« 世界恐慌:100年に一度の意味・米国の場合・・・今ここ | トップページ | 今日は昨日の記事に寄せられたコメントから。 »

2009年3月 3日 (火)

まったく日本のメディアは劣化している。お前らだけのカラ騒ぎ!

きのう3月2日午後7時のNHKニュースを見たのだが、初っ端に麻生首相が例の「定額給付金を受け取る」とういう「ぶら下がり会見」を流していた。そして記者が「それを何に使うのですか?」という質問に「何に使うかなんてあなたに言う必要はないでしょう」とかその様なことを云っていた。まったくこれらの質問した記者はバカを通り越している。それをさも重大発言のように扱っていたNHKの担当者はもっとバカを通り越している。

NHKニュースの初っ端報道と言えば、新聞で言えば、一面トップ扱いだ。それがこんな報道で視聴者を麻生降ろしで煽っている。もっと重要なニュースがたくさんあるだろうに。麻生は68歳だから貰える給付金は2万円だ。200万円でなければ、2000万円でもない。そしていつもの街頭インタビュー。もちろん麻生批判・給付金批判の意見のみを流す。

それが、公共放送の、天下のNHKがする。他のテレビ局とて負けてはいない。今朝の朝ズバ「みのもんた的メディア」もいままで「給付金を貰わない」と言っていた麻生首相が、一転「貰う」と云ったと大騒ぎ。

一般に貰うのは1.2万円だ。公明党のごり押し法案、与党連合の妥協の産物であるとは云え、ここまで次元を低くマスメディアは延々と垂れ流すのか。終いにゃ「麻生は大金持ちだから給付金なんて屁とも思っていない」なんてヒガミ報道まで出てくる。

おいおい、テレビ・新聞・コメンテーター諸君よ。お前らだって1.2万円なんて屁とも思っていないだろう。オイラでさえそうだ。せいぜい孫との遊びに使うぐらいだ。おっと孫は2万円だったね。やっぱり割勘だあー!

今の麻生内閣降ろし報道は、異常なくらい低次元であり白痴化している。本心ではこの給付金をバカにしている麻生内閣(公明党除く)に、製作元の創価学会筋のメディア連が反発しているのか、あるいは、公明党への間接叩きなのか、民主党筋のなりふり構わずの衆議院解散戦略なのか、同じ自民党反麻生派の引きずり降ろしなのか分からない。

この定額給付金については、賛否両論があるが、近々では台湾が1人1万円の期限付き消費券給付で、それなりに目算は達成したとか。日本でも町の商店街が、市から補助を受け、割安クーポン券を発行したりして準備をしている。この定額給付金に合わせてだ。だからここまできたのなら、協力し合って早くの実施しかない。

たしかにこれは対策であって、それも一瞬のものだ。商店街がこれで救われるなんてものでは全然ない。しかし日本のマクロ経済から見ると、即効性的に経済を押し上げる力は少しだけでもあるそうだ。

第4の権力マスメディアの劣化ははなはだしい。この間も日本テレビだったか、TBSだったか、麻生が地方で講演をぶったのだが、まだ客席に誰も来ていないシーンをしらっと映して、観客がほとんどいなかったような印象を与えることを平気で流していた。あくどい演出だよ。

本来マスメディアは、政局は議員どもに任せて、それを客観的に格調高く伝えるべきもので、その政局にマスメディアが巻き込まれる、または掻き回すというのは、ルール違反で大変危険なことなのだ。首相が給付金を貰うか貰わないか、またそれを何に使うかなんてのは、週刊誌やタブロイド紙・ネットメディアでやればいいことなのだ。

政権の支持率の世論調査なんてのも、首都圏で500人程度に電話で聞いただけで、それを金科玉条のごとく、日本全体の世論だと刷りかえ大騒ぎをする。地方はアホの集まりか?まったく自分達を何様だと思っているのか。

確かに今の麻生内閣批判は、うなずくことも多い。麻生を支える閣僚や仲間たちの信念や能力が欠けている。麻生自体のリーダーシップが結果論として足りないのだろう。しかしこのようなことは毎度のことで、コップに半分の水があるのを、「まだ、半分ある」と考えるか「もう半分しかない」と考えるのかの違いに近い。比較論で評価するしかない。全能の神はいないのだよ。

マスメディアも自分達が毎度毎度引きずり降ろしの政局報道をくりかえし、その挙句内閣が変われば、「こんなにクルクル内閣が変わる国は日本しかない。恥ずかしい。」と日本の政治をこき下ろす。現在でも麻生はそれなりに国益のため仕事をしているのだが、末梢の次元でけなすことしか報道せず、それらの成果を国民には伝えない。伝えるのは一部ネットブログのみ。

もうここまで来たのなら、9月の衆議院の満期まであと数ヶ月だ。満期までやらせるべきだ。多分今度の選挙では、民主党が勝つ雲行きなのだが、2/3は取れまい。政権交代になっても、あのミズホの社民党・カメイの国民党と連立だと、民主党・管直人が言っている。なんだ旧社会党ゾンビ政権復活じゃないかい。

オイラ完全なる政権交代は望むところだ。ところが、それがなんらかの安定した政権になるには、数年掛かるだろう。政治は今よりもっと混乱するのは目に見えている。就任した大臣だって、本領を発揮するには数ヶ月掛かるだろう。その間政治的には停滞をし、また官僚主導の政治が続く。今の内閣各大臣はそれでも自分の省内は把握してきている。帰り咲きを考え最後の機会を頑張ってみてくれ。

昔、細川政権でいやというほどガッカリさせられた。今もまたその予兆が伺われる。政党のガラガラポンも起こるかもしれない。今時点はそんなことをやっている世界の経済状況ではない。もちろん9月になっても収まらないが、夏までには世界中で、企業のみならず国まで破綻するか破綻リストは判明するだろう。これからの日本の進むべき方向も見えてくるだろう。

マスメディアよ!マスゴミよ!あんた達お楽しみの総選挙というお祭りではあるが、焦るな!それよりここ数年の自民党の政策の良かったこと、悪かったことを冷静に客観的に検証してみる事だ。またこんなにぽんぽん内閣が変わらないための日本の政治の仕組みについて提言をしてみたらいい。まあそんな有能な人材はいないだろうが。優秀なネットブログを参考にするのも、いいかもしれないね。

一粒で二度美味しいオイラのブログ:今日の画像

オイ!

第4の権力!・・・・・朝日・毎日・読売・各テレビ局!

お前ら、なに煽っているんだ!

日本人はそれほどバカじゃないぞ!・・・・・・・。

51229c

|

« 世界恐慌:100年に一度の意味・米国の場合・・・今ここ | トップページ | 今日は昨日の記事に寄せられたコメントから。 »

コメント


2007年10月(株式のピーク)から見て2月末時点で世界の株式市場から3400兆円もの時価総額が減っていると報じられています。

米国のGDPが1500兆円、日本のGDPが500兆円となっており、現在起こっています【株式メルトダウン】のインパクトがいかに大きいか、おわかり頂けると思います。

何度も述べておりますが、今、世界中で行っている事態は<景気の悪化>ではなく、金融の【メルトダウン】であり、【金融恐慌】なのです。

2月末時点で世界の金融市場から3400兆円が吹き飛んでおり、このような中に金融機関に100兆円、200兆円投入しましても何にもならないのです。
予算を組んで国債を発行し、諸々の事業に10兆円、50兆円と投入しましても、何にもならないのです。

かえって国債を増発することになり、債券(国債)価格の下落>金利の上昇という悪循環に陥るだけなのです。

では何ができるのでしょうか?
なにもありません。
「神の手に任す」、これしかありません。
市場が自壊に入っている以上、行き着くとこまでいくしかこの自壊を止める手段はないのです。

「今は資産を増やす時期ではなく守る時期である」と一貫して述べてきましたが、今、この言葉をかみしめている方は多いと思います。

今、我々は【金融崩壊第2幕】におり、いずれ恐ろしい【第3幕】に突入します。

しっかり「自分の身は自分で守る」ということを実践したものだけが、金融崩壊後の社会で生きていけます。

投稿: 闇からの声 | 2009年3月 3日 (火) 11時55分

そうだね。鳩山(蝶)の「かんぽの宿売却」叩きは、麻生の意向だ。だてに二人がいつも並んでいるわけではない。旧郵政公社のやった問題の安売り談合払い下げの「柳の下の泥鰌」作戦を再度郵政民営化でもやろうとしているシンジケート撲滅作戦なのだ。

また公明党ごり押しの「定額給付金」を非難轟々にさせるのも戦略の一つ。本当は麻生は公明党は嫌いなのだよ。

あれでも麻生は喧嘩上手を旨としているのだよ。

なんとか、今のメンツで、「かんぽの宿」談合売却問題にしっかりメスが入るところまでやってくれ。もう国税庁や検察庁まで資料は回っているらしいからね。大疑獄事件まで持っていってほしい。

ここで即選挙になってしまっては、全て闇に消えてしまう。小泉というより竹中が中心にいるような気がするが。それとももっと悪い奴がいるのかもしれない。

もうバックを操っていた、ハゲタカファンドや米国投資銀行の力はなくなったから、あと一歩だよ。

投稿: aiya- | 2009年3月 3日 (火) 15時14分

表の顔と裏の顔。ほらほらみんなつるんでいるよ。

株式会社 ドリームインキュベータ ( Dream Incubator Inc. )
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー14F
TEL : 03-5773-8700 FAX : 03-5773-8701    

代表取締役会長 堀 紘一

代表取締役社長 山川隆義

取締役(非常勤) 井上猛

社外取締役 田原総一朗 (評論家、ジャーナリスト)

特別顧問    宮内義彦 (オリックスCEO)

投稿: 闇からの声 | 2009年3月 3日 (火) 15時53分

号外だ!
麻生の粘り勝ち。とうとうここまで追い込んだ。
喧嘩上手も太郎ちゃん。


準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)が、OBを代表にした二つの政治団体を隠れみのにして国会議員らに企業献金をしていた問題で、東京地検特捜部は3日、政治資金規正法違反容疑で小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」の事務所(東京都港区)の捜索を始めた。

 陸山会は2003~06年、西松建設のOBが代表を務める二つの政治団体から計2100万円の献金を受けたと政治資金収支報告書に記載。しかし、実際にはこれらの政治団体は西松建設のダミーとみられ、陸山会が献金者を偽って記載した疑いが出ていた。

投稿: さあ民主党どうする | 2009年3月 3日 (火) 18時03分

この報道は、あの共産党から出ていた。
ガセネタと思って忘れていたが、キターだね。

以下コピペ

西松建設政治団体 資金提供 全容わかる(2009年1月26日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-26/2009012615_01_0.html

◆自民党◆         [百万円]
尾身幸次(元財務相)     2080
加藤紘一(元幹事長)     1400
二階派               838
藤井孝男(元運輸相)      600
森 喜朗(元首相)        500
藤野公孝(元参議院議員)    400 
山口俊一(首相補佐官)     200
加納時男(国交副大臣)     200
川崎二郎(元厚労相)       140
山本公一(元総務副大臣)    114
林 幹雄(前国家公安委員長) 100
二階俊博(経産相)         30
古賀 誠(元幹事長)        16
渡辺具能(元国交副大臣)    14

◆民主党◆
小沢一郎(代表)         3100
岩手県連              900
山岡賢次(国対委員長)      200

◆改革クラブ◆
渡辺秀央(代表・元郵政相)  300

◆国民新党◆
自見庄三郎(副代表・元郵政相)30

どこまで行くか楽しみだね。

投稿: オイラ | 2009年3月 3日 (火) 21時01分

皆さん、待ちに待った テレビ局( テレビ朝日)を 放送法違反での 告発は、本日(3月3日)、16時15分、 歴史議連 中山成彬会長が 鳩山邦夫総務大臣に手交することになりました。。

投稿: toorisugari | 2009年3月 4日 (水) 10時28分


3月4日テロ朝日 スーパーモーニング
それにつけても、この番組はもう終わっているよ。
これじゃ国民を無視したお仲間雑談会だね。


「小沢さんはお金をもらってどうのこうの、って人ではない、冷静に見ていかなきゃ」伊藤淳郎
「一般論として、これで誰が得したか、ってことですよねw」 落合恵子
「実際、麻生さんはこの捜査を止めなかったですからね」 森永
「小沢さんは何憶も政治資金を持ってて、2000万位のお金、知らなかっただけ。知ってたか知らなかったかを捜査できるのかw?」 鳥越
「政治資金規正法自体が、ざる法なんだから」 落合恵子
「本当に優秀な秘書ならば小沢さんの為に自殺すべき! キリッ」
「これで麻生政権の人気があがるはずないですから」 でみんなで爆笑。

「一般論として、これで誰が得したか、ってことですよね」 落合恵子
「実際、麻生さんはこの捜査を止めなかったですからね」 森永
「小沢さんは何憶も政治資金を持ってて、2000万位のお金、知らなかった
 だけ。知ってたか知らなかったかを捜査できるのか?」 鳥越
 「政治資金規正法自体が、ざる法なんだから」 落合恵子
「これで麻生政権の人気があがるはずないですから」 でみんなで爆笑。
鳥越「麻生は権力にしがみついてるのが顔に出ている」
森永「麻生はサミットで英語を喋りたいだけ」

↑もうこれが今の報道番組のコメンテイターと番組制作者の程度です。放送法違反で告訴しましょう。

投稿: のっぽり | 2009年3月 4日 (水) 10時34分

999 :名無しさん@九周年:2009/03/04(水) 09:55:54 ID:h+pOWzf10
■今朝のテレ朝まとめ■

【スポンサー】ハウス食品、P&G、リーブ21、ドクターディヴィアス化粧品、ユートク薬品、アリコジャパン、日本直販

森永 「何故小沢秘書だけ?たった2000万円で特捜が動くわけない」
森永 「麻生さんが止めれば特捜は動かなかった」
森永 「景気対策優先って言ってるくせに、麻生さんこんなことしてるヒマあるのか?」
森永 「何故小沢の秘書だけ?不公平。たった2000万円で特捜が動くのっておかしい」
森永 「麻生はサミットで英語を喋りたいだけ」
山本 「新聞のタイトルだけで国民が判断してしまいそう。これは大問題」
落合 「ミステリー小説では、これで喜ぶのは誰なのか、とまず考える」
局アナ 「謀略説が出てますね」
平野(小沢の側近) 「法務省の友人はみんな、これで公判が維持できるのか?と言ってる」
鳥越 「元首相とか献金受けてますね」
鳥越 「麻生は権力にしがみついてるのが顔に出ている」
平野 「小沢は断固戦います。そうでないと民主主義が壊れる」

投稿: はあはあ! | 2009年3月 4日 (水) 10時38分

今回の野田聖子議員産後手記出版ニュースは深く「胎内虐待」とメディアの劣化を思わされた。

・誕生と死は”ある程度”自然に任せるしかないのでは?
(遺言に反して生命維持装置を続けることは許されることなのか?無理な出産は似たような問題提起をする!しかし新生児は遺言も書いてないし親の一方的希望と決断に任せられている・・・・。)
 死は本人が選択可能だが、誕生は未知の約90年の長時間にわたり、無知無罪の新生児本人とその周りの重大な”生活条件”(人生)を決定する。しかし現実は親がただエゴだけで出産する場合もある。

・担当の産科医は、生まれてくる新生児の健康・人生にもっと決断権・責任を持たせてもいいのではないのか?つまり「羊水検査」と排卵促進剤・流産防止剤などの「薬物副作用検査」を義務付けて良いのではないか?これは一見冷酷のようだが、現行の「優生保護法」の理念の延長である。非受精・非着床・流産・死産はある程度、個と種の保存のためやむをえないのではないか?

・メディアは彼女の高齢出産と情熱を報道しただけで、裏の受精性交目的だけの同棲の繰り返しと、議員任務である養子縁組・代理母の法整備とを怠って、議員特権に乗っかって、単独治外法権で単独目的を果たした暴挙は取り上げなかった。

・既版の出産前手記に加えて、今度育児・治療手記を出版予定との事である。これは将来お子さんのプライバシー侵害にはならないだろうか?

 以上メディアは,お子さんが誕生前に(母親と関係医師のエゴのために)結果的” DV” に遇っていないか? と 今もお子さんの人権軽視をしていないか?にも光を当てるべきと思う。

投稿: 憂国 | 2011年3月 2日 (水) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界恐慌:100年に一度の意味・米国の場合・・・今ここ | トップページ | 今日は昨日の記事に寄せられたコメントから。 »