« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の15件の記事

2008年12月31日 (水)

2008年大晦日:今年の雑感

昔若い頃、民俗学者:柳田国男の著作を読んだ。日本人は生活に、「ハレの日」と「ケの日」があって、この生活サイクルを大変重要なこととしていたと。ハレの日には「晴れ着」を着ていつもとは違う贅沢をする。ケの日は「普段着」普通の日のことである。

まあ日本人に限らず、他の国々でも同じようなことがある。ただ日本人は特にそれを大変重要なこととして慣習化してきた。例えば中国人の結婚式に呼ばれたことがあるが、お客はほとんどが平服だった。日本人の結婚式と少しばかり風景が違った。スウェーデン人に聞いたら、あちらでは「ヨソユキ」の服装という概念はないと云っていた。

オイラもそれにならって、大晦日は普段着で忙しく動き巻くって、とりあえず懸案なことを全て納め、ハアハア云いながら夜、おせち料理の余分を遠慮がちに摘みながら、酒少々と年越しそばをすすり、明日の元旦を迎えることを理想としている。が、さて世の中便利・贅沢になりすぎてやることがない(本当はたくさんあるのだが)。これから10時にカミさんと山にシキビを採りにいって、その後墓掃除、シキビと花をお墓に供え礼拝、お寺に行って供養費(徴収金)を納め終了。1時間もあれば終わってしまう。 これが終わってから後編を続ける。

続きを読む "2008年大晦日:今年の雑感"

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

温暖化説・温暖化CO2説はやがて終了します?詐欺金融崩壊と伴に。

今年の初めにオイラ新聞をとるのをやめてしまった。2紙とっていたが、ネットからの報道とダブルし、社説・論説はポジショントークが多いし。ネットの優良ブログ(数十種)からの吸収のほうが、よっぽど時代を正確に読めることに納得したから。そしてなんといっても、溜まった新聞の処理にウンザリ感じたから。

生まれた時から新聞を取るは常識だったが、ネット社会になるとその必要性はほとんどなくなった。そしてオイラのように老眼が進むと、PCモニターで読む方に馴れてしまい、新聞を読むのはいささかきつい。新聞を読む時間があるのなら、インターネットでニュース記事や各種論説ブログを読む、または見る(画像・動画)ほうに回したい。

毎回オイラのブログで、地球温暖化説や温暖化CO2説のインチキぶりを扱っているが、これとて、2007年ごろからネットで様々指摘されてきたのを、半信半疑で最初いたが、この頃は確信をもってきたのでレンチャンで記事にしている。

続きを読む "温暖化説・温暖化CO2説はやがて終了します?詐欺金融崩壊と伴に。"

| | コメント (3)

2008年12月25日 (木)

世界恐慌:サブプライム・ローン問題なんて小さい。・・・今ここ

昨年(2007年)は例のサブプライム問題が中心となって、テレビ・新聞もこの影響報道ばかり目立っていたが。

今年になって様々な米国の各種住宅ローンが紹介され、それらが今サブプライム以上の問題に発展しているようだ。つい最近の米国自動車会社ビックスリーに目を奪われ勝ちなのだが。因みにサブプライム住宅ローンのことをNINJAローンと言うそうだ。

NINJAとは、No Income, No Job, No Asset
(収入もない、仕事もない、資産もない)という意味です。
ニート(NEET)のもっと酷い状態とでもいいましょうか。それを相手にしたいわば詐欺ローンだったのが判明。

米国金融危機の基本に戻ろう。

続きを読む "世界恐慌:サブプライム・ローン問題なんて小さい。・・・今ここ"

| | コメント (1)

2008年12月22日 (月)

団塊の世代から若者に伝言。

昔、堺屋太一が、戦後のベビーブーム世代を「団塊の世代」と名づけ、1976年に同名の小説を発表した。オイラ読んだことがないので詳しくは知らない。中身としては4つの物語の構成になっているそうだ。

この団塊(ダンカイ)という語は、鉱物学で一塊の単位で採られる鉱物を指す「ノジュール(nodule )」の訳語を、世代を表す言葉として用いた事により登場した言葉だそうだ。それが目立つ語なので、以後今日まで思考停止で普及している。まったく罪作りだ。結論はただ比較的人口が多い世代ということだけ。

終戦(1945年)の翌年に安心して、あっちこっちで歓喜の喜びのなかでトツキ・トウカ後の1947年(今年61才)に大量出産となった。これは1948年(今年60才)・1949年(今年59才)と続く。これには興味深い話もついていて、

続きを読む "団塊の世代から若者に伝言。"

| | コメント (2)

2008年12月20日 (土)

現在地球は寒冷化に進んでいる?CO2犯人説はトンデモ話?

ここのところ、あれだけマスメディアが煽っていた温暖化説がどうも寂しくなって来ている。NHKさん頑張ってよ。なんたってあんたは日本のオピーニオンリーダーらしいから。

もちろん例えば今年1年の気象情報をもとに判断はできない。ということはここ数年の温暖化の気象情報を持ってしても判断はできない。

いまこの界で浮上しているのが、世界の平均気温ってのは、太陽の活動によって大きく影響を受けるという説。今年は7月ごろから太陽の黒点の数が0の日が異常に続いた。これは太陽が全然活発でない証拠。逆に黒点が増えていたとしたら大変活発な証拠。これは世界中の科学者の一致した定説だ。

続きを読む "現在地球は寒冷化に進んでいる?CO2犯人説はトンデモ話?"

| | コメント (3)

2008年12月18日 (木)

マスゴミよ! おお元の派遣会社はなぜ叩かない?

ここのところ毎日、大企業の派遣社員の首切り問題がテレビ報道でされているが。派遣社員や契約社員の首を切った自動車メーカー、家電メーカーを糾弾している。企業側のサービスした住居も当然出ていかなくてはならないから、そこでも糾弾の矛先が向く。

ただオイラなんとなく見ていてフに落ちないのは、その派遣元の派遣会社の方がちっとも出てこない。なんかおかしくないかい?

続きを読む "マスゴミよ! おお元の派遣会社はなぜ叩かない?"

| | コメント (6)

2008年12月16日 (火)

世界恐慌:罰せられる金融詐欺と罰せられない金融詐欺・・・今ここ

米国のねずみ講詐欺っていうのは、やっぱ腐っても鯛。規模が違うよ。損害額500億ドル4.5兆円(現在レート)だよーん。今回の米国英国を原発とする世界的詐欺的金融のなかで、確実に詐欺と立証される事例が出てきた。

今回の金融バブル崩壊の悲劇は、クリントンの時代1999年にグラス・スティーガル法を廃止して金融近代化法(グラム・リーチ・ブライリー法)を創設。銀行・証券・保険を垣根を一掃して1企業で包括営業をできることにしたことから始まる。

日本も米国様の言いつけどおり「右ニ、ナライ」をしたんだったよね。

そしてその後ブッシュになって、住宅バブルを目玉にして様々な手法(金融工学等)が加わり、バブルのあだ花が育っていった。ブッシュたちは水を撒いて育てていった。

続きを読む "世界恐慌:罰せられる金融詐欺と罰せられない金融詐欺・・・今ここ"

| | コメント (1)

2008年12月14日 (日)

世界恐慌:GMは北欧的内部体質だった。・・・・いまここ

米国英国の詐欺的金融の破綻は、どんどん世界に広がって、今度は実体経済にその刃が向かってきている。数ヶ月前に予想されたシナリオ通りだ。

日本も世界的経済の縮小、それに伴う消費の大幅減少の傾向、それは海外輸出の大幅減少につながる。大手の輸出品メーカーのリストラが毎日テレビ新聞で報道されている。対象はやはり派遣社員・契約社員にそのターゲットが向けられる。

正社員は労働基準法によって簡単には首が切れないからね。。

続きを読む "世界恐慌:GMは北欧的内部体質だった。・・・・いまここ"

| | コメント (1)

2008年12月12日 (金)

いまだにある血液型性格判断に!(ビックリ)

最近、カミさんと娘たちとの雑談を聴いていたら、いまだに血液型性格判断の話をしていた。あげくの果てに「お父さんはO型だから、なんたら、こうたら・・・・・」あまりにバカバカしいので話に入らなかったのだが。もうとっくにこの件は日本において決着しているはずなのだが・・・・・。父親の教育方針が間違っていたのか。

そしたら、その原因が分かった。また誰かが金儲けのために、この手の本を出しているんだよね。ましてベスト10に入っているんだ。

続きを読む "いまだにある血液型性格判断に!(ビックリ)"

| | コメント (1)

2008年12月 9日 (火)

世界金融恐慌:国家破綻リスクの一覧・・・・・いまここ

世の中便利になって、企業の破綻(倒産)リスクから国家までも破綻リスクが数値で分かる時代になった。もちろんこれを観て単純に破綻決定ってなことにはならないが、ある程度理解をする材料となり得る。

各国の国家破綻リスクの数値表だ。

続きを読む "世界金融恐慌:国家破綻リスクの一覧・・・・・いまここ"

| | コメント (1)

2008年12月 8日 (月)

世界恐慌:合成の誤謬と清貧な生活・・・・・・これからここ

合成の誤謬(ごびゅう)という言葉があるのだが。

日本でのバブル崩壊後の長期的経済の低迷は、「バランシート不況」だとリチャード・クーがよく言っていた。莫大な借金を背負った企業は設備投資や前向きな投資より、なにしろコツコツ借金を金融機関に返済して、自分のバランスシートを良くすることが優先。

民度の高い日本人のまともな考え方だ。個人も規模は違えど同じで来た。

続きを読む "世界恐慌:合成の誤謬と清貧な生活・・・・・・これからここ"

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

次の選挙用の受け皿を造っておくれ。政界再編だ!

総裁選で、自民党は2/3が麻生太郎を支持したのに、今の自民党は昔はやった「馬糞の川流れ?」的状態だ。麻生をサポートすべき議員・官僚がまったく体をなしていない。国籍法改正についても、麻生を中心とする閣議でもメクラ判だったとか、確信犯だったとか、色々噂があるようで。

宗教独裁党の公明党との協調路線も行き詰ってきたような。だいたいおかしな政策・法律って、大抵裏で公明党がいるような雰囲気だ。「100年安心年金の大嘘」「建築基準法改正の体たらく」「国籍法改正とその運用」。一時自民党は下野したことがあるが、この公明党だけが延々与党の一角を占めてきた。

続きを読む "次の選挙用の受け皿を造っておくれ。政界再編だ!"

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

国籍法改正案:参議院法務委員会で全会一致で可決。その間8分

今日10時よりの参議院・法務委員会は国籍法改正案を全会一致で可決。次に付帯決議を民主党:千葉景子が朗読。賛成多数で可決。審議時間は8分。

国会中継→参議院→ビデオライブラリー→会議検索→12月4日→法務委員会:で視聴できます。ただしビデオ前半はカラ撮りで、後半2/3ぐらいまでバーを移動(早送り)して始まります。

付帯決議はどれも抽象的。DNAという言葉は変えられ、「科学的な方法を検討する」だって。ほとんどが行政の努力目標で終始した。なにも具体的担保なし。めぼしいものなし。

明日5日本会議で可決の見通し。(成立確実)

AM10:30

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

世界恐慌・世界は富豪投資家たちの詐欺金融に嵌っていた?・・・今ここ

いよいよ世界は金融恐慌から実体経済恐慌にじわじわ移行してきている。米国3大自動車会社のCEOが3人揃いで公的支援を求めて、米国議会公聴会にデトロイドから自家用ジェットではせ参じたと。

そこで質問者から云われたね。「あなたたちは、その自家用ジェットを処分する気はあるのですか?」と。今回発覚したのは、いかに米国の役職のあるヤカラ達が高級取りだったかだ。CEOともなれば円換算で年収数十億円なんてのはあたりまえ。

投資銀行なんか報酬は、新人でも数千万円。中核だと数億円といったところだったらしい。

いま、米国では日本企業の社長クラスの収入規模を見て逆に驚いて尊敬している。

続きを読む "世界恐慌・世界は富豪投資家たちの詐欺金融に嵌っていた?・・・今ここ"

| | コメント (2)

2008年12月 1日 (月)

期間限定トップ表示:オイラが選んだクリスマスソング2008年版

さあもう12月のクリスマスシーズン。12月はクリスマスソングなんだよ。

クリスマスまで、オイラが選んだクリスマスソング ここの場所に陳列しっ放しにします。当日まで馴れ親しんでください。オイラが長々年楽しんできたお勧め曲ばかりです。

続きを読む "期間限定トップ表示:オイラが選んだクリスマスソング2008年版"

| | コメント (5)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »