« 神輿とシャッポは軽い方がいい。・・・・・・今ここ | トップページ | 世界恐慌:超金余りはなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算・・今ここ »

2009年5月16日 (土)

お花畑の住人たちの理論:ピースボートってさあ・・・・・。

今日は午後から民主党ハトポッポとジャスコ岡田の代表選挙。オイラとすればもう食傷気味で、どちらが勝つかなんてあまり興味がない。どっちみち金が物を云う。大資産家の御曹司と、イオンという大担保保証を持っている御曹司。闇献金で強引に金を集めた成金もいたが、それを使う前に撃沈寸前。居直って金丸式ビジネスモデルに戻ったオザワン。

民主党には優秀な人材もいるが、なんとも手下の面倒を見るほどの金がない。昔、自民党の党首になるには、真水で数億の準備が出来なければ到底無理といわれていた。党員同士の金の往復(買収)は法律にふれないからやりたい放題だった。結構いまでも裏は同じかもしれない。

おっと!今思い出した。この鳩山・岡田・小沢は金権真っ只中の旧田中派の出身じゃないか。「三つ子の魂百まで」って本当に説得力ある言葉だからね。もう民主党は右から左まで「何でも党」になってしまった。かっこよく云うと「マルチ党」ということ。

社民党の瑞穂ちゃん、清美ちゃんとも腕を組み、共産党とも連携。反自民党が大局のスローガン。政権を間違って獲ってしまったらどうするんだろ。やっぱ福島瑞穂××大臣?亀井静香××大臣?辻元清美××大臣?田中真紀子××大臣?・・・・・怖いもの見たさで面白いんだが。これじゃ政党の体をなしていないような。「オバケ党」?

もちろん自民党だって、公明党に頼っていること自体が間違いの基とも云えるが。なんでも通じることだが、騙すならしっかり騙してほしい。絶対ばれないように。鴻池!病院のベッドで何してる?

社民党の辻元清美が始めた「ピースボート」。いまもご盛んらしいね。今回の件はいかにも「お花畑の住人」らしくて哂ってしまった。

ソマリア沖で「ピースでボーッとしている人たち」

昨日のことですが、産経新聞に「『反対、でも守って』 ピースボート 海自が護衛 ソマリア沖」という記事が載っていました。ご覧になった人も多いかと思いますが、興味深い内容だったのでここで再掲します。

左翼の人たちによく見られる、ご都合主義・自己中心的発想と振る舞いが如実に表れているなあと得心する次第です。

《海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。 

海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。

ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。 

66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。 

ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施を行う旅行会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。 

ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(旅行会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。》  

でもまあ、それはそれで、きょうの民主党関係の記事は何を書こうかと呻吟しているうちに忘れていたのですが、さきほど届いた安倍元首相のメールマガジンでこの記事が早速、取り上げられていました。ふむふむと思って読み進めていたところ、とても面白い表現があったので紹介します。安倍氏は、記事を読んでピースボートに激怒してこの一文を書いたそうですが、ありていに言うと吹き出してしまいました。安倍氏は、海上自衛隊の艦船が外国船舶も守ることができるようにする法案の重要性を説いた上で、こう書いています。

《(前略)しかし野党は反対です。社民党も反対ですが、社民党の辻元清美衆院議員が設立したピースボートが海上自衛隊に護衛を依頼していたことが分かりました。社民党も辻元議員もピースボートも自衛隊の派遣そのものに反対し、自衛隊員を貶める活動を行い隊員の諸君や家族を苦しめてきました。 しかし自分達の船がいざその危険な海域に出たら守ってもらいたいと依頼する。「恥を知れ」と言いたいと思います。 ピースでボーッとしている人たちと思っていましたがあきれました。》

たまに、あまり流行っていない店や、町内の掲示板に(無断か?)この「ピースボート」の乗船案内ポスターが貼ってある。ネット界では「洗脳船」といわれているようだ。

http://www.peaceboat.org/cruise/0907/index.html

オイラJCメンバーだった頃(40歳定年)、1980年にそのころ地区単位で運営されていた「青年の船」ってのに出向して運営側として乗船した。それが第7回目で初めて中国行きだった。清水→天津に上陸→北京→天津→清水の旅だったが。

船内ではセミナーやパーティーが数々開催され、まあ異次元空間を楽しんだ。船に缶詰になっての世界は、ある意味閉ざされた世界になってしまう。あるイデオロギー集団が悪用すれば、何かを洗脳するには最適空間だなと感じた次第。ネット界の評判は最悪が多い。

昔、辻元の朝生デビューは、この「ピースボート」を学生時代立ち上げたという功績からだったらしい。しかしそのバックには、元過激派だった彼氏がいたとか云われていた。その頃、朝生での彼女の発言は合間合間にこの宣伝。大阪弁で(オイラ大阪弁は未熟)。

「中国で羨ましいと思ったのは、広場で多くの人と意見交換が出来る寛容さや。こんなこと皇居前の広場で、できますか?」・・・・?。

「中国では、医療もタダ。大学もタダなもんや。羨ましいわ」・・・・・?

北朝鮮のことも絶賛していた。「医療・大学はタダや。羨ましいわ」・・・・・?

一部の階級の人達はそうだろう。庶民は悪辣な設備と悪辣な医療技術でタダ。汚れた一升瓶の点滴で。それも何年何ヶ月も待って。オイラこの女の頭の中を割って見てみたいと思った。

・・・・・土井たか子、辻元清美、福島瑞穂ら延々と続く「お花畑」路線。最近は森永卓郎、落合恵子、室井佑月なんかが前線に加わってきた。

1970年代の成田闘争。あれ一体なんだったのだろう。オイラの同年の知り合いにもあのころヘル被って過激していたのが1人いた。その後頻繁に成田を利用して海外に行っているみたいなので、後日聞いてみた。そしたら打ち分けてくれた。「そうね、あのころは単に戦争ごっこがしたかったのかもしれない」だって。正直でいいかもしれないね。

一粒で二度美味しいオイラのブログ:今日の画像

これが、オイラが船旅した船だ!Queen Mary 2世号 よ!

ピースボートのようなチンケなのとは違う!

ちょうどサンフランシスコのゴールデンブリッジを通過するところだ!

ナオンとのいい思い出が今も湧いてくる。

(コレ、ウソデース。オイラノ、チジンデシタ。ウソツイテ、ゴメンナサイ!)

Queen_mary_ii

|

« 神輿とシャッポは軽い方がいい。・・・・・・今ここ | トップページ | 世界恐慌:超金余りはなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算・・今ここ »

コメント

ピースボートは左翼の辻元清美が設立した団体で、格安船旅によって、それとなく左翼教育をしている団体だと言われている。
辻本清美の社民党はソマリア沖の海賊対策としての海自派遣に反対しているが、その海自にピースボートの海賊に対する護衛を依頼したのはおかしい。

投稿: 民主党は日教組と在日の政党 | 2009年8月 4日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神輿とシャッポは軽い方がいい。・・・・・・今ここ | トップページ | 世界恐慌:超金余りはなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算・・今ここ »