« 世界恐慌:カナダの場合・・・・・・・今ここ | トップページ | 昨夜はひさしぶりに民放を2本観た。 »

2009年1月13日 (火)

バカにもできる仕事、バカにはできない仕事

昨年暮ごろから最近まで、新聞・テレビで例の派遣社員切りで可哀相、政府、政治が悪いのオンパレード。今年最初の「朝まで生テレビ」もほとんどこの件一色。今回のリーダー役の湯浅誠(NPO法人「もやい」事務局長)や雨宮処凛(作家、反貧困ネットワーク副代表)
らは今や売れっ子タレントだ。

「年越し派遣村」に300人集まって、とりあえず厚労省関係の講堂を寝泊り用に勝ち取り、昨日あたりはそこを出て、用意されたホテル2施設に移動したとのこと。

これらの費用は誰が出すのか心配したが、慰問に共産党の志位君や、社民党福島君、民社党管君らも駆けつけているところをみると、スポンサーが付いているんで安心した。

今年確実な衆議院選挙の事前広報活動(宣伝費)とすれば安いものだろう。結局、政局がらみなんだよ。

確かに2003年の派遣法改正によって対象の枠が広げられ、これまで禁止であった製造業まで対象となった。労賃の安い中国等へ工場を移転して、国内では失業問題が深刻に議論されていた。そう、産業の空洞化だった。この改正により、工場での生産において、ロボット化はできない、だが単純な仕事を派遣社員に担わせることが流行した。

ちょっと指導を受ければ、あとは根気の問題でできる仕事だ。あえて言えば「バカでもできる仕事」だ。この辺はマスメディアでは絶対用いることができない用語だが、この方が分かり易いのであえて使用する。

ネジを締めたり緩めたり、右のものを左に持っていってそれから真ん中に置く、といった単純労働だ。逆にそれ以外創意工夫なんてので勝手なことをやってもらっては、ラインが混乱することになるのでやらせない。生産の受給によっては、これらの人員が大量に短期に必要な時と短期に必要で無い時が発生する。それら調整は、社内人事課では限度があるので、昔で云えば「手配師」いまの言葉で「派遣会社」から調達してきた。

正社員で採用すると、よほどの理由が無い限り首切りができない今の雇用法だからね。その場合時間を掛けて、社内虐めをして自発的に退職するほうにもって行くしかない。疲れるんだよ会社側だって。

その結果、特に円安で、日本以外皆バブル。米国民なぞどんどん借金で買いまくってくれる。お陰で国内輸出産業は絶好調だった。失業率はさがるし。しかし「魔の2008年」発生そして「恐慌の恐れの2009年」。派遣社員(ブルーカラー)ビジネスモデルが崩れてきた。今年3月までに派遣社員切りは9万人の可能性ありとか。

同一労働同一賃金を叫ばれているが、会社側は負担とすればほぼ同一賃金を支出している。それがどうして派遣社員の低賃金なのか。昔「手配師」今「派遣会社」だ。例えば会社側が1人に付き30万円支払えば、派遣会社が30%(相場らしい)とすると9万円のピンハネ。残りは21万円が当人の収入。派遣会社によってはもっと色々名目をつけて取っているのもあるとか。

そもそも派遣会社のピンハネ率(報酬料率・手数料)は決められていないそうだ。不動産仲介に於いては、片側から不動産契約価格の3%+6万円。売り買い両方から取れる契約では6%+12万円の世界なのにだ。30%とはボッタクリかもしれないね。

よく大手派遣会社の女社長がテレビのコメンテイターで出てくるが、いい商売だね。自分のところの社員が派遣先工場で切られても知らん顔で、あとは派遣先が悪いで通っちゃうのだから。雇用保険だって、実際は派遣会社がその半分を負担するのがいやだから、「手取りが減りますよ」といわれりゃ、当人はその分で携帯電話代に回せると一挙両得みたいな気がして、入っていない。だから今回のような場合は失業手当金なしで、次を探す経費がない。寮を追い出されても、当座の金もない。ホームレスへまっしぐら。その辺のところは、派遣会社はうまくやっているよ。

人はいろいろな都合で働きたい。長期的にスキルが身に付く、そしてそれを発揮できれば退職までその企業で頑張りたい。前企業で身に着けたスキルで、より高い待遇をしてくれる企業にステップアップしたい。あるいは独立して自分または仲間と企業を立ち上げたい。これに対して、ある別のものがあって、それ以外の余っている時間だけ働きたい。社会勉強としてある期間だけ働きたい。等々。

正社員制度以外の派生雇用制度は、人々の多様な仕事に対する欲求に対応してきたので、この派遣会社も貢献してきたことは認める。ただ「バカでもできる仕事」を長期間やっていても、ただますますバカになるだけになってしまう。2003年の派遣法の改正は、莫大な量になる製造業の中の単純労働(バカでもできる仕事)の数を派遣社員として激増させて、5・10年やって一人前という(バカではできない仕事)就職の場を激減させてしまたのではなかろうか。

ある程度他の職業でスキルを磨いてきた人達が、派遣社員として一時的に単純労働に身を寄せることはいたしかたが無いところだが、NO教育・NO正就職経験・NO訓練のNeet達を派遣会社は甘い言葉で寄せ集め、派遣先に供給している。そして派遣社員は天下のトヨタ・天下のキャノンに就職していると錯覚している。Neetだから契約条項を大して読んでもいない。

大体「同一労働」なんてよく言われるが、同じ仕事をしていても、正社員は先々管理する側として修行として仕事をしている。片や派遣社員はただ与えられた仕事を忍耐力をもってやるだけ。それを「同一労働」と言ってしまうところが、マスメディアの劣化なんだよ。

オイラ職業柄、建築現場で様々な職種の人達の仕事振りを見る。それでさえ神業に近い動きをする。バカではできない仕事だ。5・10年以上の修行の賜物と感じる。オイラ設計をするのにパソコンを使う。それ以前に長い建築設計の修行をしてきた。そして時代がPCを使ったCAD設計が当たり前になったが、満足にCADを使いこなせるには3・5年以上掛かった。またバージョンが上がったり、別のソフトを取り入れるとなると、また長時間マスターするのに時間を費やす。

話がダラダラしてきて申し訳ないが、20代30代の若者達よ。安直に派遣社員の道なぞ行かず、常に「バカではできない仕事」を目指して勉強したり、職業訓練をしたり、就職探しをするべきですよ。今協力者のようなマスメディアも政局が終われば知らん顔だからね。

人生は死ぬまで、勉強と訓練。いつまでも好奇心をもって教養を磨くことが、素晴らしき人生を送れる保証となることでしょう。

一粒で二度美味しいオイラのブログ:今日の画像

ヨーロッパの大聖堂の天井だよ。

数百年前に職人たちは、これを設計して、建築した。

CADも無くどうやって設計したのだろうか。

クレーンもなく、どうやって造り上げたのだろうか。

「バカにはできない仕事」だけは確かだ。

Shut7bi7x1de1tqbkv

|

« 世界恐慌:カナダの場合・・・・・・・今ここ | トップページ | 昨夜はひさしぶりに民放を2本観た。 »

コメント

そもそも、約30%もピンハネしている派遣会社はなにもリスクはとっていないじゃないか。
派遣先企業の契約解除→派遣会社は次の派遣先を探すまで社員の賃金を保証する。住まいについても保証する。それの担保として30%にも上るピンハネをしているんじゃないかい。
とにかく今回のマスメディアの派遣先企業への糾弾はなぜなのか。報道ステーションの古舘君教えてくれよ。まったく君たちは劣化しているね。派遣会社に君たちもご厄介になっているのか?一部893系の派遣会社に反対に脅かされるのが怖いのか?それとも反体制を気取っているのか?次期政権にシッポをふっているのか?

ともかく君たちマスメディアの報道番組は、今やネット社会より3歩も4歩も遅れているよ。


投稿: 陳胡臭 | 2009年1月14日 (水) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界恐慌:カナダの場合・・・・・・・今ここ | トップページ | 昨夜はひさしぶりに民放を2本観た。 »