« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の13件の記事

2009年4月29日 (水)

4月朝生:日本の安全保証・外交と+豚ウイルス

豚インフルエンザっての名前を変えて、日本では新型インフルエンザにしたとか。まだメキシコ・インフルエンザとは言っていないようだ。英語圏では、いまだに"Swine Flu"=豚フル=豚インフルエンザなんだが。   You swine! =この豚野郎だね。

1918年から1919年に世界中でバンデミックを起したスペイン風邪。3月に米国シカゴで発生したと。それが5月ごろ海を渡り、アフリカ西海岸で高病原性を獲得してバンデミックを起した。感染者は6億人、感染の死者は4000万人~1億人と言われているが。当時の世界人口が18億人なので約3割は感染したことになる。日本でも39万人~45万人が死亡したそうだ。

当時は第一次世界大戦の真っ最中で、各国情報を隠していたが、当時スペインは中立国だったので、一生懸命世界に情報を流した。それが逆に仇となって「スペイン風邪」という誤解され易い名前が付いてしまったとか。スペインの名誉のため、誤解なきように。一説によるとこれのお蔭で第一次世界大戦の終焉が早まったとか。

そして今回、同じスペイン語の国メキシコでだ。種類もスペイン風邪と似ているN1H1種とか。現在死者は152人とか。他国にも感染しているのに、なぜメキシコだけ死者多数なのか。ネットではあい変らずの陰謀説やガセネタも多く出ているが、今圧倒的に感染者の数が多い、高地であること、乾燥地帯であること、医療制度が充実していない、発見が遅れたなどが上げられている。まあ一般の「季節弱インフルエンザ」で日本でも年間約1万人が死亡している。米国では3万人以上だ。これで納まれば、万々歳だがね。どうなるか。

ところで、4月朝生だ。

続きを読む "4月朝生:日本の安全保証・外交と+豚ウイルス"

| | コメント (2)

2009年4月26日 (日)

豚インフルエンザと温暖化CO2の二大噺。

今日の日曜日は、天気は晴れだが、南西からの強風が凄い。午後孫と公園で自転車特訓を予定していたが中止にした。この時間をブログ成作に振り替えた。

メキシコでは豚インフルエンザで大騒ぎをしているらしい。バンデミックにならなけばいいが、現在の情報では死者81名、感染者らしいものが、約1,000人とか。ブッシュのお膝元テキサスまたロスでもチラチラ感染者らしき者が湧いてきているようだ。

これまで、心配されていた新型(H5N1)とは違うらしいが、DNAを調べてみるとなんと、鳥・豚・人が混じっていたとか。三種混合ウィルスとか。対応するワクチンはあるのか。

続きを読む "豚インフルエンザと温暖化CO2の二大噺。"

| | コメント (2)

2009年4月25日 (土)

裏側から見たキリスト教・イスラム教。塩野七生の世界。

今日は全国的に雨降りの土曜日。こんな時は、しっとりとした文(フミ)を読みたくなるものだ。印刷文=書物=本だが、 ネット文、ウェブログ文これらを一言で表す語が無いような気がする。またこれら全体を表す語も。やはり「活字」または「文(フミ)」ということか。電脳本ってのもなんかね。

このごろ、本を読まなくなった。新聞は断ったし、単行本もお金を出してまで読む気がしない。アマゾンで簡単にネット購入できる時代になったのに。昔は、毎月「新潮45」「VOICE」「正論」「諸君!」「WILL」を本屋で購入していた。しかしネットでの秀作ブログを読むのに忙しくなり、物理的時間の問題で最近は「WILL」と「諸君!」を年間契約で宅配してもらって読んでいる。しかしその「諸君!」も5月1日発売の6月号で休刊とのこと。淋しい限りだ。

オイラの文章の語り口は、この「諸君!」の毎回最初のページ、”紳士と淑女”のコラムのスタイルをヒントとしている。モヤモヤしたときこのコラムを読むとスッキリしたものだ。なんというか、朝日・毎日・NHK等反日マスコミの天敵のような希少価値があった。

続きを読む "裏側から見たキリスト教・イスラム教。塩野七生の世界。"

| | コメント (1)

2009年4月24日 (金)

1人寂しく公園で・・・・・・・・。そして逮捕。

数年前、テレビを観ていたら、エラの張った顔のタレントが何かのCMで「切れ痔!切れ痔!」と叫んでいる。例によって薬の宣伝かと思っていた。年のせいで目は老眼、耳は難聴だ。しかし、何回も目に触れるとそうではないことを発見した。

「ジ・デジ!チ・デジ!地・デジ!」って叫んでいたんだ。早くデジタルテレビに変えろという総務省の政府CMだったんだ。そのタレントは草彅っていうんだね。顔を知っていたくらいなのだが、女性にえらい人気があるらしい。たいしたイケ面ではないと思うが、「蓼食う虫も好き好き」

続きを読む "1人寂しく公園で・・・・・・・・。そして逮捕。"

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

インターネットメディアはどんどん世界中広がっている。

今日は短く。

この世界恐慌の中、世界的規模の話題が今湧き上がっている。何とかというブスで年増で太っちょのオバサンが、シンデレラになってしまった。(失礼を反省します!)

それがYoutubeを媒介して、もの凄い数のネット人が視聴している。また物凄い数の関連ビデオがUPされている。

続きを読む "インターネットメディアはどんどん世界中広がっている。"

| | コメント (13)

2009年4月20日 (月)

世界恐慌:カジノ金融の発生と詐欺金融の犯人たち・・今ここ

昨日日曜日は、午後から例のみかん栽培のマシン油の散布。これはサビダニ等の予防で、いわゆる農薬ではない。本来3月と6月に行なうのが望ましい。ガソリンエンジンの圧水ポンプと水タンクを軽トラに積込み、いざ出陣。200リットルを散布した。だんだん畑を上がったり下がったり。今、快い筋肉痛を楽しんでいる。これほどのいい運動はない。

昨夜9時からのNHKスペシャルは秀作だった。「マネー資本主義」第1回「暴走ななぜ止められなかったか-アメリカ投資銀行の興亡」

特にBGMにオイラ大好きなチャップリン作曲の♪SMILE♪ を使っていた。何か皮肉を込めた選曲。素晴らしい、センスがいい。NHKに払っている金が活きたような番組だった。

続きを読む "世界恐慌:カジノ金融の発生と詐欺金融の犯人たち・・今ここ"

| | コメント (3)

2009年4月15日 (水)

反捕鯨国と捕鯨国は宗教戦争かもしれない。果てしない齟齬(そご)!

昨日はオイラのお誕生日。また一つ歳をとった。大昔では平均寿命が短かったので古老に入るのかもしれない。石原慎太郎の本で「老いてこそ人生」というのを5年ほど前に読んだが、なるほど、ますます人生が楽しくなるような気がする。

ところで、6月のセブ島へポン友とダイビングに行く計画を立てたのが、フライトで面白いことを知った。フィリピン航空なのだが例の燃料サーチャージ代。4月から下がったのだが、行きは直行、帰りはセブ⇒マニラ⇒成田(月・土は直行便がない)。サーチャージを調べると成田-セブ・マニラ間は2,000円。国内セブ-マニラ間が3,150円と高い。よって合計で7,150円、+空港税等で8,460円が別途料金。これでも格段に安くなった方だ。またこれから先どうなるか。格言「燃料チャージが高いときは直行便に限る」だね。

最近日本の調査捕鯨船にあのシーシェパードが船ごと体当たりをして当本船が傷だらけになったとか。損害は数百万円に及んだらしい。これをシーシェパード側に損害賠償を求める国際的訴えを起すらしい。ここまで来るとシーシェパードはテロ船だね。調子に乗りすぎている。

別に日本側では、違反捕鯨をしていたわけではない。IWC(国際捕鯨委員会)で認められた合法行為だった訳だが。

この捕鯨についてはまさに文明の衝突のような問題だ。また海産業の衝突でもある。

続きを読む "反捕鯨国と捕鯨国は宗教戦争かもしれない。果てしない齟齬(そご)!"

| | コメント (3)

2009年4月12日 (日)

拝啓 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領 様 犯罪者というデビューもありますよ。かしこ

11日の土曜日は、初夏のような天気、波はベタなぎ。いつものケン坊と一緒に船釣りをした。ウチの前の海の沖合い、水深70m前後を探った。オニカサゴ狙い。エサはスーパーで買ったイワシ。水温は14.4℃だ。正午前後に潮の流れが止まり、竿の当りはなし。

午後2時ごろ、オイラにキター!

Dscn7863_r

これオニカサゴじゃなくて、イズカサゴっていうらしい。体長45センチ。その後、小カサゴ・アマダイ・トラギス・雑魚といったところ。桜や新緑の山々を背景に、春爛漫の海を楽しんだ。

キター!といえば北朝鮮のテポドン2号。いつまでも「ウソツキ村」には困ったものだ。人工衛星で貫き通している。「恥」という語はないらしい。

もう一つキター!と云えば、なぜか日本のマスメディアは静かなのだが韓国。「変なオジサン」じゃなかった、モトイ!「盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領 」が収賄で逮捕の危機にあるそうで。

続きを読む "拝啓 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領 様 犯罪者というデビューもありますよ。かしこ"

| | コメント (1)

2009年4月10日 (金)

NHKさーん。またおかしい特集ですか。第一回「アジアの“一等国”」

テレビの民放でさえ、放送法によって客観的製作が義務付けられているのに。

ましてNHKは視聴者から強引に金を集めている立場でしょう。今回のシリーズはまたおかしな作り方ですなー。

四月五日に放映された「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」の第一回「アジアの“一等国”」

まずこの回の前にプロローグと称して2回に分けて放送したが、オイラちょっと違和感を感じた。そして次の第1回としてのこの放送。オイラもっと違和感を覚えた。なんか中国共産党と共同でNHKは監修しているような。幸い録画はまだ削除していないので検証が出来る。

続きを読む "NHKさーん。またおかしい特集ですか。第一回「アジアの“一等国”」"

| | コメント (3)

2009年4月 9日 (木)

世界恐慌:スイスの場合・・・・・・・・今ここ

オイラが、紅顔の美少年のころ、学校の先生から、世界で一番いい国は永世中立国のスイスだと聞かされ、それがずーとインプットされたままだった。20代後半に憧れのスイスに行った。ジュネーブのレマン湖、グリンデルワルト、インターラーケン、登山電車でユウングフラウヨッホって云って、アイガーを横目にみながら富士山より高い山頂までトンネルを通じて到達した。さすが空気が薄いので最初フラフラしたのを覚えている。

氷河のトンネル内で、♪遠くに行きたい♪を日本から来た1人旅行の若者が大声で唄っていた。すれ違いにこちらが日本人と分かり、すぐ唄をやめてしまった。帰りはミューレンに寄ってケーブルカーで下りてきた。そこからズーリック(チュリッヒ)に行きスイス旅行を終えた。

そのころ時計や精密機器はスイスの独壇場だった。そして金融も。

そのころは今のようなネットも無かった時代。オイラ、国の成り立ちも人口もGDPも調べようという発想もなかった。結局一時的に歴史的な役割を持ったこともあったが、銀行口座の秘密主義を武器にマネーロンダリング全開で栄えてきた国じゃないかい。元社会党党首土井たか子さん聞いている?

続きを読む "世界恐慌:スイスの場合・・・・・・・・今ここ"

| | コメント (1)

2009年4月 6日 (月)

木の芽時には気をつけて!北朝鮮とミサイル

いやー、北朝鮮には笑っちゃうね。春爛漫。「木の芽時には、ウソツキがもっと嘘つきになるから気をつけろ」っていうのが、オイラのご先祖様の言い伝え。人工衛星は成功して今軌道を回りながら「金正日将軍さまを称える唄」を流しているんだと。それをいまだに世界中でキャッチ出来ていませんが。まあ、あちらは年中、「木の芽時」だからね。

テポドン1号(1998年)の時と同じパターンだ。あの時ヘボイ地球儀の回りを銀紙丸めたようなのが回っている動画を北朝鮮は発表したね。将軍さまを称える唄をBGMにして。やるんだったら動画の方ももっとそれらしく作っておくれ。

日本のテレビメディアも大騒ぎ。ふるっているのは、お昼のワイスクで、「あまりにも日本はこのことで大騒ぎし過ぎですね!」って大和田獏となかにし礼と川豚。お前らが過剰に大騒ぎしているにすぎないんじゃない?政府は必要な情報を粛々と公開しているだけ。マッチポンプはいつもお前らじゃないのかい。

続きを読む "木の芽時には気をつけて!北朝鮮とミサイル"

| | コメント (2)

2009年4月 4日 (土)

内需刺激策は、より良き住宅と街並みの整備にも回しておくれ。

4歳児の孫が、今春休みなので、天気の良い日はジージが狙われる。昨日もソメイヨシノ満開のなかで自転車の特訓から始まって、公園での遊びモロモロ・海岸での石投げ等々夕方は一緒に風呂に入って正しい体の洗い方特訓。ジージの仕事は翌日に廻した。

今回の日本の不況の原因を今の政権の失態だと、劣化マスメディアは煽るが、これは昨年まで続いた米英詐欺金融の崩壊から来ていることは、もはや常識だ。日本のGDPに占める海外への輸出依存度は10~15%。この数字は国際的に見て、決して高い数字ではない。じゃあ、なぜ?

続きを読む "内需刺激策は、より良き住宅と街並みの整備にも回しておくれ。"

| | コメント (4)

2009年4月 2日 (木)

世界恐慌:中国の場合・・・今ここ

昨日は、孫第2号の初参りをやった。古くからある神社でお払いを受け(5千円)、馴染みの写真館で記念撮影(数万円)。夕方馴染みの料理屋で豪華食事会。(鯛・アワビ・伊勢海老の乱れ食いだあ。)オイラ、今の時代にあまりこのようなことに価値観を持ってはいないのだが。ただ長男もやっているし二男として省くわけにもいかないらしい。生後1ヶ月半、なにか気持ちに区切りをつけたようで清清しい。カトリックでは洗礼に類するのかもしれない。日本人の伝統を大事にしまーす。

さて中国経済なのだが。「オリンピックの後、経済は崩壊だあ、上海万博は幻で終わる」とか「世界金融恐慌で今年前半には、崩壊⇒暴動⇒国家分裂」とか、期待値ばかり高かいんだが、さすが一党独裁国家。しぶとい。しかしここに来て経済は、様々ボデーブロウのように効いてきているようなのだが。

続きを読む "世界恐慌:中国の場合・・・今ここ"

| | コメント (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »