« 今回の派遣切り問題、やっと派遣会社と派遣法の問題に焦点が移ってきた。 | トップページ | カルト資本主義の懲りない面々:マルチ商法・催眠商法・ねずみ講:波和二逮捕 »

2009年2月 4日 (水)

やっと新聞も事実の公表を始めたか?地球温暖化詐欺

1月の後半、町内会の組の新年会があり、夫婦を中心として30名ほどで飲めや語れの懇親会をした。オイラの組では新参者が多く若者が多い。オイラなどは古老に属するらしい。奥さん達皆威勢が良くて、亭主含めて男供の上を行く。中国式カンペイの世界だった。

話題が今流行りの「温暖化CO2犯人説」の話になると、新聞・テレビの影響からか、ほとんどが信じている。オイラがそうでない事を説教しても「暖簾に腕押し」聞く耳持たずだった。オイラはまるで異端者だ。ここまで浸透しているんだ。彼らはほとんどネット情報からは知識を得ていないので、デジタルデバイドを多いに感じた。

ここに来て、英国気象庁が実際の地球の平均気温のデーターを発表し、それを日経新聞2月2日12面に載せた。ところがネットのオンラインには載せていない。

「地球の気候、当面寒冷化」だそうです。(右クリック→新しいウィンドウで開く→大)

93fa8co_2009_2_2_5

地球の平均気温の上昇が頭打ちとなり、専門家の間で気候は当分寒冷化に向かうとの見方が強まってきた。地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)の排出は増え続け長期的には温暖化が続きそうだが、自然の変動が気温を抑制するように働き始めたとみられている。気温の推移は、温暖化対策の論議の行方にも影響を与えそうだ。

平均気温は1970年代半ば以降ほぼ一貫して上昇。しかし98年をピークにこの10年間は横ばいないし低下し、2008年の気温は21世紀に入り最も低かった。この結果、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が予測する気温の上昇カーブとの隔たりが拡大。IPCCは気温が2000~25年に10年あたり約0.2度のペースで上昇するとしているが、実際は最近十年で約0.2度下がった。

気温低下の原因として専門家が有力視しているのが、海の自然変動の影響。太平洋では数十年ごとに水温が上下する太平洋十年規模振動(PDO)という現象が知られる。PDOの高温・低温期は、平均気温の上昇・下降期とほぼ連動。2000年前後にPDOが高温期から低温期に切り替わったと見られている。

寒冷化との関係で太陽活動の「異変」も注目されている。米航空宇宙局(NASA)は昨年9月、「太陽活動が約50年ぶりの静かさ」と発表。その後も太陽活動は静かな状態が続いている。太陽の日射量の変化のほか、太陽磁気の変動が地球の気候に与える影響への関心が高まっている。

これを分かり易くグラフにすると、(2008年1月から7月の観測)

「2000年~2025年の温暖化予測と実際の気温」

(左クリックで大)

Photo

図の中の赤色の線はIPPCのB1シナリオ(100年後の大気中温室効果ガス濃度600ppm)オレンジ色はA1Bシナリオ(同850ppm)茶色はA2シナリオ(同1250ppm)黄色の線は人為的温室効果ガス排出量上昇なしシナリオの、2100年までの気温上昇グラフを元にした2025年までの予測線、そして青色緑色の線が人工衛星による気温データです。

図の各線の意味を知った上でグラフを見れば一目瞭然ですが、既に2008年中盤時点で、実測データとIPCCのシナリオとの間には、0.6~0.7℃もの乖離が表れています。それに、IPCCの温室効果ガス排出量シナリオのうち、CO2が半分だとしても、B1シナリオ以外は化石燃料の確認可採埋蔵量を超えてしまう荒唐無稽なシナリオです。

つまり、IPCC発表の各種シナリオでの温度上昇の予測と、実際の平均気温は全然違う変化を示している。現在は温暖化どころか寒冷化に向かっていることが判明している。まして温暖化の原因に人間の営みで出すCO2排出量の影響にあるという説は嘘・捏造ではないかという疑いすら出てくる。ゴアさんの思い通りに行かなくなったね。

もちろん実際の平均気温のデーターは人工衛星から算出されたもので、これを疑ったらきりが無い。英国気象庁の発表らしいが。今度は米国や他の先進国、特にIPCCが観測してみたらいい。もし温暖化が認められず、寒冷化が確認されたら今までのことは何だったのだろうと、世界中の目が点になってしまう。

温暖化より寒冷化のほうが、人間に与える影響は厳しいからね。CO2犯人説側は今度は一転、どんどんCO2を空に排出しましょうということになるのかい。笑っちゃう。

最後にお時間のある方々。フレッド・シンガーの講演をお聞きください。

和訳表示のスピードが少し速いので、一旦停止をしながらお読みください。

人類ではなく自然が気候を支配する(1/2)-フレッド・シンガー

人類ではなく自然が気候を支配する(2/2)-フレッド・シンガー

|

« 今回の派遣切り問題、やっと派遣会社と派遣法の問題に焦点が移ってきた。 | トップページ | カルト資本主義の懲りない面々:マルチ商法・催眠商法・ねずみ講:波和二逮捕 »

コメント

この英国気象庁ってのは、数年前まで気候予測で、温暖化するとしてきたところ。この記事では180度変身で、寒冷化していると。

英国気象庁「我々は散々温暖化を予測してきましたが、人工衛星を使って計測してみたところ、このデーターのように気温はドンドン下がってきていました。寒冷化です。お騒がせして申し訳ございません」ってことか?

今期の冬は、北米・欧州ともに歴史に残る寒さだそうだ。英国もね。

投稿: yokonenotinnta | 2009年2月 5日 (木) 13時34分

http://eco.nikkei.co.jp/column/ecowatching/article.aspx?id=MMECcd000012022009&page=1

その記事の直後の、同じく日経のコラムです。
こちらも合わせてご覧ください。

投稿: ひお | 2009年7月15日 (水) 03時43分

最近はまた温暖化してますね。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2010-01-11
株価みたいだね。「上がった!下がった!」
一喜一憂してみても、全体としては温暖化傾向は緩んでいないようですね。

投稿: 通りすがり | 2010年2月11日 (木) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今回の派遣切り問題、やっと派遣会社と派遣法の問題に焦点が移ってきた。 | トップページ | カルト資本主義の懲りない面々:マルチ商法・催眠商法・ねずみ講:波和二逮捕 »