関係なく北朝鮮の要人と会ったのと似ているのだろう。結局は北朝鮮側に嵌められたようなものだった。

なんか、今のところの情報では、クリントン♂は金正日とも面談するとか云われているが、ウワサではもう金正日は、頭脳腺がやせ細り、廃人に近い状態だとも云われている。夏で食料も底を突き、今年は、また天候不順で、秋の収穫も覚束ない最悪な時に突入していることだろう。

オイラならこう妄想する。

このままで行けば中国の属国になってしまう。かといっていまさら韓国に泣きを入れて、韓国優先の統一などできない⇒韓国の属国になる。北朝鮮の優位な統一などできない国に成り果てた。日本も多少賢くなってきて、いままでのようなユスリ、タカリで巻き上げることは出来なくなった。ロシアはアテにならないし、プーチンは金正日以上に冷酷だ。何をするかわからない。まさに四面楚歌、雪隠詰め状態。

もうここで、バンザイして国家を変えることしかない。そのイニシアティブはやはり民主国家の米国にお願いするしかない。そのキッカケを作るためのストーリーが今回なのではないか。さてどうなるか、今後に興味があるね。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:   今日の画像

もう、こんなになったら先は短いよ!

これ半年前の写真。

今はもう、金正日なき体制の状態だろうね

90321a

|

« 雪国の建物についてと、・・・・クイズの答えの発表 | トップページ | クリントン、記者奪還。それに対するわが国の劣化コメンテーターのへたれ »

コメント

■金総書記と会談、会食 訪朝のクリントン元米大統領-最近のきな臭い動きは?
こんにちは。昨日、北朝鮮に拘留されていた米2記者が、クリントン氏とともに帰路につきました。米国側も、北朝鮮側も会談の内容に関しては明らかにしていませんが、この記者の解放以外にも、いろいろな話があったものと推察できます。しかし、現状の北朝鮮のきな臭い動きに関しては、ここしばらくは何ら変わることはないと考えられます。その、根拠として、今年の1月に北朝鮮を訪問したアメリカの北朝鮮問題に関する専門家が、先月の公聴会において、北朝鮮が戦争状態に陥った場合、韓国ではなく日本を攻撃するとの見方を明らかにしたのです。これは、金正日総書記の健康状態悪化後、「反日感情が強く国粋主義的で、海外経験のない若手将校らが政権内で立場を強めた」ことが理由だといいます。ここに書いていると長くなってしまうので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年8月 5日 (水) 10時31分

顔違いすぎです
最初に公開されてた写真ではきれいなお姉ちゃんと言った印象だったのに実際は…
話題性狙って写真まで捏造したかと思いました
ええマジで

投稿: ななん | 2009年8月 8日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪国の建物についてと、・・・・クイズの答えの発表 | トップページ | クリントン、記者奪還。それに対するわが国の劣化コメンテーターのへたれ »