« 金賢姫に見られる韓国マスメディアの恐ろしさと小沢民主党問題 | トップページ | 世界恐慌:AIGで蜂の巣を突っついたような。モラルハザード全開 »

2009年3月17日 (火)

下手(ヘタ)は直接、利口は間接について考える。パチンコとAIG

昔よんだ小説で、高木彬光の「白昼の死角」というのがあるが、その中で「詐欺犯罪を成功させるのには、間に善意の第三者を通す」というのがあった。

そう、下手な奴らは直接犯行をしてしまうからで、間に一つまたはそれ以上絡ますと、実態が見えにくくなり成功の確率が上がるという定説だ。

今回ように、企業・団体は政党・政治管理団体には直接献金が出来るが、議員に直接は、できない。しかし不特定多数が、その議員の資金管理団体に政治団体を通して、間接的になら献金できる。米国の真似をしたらしいが。その政治団体って二人以上ならいくつも作れる。西松建設がその制度をつかって偽装献金をしていたことがバレタわけだが。上記の定説通りをやったわけだ。実態は小沢に直接献金となんら変わらない。

例えばパチンコ。大昔は出球の清算は、店内の商品(一般景品)と交換ということで、賭博法には掛からない遊戯だった。今はオイラ一切しないが、20代のころはまだ手動で玉入れの時代、チョコレートやタバコに交換したものだが、いつのまにか、特殊景品というものが出来てそれをもって、店外にある交換所というところで現金と変えることが出来るようになった。だから賭博ではないという論法なのだ。

つまり間に交換所というのが絡まると、間接になり、直接ではなくなるっていうおかしな理論。そもそも法律というのは、建前より実態だろう。こんな苦しい解釈がいまでも大手を振って通用するのは、大半の経営者が南北朝鮮系なので、それに配慮してきたとか、警察系の天下り場所の提供だとか、これら系の政治献金だとか。いろいろ憶測が云われてきている。

今回逮捕された小沢の第一秘書の大久保って人の実家は、パチンコ屋でそちら方面からも政治献金を集めていたとか、なんたらこうたらがあるそうだ。

小沢一郎-西松建設-大久保隆規-パチンコ-北朝鮮

大久保容疑者の実家は地元民に「コクサイ」と呼ばれるパチンコ店で、大久保自身がそこに勤務していたという。確かに岩手県釜石市には、国際会館というパチンコパチスロ店が存在する。 国際会館(ホームページはttp://www.p-world.co.jp/iwate/kokusaikaikan.htm)

有限会社大久保興業の業種がパチンコであるから、パチンコパチスロ国際会館が大久保容疑者の実家であることに間違いないだろう。

現在、在日朝鮮商工会パチンコ部会には会員3500店が加盟しているそうです。そして、あの北朝鮮の手先である朝鮮総連の直営店は約40店鋪以上あるそうです。

 そして、現在の朝鮮総連の運営費はほとんどパチンコと地上げにより稼いでいるそうです。(ただし、地上げはバブル崩壊後、縮小)  つまり、我々日本人がパチンコなどというくだらないものをやらなければいいわけです。

パチンコ店同士の競争は弱肉強食、単発の日本系の店は客を奪われて撃沈させられているそうだ。オイラの知人も隣町に支店を出していたが、あるころからか客がさっぱりこなくなり、1年前に撤退したそうだ。

パチンコを禁止しろとはオイラは云わない。ただ実態が現金と変えられる賭博なのに交換所という間接形態ならOKなどというイカサマ解釈はやめるべきだ。とくにそれらの利権を貪っている警察OB、パチンコ利権の議員達。奇麗事を云うんじゃないよ。

即刻にも、この間接の交換所制を廃止して、店内での一般景品のみの交換という大昔に戻すべきだ。北朝鮮も衰えてきたみたいだし、ちょうどいい時期だ。ネット社会でパチンコ利権族の議員を暴こう。またこのごろ富に多くなったテレビでのパチンコCM広告。金がほしいだろうが、金玉を握られて報道できないテレビメディア界よ。お前等正気か?自省しろ!

間接ということで関連するが、別の話題。

今米国では、破綻寸前のAIGを財政的に救うため、政府から17兆円もの公的資金を受け入れ、救済されている。かつて日本にもあった銀行救済だ。ところが、2008年分のボーナスとして経営幹部400人に1億6500万ドル(161億円)のボーナスを支払うと発表し、物凄い反発を受けている。 やっと米国民も目覚めたか。

経営幹部らの失敗で政府の金を投入したのに、それを経営改善だけでなく、間接的に経営幹部らの報酬に廻している。また今回明らかになったのは、救済資金17兆円のうち、9兆円余りがドイツ銀行、ソシエテジェネラル(フランス)、ロイヤルバンクオブスコットランド、UBS、BNPパリバ等といったヨーロッパの金融機関に主に流れていったことが明らかになった。

なんのことはない。無断で間接的に米国人の納税資金がヨーロッパの金融機関救済に使われた訳だ。今回のAIGの161億円ものボーナス支給・9兆円もの救済資金横流しが明らかになり、米国民も怒り心頭、国会経済会議のサマーズ委員長は「言語道断」と批判し、下院金融サービス委員会のフランク委員長は「法的に検討する」と延べ、またマスコミは一斉に批判に動いているそうだ。

オバマ政権としてもここまでくれば、何の躊躇もなくAIG等を破たんさせることができるようになる。この懲りない「金融村」と全面対決すれば、世界の金融市場は大混乱に陥ることになるかもしれないが、もうこれ以上舐められていたのでは、政権が持たなくなってしまう。

今後AIGをはじめ巨大金融機関の支援は停止し、破綻処理に移行させるべきであるという動きが加速することもあり得る。そしたら今後、金融機関への救済は理解が得られない事態に陥ることは必至であり、「金融崩壊第2幕」は巨大金融機関の破たん処理へ移行することになりそうだ。

金融情報(AIG幹部への6億円ものボーナス)

金融情報(AIG破たんへの道)

いま、アフラックやアリコや他AIG系保険会社が頻繁にテレビCMをパチンコと同様に打っているが、なんか最後の金集めのような気がしてならない。大丈夫かい?

一粒で二度美味しいオイラのブログ:今日の画像

世の中には、

羊の皮を被ったオオカミが多すぎて。

困ったものです。

Cnn200809030011

|

« 金賢姫に見られる韓国マスメディアの恐ろしさと小沢民主党問題 | トップページ | 世界恐慌:AIGで蜂の巣を突っついたような。モラルハザード全開 »

コメント

アリコの保険に入っていて注目していましたが、
このニュースを聞いて解約の書類を送るようにアリコに電話しました。
こんな状態じゃ保険にならんでしょ。

投稿: go-ichi | 2009年3月17日 (火) 20時04分

これ面白い!

「この支給について、ABCテレビによると、上院財政委員会のグラスリー共和党筆頭理事は「彼ら(AIG経営陣)が日本の例にならって、国民の前で深く頭を下げておわびして、それから辞任か自殺かのどちらかをすれば、私の気持ちも少しは収まるだろう」と述べ、不祥事を起こしたときの日本企業の対応を見習うよう求めたほどだ。」

日本と同じように、一列に並んで、ハゲ頭が見えるまでおじぎの謝罪をしろと。米国人もよく知っているんだ。

投稿: 陳胡臭 | 2009年3月18日 (水) 06時04分

”アフラックがAIG関連会社の買収?”なる
記事を読むと・・・・訳がわかなくる。

投稿: あんし | 2009年3月20日 (金) 20時26分

パチンコ店における出玉の換金行為を取り締まり、
かかる行為を完全に違法化するよう求める請願
衆議院議長殿・参議院議長殿

【 請願趣旨 】

 本請願は、日本全国のパチンコ店において、日常的に行われている「特殊景品」等を媒介させる出玉の換金行為を完全に違法化し、摘発することを求める請願です。

 現在、日本中のパチンコ店においては、ほぼ例外無く賭博営業が成立しております。

 パチンコ遊戯による出玉を、店内において一定の景品(一般に、特殊景品などと呼ばれる)に交換し、それをすぐ近所の別営業主体の景品交換所に持ち込ませ買い取らせる形で、客に対して実質的な出玉の換金を行っており、これは事実上の賭博営業であると言わざるを得ません。
http://namonakishimin.web.fc2.com/seigan/pachinko.html

投稿: shingo | 2009年3月22日 (日) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金賢姫に見られる韓国マスメディアの恐ろしさと小沢民主党問題 | トップページ | 世界恐慌:AIGで蜂の巣を突っついたような。モラルハザード全開 »